「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

単身赴任中の旦那が浮気をする理由と対策

夫の赴任先に子供と遊びに行く

単身赴任中の夫が浮気をしてしまったという話をよく耳にします。家族がそばにいない寂しさや解放感から、つい浮気をしてしまう男性が多いようです。ここでは、単身赴任中の夫が浮気をしてしまう理由と、対策についてご紹介します。夫の単身赴任が決まった場合は、是非参考にして下さい。

単身赴任中の旦那が浮気をする4つの理由

その1.家族と離れている寂しさから

単身赴任中の浮気の最大の理由は「寂しさ」でしょう。今までは、仕事で疲れて帰っても、愛する家族が待っていてくれ、会話をする相手もいます。仕事が終わって帰っても、出迎えてくれる家族もおらず、真っ暗な家に帰る単身赴任中は、男性とはいえ寂しい気持ちになるものです。

また、新しい環境で友人知人もおらず、心細い気持にもなります。そんな寂しさを埋めるために、浮気をしてしまうケースは多いようです。

その2.浮気がバレにくい状況になるので

2つ目の理由としては、単身赴任中は浮気がバレにくい状況になることです。もともと浮気願望はあるけれど、奥さんにばれる事が怖くて浮気をしていなかった場合、単身赴任になると解放感から浮気をしてしまう可能性が高いです。夫が浮気した過去がある場合や、浮気願望がありそうだと感じている場合は、注意が必要です。

その3.欲求を満たすため

3つ目は、単純に性的欲求を満たすためという理由から、浮気に走る場合があります。人間には本能として性欲が備わっています。普段は既婚者だからと理性を保っていても、お酒が入った場合や、女性から誘惑があった場合など、性欲を満たすために浮気をしてしまうというケースがあります。

その4.家族と会わないので罪悪感をもちにくい

単身赴任中に浮気をしてしまう理由の最後は、罪悪感を持ちにくいという理由です。単身赴任前であれば、家に帰れば妻や子供と顔を合わすため、家族を裏切ってしまったという罪悪感に苛まれます。しかし、単身赴任中であれば、浮気をしてもすぐに家族と顔を合わせるわけではありません。同じ裏切り行為をしているにもかかわらず、罪悪感が薄れてしまうという点が、単身赴任中の浮気を多くしているようです。

単身赴任中の旦那の浮気を防止する5つの対策

その1.こまめに連絡を取る

単身赴任中の浮気対策の1つ目は、こまめに連絡をとることです。上記にて、寂しさから浮気をしてしまう男性が多いとお伝えしました。こまめに連絡を取り合っていれば、単身赴任の寂しさも少しは紛れます。最近では、スマホで気軽にテレビ電話もできますので、より効果的でしょう。

また、寂しさを紛らわすだけでなく、浮気をしていないかの確認にもなります。浮ついた心があった場合も、家族から連絡があることで、罪悪感が芽生え歯止めがきくということも考えられます。

浮気防止対策として連絡を入れる場合は、定期的な連絡とは別に、たまに不意打ちで連絡を入れる事をお勧めします。

その2.可能な限り休日に帰宅してもらう

2つ目の対策は、休日は可能な限り自宅へと帰ってきてもらうようにすることです。交通費や労力を考えると、毎週というわけにはいかないかもしれませんが、どのくらいの頻度であれば帰って来られるのか、夫婦で話し合ってみて下さい。

頻繁に自宅に帰っていると、単身赴任の寂しさから浮気へ走る可能性も低くなりますし、隠れて他の女性に会う機会も減ります。浮気防止という観点だけでなく、小さい子供がいる場合は、家族そろって過ごせる機会を増やした方が子供も喜ぶはずです。是非、休日に帰宅する頻度を増やせるよう工夫してみて下さい。

その3.たまには赴任先に遊びに行く

続いての対策は、赴任先に遊びに行くことです。先程、できるだけ休日は自宅に帰ってきてもらうようにするとお伝えしましたが、遠方からの帰宅も頻繁であると疲れます。子供の長期休みの時期など、たまには赴任先に遊びに行くのもお勧めです。

赴任先に家族が遊びに来ることで、単身赴任の寂しさも和らぎます。また、家族が遊びに来るとなると、女性を家に連れ込むなど、浮気の証拠が残りそうな事がしづらくなり、浮気防止に役立つはずです。

また、可能であれば、たまには不意打ちで遊びに行くと、より浮気防止に役立つでしょう。不意に妻がくる可能性があると思うと、浮気の誘惑があった場合も抑止力となります。

その4.合鍵を持っておく

4つ目の対策は、合鍵を持っておく事です。先程、不意に遊びに行くことで浮気防止につながるとお伝えしましたが、合鍵を持っておくことでより効果的になります。

妻が合鍵をもっており、赴任先の家を不意に訪れる可能性があると思うと、一人暮らしだからといって、むやみに女性を家に呼ぶこともできませんし、外泊などもしづらくなります。実際には訪れなかったとしても、合鍵を持っているだけで効果がありますので、一人暮らしの家の合鍵は必ず預かるようにしましょう。

合鍵を預かる理由としては、具合が悪くなった時や、万が一の事故があった時に必要なのでと伝えると、スムーズに預かれるはずです。

その5.家族写真を飾っておく

最後の浮気防止対策は、一人暮らしの家に、家族写真を飾っておくことです。一見、浮気防止とは関係がなさそうに感じますが、家族写真を飾っておくことで、浮気など家族への裏切り行為に対する罪悪感を持たせることができます。

単身赴任中に浮気をしてしまう理由の1つとして、「家族と会わないので罪悪感が薄れてしまう」ということをお伝えしました。家族写真があることで、実際には顔を合わせなくとも、家に帰れば家族が待っているような感覚になり、裏切り行為がしづらくなるでしょう。

家族写真以外でも、家族を思い出すような品として、子供が描いた夫の似顔絵などを飾っておくことも効果的でしょう。

まとめ

単身赴任中の浮気について、浮気をしてしまう理由と対策をお伝えしました。簡単に言うと、一人暮らしの寂しさや、浮気がばれにくい環境が、男性を浮気に走らせてしまうようです。

頻繁に連絡を取ったり、休日は帰宅してもらったりと、単身赴任中であっても、家族のコミュニケーションを減らさないように工夫していくことで、浮気を防止できる可能性があります。

夫が単身赴任をすることになった場合は、上記の5つの対策を参考にしてみて下さい。

浮気調査・不倫調査の探偵ガイド