家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

家出・人探し・行方不明調査は、費用が高くなる傾向にあります。探偵事務所に提供する情報少ない場合が多く、探す手がかりが少ないため調査期間が長くなったり、調査人数が多くなることが高くなる理由です。あらかじめ探す先が絞られている場合は相場よりも安くなるでしょう。例えば、パートナーの浮気相手を探してほしい場合などは、パートナーから情報を得ていれば比較的簡単に見つかるでしょう。逆に、急に家を飛び出した夫、妻を探してほしい場合などは、情報源が少なく調査期間が長くなり高くなるでしょう。

相場をひとつの目安としながらどれだけ情報を探偵事務所・興信所に提供できるかを考えながら相談してください。

1日あたりの相場 費用総額の相場
全国 15.2万円 124.8万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

北海道・東北の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
北海道・東北 14.5万円 111.8万円

費用総額は90万円~120万円の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
北海道 13.6万円 103.5万円
青森 15.4万円 123.6万円
秋田 18.1万円 136.3万円
山形 15.5万円 131.8万円
岩手 14.5万円 96.8万円
宮城 13.8万円 106.5万円
福島 13.9万円 111.8万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
札幌市 13.8万円 119.8万円
仙台市 14.5万円 110.4万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

関東の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
関東 14.8万円 116.4万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
東京 14.2万円 99.9万円
神奈川 15.8万円 139.9万円
埼玉 15.6万円 133.1万円
千葉 13.4万円 97.4万円
栃木 13万円 101.4万円
茨城 16.3万円 130.7万円
群馬 15.1万円 117.6万円

東京23区の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
千代田区 15.7万円 63万円
文京区 17.2万円 189.6万円
世田谷区 11.8万円 82.8万円
中野区 12.2万円 73.6万円
板橋区 12.9万円 90.9万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
横浜市 17.2万円 155万円
さいたま市 15.6万円 133.1万円
千葉市 13.7万円 82.6万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

中部の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
中部 15.1万円 131.6万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
愛知 14.3万円 119.9万円
岐阜 12.5万円 133.9万円
静岡 16.3万円 171.3万円
三重 16.7万円 159.2万円
新潟 19.8万円 128.7万円
山梨 12.5万円 87.7万円
長野 14.2万円 114.3万円
石川 16.9万円 152.5万円
富山 18.4万円 147.2万円
福井 14.7万円 132.4万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
名古屋市 14.6万円 128.5万円
静岡市 18.1万円 172.6万円
浜松市 16.6万円 133万円
新潟市 19.8万円 128.7万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

関西の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
関西 16.4万円 143.2万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
大阪 15万円 140.5万円
兵庫 14.6万円 141万円
京都 18.4万円 138.6万円
滋賀 22.9万円 183.9万円
奈良 15.8万円 134.4万円
和歌山 19.4万円 146万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
大阪市 15万円 140.5万円
神戸市 13.9万円 153万円
京都市 18.4万円 138.6万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

中国・四国の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
中国・四国 15.7万円 132.2万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
岡山 14万円 117.2万円
広島 16.4万円 158.7万円
鳥取 20.9万円 167.3万円
島根 15.1万円 143.6万円
山口 17.6万円 132.6万円
香川 16.4万円 109.7万円
徳島 13.8万円 152.8万円
愛媛 17.2万円 137.6万円
高知 15.2万円 83.7万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
岡山市 15.7万円 110.3万円
広島市 16.4万円 158.7万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

九州・沖縄の家出・人探し・行方不明調査の料金・費用相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
九州・沖縄 15万円 120.3万円

費用総額は120万円以上の割合が最も高いです。

都道府県ごとの相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
福岡 13.5万円 86.6万円
佐賀 18.8万円 150.5万円
長崎 11.5万円 127万円
熊本 13.6万円 157.3万円
大分 14.6万円 102.6万円
宮崎 18.7万円 149.6万円
鹿児島 17.8万円 143万円
沖縄 16.4万円 131.2万円

