新婚なのに浮気する人の心理と対処法

新婚の夫婦

結婚していても浮気する人は少なくありません。結婚生活が長くなるにつれ、パートナーへの不満が溜まったり、マンネリ化した夫婦生活に刺激が欲しくなったりするためです。

しかし、驚くのは新婚でも浮気をする人がいることです。新婚というと、一般的には幸せ絶頂期といっても過言ではありません。新しい一歩を2人で踏み出したばかりであるにも関わらず、なぜ浮気に走ってしまうのでしょうか。

今回は、そんな新婚で浮気をする人の心理や対処法について紹介します。

新婚で浮気するきっかけ

新婚でラブラブなはずの夫婦にどのようなきっかけがあると、浮気に走ってしまうのでしょうか。ここでは、新婚で浮気するきっかけについて解説します。

妻の妊娠

妻の妊娠をきっかけに浮気する男性が少なくありません。妊娠によって生活が一変します。妻の関心は夫から出産に向けられることがほとんどです。

安定期に入るまではセックスができないため、性欲を我慢せざるを得ない状況も続きます。また、子どもと妻を支える夫への責任は肩に重くのしかかります。このように、性欲の発散や耐えられない重責から逃げ出したくて浮気に走る男性も多いようです。

また、妊婦はホルモンバランスの乱れや出産への不安から情緒不安定になるケースがあります。妻が夫に感情的に振る舞うことも多く、ケンカが絶えない日々を過ごす夫婦もおり、結果として夫を浮気に走らせる原因をつくってしまうのです。

残業や単身赴任

パートナーのどちらかが残業が多い仕事や、共働きで生活リズムの崩れからすれ違いがおき、浮気のきっかけとなることがあります。また、どちらかが単身赴任の場合、パートナーがいない寂しさを埋めるために浮気する人も少なくありません。

特に、単身赴任では離れて暮らす分、パートナーと過ごす時間が少なく、独身生活に戻ったような自由を感じる上に、パートナーに浮気がバレにくいことから浮気しやすい環境が整っているといえるでしょう。

理想と現実のギャップ

結婚に対する理想が高かったり、結婚しても同棲と何ら変わらないと高を括っていたりすると、理想と現実のギャップを感じ、浮気のきっかけになることがあります。

たとえば、男性は自由な独身時代と比べ、結婚によって生活に制限がでてくることに不満を覚えやすいでしょう。

一方で、女性はやさしかったパートナーが結婚後になるとやさしさの欠片も見せなくなったというように、結婚前後で態度が変わるパートナーへの不満を募らせるのです。理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、結婚したことを後悔して浮気に走りやすくなります。

セックスレス

一見、新婚とセックスレスはほど遠い関係のようにも思えますが、セックスレスがきっかけで浮気する人も少なくありません。新婚なのにセックスレスになる理由は、生活のすれ違いや妊娠・出産、パートナーへの不満などがあげられます。

新婚生活は最初のうちこそ新鮮ですが、月日が経つにつれて新鮮さは失われていきがちです。とくに、結婚前から同棲期間が長い夫婦の場合、淡白な性生活に飽きてしまっていることも考えられます。性欲の発散のために浮気に走ってしまうのです。

結婚前から続く浮気

新婚生活に不満があって浮気をするわけではない人もいます。結婚前から浮気をしているケースです。世間体や結婚適齢期を気にするあまり、愛していないパートナーと結婚し、建前だけは新婚である場合も少なくありません。

結婚することによる利害関係の一致で、お互いに浮気を暗黙の了解とした仮面夫婦を演じている場合も考えられます。

新婚で浮気する夫の心理

新婚で浮気する男性はどのような心理なのでしょうか。ここでは、新婚で浮気する夫の心理を紹介します。

独身時代の感覚が抜けない

結婚式や披露宴をしても、男性と女性では結婚への実感度が異なります。女性は結婚したという実感を得られますが、男性は独身時代の感覚が抜けません。結婚生活がスタートしても切り替えられないため、独身のままのような感覚でいるのです。

結婚後でも魅力を感じる女性が見つかればアプローチし、浮気に至ってしまうのです。

妻の束縛に疲れた

結婚を機に、女性が男性を束縛するケースがあります。帰宅時間が遅かったり、スマホの中身を盗み見されたりと、妻の束縛に疲れてしまうのです。束縛から逃れようと残業や接待を理由に帰宅時間を遅らせることもあるでしょう。

妻の束縛はさらに強まっていき、癒されるはずの家庭ではストレスが溜まり、他の女性に癒しを求めてしまうのです。

結婚した安堵感から

結婚によってパートナーを自分のものにした安堵感から浮気に走る男性もいます。結婚前は、パートナーに別れようと言われる不安や危機感を感じていたものの、結婚後は結婚という契約を結んだことでパートナーを失う心配がなくなったと考えがちです。

なかには、浮気がバレてもそう簡単には別れるとは「言わないだろう」「許してくれるだろう」と高を括っている人もいることでしょう。

新婚で浮気する妻の心理

女性であっても新婚中に浮気する人がいるのは紛れもない事実です。一般的には、幸せの真っ只中と考えられる新婚中に浮気する妻の心理にはどういった感情があるのか確認していきましょう。

結婚準備のストレスを発散したい

女性にとって結婚式は人生で重要なイベントの一つです。その一方で、結婚式や披露宴などの準備にストレスを溜めてしまう人も少なくありません。パートナーが協力的であれば、2人で仲良く準備を進められます。

