ご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

ご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の1日あたりの相場:

約4.8万円

ご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用の割合

10万円未満 10件 (4.5%)
10万円~30万円未満 34件 (15.2%)
30万円~50万円未満 71件 (31.7%)
50万円~70万円未満 56件 (25%)
70万円以上 53件 (23.7%)

北海道・東北のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

関東のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

中部のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

関西のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

中国・四国のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

九州・沖縄のご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用相場

ご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策の料金・費用事例(224)

  • 栽培している白菜が抜き取られる被害が続くので調査依頼

    長野県南佐久郡小海町 50代 男性

    調査日数:
    10日間
    費用総額:
    476,000
    1日あたりの金額:
    4.7万円
    依頼内容
    依頼人は特産品である白菜を使ったキムチを製造している方であり、最近発生している白菜畑への被害について、探偵事務所に調査を依頼しました。

    依頼人は、大規模農家としてご当地の特産である白菜を栽培していたのですが、その白菜が乱獲されていたり、苗が抜かれていたりするなどの被害が相次いでいるそうです。

    最初はイノシシやサルなどの野生動物の仕業かと思われましたが、電気柵をかいくぐって白菜が乱獲されることはイノシシやサルにはできるわけがないと考えた依頼人は、人間による嫌がらせの可能性を考えていました。

    もともと、移住してきた自分に対して好意的に思っていない人間もいるのだろうと考えていた依頼人は、自力で何とかこの件の真実をつかもうという気になりました。

    依頼人は、このような事案の調査実績が豊富な探偵事務所を見つけ、今回の調査を依頼することにしました。
    調査結果
    探偵事務所では、依頼人の農地にウェブカメラを設置し、監視を行いました。すると、同じ町内に住む男性が白菜の乱獲を行っていることが明らかになりました。

    この男性は経済的な困難に直面しており、依頼人の白菜を大量に収穫し、自身が生産者であるかのように振る舞い、隣接する町の青空市で販売し、小銭稼ぎをしていたのです。

    そして、この白菜は依頼人が卸す値段よりも10%ほど割高で引き取られており、男性はこのことに満足し、犯行を繰り返すようになっていったようでした。

    私たちが集めた証拠をもとに、依頼人は警察に相談することとし、警察は捜査を開始した結果、この男性に対して真実を突きつけました。

    男性は証拠を見せられると謝罪し、自らの行為を認めました。依頼人は男性に対して損害賠償を求めるために、民事訴訟を起こすことを決定しました。

    この結果、依頼人は今まで受けた経済的な損害に対して、法的手段を取ることで正当な補償を受けることができる見通しです。また、男性の行為が明るみに出ることで、同じ町内の他の農家も安心して作物を栽培することができるようになることが期待されています。
    もっと見る
  • 自分のレジャーボートにいたずらされる被害が続くので調査依頼

    鹿児島県肝属郡東串良町 40代 男性

    調査日数:
    10日間
    費用総額:
    587,000
    1日あたりの金額:
    5.8万円
    依頼内容
    今回の依頼人は、自身の趣味として、近くの海にレジャーボートを係留しているそうです。依頼人は、このレジャーボートを活用し、経営している民宿の宿泊客に対して、マリンレジャー体験や魚釣りの機会を提供しています。

    しかし、この大切な商売道具にいたずらをする人物が現れ、依頼人は困っています。具体的には、ペンキでの落書きや燃料タンクへの異物混入など、明らかに自身の商売を妨害しようとする行為が繰り返し行われています。

    依頼人曰く、自身のビジネスが好調なことをねたんでいる人間は何人もいるだろうと言い、健全に商売をしている自分がねたまれる理由はないと、かなり憤っている様子です。
    調査結果
    探偵事務所は、依頼人からの相談を受け、調査を開始しました。まずは、犯人の特定を目指して慎重に行動したところ、意外な人物が浮かび上がりました。