政令指定都市の相場

1日あたりの相場 費用総額の相場
北九州市 14.7万円 118.2万円
福岡市 13.4万円 73.7万円
熊本市 13.6万円 157.3万円

都道府県から探偵事務所・興信所を探す

調査費用を安くするコツ

人探しの依頼費用を安くするためには、探偵になるべく多くの情報を提供することです。名前、住所、勤務先、いついなくなったのか、友達は誰か、など関する情報をなるべく多くの情報を提供することが安くするコツです。

家出・人探し・行方不明調査の料金・費用事例(136)

※実際に探偵ちゃんで紹介した探偵事務所に依頼した人の事例です。

  • 妻が突然家を出て行ったので調査依頼

    福岡県田川郡香春町 30代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    683,000
    1日あたりの金額:
    11.3万円
    依頼内容
    今回の依頼は、昨今の社会でありがちな「介護疲れ」の問題が、如実に表れたものとなりました。依頼人は予想以上に妻に負担をかけていたことを、かなり悔いている様子で相談に来ました。

    親の介護のため、依頼人一家は2年前に故郷の九州に戻りました。新しい生活環境には不安を感じることも多々ありましたが、妻も次第にその生活に慣れてきたように見えました。

    しかし、2ヶ月前に突如として妻が姿を消したのです。依頼人が休日、子どもと公園へ行った際、自宅に戻ると妻がいなくなっていました。

    その後、妻から離婚したいという一方的なメールが届きましたが、それ以降、妻からの連絡は一切なく、音信不通となりました。

    依頼人は、妻の居所を突き止め、彼女を思いとどまらせたいと私たち探偵事務所に依頼を持ちかけました。
    調査結果
    探偵事務所のスタッフは依頼を受け、すぐに調査を開始しました。SNSやメールの履歴、通話履歴など、手掛かりとなる情報を丁寧に調査しました。

    そして、調査の結果、妻が大学時代の友人の家に転がり込んでいることを突き止めました。探偵事務所のスタッフは、その友人の実家であるお弁当屋で働いている妻の姿を確認し、写真を撮影することに成功しました。

    さらに、妻の周辺で調査を深めると、妻は田舎町ならではの人間関係に疲れていたことが明らかになりました。独特のコミュニティとその重圧、そしてそれに伴うストレスが彼女を窮地に追い込んでいたのです。

    この事実を依頼人に伝えたところ、彼は妻の気持ちを理解し、親の介護を優先して妻を苦しめていたことを大変悔やんでいる様子でした。

    その後、依頼人は妻や家族との生活を再び穏やかなものとするために、実家にも通いやすく比較的生活もしやすい福岡市内への引っ越しを決めました。

    その提案は、我々スタッフを通じて妻の元に伝えられ、妻はその意向を踏まえて依頼人に元に戻ってくることになりました。

    こうして、妻が人間関係の重圧から解放され、都会の生活が彼女にとって新たな安らぎをもたらすことを願うとともに、依頼人の新たな生活が穏やかなものとなることを期待しています。
    もっと見る
  • 息子が勤務している会社の独身寮から居なくなったので調査依頼

    福島県伊達郡国見町 50代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    741,000
    1日あたりの金額:
    10.5万円
    依頼内容
    私たちの探偵事務所は、引きこもりだった子どもの捜索をして欲しいと、保護者である依頼人から依頼を受けたのは、つい先日のことでした。

    依頼人は、引きこもりから脱却した長男が、山間部にある製造業の会社に勤めるために田舎町に引っ越し、独身寮に住み込みで働いていたことを、とても安心して見守っていたそうです。

    ですが、会社から自宅に連絡があり、数日間無断欠勤が続いているので事情を確認したいとのことであったため、依頼人は夫婦で独身寮を尋ねてみると、長男は突然姿を消してしまったのでした。

    書き置きも何も残されておらず、スマホやLINEを使った連絡も一切届かない状況となっており、依頼主は警察にも長男の行方について相談しましたが、警察の努力にも関わらず、長男の行方はわからないままでした。

    こうして、すべての手を尽くした依頼人は、プロの探偵である私たちの事務所に、長男の行方を探してもらうよう依頼することにしたのです。
    調査結果
    私たちの探偵事務所のスタッフは、この依頼を受けて調査を開始しました。まず、最初に行ったのは、長男に関する趣味や特技、SNSなどのネット上でのつながりを探す調査でしたが、この調査の中で、私たちは長男のSNSアカウントを特定することに成功しました。

