探偵事務所・興信所を必要とする人向けのコミュニティ「探偵ちゃん」

探偵ちゃん掲示板

新着トピック

探偵ガイド

新着の探偵コラム

  • 別れさせ屋 > 探偵基礎知識

    別れさせ屋を利用するときは、精神状態が不安定で物事の判断が普段通りではないかもしれません。勢いや流れで別れさせ屋を決めてしまうと後々後悔することになるかもしれません。別れさせ屋の中には、稀に悪徳なところも存在します。必ず見極めを行って下さい。見極める際のポイントを9つ紹介するので参考にしてください。 ホームページに所在地が明記されていない 所在地がホームページに記載されていないということは、普通では考えられません。探偵事務所であっても、代表者と所在地の記載はあります。嘘や隠しておきたいことがあるから記載していないと考えてもおかしくありません。ホームページ上の住所、代表者の記載は確認しておきましょう。 探偵業の届出を行っていない そもそもですが、別れさせ屋の工作をするのは、探偵です。探偵は探偵業の届出を行っていなければ法律違反です。届出を行ってはじめて探偵業を行えます。 ですので、いかなる理由であっても探偵業の届出を行っていなければなりません。ホームページ上に記載されていなければ、その探偵事務所に依頼することはやめましょう。 また、届出た証明番号が振られます。ホームページ上でその番号を確認し、心配であれば所在している都道府県の警察に、その番号が実際のものか確認しておきましょう。 明記されている所在地で会ったことがない 探偵に依頼する流れは、メールや電話でまずは相談し、つぎに面談に移ります。その面談場所がいつも明記されている場所ではなく、喫茶店やホテルの喫茶店、違う場所のレンタルオフィスである場合は、その事務所に依頼することはやめておくのが無難です。もしかするとホームページ上の住所は偽物か、レンタルオフィスの可能性が高く、嘘、偽りを隠している事務所かもしれません。もしくは、規模が小さく、個人か数人で行っている場合もあり、しっかりとした調査を行えない可能性もあります。 明記されている住所、電話番号を確認できない場合に起こることが、契約して調査費用を振り込んだ後、一切連絡がつかず、騙されるというケースもあります。ですので、目で見てスタッフが常時いるのか確認してください。 契約書の内容が薄い 見積もりを受けて、いざ契約です、となったときに、まず以下の3点があるかどうか確認してください。 重要事項説明 調査・工作契約書の条項説明 個人情報保護等の誓約書 この3点の説明を受けるのが通常だとお考え下さい。個人情報保護について何も交わさないというのは通常ありません。この3点を確認できるかどうかが大切です。これは探偵業法に定められています。 オプション料金についての記載、説明がない よくトラブルになるのがオプションの料金についてです。何かにつけてオプション料金を請求してくるところがあります。オプションがかかることは工作次第ではありますが、そのことについて契約書に盛り込まれていない場合は要注意です。 所在地もしっかりしていて、会う場所も記載どおり、契約書も揃っている、説明もしっかりしている、契約をしていざ、工作が始まると何かにつけてオプションで費用が掛かりますと言ってくるところがあります。オプションの費用を払わなければ工作は続けられませんと言ってくる場合もあります。 ですので、オプション料金について契約書に盛り込まれているかを確認しておいて下さい。 途中解約した場合、全額請求される 契約書に途中解約について書かれていない場合は要注意です。その探偵事務所はやめたほうがいいでしょう。また、記載があっても、いつ途中解約しても全額費用がかかるということが書かれているかもしれません。その場合、交渉ではなく、その探偵はやめておいたほうが無難です。 しっかりとしたところであれば、詳細にこの時点の解約は50%の費用、この時点であれば80%の費用がかかるということが明記されているはずです。 口頭だけで確認することは絶対に避けてください。 全額前払い 全額前払いということはほとんど無いとお考え下さい。着手金と成功報酬に分かれているとお考え下さい。ただ、少額で済むような依頼の場合は着手金だけの場合もありますが、百万単位の金額を全額前払いさせることは考えにくいです。 ケースごとに費用の説明があり、そのことが契約書に書かれており、納得して依頼するのであれば問題ありません。 工作内容が具体的ではない 工作内容を相談しているときに、適当な説明の場合は要注意です。任しておいて下さい、とだけ言って契約に移るようなケースは、その後、本当に調査をしてくれるか心配です。誠意をもって依頼者の状況にあわせて工作内容を説明してくれるような探偵事務所を探しましょう。 説明が不十分のまま契約を急かしてくる こちらが質問しても適当に流されて、誠意を持って応えてくれず契約書にサインを求めるところも要注意です。また、契約書の条項も説明せず、契約書を開いてサインだけを求めてくるところも要注意です。 通常であれば、契約書の中身を確認して、納得してからサインです。契約書を持ち帰っても問題ないでしょう。すべての条項を確認してからサインするのが普通です。 法律に違反している工作を提案してくる 最後に、工作内容が法律に違反している場合です。法律に違反している工作を行うとトラブルになるケースがあります。法を犯しているわけですから、警察沙汰になる可能性も。相手から訴えられることも考えられるでしょう。法を侵さずにどうしたら解決するかということを考えてくれる探偵事務所を探して下さい。 まとめ 別れさせ屋に依頼するときですから、精神的にもストレスがかかっていて正常に判断できず、口約束だけで軽く依頼しないでください。すぐに料金も振り込まずに、しっかりと見積もりと契約書を確認して、納得してから契約してください。実際の調査はほとんどせずに終了するところや、お金を振り込んだら一切連絡がつかないということもあります。目で見て確かめて業者選びを行って下さい