    調査の結果、町議会議員を務める別の民宿経営者の男性が行為に及んでいることが明らかになりました。彼は、依頼人が自身の選挙の時に応援を行わなかったことや、自身の商売敵であることから、依頼人への敵意がピークに達し、迷惑行為に及んでいたと思われます。

    我々の調査は、ウェブカメラや尾行によって行っており、その調査結果は依頼人にとって重要な証拠をもたらしました。これにより、依頼人は警察に被害届を提出することができたのです。

    その後、警察の介入により、犯人の行動が法的に取り締まられる可能性が生まれました。警察からアクションがあったこともあり、町議会議員の男性から示談と被害届の取り下げを求める連絡がありました。

    依頼人は、警察と相談した結果、被害の深刻さや犯行の証拠を考慮し、示談を拒否しました。依頼人は法的な手続きを進めることを選択し、犯人に対して厳正な処罰を求める姿勢を示しました。

    調査の結果、依頼人は犯人を特定することができ、被害届を提出することに成功しました。彼の商売道具への迷惑行為は明らかになり、警察の関与により法的な対応が進められることとなったわけですが、今回の調査について、依頼人は自身の権利を守るために闘い続けており、正義を求めるための必要な調査であったと認識しています。
    もっと見る
  • 経営しているペンションについて風評被害を流されるので調査依頼

    山形県西村山郡大江町 40代 男性

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    482,000
    1日あたりの金額:
    8万円
    依頼内容
    ペンションのオーナーである依頼人は、近隣のペンション経営者と思われる人物から、悪い噂を流されるなどの被害を受けて困っているとのことで、探偵事務所に調査を依頼しました。

    悪い噂の具体的な内容としては「料理がまずい」「オーナーの対応が悪い」といった有りもしないことを言われているようです。

    さらに、依頼人は噂を流している人物についての証拠がないために対抗策を講じることができずに困り果てています。

    このままの状況が続くと、依頼人のペンションは商売ができなくなってしまうので、依頼人としては何としても犯人を見つけ出し、行為をやめさせようと考えています。
    調査結果
    依頼人からのご相談を受け、探偵事務所では専門知識を持ったスタッフを現地に派遣し、調査を開始しました。

    まず、同業者による嫌がらせの可能性もあることから、依頼人からのヒアリングにより、以前口論になったり、苦情を言われたりした人物の中で、疑わしき人物複数名を尾行し、その行動や言動を詳しく監視しました。

    すると、あるペンションのオーナーが、地元の町内会の寄り合いで依頼人の悪口を言いまわったり、商店街で依頼人のペンションに物を売らないように吹き込んでいたりしたことが明らかになりました。

    当事者の言動を証拠として収集するため、探偵は慎重に行動し、実際にペンションのオーナーが怪文書を街中でばらまいているところを動画で撮影することに成功しました。

    この証拠動画は、依頼人が被害を受けていることを裏付けるものであり、依頼人が警察に相談する際に重要な証拠となりました。

    警察による対応が行われた後、詳しい経緯はわかりませんが、依頼人に関する悪い噂は聞かれないようになりました。

    おそらく、警察の介入や証拠の提出によって、当該のペンションオーナーは依頼人に対しての中傷行為を止めたものと思われます。

    依頼人は、まだ相手のことを許せない気持ちがあり、弁護士と相談し、失った営業利益の補償を求めることができないかを検討しているとのことでした。
    もっと見る
  • 田畑に引いている水を妨害される被害が続くので調査依頼

    千葉県夷隅郡御宿町 50代 男性

    調査日数:
    14日間
    費用総額:
    330,000
    1日あたりの金額:
    2.3万円
    依頼内容
    農村地帯での水争いは、しばしば深刻な対立を引き起こします。そんな中で発生したのが、田畑の水利権を巡るご近所トラブルの案件でした。