    SNSの投稿などを分析すると、長男は東京都内にいるSNSのフォロワーのアパートに転がり込んでいることが判明しました。

    長男がなぜ突然姿を消し、東京に行ったのかを調査するため、私たちはさらに詳細な情報を収集しました。その結果、長男はプロのeスポーツプレイヤーになりたいという夢を持っていたようで、SNSの投稿にも、親の言いなりになって、現在の仕事を続けることに嫌気がさしたようでした。

    そして、SNSのフォロワーの誘いを受け、東京都内にある彼のアパートに転がり込み、アルバイトをしながらeスポーツプレイヤーを目指すことを考えていたようなのでした。

    私たちはこの調査結果を依頼主に報告し、長男の現在の状況を伝えました。また、長男の夢や抱える悩みについても詳しく説明しました。

    依頼主は驚きつつも、長男の気持ちを理解し、最終的には長男の夢をサポートすることを決めました。そのことを伝えると、長男は自宅に戻ってくることを約束し、この件はひとまず解決することとなりました。
    もっと見る
  • 妻が子供の親権争い中に子供を連れて行方をくらましたので調査依頼

    岐阜県可児郡御嵩町 30代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    627,000
    1日あたりの金額:
    10.4万円
    依頼内容
    今回の依頼人には、離婚調停中の妻がいるそうです。離婚することにはお互い同意したものの、それ以上に問題となったのは子どもの親権を巡る係争でした。

    妻による不倫の結果、依頼人と妻との結婚生活の破綻が起き、離婚に至るまでの経緯を考慮した結果、子どもの親権を巡る調停が行われ、依頼人に子どもの親権が渡ることになりました。

    依頼人にとって、子どもの親権を得られたことは満足できることであったのですが、その判決が下ったとき、新たな問題が発生したのです。

    判決が下るまでの間、妻の側に子どもが暫定的に預けられていたのですが、依頼人が子どもの身柄を引き取りに向かったとき、子どもの姿はなかったのです。

    もともと、依頼人の妻は子どもを連れて、自らの実家がある岐阜県の山間部の町に戻っていましたが、妻の実家に依頼人が子どもを迎えに行くと、彼女と子ども、さらには彼女の両親までもが姿を消していたのです。

    慌てた依頼人は、探偵事務所に妻と子どもの行方を見つけてもらうように調査を依頼しました。
    調査結果
    探偵事務所では、まずSNSの分析から始め、岐阜県の山間部の町において、妻の知人関係に関する情報を集めるための聞き込みを行いました。

    徹底した調査の結果、意外な事実が明らかになりました。実は、妻の両親が孫の顔を見続けたいがため、さらには親権を巡る判決に反発して、妻と子どもを別の場所にかくまっていたことが明らかになりました。

    妻の両親は、旧知の仲である同級生が経営している温泉宿に暮らしていました。この温泉宿で、妻と子どもは住み込みで働いていたのです。

    この温泉宿は一般には知られていない、人里離れた場所にあり、そこで彼らは新たな生活を始めていました。つまり、妻の両親も結託して、依頼人に子どもが渡らないように計画的な行動であったと言えるのです。

    依頼人は探偵事務所の調査結果を受け取り、法的措置を講じることにしました。判決不履行であることから、依頼人は警察に子どもの引き取りに向けた相談を行った結果、警察の捜査が行われることとなりました。

    警察から「これ以上子どもを渡さないと誘拐の罪に当たる」と指摘された妻は、ようやく観念して子どもを手放し、依頼人は子どもとの再会を果たしました。
    もっと見る
  • 婚約者に結納金を渡した途端、行方をくらましたので調査依頼

    千葉県印旛郡栄町 30代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    683,000
    1日あたりの金額:
    11.3万円
    依頼内容
    今回の依頼人は、息子さんの結婚を望んでいたところ、その結婚に詐欺の色が見え隠れしたことから、真実を知るためにと、探偵事務所へ相談されました。

