二股する心理を男女別に解説!二股されたら別れた方が良い理由と対処法

二股する男性

信じていた恋人に二股をかけられていたら、強いショックを受けるでしょう。二股がバレているのに、どちらとも関係を続けようとする恋人の姿は理解不能で、まるで生殺しです。

恋人を好きだからこそ、「別れるべきか、このまま付き合うべきか」と悩みは深くなるものです。しかし、二股されたら迷いなく別れを選ぶべき。その方が、今後のあなたのためになります。

今回は、二股する人の心理を男女別に解説。分かれた方が良い理由と、それでも別れたくない時の対処法をお話します。

二股する男性心理5つ

女性の顎を持ち上げる男性

まずは、二股する男性の心理から解説します。

どっちも好きで選べない

二股する男性で最も多いのが、「どっちも好きで選べない」という心理です。二股かけられたあなたとしては、「選べないなんて、馬鹿にしているのか」と腹が立つでしょう。しかし、まぎれもない本心なのです。

優柔不断な男性は、恋愛のチャンスが同時に来ると、取捨択一できません。「どっちの女性も優しくしたい」「どっちも断りたくない」「どっちも魅力的」と本気で思っています。結局、どちらにも良い顔をして、二股状態に突入。二股が相手の女性を傷つけることがリアルに想像できず、「バレなければ大丈夫」「自分は2人共幸せにしたい」と、都合良く物事を考えてしまうのです。

寂しがり屋で一時も1人ではいられない

とても寂しがり屋で、特に女性に甘えたい気持ちが強い男性も、二股に陥りやすいです。本当は彼女と常に一緒にいたいのに、それが満たされないと寂しくなって、つい別の女性を探してしまいます。

寂しがり屋の男性にとって、最初の彼女も、自分の寂しさを埋めてくれるもう1人の彼女も、掛け替えのない存在です。状況の許す限り、二股を続けようとします。彼女に二股がバレたくらいでは、両方とも諦めません。あれこれ言い訳し、彼女を言いくるめながら現状維持に一生懸命です。

2人の女性から愛される自分に酔っている

二股状態の自分を「2人の女性から愛されるオレ」「どちらの彼女も傷つけず、2人を幸せにするオレ」と陶酔する男性もいます。このタイプは完全なナルシスト。女性への愛情が深くて選べないのではなく、二股を渡り歩く自分に酔っているだけです。

二股がバレると、今度は「バレても結局彼女は別れを選ばない。なぜならば、オレが魅力的だから」と、別の次元でナルシズムを発揮。「オレの目の前で2人の彼女が修羅場を見せろ」と、非日常の展開を期待するほどです。

過去のトラウマから保険をかけずにはおれない

過去の交際で彼女から酷く傷つけられてトラウマになると、「1人の彼女に自分の恋愛を全て捧げるのが恐い」という心理になります。彼女を好きだけど、つい「裏切られたらどうしよう」と考えてしまいます。そして、いざという時の逃げ道がほしくなり、保険として別の女性をキープします。

トラウマを抱えながらも恋愛を止められないのは、好きな女性を信じたい気持ちがあるからです。「信じたい。でも恐い」と心は揺れ動き、不安定な情緒を安定させるために二股をかけます。バレると今度は「二股をかける自分でも変わらず彼女は愛してくれるか」と、愛情を試すのが特徴です。

女性を軽視している

女性を軽視し、「二股くらい別にいいだろう」と思っている男性もいます。モテるタイプで、過去に「二股でもいいから付き合い続けたい」と女性から求められ続ける経験をしているケースが多く、「自分は何をしても許される」と、完全に舐めているのです。

二股がバレても全く悪びれません。「嫌なら別れれば?」と平然と言ってのけます。実際に彼女が別れを選んでも、すぐに次が見つかる自信があるのか、去る者を追いません。

二股する女性心理4つ

二股する心理は男性と女性で微妙な違いがあります。二股する女性心理につて解説します。

男性からチヤホヤされるのが好き

尽くされる恋愛が好きな女性で、特に「多くの男性からチヤホヤされたい」という気持ちが強いと、二股に走る傾向があります。1人の彼氏だけでは物足りず、二股や三股以上をするケースがあります。