  • 浮気・不倫調査 > コラム

    妻の妊娠中に、夫が浮気に走るという話は、昔からよくあるようです。 女性側からすると、妻が妊娠中で悪阻に苦しんだり、体調の変化に苦しんだりしている時に、他の女性と浮気をするとは、とても許しがたい行為です。どうして、男性は妻の妊娠中に浮気をしてしまうのでしょうか。また妊娠中の浮気を防止するには、どうしたらよいのでしょうか。 ここでは、妊娠中に夫が浮気をする理由と対策をご紹介しますので、是非参考にして下さい。 妊娠中に浮気が多い4つの理由 最近、芸能人の浮気でも話題になったように、妻の妊娠中に浮気をするという裏切り行為をしてしまう男性が、世の中にはいるようです。 妻が妊娠すると、体調面や精神面など様々な変化が現れます。妊娠前まで、夫婦円満だったにもかかわらず、妊娠中に浮気をしてしまう理由としては、以下の4つが考えられます。 セックスレス まず、最も多い理由として、妻が妊娠したことでセックスレスになる夫婦が多いことです。セックスレスになると、欲求を満たすために、別の女性と浮気をしてしまう男性がいます。 妊娠中の夫婦生活は、経過が安定していれば問題ない場合もありますが、妊娠初期や妊娠経過によっては医師から性行為を禁止される場合もあります。また、悪阻や流産への不安などから、女性側も積極的になれない場合も考えられます。そのため、夫婦生活の回数が減っていくことが多いようです。 女性側が受け入れられない場合だけでなく、男性が妊婦となって体型も変化していく妻を女性として見られなくなっていき、セックスレスに陥る夫婦もいるようです。 産まれてくる子供優先になる 2つ目の理由としては、妻の意識が産まれてくる子供優先になってしまい、夫のことがないがしろになっていくことです。妊娠した女性にとっては、母性が芽生え、産まれてくる子供のことを中心に考え準備をしていくことは当たり前のことです。 ただ、以前に比べて夫に構う時間が減ることを寂しく感じ、浮気に走ってしまう男性もいるようです。 女性側の体調の変化 3つ目の理由は、妊婦の妻が情緒不安定になり、夫にあたってしまうことです。個人差はありますが、妊娠をすると、女性の体はホルモンバランスが変化して、感情の起伏が激しくなったり、精神的に不安定になったりしてしまいます。このように、妊娠によって情緒不安定になり、一番身近な夫に、イライラをぶつけてしまっている妊婦さんは多くいます。 情緒不安定になっている妻の相手をすることで、夫もストレスが溜まり、そのはけ口として癒しを求めて、浮気をしてしまう場合があるようです。 里帰り出産の場合は妻が留守になる 最後の理由は、里帰り出産中は、妻の目を盗んで浮気をしやすくなるという理由です。 出産間近から産後にかけて、実家で両親の手助けを受けながら出産するために、実家に帰る事がよくあります。これを里帰り出産と呼びます。里帰り出産の場合、約2~3ヶ月間程、自宅を空けることになります。そうなると、妻の監視の目がなくなり、解放感から浮気をしてしまうという男性がいるようです。 また、いつも家に帰れば妻がいて、話し相手となっていたのに、急に一人での生活となり、その寂しさから浮気をしてしまうというパターンもあるようです。 妊娠中の4つの浮気防止対策 上記にて、妻の妊娠中に旦那が浮気をしてしまう理由についてお伝えしました。中には、妊婦のホルモンバランスの変化や、里帰り出産など、健康な赤ちゃんを産むために、避けて通れないものもあります。 2人の赤ちゃんを産むために、体調の変化にも耐えながら、妊婦生活をすごしているのですから、本来は浮気などあり得ない話です。しかし、悲しいことに、妻の妊娠中に浮気をしてしまう男性は一定数いるようです。ここでは、妊娠中の夫の浮気防止対策を4つご紹介します。 