    田舎町に住む息子さんは、地元で開催された婚活パーティーに参加し、華やかさに包まれた都会の女性と出会い、やがて結婚を前提とした交際を始めたそうです。

    女性と息子さんは、交際半年を迎えたのを機に、結婚を前提としたお付き合いに発展したようで、そのことを伝えるために依頼人とも挨拶をするなど、交際は順調と思われていました。

    しかし、結婚を3か月後に控えた頃、息子さんが結納金を支払った途端、女性からの連絡は途絶え、夢見た未来は霧の中へと消えていったのです。

    その後、さまざまな方法で女性に連絡を取ろうとしているものの、息子さんは女性と連絡が取れない状況のままで、女性の住むマンションに出向いてみても、既に転居して姿を消してしまっていたのです。

    息子さんの途方に暮れる姿を見かねた両親は、探偵事務所に依頼し、女性の行方を探し出し、結婚を実現できるように努力することを決意しました。
    調査結果
    探偵事務所は、まずSNSをはじめとするデジタル足跡の分析から調査を開始しました。SNS関係を調査した結果、この町で同様の被害に遭った男性が複数名いることが判明し、一つの疑惑が浮かび上がりました。

    その疑惑とは、いわゆる「結婚詐欺」を最初から行おうとしていたのではないかと言う疑念です。探偵たちはさらに調査を進めたところ、その女性が実は東京都内で暮らしていることを突き止めました。

    女性は、息子さんが知っているところとは別のマンションに居住しているようで、居住地を確認すると、かつて息子さんが参加していた婚活パーティーを主催していた企業の社長の住居であることがわかりました。

    つまり、この社長と女性は、同居するなど特別な関係にあることも明らかになったわけで、彼女が結婚詐欺を繰り返していた疑いが強まりました。この事実は、単なる一個人の犯行ではなく、組織的な詐欺の可能性を示唆していました。

    探偵事務所の調査報告を受け、両親は警察に詐欺罪で訴えを起こしました。警察は探偵事勤所が提供した情報を元に捜査を開始し、女性と婚活パーティーの関係者に対する調査を進めていきました。

    最終的に、婚活パーティーの胡散臭い運営実態も明るみに出ました。被害者たちは声を上げ、支払った結納金の返還を求めて訴訟を提起し、現在も係争が続いている状況です。
    もっと見る
  • 大学に通うため一人暮らしをしている息子が行方不明になったので調査依頼

    東京都世田谷区 40代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    828,000
    1日あたりの金額:
    11.8万円
    依頼内容
    大学進学という新たな人生の門出は、ある家族にとって予期せぬ試練の始まりとなりました。今回の依頼人は、行方をくらましてしまった息子の居場所を探すために、調査を依頼しました。

    依頼人の息子は、高校を卒業するまでは田舎町で暮らしていたそうですが、大学進学をきっかけに東京での一人暮らしを始めたものの、新しい環境への適応に苦しみ、やがて心身のバランスを崩してしまったそうです。

    依頼人も、息子の状況は気にかけており、定期的に電話をかけるなどしていたものの、今から2週間前に息子は行方不明になってしまったのです。

    依頼人は息子の安否を心配し、必死になって彼の行方を追いましたが、息子からの連絡は一切なく、手掛かりも見つからず、絶望的な気持ちになっていました。

    そんな時、ネットで見つけた探偵事務所の実績を信じて、依頼人は息子の捜索を依頼したのです。
    調査結果
    探偵事務所では、まず息子の交友関係や最近の行動パターンを友人などから聞き込みをしました。

    そこから、彼が岩手県に向かったという情報を手に入れました。息子が岩手県へ行った理由は謎に包まれていましたが、探偵事務所は息子の母方の祖父母の存在に着目し、彼らの家を訪ねました。

    すると、依頼人の息子はそこに身を隠していました。彼は両親への心配をかけたくなかったため、また東京での生活に疲れ果ててしまったため、自分から行方を知らせずに祖父母の家に避難していたのです。

    息子は岩手で「宮沢賢治の研究」に没頭すると祖父母に言い訳しながら、実際には自分の心身の状態を落ち着かせたい一心で、祖父母のもとにいました。祖父母も、まさか孫が家出しているとは思わず、事実が明らかになった時には大変驚いていました。