男性からチヤホヤされたい心理が強いと、彼氏の有無に関わらず、あちらこちらに愛想を振りまきます。すると、口説かれる機会が増え、二股しようと思えばできてしまう状況になります。条件の良い男性に口説かれると、キープしたい心理が働き、二股しやすくなるのです。

彼氏1人では心を埋められない

恋愛依存気質で寂しがり屋な女性は、常に自分を愛してくれる男性と一緒にいたい心理が強いです。もし、彼氏が仕事やプライベートで忙しく、自分が求めている2人の時間が満たされないと、寂しさに襲われてしまいます。1人きりでは耐え切れず、二股をして寂しい心を埋めようとするのです。

このタイプの女性は、彼氏との交際に心が満たされていれば、二股には走りません。何かしらの不安、もしくは不満があり、それをぶつけられなかったり、ぶつけても彼氏が応えられなかったりすると、二股をする可能性がグッと上がります。

好意を断るなんてできない・押しに弱い

受け身で流されやすい女性も、二股リスクが高いです。彼氏がいても構わず口説いてくる男性がいると、「せっかく自分を好きだと言ってくれているのに、無下にできない」と可哀想に思い、断り切れなません。そして、結局男性に押し切られる形で二股が始まります。

「二股したら元の彼氏が可哀想」という発想にならないのが、二股する女性独特の心理。彼氏にはそれなりの誠意を見せ、バレずに二股すれば、2人の男性を傷つけずに済むという思考です。

実は男性不信で復讐心理がある

過去恋愛や人間関係で男性に深く傷つけられ男性不信になると、「どうせ男性は裏切るのだから、自分が二股かけても問題ない」という極端な思考になるケースがあります。また、基本的に彼氏を信用していないので、別の男性に保険をかける心理も働き、二股しやすくなります。

二股する男性不信の女性は、自分の行動に対して「だって男性は裏切るから」「彼氏1人に全てを委ねるのはリスクが高いから」と自己弁護するのが特徴です。しかし、深層心理では「信じていた彼女である自分に裏切られて傷つけば良い」という、男性全般への復讐心が隠れています。

二股されたら別れた方が良い理由

恋人を好きだと、二股されても「別れたくない」と思うものです。「心理を理解して対処すれば大丈夫なのでは?」と、別れない方法を考えたくなるでしょう。

しかし、二股する人の心理は独特で、しかも自分本位な部分があるため、別れを選んだ方が賢明です。なぜ二股されたら別れた方が良いのか、詳しく理由を解説します。

結局自分しか大事にできない人だから

二股する心理は男女どちらとも、自分を基準に物事を考えています。「二股をかけたら、恋人を傷つけたり苦しめたりするのではないか」という発想に乏しいのです。その理由は、自分を一番に考えているから。二股をするどの心理も、結局は「自分が苦しまない」「自分が満たされる」が優先されているのです。

二股を許して交際を継続しても、恋人はあなたの幸せを基準にはしてくれません。その場の話し合いでは、お互いが納得できる答えを出せたとしても一時しのぎ。交際が続けば再び、恋人は自分優先の恋愛をして、あなたを苦しめる可能性がとても高くなります。

今後も二股や浮気のリスクは高いままだから

二股をする人は、「恋人を裏切っている」という罪悪感が少ないです。それどころか、自分に都合良く解釈し、二股を正当化する傾向が強くなります。そのため、二股へのハードルがとても低く、「もう二股はしない」と約束しても、再び二股や浮気をするリスクは非常に高いです。

また、二股をした恋人を心から信頼するのは難しく、何かある度にあなたは「もしかして、また二股をしているのかも」と神経をすり減らす羽目になります。常に二股や浮気のリスクに怯えながらの交際はストレスがかかり、あなたにとって辛いものとなるでしょう。

二股された恨みは簡単に許せないから

人によって捉え方に差はあるものの、1回限りの浮気とは違い、自分と同じくらい愛情と時間を注ぐ二股をされた恨みは、簡単に許せるものではありません。「自分を選んでくれれば全て水に流す」と思っていても、ふとした瞬間「この人は自分と別の人を天秤にかけ、二股したのだ」「自分に嘘をついて、相手に愛情を注ぎ続けていたのだ」「裏切られた」という思いが襲ってきます。

