夫・旦那が風俗に通っているのか見極める方法

メイド

奥様の知らないところで、旦那さんが風俗通い。心配されていてこの記事をご覧いただいているかと思います。

ご主人が風俗通いを疑っている奥様は意外に数多くいらっしゃいます。風俗通いを放置するのか、それとも風俗通いを止めてもらいたいのか、夫婦関係によるものだと思いますが、この記事では、旦那さんが風俗通いをしているのを見極める方法と、止めさせる方法などをご紹介しています。

心当たりがあるか、確認しながら読み進めてください。

風俗通いを見極める方法7つ

シャンプーや石鹸の香りに注意する

旦那さんが帰宅してきたときには、匂いに注目しましょう。シャンプーや石鹸の香りがしたときには、どこかでシャワーを浴びてきたことがわかります。もちろん、スポーツジムに通っていて、シャワーを浴びたという可能性もあります。しかし、特にシャワーを浴びる理由がないのに、シャンプーなどの香りがしたときには、怪しんでみましょう。どこかでシャワーを浴びてきたのか質問してみて、そのときの答え方や態度にも注目してみるとよいです。

ポイントカードや会員証などを探す

風俗店のなかにはポイントカードや会員証といったものを発行しているところがあります。たとえば、旦那さんの財布や鞄に風俗店の会員証などが見つかったときには、明確な証拠となるでしょう。自室や車のなかなどに置きっぱなしにされているようなケースもあるため、注意深く探してみてください。

風俗嬢の名刺を探す

風俗嬢はサービスを終えたあとに名刺を渡すことが多いです。それをポケットのなかに入れっぱなしにしているケースは意外とあります。洗濯をする際に、ポケットのなかを確認してみましょう。名刺を見つけることができれば、風俗を利用した動かぬ証拠となります。

所持金や使用したお金を調べる

風俗は、決して安いものではありません。一般的には、1万円から2万円ぐらいが相場です。安いところがあったとしても、千円、二千円で行ける場所ではありません。ですので、もし風俗に行っているならば、お金の減りが早いです。

お小遣い制の場合は、何に使ったか、たまにお金の遣い方を振り返ってもらい、答えでつまったり、使途不明金が発生している場合は、確率は高いと考えてもいいと思います。

また、風俗に行きそうな飲み会の日に、朝に所持金を聞いておき、帰ってきてからの所持金を聞くのもわかりやすいです。飲み会に行くだけで、そこまでお金を使うこともまずないでしょう。

かまをかける

風俗を利用しているという明確な証拠が見つからないときには、かまをかけてみるのもよいでしょう。風俗に行ったのか直接質問してみたり、あるいは間接的に話題を振ってみたりするのです。そのときに、明らかに狼狽した様子を見せた場合には、怪しいと考えられます。

検索履歴やブックマークをチェックする

現在は、ほとんどの風俗店がネットにサイトを持っています。そのため、ネット上で風俗店の情報を集めて遊んでいる人がほとんどです。たとえば、家族が共有して使っているパソコンの検索履歴やブックマークをチェックしてみましょう。それで風俗店を調べていたことが発覚するかもしれません。また、スマホの検索履歴や予測変換をチェックしてみてください。そこに痕跡が目隠れしているかもしれません。用心して検索履歴などをしっかりと消す人もいるのですが、うっかり消し忘れるということもありますので、この方法はおすすめです。

風俗に通っている可能性のある男性の特徴

性欲が強い

「性欲が強い」定義は難しいですが、奥様が応えてあげられないほどの場合は、外で発散している可能性があります。歳を重ねて40代になっても、20代、30代と変わらず求めてくる場合は、性欲が強いと言えるでしょう。

例えば、週に2回求めてくるものを、若い時には対応できたものの、40代でも同じ回数を求めてくる場合は、奥様からすると性欲が強いと言えるでしょう。

若い女性が好き

若い女性が好きな人は、結婚生活が長くなれば奥さんに満足できなくなってしまいます。そこで、若い女性を求めて風俗を利用するケースが多いです。たとえば、旦那さんとテレビを見ているときなどに若い女性に対してどういう反応を示しているかチェックしてみましょう。