    今回の依頼人は、長年農業を営む地元住民で、共同で利用するため池の水を、田畑へと導くためにポンプを使用していました。

    しかし、そのポンプが何者かによって破壊されたり、水の吸入口にゴミが詰められたりする被害に遭遇し、これが農業活動に甚大な影響を及ぼしていました。

    その他、自宅の周辺にごみが捨てられていたり、農業用の軽トラックがパンクさせられていたりすることもあったことから、今まで起きている事態を重く見た依頼人は、地元の探偵事務所に調査を依頼しました。
    調査結果
    探偵事務所はまず、依頼人の田畑と水路の周囲にWebカメラを設置し、24時間体制で監視を開始しました。同時に、地元住民に対する聞き込み調査も行い、状況を詳細に記録しました。

    数週間に及ぶ監視の末、ある夜、犯行の一部始終がWebカメラに捉えられました。映像には、地元の農家組合の組合長が、ポンプを破壊し水の吸入口にゴミを詰め込む様子がはっきりと映し出されていました。

    組合長は、依頼人が役員の就任を断ったことを根に持ち、意図的に水利を得るための妨害行為を繰り返していたと思われます。時には、組合長以外の別の組合員が、同様の迷惑行為を行っているところも捉えられており、依頼人はこの動画を見たときにあ然とされていました。

    根本的に行為をやめさせようと考えた依頼人は、探偵事務所が収集した証拠を警察に持ち込みました。その後、組合長は、警察から厳重注意を受け、迷惑行為はそれ以来起こることは無くなりました。

    依頼人は、探偵事務所の調査により、地域のトラブル解決のための重要な一歩を踏み出すことができました。この事件は、農業が盛んな地域において、水源を巡る争いがいかに深刻な問題であるかを浮き彫りにし、発生したご近所トラブルが警察の介入を必要とする法的問題に発展する可能性があることも教えてくれたのです。
    もっと見る
  • 自身が所有する山小屋を勝手にこじ開けられて中が荒らされるので調査依頼

    岩手県下閉伊郡山田町 40代 男性

    調査日数:
    10日間
    費用総額:
    820,000
    1日あたりの金額:
    8.2万円
    依頼内容
    深い雪に覆われた静寂が支配する冬季の山小屋が、ある探偵事務所の活躍の舞台となった、今回の調査の依頼人はその山小屋の管理人でした。

    依頼人によると、厳しい冬を迎える季節に自身の山小屋は閉鎖しておくのだそうですが、山小屋が冬季閉鎖中にも関わらず、何者かが強引に小屋を開け、食料などを無断で持ち去る事態が続いており、かなり悩まされているそうです。

    このままではいけないと考えた依頼人自身が、Webカメラを設置した所、今年の冬にも複数人による不正侵入が確認されたのですが、具体的な犯人の身元特定には至らなかったのです。

    警察にも相談しましたが、明確な根拠と個人を断定できる証拠があれば、操作をすることも可能だとのことですが、Webカメラの画像が不明瞭な部分もあったため、警察も本腰を入れて調査をしてくれなかったのです。

    頼るところがなくなったと感じた依頼人は、ホームページを見て実績のある探偵事務所を探し出し、自身の山小屋に入り込む悪質な登山者の特定を行うことにしたのです。
    調査結果
    依頼を受けた探偵事務所は、手はじめに侵入者の行動パターンやタイミングを掴むため、監視を開始しました。

    雪が降り積もる過酷な環境の中でも、探偵たちは山小屋周辺を巡回し、微細な証拠や足跡を追うことに努めました。

    持続的な調査と地道なフィールドワークを経て、ついに2名の不届き者を特定するに至ったのです。

    この2名は山小屋のふもとにある町の住人であり、冬季に人の目がないことを良いことに、山小屋を自分たちの憩いの場として利用していたのです。

    彼らは、地元では猟友会のとりまとめ役であり、登山愛好者のサークルの主催者と副主催者でもあったことから、それらの活動が、彼らの悪質な行為をカモフラージュする結果につながっているようでもありました。

    探偵事務所が収集した証拠と情報は、警察への相談に際して決定的な役割を果たしました。警察はこの証拠をもとに、両名に厳重注意を行ったところ、それ以降彼らによる悪質な行為は行われることは無くなりました。
    もっと見る
  • タコの水揚げ量の飛躍に成功させた矢先に嫌がらせが始まったので調査依頼

