「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

社内不倫・職場不倫が多い理由

社内不倫

職場で、「実はあの二人、付き合っているのよ」・・・なんて噂を耳にしたこと、誰しも一度くらいはあるのではないでしょうか。職場は、「仕事をする場所」だけとは限りません。

仕事は、一人きりで完結させることはまず不可能です。複数の社員が連携し合って、ようやく一つの業務が完成するのです。人間同士のやり取りが必要になる分、いつしかそこに「仕事仲間」としての垣根を超えた感情が芽生えるのは、ある意味で仕方がないことかもしれません。

しかし、独身同士の男女ならまだしも、実は「既婚者と独身者」との不倫だったり、あるいは「既婚者と既婚者」のダブル不倫だったりすることもあるので、要注意です。もしかしたら、あなたの夫も、会社では別の顔を見せているかもしれません。

ここでは、社内不倫・職場不倫の割合や、その理由についてお伝えいたします。

社内不倫の経験がある人はどれほどいるのか

実は、社内不倫をしている人たちは意外に多くいます。

「社内で不倫をしていますか、あるいは以前に社内不倫の経験をしたことはありますか」とアンケートを取ったところ、約68%の人が「はい」と答えた、という調査結果が残っているほどです。この数値には驚きです。10人のうち約7人は、社内不倫経験者ということなのです。

もちろん、大っぴらに「俺、同じ部署の〇〇さんと不倫しているんだ!」なんて公言することはまず無いでしょう。そのため、「うちの会社には、不倫するような人たちは居ないわ」と思いがちです。しかし、このアンケート結果の数値によって、皆、隠れて不倫を楽しんでいることがお分かりいただけたでしょう。あなたの隣の席に座っている先輩も、もしかしたら社内の誰かと秘密の関係にあるかもしれませんよ。

理由その1、平日の大半、顔を合わせているから

「単純接触効果」という心理学用語を、耳にしたことはありますか?

人は、顔を合わせる回数が多ければ多いほど、その相手に対して好意を抱く傾向があります。

とりわけ職場は、毎日のように「単純接触効果」が発揮される場所です。先輩と、同僚と、あるいは後輩や上司たちと・・・、週に5日間、それぞれ8~9時間以上、同じ空間で一緒に過ごしているわけです。1日を通して、「妻と一緒に過ごした時間よりも、仕事仲間と一緒にいる時間のほうが長い」という方も決して少なくないはずです。

このような単純接触効果も手伝い、社内の相手に好意を持ちやすくなるのはある意味で自然なことといえるでしょう。

理由その2、長所が目に付きやすいから

スーツ、あるいは作業着に身を包み、てきぱきと仕事をこなしている姿って、男女問わずとても格好良いものです。

机に向かう真剣な眼差しを目にしたとき、「しっかりしていそう」「頼れそう」と、ドキッとした経験がある方も多いのではないのでしょうか。

このように職場というのは、長所だけがクローズアップされやすい傾向があります。給与が発生している以上、ダラッと過ごすわけにはいきませんから、当然といえば当然です。

しかしそれを、あたかも「素の姿」と錯覚してしまうことがあります。誰しもある程度は「ON」と「OFF」を使い分けるものですが、職場においては特に「ON」の姿しか目にしないため、「元々しっかりしている性格なのだろう」「元々頼もしい方なのだろう」と、つい考えてしまうのです。

理由その3、悩みを誰よりも分かってくれやすい存在だから

仕事仲間というのは、悩みを誰よりも分かってくれやすい存在でもあります。

例えば妻に「最近関わっているプロジェクトでさ・・・」と話したとしても、あまりよく分かってくれないことでしょう。会社の詳細な状況は、その会社に勤務している人にしか把握できないものですから、「?」となるのも仕方がないことです。

その点、同じ職場に勤めている相手とは、悩みも共有しやすいもの。「ああ、あのプロジェクトね。当初の計画よりも少し遅れているよね。それというのもあの課長がさ・・・」なんて、弱音や愚痴を共有し合えるのです。

悩みを共有できていれば、連帯感だけではなく、親近感さえ沸いてきます。「この人、自分の気持ちを分かってくれている」・・・と感じたとき、親近感が愛情に変わることだって少なくないでしょう。

理由その4、同じプロジェクトで同じ目標に向かった仕事で意気投合

同じ目標に向かっている相手がいれば、仲間意識が芽生えて意気投合しやすくなるものです。

ふたりの同じ方向を向いていれば、話も合いやすいですし、達成のためにどうしたら良いのか、アイデアを出し合うこともできます。仕事は、一人ひとりがバラバラの方向を向いていては成立しません。

職場とは、お互いが同じベクトルを向きながら切磋琢磨している場所だからこそ、そこに「仕事仲間」としてだけではなく、「一人の人間」、さらには「一人の異性」として自然と魅力を感じることもあるでしょう。

理由その5、飲み会など二人で接する機会が多いから

社会人は、険しい顔をしてデスクに向かうことだけが「仕事」ではありません。

時には、「タイムカードを切ってからが本番だ!」と言わんばかりに、定時後の飲み会を頻繁に開催する会社も少なくないはずです。

会社の外では、誰でもある程度は「素」に戻ります。「いつも寡黙なあの人が笑顔を見せている!」といった意外な素顔や、勤務中には絶対にできないような冗談を交わし合うこともあるでしょう。

そう、退勤後の飲み会は、社員同士の親睦が深まる絶好の機会です。会話が盛り上がって「連絡先教えてよ」と連絡先を交換し合うのも、勤務中よりも飲み会の最中のほうが圧倒的に多いのです。

理由その6、タブーを犯すことそのものが、ストレスの捌け口になるから

社会人は、何かとストレスが付きものです。仕事で、家庭で・・・なかなか思うようにいかない毎日に鬱々として、「何か楽しいことないかな」「刺激が欲しいな」なんて感じることもあるでしょう。

そこで選ぶのが、不倫です。転職するわけではなく、今の家庭を手離すわけでもなく、手軽に「プラスアルファ」を付加できる・・・それが、「不倫」なのです。

「いけない」と分かっているからこそ、やってみたくなる。タブーであるからこそ、燃え上がる。つまり不倫をすることで、そのリスクに高揚し、ストレスの捌け口として昇華していることがあるのです。しかし、ただの「捌け口」で終始するならまだしも、いつしか「本気の恋愛」と変わっていることもあるので、ご注意ください。

まとめ

社内不倫・職場不倫が多い理由についてご説明してきましたが、いかがでしたか。

社内の不倫率は驚くほどに高いですが、そこには様々な背景があったわけです。「まさか私の夫も?」と不安を感じるかもしれませんが、この記事を、不倫防止対策としてご活用いただければ幸いです。

浮気調査・不倫調査の探偵ガイド