スキンシップを増やす意識をする まず、一つ目の対策は、意識してスキンシップを増やすことです。妻の妊娠中のセックスレスが、浮気の原因となることをお伝えしました。 夫婦生活については、もちろん体調や妊婦経過を第一優先に考えて無理をする必要はありません。ただ、それ以外での日常のスキンシップを意識して増やしていくことをお勧めします。例えば、軽いボディタッチをしたり、外出時には手をつないだりすることを試してみて下さい。 スキンシップを取ることで、満足感や相手への愛情が確認でき、他の女性と浮気してしまうのを防ぐことができます。また、子供が産まれてしまうと、さらに育児優先となり、夫とのスキンシップが減っていく可能性があります。今から、日常的にスキンシップを取ることを習慣化しいくとよいでしょう。 コミュニケーションを取る 続いての浮気防止対策は、コミュニケーションを取ることです。妊娠中の女性は情緒不安定になりやすく、それが原因で夫が浮気に走ることがあるとお伝えしました。 妊娠による影響で、ホルモンバランスが崩れ情緒不安手になることは、女性側の努力ではどうすることもできないことです。ただ、そこで、妊娠するとどのような身体の変化があるか、今の気持ちはどのような気持ちかということを、きちんと夫に伝えることが大切です。お互いの状況や、考えを理解し合うことで、浮気防止に効果があるでしょう。 また、セックスレスや、産まれてくる子供優先になり夫に寂しい思いをさせてしまうことについても、コミュニケーションを取ることで、不満を解決できる可能性があります。妊娠中で、様々な変化がある時こそ、積極的にコミュニケーションを取ることを心がけて下さい。 妊婦健診に一緒に行き父親になる自覚を持たせる 3つ目の対策は、妊婦検診やマタニティー教室に一緒に行くことで、父親になる自覚を持たせることです。産婦人科というと、女性の患者さんばかりで、男性が行くのは気後れしてしまうかもしれませんが、妊婦検診に同行している男性は案外いるものです。 男性は、お腹に赤ちゃんがいる女性と違って、中々親になる実感が湧かないものです。病院でエコー動画を見たり、先生のお話を聞いたりすることで、父親になるという実感と責任感を持たせることできます。そうすることで、他の女性へうつつを抜かすのを防止できるでしょう。 また、産院や自治体主催の父親も参加できるマタニティー教室もあります。赤ちゃんの人形を使って沐浴の練習や、お世話の仕方などを教えてもらえるので、より父親になる自覚が芽生えるはずです。是非積極的に参加することをお勧めします。 旦那への気遣いを忘れない 最後に、旦那への気遣いを忘れないことも、浮気防止に繋がります。妊娠中は悪阻やホルモンバランスの変化など、正直、夫のことは二の次になってしまう場合が多いようです。 ただ、浮気の理由にも上記した通り、妻があまり構ってくれなくなった寂しさから浮気をしてしまうケースも多いようです。体調や妊婦経過を見ながら、できる範囲で夫への気遣いもしていくことで、寂しさから浮気に走ってしまうのを防止できるのではないでしょうか。 例えば、夫の好物を夕飯に作ることや、仕事で遅くなった場合はねぎらいの言葉を忘れないなど、些細な気遣いでも人は嬉しいものです。夫婦円満でいるためにも、お互い気遣いを忘れない関係を目標とすることをお勧めします。 まとめ 妊娠中に夫が浮気をしてしまう理由と、浮気防止対策をお伝えしました。妊娠による、妻の体調や精神面の変化が、浮気の原因となっていることも多いようです。そのような理由で、浮気をしてしまう男性は、許しがたいものですが、残念ながら世の中には多数いるようです。 上記した浮気防止対策を参考に、産まれてくる子供の為にも、夫婦仲のいい家庭を築けるよう、工夫してみて下さい。