しかし、「君のやりたいように決めていいよ」と女性に準備を任せっきりにしてしまう男性もいます。女性は1人ですべてを調べたり、選んだり、決断したりしなければなりません。このときのストレスやパートナーへの不満を結婚後に発散するために、浮気に走ることもあるのです。

夫がいない時間が寂しい

男性が妻の妊娠中にセックスレスになることに不満を抱くように、女性もまた仕事や飲み会、趣味など夫婦で過ごす時間がもてず、夫がいない寂しさから浮気をしてしまう人もいます。

寂しがり屋の性格の人の場合、夫がいない時間を誰か別の人で埋めようと考えてしまうのです。また、専業主婦や無趣味など時間を持て余す環境にいる女性は浮気する可能性が高いといえるでしょう。

夫への愛情がないことに気づいた

女性は、結婚適齢期やまわりの環境を気にしがちです。たとえば「30歳になるまでに結婚したい!」「独身なのは自分だけだ…」と結婚を焦る人も少なくありません。結婚に焦るばかりに愛情がない人と結婚してしまう人もいます。

結婚当初は幸せだと浮かれていても、結婚生活を続けていく中で夫への愛情がないことに気づいてしまうのです。結婚した以上はすぐに離婚するわけにもいかず、理想の男性を別に探してしまい、浮気につながってしまいます。

新婚で浮気発覚後の選択肢

パートナーの浮気が発覚した後は、どのような選択肢が考えられるのでしょうか。大きく分けると三つをあげられます。

一つ目は、「離婚を選ぶ」です。パートナーの浮気が許せない、パートナーの気持ちが自分にないとわかった場合、新婚生活を続けることは困難といえるでしょう。

二つ目は、「別居で距離を置く」です。パートナーの浮気を突然知ることになれば、すぐに結論を出せなくて当たり前でしょう。自分がこの先パートナーとどうしていきたいのか、パートナーの浮気を許せるのか、考える時間を置くことも大切です。今後のことを冷静に話し合うためにも、別居する選択肢を選ぶのも手でしょう。

三つ目は、「関係を修復する」です。お互いに新婚生活を続けたいという結論が一致しているのなら、話し合いを重ねて関係を修復するのもよいでしょう。ただし、あとから浮気のことでパートナーを責めることがないよう、パートナーが二度と浮気をしないよう、2人でルールをつくっておくことをおすすめします。

関係修復のために必要なポイント

実際に関係修復を選んだら、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。ここでは、関係修復に必要なポイントを紹介します。

一方的に責めない

関係修復を結論づけた場合、パートナーの浮気を一方的に責めないようにしましょう。顔を合わせるたびに浮気を問いただすようなことをすれば、パートナーは責め続けられることにウンザリしてしまうでしょう。結果的に「離婚する」と言い出すかもしれません。

夫婦関係の修復には、パートナーにとっても家庭が一番居心地がよいと感じられることが大切です。

浮気をした経緯や理由を聞く

いかなる理由であっても、浮気を正当化することはできません。ただ、パートナーの浮気には理由があり、どんな経緯で浮気に至ったのか、どんな理由があったのか、話を聞く時間を設けましょう。

浮気をした経緯や理由がわかれば、同じことが繰り返されないように対策を練ることができます。冷静に話を聞き、パートナーの話の骨を折らないように気をつけましょう。

お互いに歩み寄る

パートナーの話を聞いたあとは、お互いに歩み寄ることが大切です。パートナーの浮気の原因から自分にも非があるかもしれません。もしも、思い当たることがあるのなら、自らの言動を見直してみましょう。

また、2人で苦難を乗り越えるという認識をもつことも必要です。家事の分担や夫婦で過ごす時間、個々のプライベートな時間などを見直してみるのもよいでしょう。

幸せな新婚生活を送るための注意点

新婚生活で浮気を防ぐためにはいくつか注意が必要です。どのようなことに注意し、心構えを持てば浮気を防げるのでしょうか。ここでは、幸せな新婚生活を送るための注意点を紹介します。

新婚だからと張り切りすぎない

どちらか一方が、新婚生活を特別視しすぎれば、夫婦間に温度差がでてしまう可能性があります。新婚中は幸せを満喫したい気持ちもわかりますが、張り切りすぎないように注意しましょう。

スタートダッシュに力を入れすぎては、ゴールまで体力がもちません。新婚生活にも同じことがいえます。これからの長い人生を2人で歩んでいく以上は、パートナーと足並みを揃えることが大切です。

2人で過ごす時間をつくる

共働きやどちらかが仕事で忙しいなど、生活のすれ違いを防ぐためにも、2人で過ごす時間をつくりましょう。ただ一緒の部屋で過ごせばいいわけではなく、会話を楽しんだり、スキンシップで愛情を確かめ合ったりすることも大切です。

時間は短くても2人で楽しめる時間をつくるようにしましょう。日常でコミュニケーションを取れていれば、お互いに家庭が一番居心地がよいと感じます。家庭外に癒しを求める必要がないため、浮気予防にも有効です。

緊張感をもって過ごす

新婚だからといってパートナーが浮気をしないとは限りません。「パートナーは絶対に浮気をしない」と安心しきったり、結婚してから自分磨きを怠ったりしないよう注意しましょう。緊張感をもって毎日を過ごすことが浮気の抑止力になります。

恋人時代のようにパートナーを大切にし、いつでもきれいでいることを心がけましょう。その積み重ねが夫婦円満につながっていくのです。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応