• 私の彼女の体験談です。
    以前、彼女が独り暮らしをしていたとき、毎日誰かに後をつけられている気がするようになったのがきっかけでした。初めは気のせいだと思ったのですが、マンションの郵便受けを覗かれた形跡があったり、夜、玄関扉の前に誰かいた気配があったりと明らかにおかしな様子でした。この時点でははっきりとした被害がないこともあり、警察は本腰を入れて動いてくれず、探偵事務所にストーカーの有無と招待の調査を依頼しました。
    調査の間も彼女は怖がっており、私や彼女の友人が泊まり、部屋に独りでいないようにしました。私が泊まったときも夜中の2時頃玄関先で扉をガリガリと引っ掻く音がして警察を呼んだことがありましたが、逃げられました。
    約1週間の調査の結果、彼女の隣の部屋の住人がストーカーだったと判明し、警察にも相談の上、慌てて引っ越ししました。未だに彼女のトラウマになっています。

  • 友人の話なのですが、ストーカー被害にあっていた友人が警察に相談してもどうにもならなかった時に、探偵にお願いすることになりました。すると警察ではどうにもならなかったのにも関わらず2週間ほどで誰かが発覚しました。職場の同期の男性だったのらしいです。それもまた怖い話ですが探偵にお願いしなければ知らずに同じ職場でずっといると思うとそのほうがもっと怖いですよね。時には警察を頼るのもいいですが、探偵にお願いするのもいいんじゃないでしょうか。