    探偵事務所の調査によって息子の居場所が判明したことで、両親は息子と再会することができました。対面した依頼人は、息子の心身の健康を最優先に考え、休学してゆっくりと時間をかけて回復することを勧め、息子もそのことを決断しました。
    もっと見る
  • 妻が離婚協議中に居なくなり人探しを依頼

    山梨県中巨摩郡昭和町 40代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    578,000
    1日あたりの金額:
    9.6万円
    依頼内容
    今回の依頼は、結婚生活の岐路に立たされた夫婦の間で起きた一連の出来事から生まれたものでした。妻の不貞行為が原因で離婚協議を進めていた依頼人のもとから、妻がある日突然姿を消したことがきっかけです。

    妻は依頼人との離婚に反対し、夫婦関係の修復を望んでいましたが、依頼人はそれを受け入れることができず、妻はその対立に耐えかねたと思われます。

    もともと、別の男性と関係を持っていた妻との離婚を考えていた依頼人でしたが、妻はそれを受け入れることができなかったようで、妻側の弁護士から「妻が行方不明になった」と告げられた時も、まさかそこまでするとは思っていなかったそうです。

    依頼人と、双方の弁護士が共同で妻の捜索を試みましたが、妻の行方については何の手掛かりも得られませんでした。妻の両親も、娘の居場所については知らないと言っていました。

    この状況を受けて、自身の離婚を早く進めることにもつながると判断した依頼人は、探偵事勤所に調査を依頼しました。
    調査結果
    探偵事務所の優秀な探偵たちは、妻の社会的ネットワーク、過去の行動パターン、そして彼女のデジタル足跡を丹念に調査し始めました。

    徹底的な調査の末、探偵たちは驚くべき事実を発見しました。妻は、実は別れると断言していたはずの浮気相手とその両親によってかくまわれていたのです。

    彼らは信州の町にある自治体の住宅で、妻をひっそりと一人で住まわせていました。妻の意図は明らかであり、妻は離婚調停の成立を意図的に遅らせるために、このような行為に及んでいたのです。

    そして、妻の両親は娘の復縁を支援することを望み、行方をくらまして依頼人の望む「離婚」と言う結論を放棄させようと考えたのです。

    探偵事務所が提出した調査報告書は、裁判所における離婚調停の進行に影響を与えました。結果的に、妻の行動は裁判所の心証を決定的に悪化させ、依頼人の立場を有利にしました。

    事態を重く見た妻は、依頼人の所にやってきて謝罪をしましたが、依頼人の信念は変わることなく、むしろより妻のことを許せないと考えていたようで、調査開始から半年後の夏、離婚が成立したとのことでした。
    もっと見る
  • 離婚調停中の妻が失踪したので調査依頼

    北海道虻田郡真狩村 40代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    993,000
    1日あたりの金額:
    14.1万円
    依頼内容
    今回、依頼人から探偵事務所に寄せられたのは、依頼人の離婚調停中であるという妻の失踪についてでした。

    依頼人は、妻の不貞行為が原因で離婚調停を行っていたが、突如として妻が姿を消してしまったのです。依頼人側の弁護士はもちろん、妻側の弁護士も妻を捜索したそうですが、あらゆる手がかりをもってしても妻は見つからず、妻が霧の中に消えたかのように見つからない状況だったのです。

    妻は実家がある北海道に引越していましたが、妻の両親も娘の行方を知らないと答えるばかりで、依頼人としては、このままでは人生を新たにスタートさせることもできず、時間だけが過ぎていく状況にあったのです。

    状況を打破するために、家出人捜索の実績が豊富な探偵事務所を見つけ、依頼人は探偵に対して妻の行方を見つけ出すための調査を依頼することになったのです。
    調査結果
    探偵事務所は、依頼人からの詳細な情報を基に、探偵たちは雪深い北海道へと向かいました。

    探偵事務所のスタッフは、地元の人々との対話や聞き取り、地道な足取りの追跡、そして何よりも妻の性格や過去の行動パターンの分析を行い、徹底した調査を実施したのです。

    そしてついに、スタッフは妻の両親が実は娘をかくまっていた事実をつかみました。彼らは、娘をあえて実家には入れず、同じ村内にある町営住宅をこっそりと借り上げ、妻を一人で住まわせていたのです。