アブノーマルな行為を求めてきたことがある

夜の営みのときに旦那さんがアブノーマルな行為を求めてくることがあります。そのような旦那さんは特殊な性癖を持っている可能性が高いです。アブノーマルな行為をあなたが許容できないならば、旦那さんはとても欲求不満になってしまい、欲望を満たすために風俗店を利用するでしょう。

男性が風俗を利用するタイミング

セックスレスが続いている

旦那さんと夜の営みがしばらくないという人は注意してください。男性が風俗通いをする理由は、性的欲求を満たすためです。セックスレスが続いていると、男性は女性の体を求めて風俗に通ってしまいます。奥さんで満足することができるならば、男性が風俗に通うことはありません。旦那さんに風俗に通って欲しくないならば、セックスレスを避ける努力をしましょう。

仕事帰り

男性が仕事帰りに風俗を利用するのは珍しくありません。仕事で疲れていて、ストレスも溜まっているため、いろいろなものを発散するために風俗を利用します。特に都市部の場合は、駅の周辺に風俗店が営業していることが多く、仕事帰りに立ち寄りやすいです。そのため、帰宅した旦那さんの様子を細かくチェックすることは大切です。

出張中

出張中は奥さんの目から離れているため、旦那さんは思う存分羽根を伸ばしています。開放感もあって、風俗を利用するケースは少なくありません。出張先であれば、絶対にばれないだろうという安心感もあります。

休日

平日は仕事で忙しくて風俗で遊ぶ気になれない男性もいます。そのような男性は、休日を利用して風俗で遊ぶことが多いでしょう。休日であれば、時間に余裕があって、風俗を利用したとしても誤魔化せると考えます。

妻が妊娠しているとき

妊娠しているときに旦那さんが浮気をするというケースは多いです。しかし、さすがに浮気をするのはまずいと考えて、風俗で遊ぶという人もいます。性的欲求を奥さんで発散することができず、浮気もできない男性が、風俗を利用してしまうケースがあるのです。

風俗通いを止めさせる方法

誘惑するメイド

コミュニケーションをしっかりと取る

旦那さんが風俗に通っている場合、奥さんとのコミュニケーションが上手く取れていないケースがあります。奥さんへの愛情や関心が薄れている可能性が高いです。そこで、積極的に旦那さんとコミュニケーションを取ることをおすすめします。そうすれば、夫婦のすれ違いを避けることができ、夫婦としての絆を再認識させることができます。妻である自分の存在を強く意識させることで、風俗へ行くことの罪悪感を覚えさせて、家族を大事にしようという意識を持たせることができるでしょう。

セックスレスを避ける

旦那さんが性的欲求不満を抱えて風俗を利用している場合は、セックスレスになっていることが多いです。セックスレスを解消することができれば、旦那さんは性的欲求を満たすことができ、風俗を利用しようとは思わなくなります。日本人は特にセックスレスの夫婦が多いとされています。特に子供ができた後に自然とセックスレスになったというケースは少なくありません。旦那さんに風俗を利用して欲しくないならば、定期的に夜の営みをすることを意識しましょう。

風俗が浮気であると伝える

風俗に通っている旦那さんのなかには、風俗を利用することが浮気であると考えていないケースがあります。しかし、風俗では奥さん以外の女性と性的な行為をするため、それは女性からしたら浮気と変わらないでしょう。男性のなかには、結婚していて風俗を利用することに罪悪感をまったく感じない人もいます。

そのような旦那さんに、女性にとって風俗は浮気であることを遠回しにでも伝えましょう。「風俗に行く男性って考えれない」「風俗は浮気だよね」と会話の中で旦那さんに伝えることで、風俗に行っている旦那さんであれば、ドキッとして風俗を控えてくれるかもしれません。