大好きな恋人を許せず、不信を抱くのはとても辛いことです。「好きだから別れたくない」という思いだけを優先させると、願いが叶っても苦しみから抜け出せないジレンマに襲われます。二股をされた側は、別れても別れなくても辛さを伴うのです。

二股されても別れたくないときの対処法

二股されたら別れた方が良いと理屈ではわかっていても、好きだから別れたくないときは交際を続ける道もあります。しかし、ただ付き合うだけだと再び傷つけられるリスクが高いです。別れたくないときはどのように付き合えば良いのか、具体的な対処法を伝授します。

二股を容認しながら交際を続ける

交際を続けるからには、二股の相手と別れて自分だけに決めてほしいと思うのは当然です。しかし、二股する人は優柔不断で自分では決断できないタイプが多いため、なかなか別れてくれないでしょう。逆を言えば、恋人から振られる可能性は低いということです。

そこで提案したいのが、この状態に恋人の二股相手の方がしびれを切らして別れるのを待つ作戦です。二股相手次第になりますが、待っているだけで恋人を独占する日が来るかもしれません。二股する恋人と別れない道を選ぶなら、寛容に気長になるしかありません。

強気の態度で相手と別れるよう主張する

二股を容認するのが到底できないならば、強気の態度で恋人に別れるよう主張する方法もあります。お願いベースではなく、「今すぐ目の前で別れの電話をして」というくらい、強引に強気に出るのです。そうでもしなければ、二股する優柔不断な恋人は行動を起こせません。

しかし、強気に出ても別れてくれない場合も考えられます。その場では「わかった」と了承しても結局行動に移せずズルズル二股を続けたり、行動を起こせずこっそり二股を続けたりするかもしれません。強気に出ても二股が続いた場合、あなたの甚大なストレスを感じるでしょう。

結婚に持っていき「夫・妻」の座を射止める

二股されても別れたくないくらい好きならば、結婚に持って行ってしまう道もあります。二股の相手との別れではなく、あなたとの結婚を要求するのです。二股する人は「あなたのことも好きだ」と言うでしょうから、「本気で好きなら結婚しよう」という流れにし、両親への紹介や顔合わせ、式場の予約や新居を探すなど、なし崩し的に結婚に持ち込みます。優柔不断な恋人だからこそ、なし崩し作戦の成功率は意外と高いです。

ただし、結婚後も二股が継続する可能性は少なくありません。「結婚するなら仕方がない」と二股相手が諦めてくれれば良いのですが、「それでも構わない」と愛人になるリスクについては、念頭に入れておきましょう。

交際しながら別の相手を同時進行で探す

最もおすすめしたいのが、交際は継続しながら別の恋人を探す方法です。恋人は二股しているのですから、あなたが新たな恋人を探しても文句が言える立場ではありません。罪悪感ゼロで出会いを増やしましょう。万が一恋人が文句を言ってきたら「なら、あなたが二股を即刻やめて。そしたら自分もやめる」と言ってやれば良いのです。

新たに恋人ができれば、そのタイミングで別れを切り出しましょう。新たな恋人が見つからなくても、二股の恋人への気持ちが冷めればしめたもの。せいせいとした気分で別れを告げられます。

二股は沼!抜け出さない限りズルズルと沈みます

二股はあなたから終わらせない限り、抜け出せない沼になります。二股する恋人は自分から別れを選べない可能性が高く、「自分を好きなら別れてほしい」と訴え続けながらの交際になり兼ねません。二股する恋人は、「あなたが好きだ」「別れたくない」と言うでしょうが、その言葉を聞くときは、「もう1人の相手と同じくらい」が頭に付くのだと解釈するべきです。

特別な愛情がなく、その場限りの浮気とは違い、二股はどちらにも情を持つ厄介な関係です。できることなら、潔くあなたが別れを決意した方が良いでしょう。二股をしない誠実な相手と新しい恋愛をした方が、今よりもずっと幸せになれます。

浮気調査・不倫調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
浮気調査・不倫調査 13.4万円 73.7万円

※実際に探偵ちゃんで紹介した探偵事務所に依頼した人の事例を元に算出しています。