  • 別れさせ屋 > コラム

    「私の今の状況で別れさせ屋を使ってもいいのだろうか」ともし思っている方のために、別れさせ屋を使う状況例をご紹介します。別れさせ屋は「別れさせたい」、「別れたい」、という思いに対応し、かつ、復縁したいという延長に別れさせるということにも対応するところが多いでしょう。 相談内容によって対応できる、できないは探偵事務所によって異なりますが、今置かれている状況に対応してくれるか悩んでいるのであれば、この記事をご覧いただき参考にしてください。多くの探偵事務所はメールや電話相談は無料なところが多いので気軽に対応できるか相談してみてください。 妻・夫の不倫相手と別れさせたい パートナーが不倫していることを知って、別れさせたいと依頼してくるケースです。この場合は、夫婦の間に子供がいたり、また元の夫婦関係に戻りたいと願っている場合が多く、離婚は考えていない場合が多いようです。 離婚前提であれば、別れさせ屋を利用せずに、決定的な離婚証拠を集めて離婚を進めれば済むので、別れさせ屋を利用してでも離婚を回避しようと考えている状況だと考えられます。 不倫相手に対する感情は様々で、それに応じて工作の内容も異なります。依頼者が相手を懲らしめたいと考えているのか、それとも、穏便に別れさせることだけでいいと考えるのかで異なってきます。 妻・夫と別れたい この場合は、理由は色々考えられます。例えば、モラハラ、ギャンブル、借金などでパートナーとは別れたい、でも、別れてくれない。離婚が進まなくて困っている場合などに別れさせ屋を利用するというケースがあります。 上記に挙げた理由では、離婚を確実にする理由には至りません。結婚生活が破綻しないような理由では離婚は相手が拒否するとなかなか成立しないのが実情です。そこで、登場するのが別れさせ屋ということです。工作内容は依頼者と相談しながら、ということになりますが、離婚する場合に決定的な証拠となるのが、不倫現場の証拠です。この状況を作り出し、別れるというハニートラップが一般的です。 あとは、他に好きな人ができたという理由も考えられます。子供もいない、他に好きな人ができたが別れてくれない。当然といえば当然ですが、気持ちが他に移ってしまっていてどうにかしたいと依頼してくる場合です。 別れさせ屋は、「別れさせたい」だけでなく「別れたい」という依頼にも対応しているところが多いです。 復縁したいが、別れた元夫・妻に新しい相手ができたので別れさせたい この状況は、復縁が先にあって、調査を進めていくと相手に他のパートナーがいたということが判明した場合に、別れさせるということです。別れさせてから、復縁工作が始まります。 どうしても忘れられない、もう一度夫、妻とやり直したいと考え、復縁の依頼をして調査を進めます。復縁の調査では、相手に他にパートナーがいるかをまず確認します。その時点で、あきらめるか、それとも別れさせてでも復縁をしたいと考えるのか問われます。 別れさせ屋の機能をもつ探偵は、復縁工作も行っているところが多いでしょう。 既婚者の不倫相手と一緒になりたい(離婚させて一緒になりたい) この状況は、付き合った相手が既婚者で、付き合っていくうちに相手と結婚したいと考えるようになったという状況です。 不倫で別れさせ屋を利用する場合は、既婚者のパートナーが利用するものとイメージしますが、略奪愛を狙って、不倫相手側が離婚させる目的で別れさせ屋を利用する場合もあるということです。 依頼する状況としては、不倫者同士、いつか結婚しようと本気で考えても離婚がうまく進まない状況や、既婚者は不倫相手の前では都合よく、いつか結婚したいと応えていたが、なかなか離婚しないことに不倫相手が業を煮やし、別れさせ屋に依頼する場合が考えられます。 不倫相手と別れたい 不倫相手と別れたい、この状況の背景は様々な感情のパターンがあるでしょう。家族にバレそうだ、もしくは、バレたので別れたい。不倫相手が本気になって結婚を言い始めたので別れたい。不倫相手が存在を家族に示そうとしてきたので別れたい。こういった様々な背景が考えられますが、ネックにあるのは、自分では縁を切れないということです。自分で別れを切り出しても相手が別れてくれない、自分では言い出せないと悩んでいる状況で別れさせ屋を利用することを考えるのではないでしょうか。 まとめ 別れさせ屋を利用する状況をご紹介しましたが、別れさせ屋を利用する前に自分で行動して解決に向かう努力をすることも大切です。別れさせ屋は多少なりとも相手の気持ちを傷つけてしまうこともあります。誠意を持ってどんな状況でも自力で対応して、それでも解決せず前に進めない状況ではじめて利用することを検討しましょう。 別れさせ屋を利用することは費用もかかります。最後の手段で本当に利用するべきかお考え下さい。

