「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

探偵に依頼するGPS調査

GPS調査

夫に浮気疑惑があるとき、ご自身でぴったりと張り付いて尾行していくのは、大変な労力を伴います。一度見失ってしまえば失敗に終わりますし、あるいは万が一尾行がバレてしまったら、ふたりの関係に大きな亀裂が入ることは避けられません。

そこでおすすめしたいのが、GPSの利用です。
GPSによってあなたが夫の位置情報を把握できれば、怪しい行動履歴を尾行せずとも手に入れることができます。

GPSの調達はご自身で行うか、レンタルか、それとも探偵にGPS調査を依頼するかです。この記事では、探偵が行うGPS調査の方法や費用相場等について詳しくご説明いたします。

GPSを取り付けるに適している場所

探偵にGPS調査を依頼する場合でも、GPSの取り付けは調査対象者の身近な場所に取り付けるため、ご自身で行わなければならないケースが多いようです。

取り付け場所の指示は探偵が行いますが、主だった取り付け場所にあわせて、取り付ける際の注意点をご紹介致します。

もし夫が車を使用する機会が多いのであれば、車に取り付けるのがおすすめです。

車の底部で、バンパーやスペアタイヤがある場所を目安に設置しましょう。なぜなら、そこが一番見つかりにくいうえ、高温にならない場所なのでGPS本体の故障も避けられるためです。

ちなみに車内に設置してしまうと、電波が飛ばなくなることがあるので、トランクの中や座席の下なども避けておいたほうが無難でしょう。

また他人の所有する車には、絶対にGPSを取り付けないでください。設置できるのはあくまで、夫本人やあなたが所有する車のみです。他人の車に取り付けると、器物破損や住居不法侵入として罪に問われる可能性があることを、頭に入れておきましょう。

バイク

バイクにGPSを取り付ける場合、ステップの下やタンクの下あたりが適切です。

バイクは地面の影響を直に受けるため、走行中に振動でGPSが落下してしまうこともあるので、設置には注意が必要です。

マグネットで設置するだけではなく、強力な両面テープも併用すると安心でしょう。

人間

もし夫が徒歩移動をメインにしているのなら、夫に直接GPSを仕掛けるという方法もあります。

着るであろう服の裏地やポケットにあらかじめ縫い付けておいたり、カバンの底の部分に忍ばせておくと良いでしょう。

ただ、頻繁な回収は必要です。発見されるリスクを避けるためには、こまめに回収して、立て続けに持たせないよう細心の注意を払いましょう。

探偵が行うGPSを活用した浮気調査

それでは、浮気調査のプロである探偵は、GPSをどのように活用していくのでしょうか。GPS調査だけの依頼であれば、1週間数万円で済みます。GPSで怪しいことが疑われた場合に、現場に急行してもらうなど追加で調査を依頼することもできます。

では、実際にGPSを活用した浮気調査をご紹介します。

GPSを1~2週間取り付けたままににして、履歴を確認する

もしも夫が、車やバイクなど自分専用の乗り物を持っているのでしたら、そこにGPSを取り付け、1~2週間程度そのままにします。

パートナーの行動がどこか怪しいと思った際には、行動履歴を追うためにGPSを活用することが適していると言えます。

24時間体制で尾行を続けるよりもずっと経費が削減できるので、GPSの履歴を確認することは、とても効率的な浮気調査方法といえます。ですので、料金も安く済みます。

GPSから現在進行形でラブホテル等、疑わしき場所への出入りを確認したら本格的な浮気調査へ

探偵事務所や調査プランにもよりますが、ラブホテル付近の履歴が現在進行形で取得できたら、別料金で探偵にその場に向かってもらい、証拠の写真を抑えてもらいます。または、別で調査プランを組み、本格的に浮気調査を依頼するかです。

GPS調査で疑いから確信に変わったら、追加で調査を依頼するという使い方が適していると思います。

探偵に依頼する場合の費用相場

GPS調査だけの費用相場ですが、おおよそ7日間で30,000円程度です。本格的な浮気調査に入る前としては、手頃な金額です。

GPS調査後に本格的に調査を依頼する場合は別途調査プランが組まれます。GPS調査を依頼する前に、その後の調査も検討しているのか決めてから探偵事務所に相談されることをおすすめします。

GPS調査だけの証拠では裁判資料にならない

GPSの履歴だけでは、裁判資料として使えません。怪しい行動履歴があっただけでは、不貞行為を立証できません。

仮にGPSの履歴で、夫がラブホテルへの出入りする記録を確認したとしましょう。しかし、「出入りの記録があった」というだけでは、残念ながら浮気の証拠にはなりません。例えばラブホテルへの出入りを追求したところで、「具合が悪くなったから、近くにあったラブホテルの駐車場に車を停めて車内で休んでいただけだ」と言われたら、それまでです。

GPSは、あくまで「手段」に過ぎないと心得てください。

裁判の際に証拠として使えるのは、写真や動画です。GPSは、あくまで相手の位置情報を把握するだけのツールとして使いましょう。裁判証拠を集めたいのであれば、不貞現場への出入りを確認できたら、その後の本格的な浮気調査へ進展させる必要があります。

一連の作業をご自身で行うことも可能ですが、バレずに、浮気証拠までを考えているのであれば、プロの探偵に依頼するのが一番安全で確実です。

まとめ

GPSを活用した浮気調査についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

最近パートナーの行動が怪しい、本格的な調査を依頼するには高い、それでも追いたい、知りたい、と思っている場合にGPS調査は役立ちます。探偵事務所でも割と安く提供しているので、相談してみてはいかがでしょうか。

確かに、ご自身で調査するよりも費用はかかりますが、リスクも少なく安全で、その後のことを考えると探偵に依頼するほうが懸命でしょう。

浮気調査・不倫調査の探偵ガイド