性病のリスクがあることを伝える

風俗を利用するのは、単に浮気であるだけではなく、性病にかかってしまうリスクがあることだと伝えるのも効果的です。

例えば、テレビでHIVのニュースを取り上げているときなどに、性病について、奥様の考えを伝えることで、旦那さんの風俗通いの歯止めになるかもしれません。

確実な証拠を掴んで旦那さんを問い詰める

風俗通いを絶対に許せずに、旦那さんに止めてもらいたいと考えている場合、確かな証拠を掴んで正々堂々、問い詰めるのも止めさせるためには、効果的です。

風俗通いは浮気と同じで、気持ちが悪いなど、思っていることを旦那さんに伝えて下さい。また、次に行ったことが分かったら、離婚も辞さないと伝えておくのもいいでしょう。最後の手段ですが、一番効き目があるでしょう。

証拠は、上述したスタンプカードなどでもいいです。ただ、証拠として形にないものやお金の遣い方などは言い逃れされます。ですので、旦那さんの前で見せることができる証拠が必要です。

風俗通いの証拠を確実に抑える方法2つ

尾行

自力で尾行する

たとえば、休日に行き先をつげずにどこかに旦那さんが出かけていくことがあります。それが、実は風俗へ遊びに行っているという可能性があります。怪しいときには、尾行してください。この目で確認し、写メに収めることで、言い逃れできない証拠になるでしょう。

ただし、素人が尾行しようと思っても、上手くいかないことが多いです。くれぐれも尾行していることを気づかれないようにしましょう。

探偵に調査を依頼する

自分で尾行して風俗通いの証拠を掴むのはリスクが高いです。お金に余裕があり、絶対に風俗通いの証拠を掴みたいと考えているならば、探偵に調査を依頼しましょう。探偵であればプロであり、絶対にバレないようにしながら尾行してくれます。風俗店を利用したという明確な証拠を集めてくれるでしょう。

風俗通いで離婚できるのか?

風俗に数回通った程度では認められない

不貞行為があると離婚できるとされています。たとえば、浮気は不貞行為のひとつとされているのです。ただし、風俗については、数回利用した程度では不貞行為とみなされないことが多いです。風俗はあくまでもサービスとして性的行為を受けただけであり、そこに恋愛感情があるとはみなされません。また、数回程度であれば、旦那さんを説得して風俗通いを止めてもらえる可能性があり、婚姻を継続し難い事由であるとは考えないのです。

風俗の場合は、お酒に酔った勢いで利用したケースや、上司や友人などに誘われて断りきれずに遊んだという場合もあります。たとえ、奥さんにとっては1回でも風俗を利用すれば浮気だと思えたとしても、それだけで離婚を認めてもらうことは難しいでしょう。

風俗通いの期間や回数、費やした金額によっては離婚できる

風俗通いも悪質な場合には離婚の理由として認めてもらうことができます。たとえば、妻とのセックスを拒否しているにもかかわらず、数年に渡って風俗通いをしていたという場合です。夫婦はともに婚姻を継続するための努力をすることが求められます。それにも関わらず、妻とのセックスを拒絶して風俗を優先した場合には、悪質性が高いため、離婚が認められる可能性が高いです。

風俗通いによって大金を使って家計を圧迫しているような状況でも、離婚は認められるでしょう。これも夫婦関係が破綻する原因といえるからです。あるいは、旦那さんが風俗通いで性病に感染して、そのせいで奥さんも性病に感染したというケースでも、離婚できた事例があります。

離婚や慰謝料請求では証拠が必要となる

旦那さんの風俗通いについて離婚や慰謝料を求めるならば、証拠を用意しなければいけません。たとえば、会員証や領収書、風俗店やラブホテルを出入りしていることを確認できる写真などです。風俗嬢の名刺などがあるだけでも、風俗を利用した証拠となるでしょう。ただし、長期間に渡って継続的に風俗店に通っていたことを証明しなければいけないケースもあります。その場合は、複数の証拠が必要となるため、しっかりと準備しておきましょう。自分で証拠を集めるのが困難な場合には、探偵に頼むと確実です。

慰謝料の金額については、それぞれのケースによって大きく異なります。弁護士に相談すれば、できるだけ高額な慰謝料を請求するために努力してくれます。

まとめ

結婚しているのに風俗に通っている旦那さんは少なからず存在します。旦那さんが風俗に通っているかどうか気になる人は、この記事を参考にして見極めて下さい。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応