  • いじめ調査 > 探偵基礎知識

    いじめは、学校側が見抜けない、もしくは、認めないという実態が明るみになっています。学校が行ういじめ調査をしていても解決されず、いじめは継続され、場合によっては重大なニュースになるケースもあります。いじめは、親には相談したくない、誰にも知られたくないという気持ちがあり、内に隠して過ごしてしまいます。ただ、必ずどこかでSOSを発しています。そのSOS、そしていじめの兆候を見逃さず、いじめの実態を掴むことが何よりです。 いじめの実態を掴むために、担任の先生、学校側に相談に行き、それでもまだ判然としない場合、第三者として探偵を利用して調査を進める選択があります。探偵は気付かれずに、いじめがあるかどうか、証拠を押さえてくれます。 いじめ調査を探偵に依頼することをお考えの方のために、探偵が行ういじめ調査について詳しく説明しているので参考にしてください。 探偵にいじめ調査を依頼する目的 親御さんが探偵にいじめ調査を依頼する目的は、2通りあります。ひとつ目は、いじめの証拠を押さえるためです。ふたつ目は、いじめを受けているかどうか知りたいときです。 いじめの証拠を押さえたい ひとつ目の“いじめの証拠を押さえたい”ために依頼してくるシチュエーションは、親御さんがいじめを疑い、学校側に相談に行ったがそのような実態はないと跳ね返された場合や学校の調査ではいじめは無いと判断された場合などです。いじめの証拠を掴んでから、学校、そして加害者の親御さんに相談に行くことで、相手の態度は一転します。 いじめを受けているかどうか知りたい ふたつ目の“いじめを受けているかどうか知りたい”というのは、学校に相談に行って事を大きくしたくないけど、心配でいじめがあるか確かめたいという場合です。親が学校にいじめの相談に行くことを子供が嫌がることも考えられます。 思いもよらない調査結果 探偵が行ういじめ調査では、思いもよらない結果になることもあります。こんなケースがあります。 子供が学校から帰ってくると、服が破かれている、物が無くなっているといったことが頻繁に起こるようになりました。まさに、いじめの兆候ですので、探偵に調査を依頼。 探偵が子供を調査していき、証拠を押さえて結果報告。調査結果を見て、親御さんは信じられない結果に驚きました。 なんと、服は自分で学校の帰りに誰にも見られない場所で破いていたのです。また、物も少しずつ帰り道に捨てて帰っていました。 おそらく、親御さんの興味を引くために行っていたのでしょう。良くも悪くもいじめの実態を掴むことで、子供のことが分かり、関係の持ち方を考える機会になります。 探偵にいじめ調査を依頼する前にやるべきこと 子供にいじめの兆候があれば、探偵にいじめ調査を依頼する前に、できれば、学校の担任の先生に相談に行くことです。事を荒立てたくない場合は、普段の子供の学校での様子を聞きに行くだけでもいいです。もちろん、相談に行く前に、親心としていじめの存在を知りたいということは理解でき、探偵に依頼して把握しておくということも選択肢のひとつです。 ただ、学校や担任の先生が熱心な場合もあり、その先生に状況を伺い、その後の対応をお願いすることで実際にいじめも軽減している事例は多数あります。 学校側の対応を見るという目的のためにも相談することはいいことです。まったく取り合わないような先生、学校なのかも分かります。また、学校にいじめがあるかどうかというそれらしい事を聞いておけば、それまで以上に先生に注意深く見てもらえるようにもなるでしょう。 