    宮城県本吉郡南三陸町 40代 男性

    調査日数:
    5日間
    費用総額:
    502,000
    1日あたりの金額:
    10万円
    依頼内容
    今回の依頼人が住む町は、日本海側に面する静かな港町で、漁業が盛んな街として知られている地域です。今回の相談は、依頼人が漁業に励む中で起きたご近所トラブルについて、その犯人を捜すことを求めた依頼人からの相談がきっかけでした。

    依頼人は、独自に開発したオリジナルの漁具でタコの水揚げ量を飛躍的に増加させ、町内外から注目を集めていた漁師で、その成功は依頼人自身の収益の向上にも繋がっていました。

    ですが、その一方で依頼人はある不運も呼び寄せることとなったのです。漁業の集積が向上するにつれ、依頼人は嫌がらせを受けるようになり、その行為がエスカレートしたのです。

    例えば、自宅のドアに「死ね」「守銭奴」といった悪意あるメッセージが貼られたり、船に積んである貴重な漁具を何者かに破壊されたりするなど、経済的にも悪影響を受ける嫌がらせを受け始めたのです。

    警察への相談も実を結ばず、犯人が見つからない中、依頼人は自らの力でこの問題に対処するため、探偵事務所に助けを求めました。
    調査結果
    探偵たちは、地道な調査と監視活動を開始し、やがて一つの事実に辿り着くことになりました。

    今回の行為に及んでいた犯人は、漁業に携わるものをサポートする立場であるはずの、地元の漁業組合に勤める事務員だったのです。

    そして、さらなる調査の結果、これらの迷惑行為の陰には、依頼人の成功を快く思わない組合長を含む一部の人間に強制され、事務員が悪事に手を染めていたこともわかりました。

    探偵たちは、事務員が嫌がらせを行っている現場を動画に収めることに成功し、さらには組合長などが事務員に高圧的な態度で命令し、依頼人に対する迷惑行為を行うように叱責しているところも動画で記録することができたのです。

    これらの決定的な証拠を手に、依頼人は再び警察に相談したところ、警察は本腰を入れて捜査を行うようになり、最終的には犯行の全貌が明らかになったのです。

    その結果、事務員だけでなく、組合長を含む複数の連帯犯行に及んでいた関係者が逮捕されるに至り、町に平穏が戻ることになりました。
    もっと見る
  • 移り住んだ下條村でよそ者扱いされ、嫌がらせを受けるので調査依頼

    長野県下伊那郡下條村 40代 男性

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    689,000
    1日あたりの金額:
    9.8万円
    依頼内容
    写真家として知られる依頼人は、雪山の美しい風景を撮影できる環境を求め、創作活動に専念できる新たな生活の舞台として、現在住んでいる山村地帯への引っ越しを決断しました。

    しかし、彼が住み始めてから半年がたつ頃になって、一部の住民から「よそ者」扱いされ、嫌がらせをされることが増えてきています。

    特に最近では、郵便受けの荒らしや怪文書の散布などが頻発し、依頼人はその精神的な苦痛に悩まされていました。

    怪文書に至っては「この男は浮気している」「村長にお金を渡して今の地位を手に入れた」など、事実ではないことを怪文書として作っており、村の中でもこの怪文書が何者かの手によってばらまかれていることも明らかになりました。

    このままだと、本業にも影響を及ぼしてしまうと考えた依頼人は、一刻も早くこのような迷惑行為を働いている人間を特定し、法的な対応をしなくてはならないと考えました。

    こうして、依頼人から探偵事務所に依頼が寄せられ、依頼人の生活を脅かす人物を特定する調査が開始されたのです。
    調査結果
    調査が始まってからも、怪文書がばらまかれたり、依頼人の家に家畜の糞などが投げ込まれたりするなどの実害が相次ぎました。