    探偵事務所の調査をさらに進めると、妻は離婚をしたくないという意向を強く持っており、調停の成立を意図的に遅らせるために、今回のような行動に出ていたことが判明し、妻の両親も妻の意向を尊重し、加担していたことがわかりました。

    探偵事務所はこの情報を依頼人に提供し、さらには弁護士を通じて適切な法的手続きを踏むことができるようにサポートしました。

    こうして、妻を再び発見できたことにより、離婚調停は再び動き始め、依頼人は人生の再スタートに向けて前進することができたのです。
    もっと見る
  • 東京から引っ越してきたのに妻が姿を消したので調査依頼

    長野県木曽郡南木曽町 40代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    1,036,000
    1日あたりの金額:
    14.8万円
    依頼内容
    依頼人は、東京都内のあるフレンチレストランでシェフとして腕を振るっていましたが、カメラマンである妻と知り合って以来、ジビエ料理の魅力にひかれたそうです。

    「妻とも相談して、今の町に移住してジビエレストランを始めたんです」と語る依頼人が、なぜ探偵事務所へ相談するためにやってきたのか…それは、かつてジビエレストランの経営を勧めてくれた、妻が姿を消してしまったからです。

    移住先の風光明媚な場所にログハウスを構え、ジビエ料理のレストランと民泊を経営した依頼人ですが、1カ月前に妻が忽然と姿を消し、依頼人は困惑の日々を送っていました。

    もともと夫婦仲は険悪ではなかったと考えている依頼人は、妻の失踪の理由がわからず、警察の捜索でも妻の行方は見つからず、依頼人は頭を悩ませていましたが、思い切って探偵による調査を行う事を決意しました。
    調査結果
    探偵事務所の調査により、依頼人の知らない驚きの事実が明らかになりました。なんと妻は、依頼人に内緒で交際している相手がいたことが判明したのです。

    この男性は、妻が東京の事務所に所属してカメラマンとして活動していたころから続く関係であり、その時に知り合ったネイチャー雑誌の編集長でした。そして、依頼人と一緒に妻は今の町に移住した後も、この編集長とは男女の関係が続いていました。

    妻は東京都内にある編集長のマンションに潜伏していることを確認しました。潜伏と言っても、2人は腕を組んで歩くなど、明らかに夫婦のような振る舞いをしており、妻の様子を見る限り、罪悪感は一切見受けられませんでした。

    調査結果を見たことで、依頼人は、妻の不倫を知り愕然としました。探偵の報告を元に、依頼人は妻との話し合いを試みましたが、最終的に妻は離婚を選びました。

    とはいえ、妻のわがままをこのまま通すつもりはなく、依頼人は知り合いの弁護士とも相談し、妻と相手の男性に対して高額の慰謝料を請求し、現在裁判が続いているとのことです。
    もっと見る
  • 出資先のカフェを経営する若夫婦と音信不通になったので調査依頼

    長野県下伊那郡高森町 50代 男性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    7日間
    費用総額:
    925,000
    1日あたりの金額:
    13.2万円
    依頼内容
    今回の依頼人は、順風満帆に見えていた友人夫婦の行方を案じ、探偵事務所に調査を依頼することを決意しました。

    依頼人は、東京都内でワインバーを経営していますが、そこの常連であった若い夫婦の夢である「美味しい水で美味しいコーヒーを飲めるカフェ」に賛同し、家族ぐるみで付き合いをはじめ、飲食ビジネスの関係者に引き合わせるなど、若夫婦の夢を応援していたそうです。

    そして若夫婦は、3年前に信州のある高原の町で念願だったカフェを開店し、依頼人も友人として、さらにはビジネスパートナーとして彼らのビジネスに金銭的な支援を行ったのです。

    カフェも雑誌で紹介されるなど人気を集めるようになり、平穏で快適な移住生活を送っていた若夫婦でしたが、突如として姿を消したと聞き、依頼人はただ驚くしかありませんでした。