探偵を利用していじめの実態を把握しても、その後が大切です。どのように解決に持っていくのかが難しいところです。ですので、学校に協力をしてもらうためにも事前に相談に行って下さい。長時間、友達と過ごす場所は学校です。学校側が丸く収めて子供も普段通りに過ごすようになるのがベストです。 いじめの兆候があって相談に行ったけど、学校が取り合わない、先生が熱心ではない、本当にいじめがあるのか知りたい、証拠を押さえたい、こういった場合に探偵のいじめ調査がいきてきます。 いじめの兆候・サイン いじめの兆候とは、具体的にどんなものがあるのか列挙しましたので、参考にしてください。 朝の寝起きが悪くなった 学校を休みたがるようになった 学校の話しをしなくなった カバンが傷ついていたり破れたりするようになった 持ち物が無くなるようになった 服が汚れたり、破れたりするようになった 使いみちを言わないお金を今まで以上に要求するようになった 足や体に擦り傷や打撲の痕ができるようになった いじめの内容 実際にどのようないじめが行われているのか、文科省が行ったいじめ調査結果から抜粋したものを紹介します。いじめの内容からいじめの兆候、いじめのサインを想像して早期にいじめの把握に努めてください。 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる 仲間はずれ、集団による無視をされる 軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩たたかれたり、蹴られたりする ひどくぶつかられたり、叩たたかれたり、蹴られたりする 金品をたかられる 金品を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする 嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる その他 この中で最も多いのが、「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」です。そして、近年増加しているのが、「パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる」です。 探偵が行ういじめ調査の内容 探偵が行うことは、いじめが行われている証拠を押さえることです。子供にばれずに尾行や張り込みをして、親御さんの目の届かない場所を調査します。学校の行き帰りや、塾や遊び場所などです。また、それ以外にはインターネットサービスを利用したいじめの調査です。 探偵が行う調査、証拠集めの一部を紹介します。相談内容によって異なりますが、以下のようなことについて対応します。 いじめの実態 いじめが本当にされているかです。学校の帰り道に暴力や悪口を言われていることを証拠写真や映像として押さえます。 いじめの主犯などいじめ行為者の身元 どこの誰がいじめているのか、その身元まで洗い出します。 いじめの証人 いじめを目撃して証人となってくれる人物を探します。 いじめの詳細な被害証拠 服が破られた、金品を取られたことを裏付ける証拠も押さえます。 いじめの学校対応 いじめが起きていることを放置している、黙認していることを裏付ける証拠を押さえます。 インターネットサービスを介してのいじめ 近年増えているインターネットサービス上での悪口、いじめについては、親御さんにも協力を仰ぎながら、書き込み内容を証拠として押さえます。

