いじめや虐待に専門対応、学校弁護士を全国各地に配置へ

引用元:日本経済新聞 報道された日:2019-09-23
27コメ

探偵ちゃん運営チーム :2019-09-26 14:13

文部科学省が学校現場でのいじめ、虐待などに対応するため「スクールロイヤー」と呼ばれる専門の弁護士を全国に配置する方針であることが分かった。
人数はおよそ約300人で各地の教育事務所などを拠点とし、各市区町村の教育委員会などから相談を受けられるよう来年度からのスタートを目指している。

背景には、学校現場ではいじめや虐待の他、不登校や保護者同士のトラブルなど様々な場面において法的なアドバイスが必要とされているにもかかわらず、外部の顧問弁護士などに相談する際は予約が必要であったり、教育現場に精通していないなど、法的な助言が得られない場合もあるからです。

スクールロイヤーを設置し、相談しやすい態勢を整え、トラブルの早い段階から弁護士が関わることで事態が深刻化するのを防いだり、解決を目指すという。

このニュース、あなたはどう思いますか?
  • 1:まる :2019-09-27 10:18

    時代も変わりましたね…。
    子供達がのびのび学校生活を送れるといいと思います。

    共感!

    0

  • 2:くま子 :2019-09-27 10:59

    弁護士の活躍の場が広がりますね。

    共感!

    0

  • 3:りこ :2019-09-27 11:27

    いいと思います。
    でも、法的なことになる前にいじめなんかを隠そうとする学校なんかもあるくらいだから、このことが役に立つのかは分からない。

    共感!

    0

  • 4:にゃん :2019-09-27 21:49

    最近はいろんなトラブルがあるのでこうする方が良いですね。

    共感!

    0

  • 5:スイカ太郎 :2019-09-28 04:51

    現状はしょうがないですが、学校に弁護士というのも少し淋しいような気がしますね。

    共感!

    0

  • 6:あつし :2019-09-28 08:02

    こういう時代だから仕方ないのですかね。

    共感!

    0

  • 7:カエデ :2019-09-28 11:07

    いじめも虐待も犯罪だと思うのですが、特にいじめは何故か問題が矮小化されている気がします。学校や先生は頼りにならないことがあるし、ぜひ弁護士さんに頑張ってほしいです!

    共感!

    0

  • 8:ゆうすけ :2019-09-28 12:13

    政府がいいことをやるなんて、まだまだ疑わしい気持ちがあります。どうもいいことをやる動きが出てきているようなんですけど。

    共感!

    0

  • 9:たまき :2019-09-28 21:08

    いじめは立派な犯罪です。法律の専門家である弁護士が介入するのは当然と言えば当然のことなのだと思います。
    ただ弁護士だけでなんとかなるような問題でもない気がします。
    それでも、いじめを完全になくすことはできなくても、いまいじめられている子供たちを少しでも助けるために、頑張っていただきたいです。

    共感!

    0

  • 10:oso :2019-09-29 10:35

    子ども同士のいざこざに親どころか弁護士が出てくる時代になってしまったか。

    共感!

    0

  • 11:marumi :2019-09-29 10:44

    学校の対応が後手になっているのが現実。
    弁護士への相談にはさらに時間が要していたので、「スクールロイヤー」の配置で
    少しでも対応が早くなる事を願います。

    共感!

    0

  • 12:たかし :2019-09-29 12:22

    学校の先生も昔ほど、強い態度に出れない時代だから、弁護士に協力してもらえるのはとてもいいと思う。いじめが少しでも減ると良いですね。

    共感!

    0

  • 13:tori24 :2019-09-29 13:50

    学校教員側の精神的ストレスを考えると素直には喜べない。

    共感!

    0

  • 14:ポん :2019-09-30 13:50

    いじめも虐待も立派な犯罪。
    虐待を経験した身からすると、本当に良かったなと思うし、これ以上苦しむ子どもが少しでも減ればと思います。
    子どもの気持ちに寄り添い、1人の人間として人権が確立できるよう、弁護士さんたちには頑張ってほしいです。

    共感!

    0

  • 15:ロキソニン :2019-10-03 10:41

    これで少しでもいじめの件数が少なくなることを願います。

    共感!

    0

  • 16:ごりら :2019-10-03 13:36

    いじめは相談できる人ならいいけど正直、いじめられた子達が相談した後にチクったとバレる方が怖いはずなので逃げる場所を用意してあげた方がいいかなと。

    共感!

    0

  • 17:ろく :2019-10-03 14:33

    しっかりした弁護士を選んでほしいですね。先生や教育委員会も弁護する弁護士は嫌です

    共感!

    0

  • 18:翆 :2019-10-04 16:14

    スクールカウンセラーが導入されてから現在までの成果やカウンセラー自身の学校での立場などを聞き取り出来ているのだろうか?
    職員室や学校の先生たちの様子を見ているとかなり孤立しているようですが。(私の個人的な印象ですが)
    そのカウンセラーも結局は子ども<学校(先生)で、子どもの為になっている方を知らない。(スクールカウンセラーを3人を知っているが)
    本来なら閉鎖的な教育現場にはカウンセラーや弁護士などの外部からの干渉も必要だと思うけれども、それが子どもの為にならないなら不要。

    共感!

    0

  • 19:くるちゃん :2019-10-05 00:00

    幾多の難関を乗り越えて漸く手にした弁護士資格。とは言うものの最近は弁護士業界も就職難とのニュースを耳にします。
    だが、弁護士を必要としている人たちはたくさんいるのも事実。
    こうした活躍の場をどんどん設けてくれると世の中もっと良くなると思います

    共感!

    0

  • 20:〇〇〇 :2019-10-10 02:25

    心をもった弁護士さんがいいな

    共感!

    0

  • 21:コッペパン :2019-10-10 08:06

    学校や教育委員会などと癒着せず、それでいて本当の意味で子どもに寄り添える弁護士さんが来ると良いですね。

    共感!

    0

  • 22:とまこまい :2019-10-15 10:41

    アメリカのように学校に武装警備員が配置されるようにはならないで欲しい

    共感!

    0

  • 23:なな :2019-10-15 21:28

    子供や家庭に寄り添った弁護士さんであってほしいです。
    学校を守るためのならいらない。
    いじめ、なくなるといいです。

    共感!

    0

  • 24:おりん :2019-10-25 10:20

    学校はどこも閉鎖的なので、外部の人の手がもっと入ってほしいです。
    税金でご飯を食べている人は信用できないので、弁護士さんは適任かと感じます。

    共感!

    0

  • 25:こう :2019-10-26 18:56

    そもそも、いじめの語源は「ともだちをいじる(からかう)」が語源じゃなかったっけ?
    もう、『いじめ』という言葉は使わずに、『恐喝、脅迫、窃盗、傷害、暴行』とかってきちんと、これは犯罪ですよ。って明確にしないとだめじゃないですかね?

    共感!

    0

  • 26:しんしんしん :2019-10-31 13:37

    重要なのはまずスタートすることでしょうし、少しずつ改善されていくものですしね。無いよりは良いと思います。
    しかし、いじめや虐待の対象となっている学生が自らこうしたサービスを利用しようとするケースは少ないように思えます。

    共感!

    0

  • 27:にも :2019-11-16 10:16

    子供の虐待に関しては、認めない親が一番ひどいです。どんどん活躍してほしいです。

    共感!

    0

コメントを書く

コメントを書く

ニックネーム

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応