    彼らのビジネスに出資していた依頼人は、彼らの失踪に戸惑い、若夫婦の行方と、失踪に至った理由を知ることを求めて探偵事務所に調査を依頼しました。
    調査結果
    調査の結果は、若夫婦のビジネスが決して順風満帆ではなく、自転車操業のビジネスであったことを知ることになってしまいました。

    探偵事務所の調査によって、驚くべき事実が明らかになりました。若夫婦のビジネスは、見かけとはうらはらに収入は不安定であり、出資者が多数いる中、ビジネスが繁盛しているように見せかけていたものの、実際には自転車操業に過ぎませんでした。

    そして若夫婦は、出資に対する定期的なリターンを保証できなくなり、多くの出資者を裏切る形で夜逃げを図ったのです。

    探偵事務所のスタッフによる捜索の結果、若夫婦は東京都内のアパートで暮らしているところを発見されました。彼らは再起を果たすべく、新たなビジネスにチャレンジする意向を示しており、それまでの間、心身の休息を図ろうとしていたようです。

    状況を聞いた依頼人は、さっそく若夫婦に連絡を取り、ビジネスの件は自身が整理をすることと、若夫婦には知り合いが経営するグランピング施設の住み込み管理人の職を提供し、再チャレンジの一歩を踏み出す支援を行うことにしました。
    もっと見る
  • 父が亡くなって空き家になった家に女性の名前で書置きが繰り返されるので調査依頼

    青森県下北郡佐井村 40代 女性

    家出・人探し・行方不明調査

    調査日数:
    6日間
    費用総額:
    731,000
    1日あたりの金額:
    12.1万円
    依頼内容
    今回の依頼は、空き家になっている自身の実家に、「また来ます」と書かれた書き置きが置いてあることを不思議に思った依頼人が、その書き置きの主を探して欲しいとのことで始まりました。

    この書き置きの差出人は「美穂」という女性のようで、依頼人にとっては心当たりのない女性であり、そもそもこの女性が空き家になっている実家を訪ねてきた理由が一切思い当たらないのだそうです。

    さらに、この書き置きは毎年同じ時期に繰り返し置かれるのだそうです。今から5年前、自身の亡き父が亡くなって以来、空き家になってからずっと同じことが繰り返されるのです。

    ここまで継続してこの現象が起こることを不思議に思い、依頼人は、この「美穂」という人が何のために実家に来ているのかを調べることを望み、探偵事務所に調査を依頼しました。
    調査結果
    探偵事務所では、この「美穂」さんだけを調べるため、亡きお父様と依頼人の親族関係も含めて、徹底的な調査を進めた結果、「美穂」さんは、依頼人の亡き父の前妻であることが明らかになりました。

    依頼人にこのことを確認すると、依頼人は驚きを隠せませんでした。依頼人いわく、父親がバツイチであったことを知らなかったし、父からもそのことを告げられていなかったのです。

    つまり、美穂さんはかつての夫である、依頼人の父親が亡くなったことを聞き、少なくとも線香をあげたいという思いから、実家を訪れ続けていたのです。

    依頼人は、調査結果を通じて美穂さんの真意を知ることができたとともに、新たな繋がりを築くことを決意しました。

    その後、探偵事務所を通じて依頼人と美穂さんの手紙のやりとりが始まり、後日になりましたが、お互いの予定を調整して美穂さんが実家を訪れることが決まりました。

    今回の調査によって、美穂さんとの手紙のやりとりを通じて、依頼人は感謝の気持ちを伝えることができました。美穂さんもまた、自分が抱えていた元夫に対する思いを共有し、お互いに心の中の疑問や感情を打ち明けることができたのです。
    もっと見る

探偵の家出・人探し・行方不明調査の口コミ・評判(417)

他の調査の料金・費用相場を見る

1日あたりの相場 費用総額の相場
浮気調査・不倫調査 13.4万円 73.7万円
結婚前調査・身辺調査 13.1万円 67.4万円
家出・人探し・行方不明調査 15.2万円 124.8万円
盗撮・盗聴器発見調査 12.4万円 47.9万円
ご近所トラブル・嫌がらせ調査と対策 4.9万円 53.7万円
ストーカー対策と調査 12.4万円 80.1万円
いじめ対策と調査 11万円 69万円