  • 浮気・不倫調査 > コラム

    結婚後も、夫婦仲良く暮らせるのが理想ですが、夫の浮気に悩まされている女性も多いようです。夫が浮気に走る原因は、単に夫が浮気性だからでしょうか。もちろん、結婚しているのに他の女性に走る夫が悪いのですが、妻が日頃の生活の中で心がけを変えることで、旦那の浮気防止につながる可能性もあります。 ここでは、夫に浮気をさせないための6つの方法をご紹介します。夫婦円満の為に、是非参考にしてみて下さい。 その1、コミュニケーションを大切にする まず1つめは、夫婦のコミュニケーションを大切にすることです。夫婦になると、お付き合いしていた時と比べ、刺激がなくなり、隣にいてあたりまえの存在になっていくでしょう。 ただ、そこでコミュニケーションを取らなくなってしまうと、相手の気持ちが分かりづらくなってしいますし、時には寂しさを感じることもあるでしょう。そうなってくると、寂しさを埋めるために、浮気に走ってしまう可能性が出てくるのです。 例えば、以下のような点を工夫することで、コミュニケーション不足を防ぐことができます。 挨拶をきちんとする 感謝の言葉を忘れない 相手の目を見て話をする 相手の話を聞く 喧嘩をしたらすぐに話し合う スキンシップを取る その2、スキンシップを大切にする 2つ目の方法は、スキンシップを大切にすることです。結婚をして、長年経つと、新婚当初のような感情はなくなりスキンシップが減っていく夫婦が多いようです。特に子供がいる家庭の場合は、さらに夫婦のスキンシップが少ない傾向にあるようです。 スキンシップを取ることで、言葉では伝わらない愛情をお互い感じることができ、浮気をする可能性も減っていくでしょう。軽いボディタッチやハグ、外出の際は手をつなぐ等のスキンシップを心がけてみて下さい。また、お互いにマッサージをしあうのも、スキンシップになるのでお勧めです。 上記のような、日常のスキンシップ以外で、夜の夫婦生活が無い場合も、欲求を満たすために浮気に走ってしまうことが考えられます。気分が乗らないこともあるかもしれませんが、夫からの夜の誘いは、あまり断りすぎない方がよいでしょう。 その3、旦那を褒める 3つ目は、夫を褒めることです。人は褒められると、自分を認められていると感じ嬉しいものです。自分を認めてくれる存在が家庭内にいると、満たされた気持ちになり、浮気をする可能性が減るでしょう。逆に、家庭内で褒められることがなく、邪険に扱われていると、他に自分を認めてくれる人がいた場合に、浮気してしまうことが考えられます。 では、具体的には、どのような点を褒めたらよいのでしょうか。例えば、夫が家事を手伝ってくれた際には、「さすが、お皿がピカピカになってる!」や、「私が掃除しても取れなかった汚れがきれいになっている!ありがとう。」など、手伝ってくれて当たり前ではなく、感謝の気持ちや助かったということを素直に伝えてみましょう。 第三者が褒めていたと伝えるのも効果的 また、直接褒める以外で、「第三者が夫のことを褒めていた」ということを伝えるのも、効果的です。例えば、「自分の両親が夫のことを頼りがいがあると言っていた」や「娘がパパをかっこいいと言っていた」などです。 直接言われる褒め言葉に比べ、第三者が褒めていたという情報はよりリアルで、満足感を得られます。