「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

不倫夫が、妻との離婚を考えるケース5選

離婚届

夫が、隠れて不倫していることを知ったあなた。

「黙っていれば、そのうち家庭に戻ってくるかもしれない」と、夫の不徳を見て見ぬふりをしている方も多いことでしょう。

確かにその後、不倫相手と別れ、何事も無かったかのように家庭に帰ってくる夫はいます。

しかしその一方で、夫婦仲をやり直すどころか、離婚を切り出してくる夫もいるのが事実です。
では不倫夫が離婚を考えるときとは、一体どのような場合なのでしょうか。

この記事では、不倫夫が妻との離婚を考えるケースについて5つご紹介いたします。
あなたが夫との離婚を考えていないのなら、以下のことに注意すると良いでしょう。

不倫相手に本気になりすぎた

「初めは遊びのつもりだったのに、いつの間にか本気の恋愛感情が湧いていた」・・・不倫に関わらず、過去の恋愛において、誰しも一度はこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

手に入らないものがどうしても欲しくなるというのは、独身男性の恋愛でも既婚男性の恋愛でも変わりません。

つまり、不倫相手に本気でのめり込みすぎた場合、「妻とは別れてこの子と新しい生活を始めたい」と考えることがあるのです。

既婚女性との不倫の場合(ダブル不倫)

特に既婚者女性との不倫の場合、「隣の芝生は青く見える」ではないですが、「人のもの」だからこそ余計に奪いたくなる心理が働くのかもしれませんね。

「毎回会っているうちに、いつのまにか情が移って・・・」という言い訳は、ほとんどの不倫男性がすると思っておいて間違えはないでしょう。

独身女性との不倫の場合

あるいは、独身女性との不倫の場合。

このケースでは、「この子と一緒に生活したら、楽しくて刺激的な毎日が待っていそうだな」と、男性の冒険心を掻き立てることがあります。

自分が家庭を持っていると、ほとんど同じような生活が繰り返されているはずです。「俺の一生は、ずっとこんな感じで終わってくのかな」なんて、老後のイメージまでをぼんやりと思い描いている方も少なくないでしょう。

そんな「未知のものへの期待」を優先した結果、妻に離婚を切り出すのです。

不倫相手から離婚を迫られている

不倫相手から離婚を迫られている場合、その不倫相手の要求を呑んで離婚を切り出す男性もいます。

独身女性との不倫の場合

特に独身女性相手の不倫に多いのですが、「奥さんと別れて!私と結婚してよ」としつこく迫るケースは珍しくありません。

独身女性にとって、家庭へ戻っていく彼の背中を毎日見送るのは、身を切り裂かれるように辛いことです。

「彼はこれから、家族団らんで楽しく食卓を囲むのだろう。それに対して私は、誰もいない部屋で一人きりの夕飯・・・」なんて寂しさ、不倫に本気になってしまった独身女性なら、誰しも一度は感じたことがあるはずです。

我慢ばかりの毎日に、しびれを切らして「奥さんと私、どちらを選ぶのかハッキリしてよ!もし奥さんを取るのなら、もうあなたとは会わないから」と「最後通牒」を突き付ける方もいます。押しに弱くて、頼まれごとがなかなか断れないタイプの男性なら、この最後通牒をきっかけに「分かったよ・・・君を失うのは嫌だから、妻とは離婚するよ」と離婚を考えるのです。

既婚女性との不倫の場合(ダブル不倫)

もしも相手が既婚女性だと、「離婚してよ」と迫ることはなかなか難しいでしょう。

なぜなら、自分にも家庭があるためです。離婚成立するまでの手続きの煩雑さを考えると、w不倫のままで満足する方も少なくありません。

しかしすでに別居中であるとか、不倫相手の旦那も浮気中であるなど、すでに家庭として崩壊している場合は、「私の方の準備はすでにOKよ。あなたさえ良ければ、いつでも離婚できるわ」なんて離婚を迫る場合があることも覚えておきましょう。

不倫相手が妊娠した

不倫とは、単に「食事をするだけ」「楽しくトークをするだけ」などプラトニックな関係には留まりません。

法律では違反行為ではあるにも関わらず、不倫には肉体関係が付きものなのです。

しかし、不倫相手が妊娠したことをきっかけに、結婚を決意する男性は少なくありません。

独身女性との不倫の場合

夫が、独身女性との不倫していた場合、彼女の妊娠をきっかけに「責任を取って君と結婚する」と決意するケースがあります。

しかし、「実は独身女性と不倫していて、相手を妊娠させたから・・・」とは言わずに、「前々から君とは性格が合わないと思っていて」など、別の理由をつけて離婚を切り出すことがほとんどでしょう。

既婚女性との不倫の場合(ダブル不倫)

既婚女性との不倫で相手を妊娠させた場合、結婚するためには、お互いの家庭でそれぞれの離婚手続きを進めなければなりません。これは、かなり厄介なことです。

そのため、「妊娠=結婚」という図式はすぐには成立しにくく、長期化するかもしれない離婚手続きよりも、駆け落ちを選ぶ方もいるようです。

家族仲が冷え切っている

不倫夫の家族仲が元々冷え切っている場合も、離婚を考えることがあります。

家に帰ってきても、自分の居場所がない。休日にベッドで横たわっているだけで掃除の邪魔にされ、子供からは「パパの洗濯物と一緒に洗わないで」など邪険に扱われ・・・。

やはりそんな日々では、自分の存在を認めてくれる相手のほうに行きたくなるのは、ある意味で仕方がないことと言えるでしょう。

元々安定よりも刺激を求めるタイプである

不倫夫は若い頃に、どんな性格をしていましたか?

もしかして、休日には友人たちと遊び歩いたり、新しいレジャースポットには必ず足を運ぶような冒険家な方でしたか?

「結婚して丸くなったよね」と言われることはあったとしても、本質的な性格が180度完全に変わるとはなかなか考えにくいものです。

本来の性格で、安定よりも刺激を求めるタイプの夫なら、「まだ見ぬ新しい世界」を求めて新しい生活のほうに魅力を感じるかもしれません。

まとめ

不倫夫が、妻との離婚を考えるケースについて5つご紹介してきましたが、いかがでしたか。

「妻よりも不倫相手のほうが好きだから」という、単純な理由ひとつで離婚を考えるわけではない・・・ということがお分かりいただけたかと思います。

けれども、離婚を考える場合についてあらかじめ知っておけば、先回りして対策をすることも可能なはずです。

この記事を参考に、不倫夫の心理を理解し、そのうえで先手を打てば、鬼に金棒でしょう。

浮気調査・不倫調査の探偵ガイド