    私たち探偵事務所のスタッフも懸命に調査を行った結果、依頼人を困らせている人間が特定できました。この人間は、同じくこの町に移住してきた作家の男性であったのです。

    作家の男性は、依頼人の妻との交際を望んでおり、そのために依頼人の評判を傷つけ、不快な思いをさせる行動に出ていたのです。もちろん、依頼人の妻が作家の男性と男女の関係にあるはずもなく、妻もかなり迷惑なことに巻き込まれたと、怒り心頭のご様子でした。

    調査結果という証拠をゲットした依頼人は、この証拠を盾に取り、直接男性作家に対峙し、彼の行動に対する抗議と法的な措置を示唆しました。

    依頼人からの要求に対し、男性作家は謝罪を口にしましたが、金銭的な賠償などは行われることが無かったことから、争は解決されず、依頼人は彼に対して不信感を抱き続けています。

    現在、依頼人は弁護士を通じて民事訴訟を進めており、ご近所トラブルは法廷で解決される日が来るのを待っている状況です。
    もっと見る
  • 所有していた古民家を貸し出したら、その住人による迷惑行為があるので証拠集めを依頼

    兵庫県加古郡稲美町 40代 男性

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    575,000
    1日あたりの金額:
    8.2万円
    依頼内容
    田舎の静かな生活が売りの古民家を所有していた依頼人は、住んでいた両親が施設に入所したことを気に、この空き家を第三者に貸し出して、その利益を両親の生活費に充てようと考えました。

    すると、京都から移住してきた画家が古民家に住みたいとの申し出があり、依頼人は彼と直接取引を行い、画家に古民家を貸し出すことにしたのです。

    こうして、依頼人の古民家を借り上げた画家は、アトリエ兼住居として古民家に住み始めたが、問題が浮上したのは、画家が引っ越してきて半年が経過した頃でした。

    当初、画家の滞在は平和そのもので、町の人々も彼を歓迎していたのですが、最近になって「騒音がひどい」「来客者のマナーが悪い」などの不満が噴出し、依頼人に直接対応を求める声も数多く上がってきたのです。

    これらのトラブルについて、画家に問いただすも、彼は住民の主張を一蹴し、それを作り話だと否定するしかしなかったので、らちが明かなくなった依頼人は、探偵事務所による調査を行うことにしました。
    調査結果
    事態を収拾するため、探偵はこの古民家のある地域に潜入捜査を行うことになりました。

    最初に、画家の活動や来客者の振る舞いを観察することからスタートし、観察の結果、住民たちの主張が正しいことが判明したのです。

    画家は古民家でアトリエを構え、その中に他の画家たちを引き連れ、日夜宴会を繰り広げていたのです。酒宴の最中、高い声や笑い声が近隣に響き渡り、住民たちは安寧な夜を過ごすことが難しくなっていたというのも頷ける状況でした。

    また、画家の来客者たちは周辺住宅の庭や畑に無断で侵入し、迷惑行為を繰り返していたこともあきらかになりました。

    探偵事務所が集めた証拠動画を画家に突き付けると、彼はその行為を認めざるを得なくなりました。住民たちに対する謝罪を余儀なくされ、住みづらくなった画家は古民家を後にすることとなりました。こうして、住民たちの静かな日常が取り戻され、古民家は再び平和な空気に包まれたのです。
    もっと見る
  • 選挙活動の手伝いを断ってから嫌がらせが始まったので犯人の調査依頼

    愛媛県西宇和郡伊方町 30代 男性

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    469,000
    1日あたりの金額:
    6.7万円
    依頼内容
    今回の依頼人は、瀬戸内海に面した静かで美しい自然に見せられた移住者の方です。人も自然もあったかいと思ってこの町に移住してきたのですが、今回は深刻な生活トラブルを抱えて相談にやってきました。

    依頼人が困っているのは、地元の町内会が関わる選挙活動に巻き込まれたことがきっかけでした。依頼人が移住してから初めてとなる町議会議員選挙が近づく中、地元の町内会長から選挙活動の手伝いを要請されたのです。