自分は認められていると、満足できる状況にすることで、浮気へ走る可能性を減らすことができるでしょう。 その4、お小遣いをあげすぎない 4つ目は、必要以上にお小遣いをあげすぎないことです。浮気をするには、デート代、プレゼント代、ホテル代などのお金が必要になってきます。自由に使えるお金が少なければ、自然と浮気をすることができなくなります。また、お小遣いの前借りをしてくるなど、浮気がばれやすくなるでしょう。 しかし、お小遣いが十分にあり、自由にお金が使えてしまうと、浮気をしやすい状況になってしまいます。そこで、浮気を防止したいのであれば、やはりお小遣いはランチ代、飲み会代などをある程度計算して、適正価格にすることをお勧めします。 あまりに、お小遣いを制限してしまうと、ストレスの原因となってしまうので、ボーナスが出た際や、誕生日などは、欲しいものを買えるようにするなど、工夫していくとよいでしょう。 その5、女性であることを忘れない 結婚しても、女性であることを忘れずにいることも、浮気防止に繋がります。家事や育児に忙しい場合、ついつい化粧気が無くなり、お洒落に気を遣うことも少なくなりがちです。そんな妻と生活している中で、身綺麗にしている女性の誘惑があると、ついつい浮気に走ってしまうのが男の人です。 妻が女性であることを忘れず、お洒落に気を遣ったり、体型維持に努めていたりすることで、妻に魅力を感じ、夫の気持ちが他の女性へと移ってしまうことが防げるでしょう。 その6、子供優先になりすぎない 最後に、子供優先になりすぎて、夫のことをないがしろにしないことも大切です。夫婦2人だけの時には、なにかと夫の世話を焼いていた場合でも、子供が産まれると自然と子供の世話が最優先となるでしょう。 もちろん、母親になったのですから当然のことですが、子供優先になりすぎていると、自分は相手にされていないと寂しさを感じる男性もいるようです。また、家庭の中に自分の居場所がないと感じることもあるでしょう。 子育てに追われて、忙しいとは思いますが、寂しさから、浮気に走ってしまうのを防ぐためにも、夫に気遣いの言葉をかけたり、時には夫のために時間を割いたりできるよう、心がけることをお勧めします。 まとめ 旦那に浮気をさせない6つの方法をお伝えしました。面倒だと感じるものもあるかもしれませんが、上記のポイントは、浮気防止だけでなく、夫婦円満の秘訣でもあります。 日頃から心がけておくことで、よりよい夫婦関係を築くことができ、家族の雰囲気もよくなるでしょう。浮気を心配している場合も、そうでない場合も、是非、上記の6つのポイントを心にとめておくことをお勧めします。

探偵ちゃんとは?

探偵ちゃんは、浮気や不倫、人探し、ご近所トラブルなどで悩んでいる人が集まるコミュニティサービスです。同じ境遇や悩み、相談事などを共有できます。また、その他に探偵事務所・興信所に依頼したいけど不安、契約の流れや実際の調査方法を知りたい、もっと探偵のことを詳しくなってから依頼したいと考えている人のために探偵ガイドもご用意しています。各都道府県の探偵事務所も掲載しているので、いざ探偵に依頼したいときはすぐに探偵ちゃんから探すことができます。探偵ちゃんをご利用いただき、悩みの解決にお役立てください。