    田舎町にありがちな選挙活動への奉仕に対して、依頼人がこれを拒否したことから、露骨な嫌がらせに遭っていると言います。

    特に、依頼人が住んでいる地域の町内会長が今回立候補することになり、地元地区の住民としての義務として選挙活動の手伝いを依頼された依頼人は、自身の政治的信条に反することを理由にこれを拒否したのです。

    依頼人が推察するに、これが嫌がらせの原因となっているようで、それ以来自宅にはごみが投げ込まれたり、「非国民」との貼り紙がされたりするなど、度を超えた嫌がらせが始まりました。
    調査結果
    依頼人からは、受けた嫌がらせに対して行為者を探して欲しいとの依頼があり、探偵事務所は嫌がらせの犯人を特定するべく調査を開始しました。

    依頼人の自宅周辺に、探偵事務所のスタッフが監視カメラを設置し、嫌がらせを行っている犯人の特定と行動の監視を行いました。

    調査の結果、依頼人に対する嫌がらせ行為を行っていたのは、なんと選挙の立候補者である地元の町内会長とその妻でした。

    町内会長は、自身に逆らった依頼人に対し、意趣返しをするつもりで行動していたことが明らかになりました。そして、その非常識な行為を周りの住民も止めることはありませんでした。止めると、ターゲットが自分に向いてくるのを避けるためでした。

    探偵事務所の調査結果をもとに、依頼人は町内会長の行為をやめさせるよう相談しました。捜査が進む中、町内会長とその妻は犯行を行っていたことを認めざるを得ず、依頼人に対して行っていた迷惑行為は、結果的に警察の介入により停止しました。

    依頼人の配慮により、選挙活動に影響を与えないことを考慮して秘密裏に捜査は行われ、依頼人も起訴は控えることにしたのですが、結局町内会長は選挙で落選したそうです。
    もっと見る
  • 自然が多い町に引っ越してきたがよそ者扱いされ、嫌がらせが続くので調査依頼

    奈良県吉野郡下市町 30代 男性

    調査日数:
    5日間
    費用総額:
    577,000
    1日あたりの金額:
    11.5万円
    依頼内容
    今回の依頼人は、都会での暮らしに疲れ果てていたそうで、テレワークでの勤務が許可されるようになったことをきっかけに、良質な中古住宅があり、自然環境も気に入って引っ越ししてきたそうです。

    近隣に自然があり、小さい我が子と一緒に散歩をして楽しむことのできる公園もあり、水の音が聞こえる小川もありと、本当に自分が探していた最高の環境を見つけ、移住することができたことを喜んでいた依頼人でした。

    しかし、雲行きが怪しくなってきたのは、今から3か月前のことです。同じ地区の一部住民から「よそ者」扱いされ、嫌がらせを受けることが増えてきたからです。

    特に最近は、郵便受けが荒らされていたり、敷地内にごみが置かれていたりするなど、日常生活に支障をきたすことも増えて困惑しているそうで、依頼人はこれらの行為に及んでいる人物を特定することを望み、調査を依頼することにしました。
    調査結果
    探偵事務所のスタッフによる、有人監視調査の結果、依頼人の家に迷惑行為を繰り返していた犯人は、同じ地区に住む新旧の町内会役員2名であることがわかりました。

    事の発端は、引っ越してきた依頼人に、使用している道路の維持管理費などと言い、意味不明瞭な分担金請求を繰り返し、それを依頼人が断ったことを根に持っていたようで、半ば恐喝と同じような行為に及んでいたようなのです。

    この2人は、依頼人だけではなく、移住してきた住民にも同様の行為を繰り返していたようで、泣き寝入りして言い分の分担金を支払ったという住民もいたのです。

    実際、2人が迷惑行為に及んでいた様子は、探偵事務所のスタッフによって動画で一部始終が記録されており、依頼人はこの動画を元に警察や役場に相談しました。

    警察や役場による調査の結果、分担金そのものが違法な請求であったようで、役員2名は警察の取り調べを受けることになり、それと同時に依頼人宅に行われていた迷惑行為はあっという間に無くなりました。
    もっと見る

他の調査の料金・費用相場を見る