客が帰りを待つところまで来てしまいました。

11コメ

売り子。 :2020-05-07 19:25

この売り場にはうちの会社しか入らない…といった少々特殊なイベント会場で販売をしています。

社員もそこそこ人数がおりますため、シフト制なので、毎回私が販売するわけではないのですが、年次(ベテランなお年頃…)もあって商品知識の持ち合わせからか、入る率が高いです。

気付けばすでに5年ほどでしょうか……。
最初は販売員だから顔を覚えてもらって、お得意様を作るつもりでいたのですが、ほかにそのように思って寄ってきてくださる方とは意味が違うお客様がいて。

最初は、売り場から少し距離をとったところでこちらを見てくる程度。
つぎはまわりのお客様が別会場に移動してもずっと残って売り場の近くにいる。
そのつぎはイベント終了後、客出しの案内があってもしばらく会場に残っている。
そして、ついに…。
片付けを終えて帰宅すべく出口を出たら、壁の後ろから出てきた…つまり待っていた!!

幸い、帰りを待たれたとき2回ほど、同僚と上司が一緒だったため事なきを得ましたが(サーッと逃げて行った)、今後どうしたらよいのか悩んでいます。
当方、特別若くも美しくもないので、ストーカーがいることを、待ち伏せされて初めて会社に訴えた次第です。。。

  • 1:りょう :2020-05-07 19:53

    怖いですね。なんとか証拠を取って警察に相談しましょう!
    イベント会社でしたら防犯カメラなどもおありかと思いますので。
    帰宅時は必ずどなたかと一緒に、など自己防衛なさってくださいませ

    共感!

    0

  • 2:あさみ :2020-05-07 20:24

    こわい出来事ですね。
    証拠を取ってなにかあった時のために準備をいたほうがいいですね。
    ただ、待ち伏せをしていただけじゃ事件性がないので、信頼できる人に
    事情を話して、一緒に帰るなり一人になる時間を減らしてみてはどうですか。

    共感!

    0

  • 3:カオル :2020-05-09 20:32

    とりあえず、会社の方に事情を言い、イベントなど危なそうな時は、出来るだけ家の近くまで送ってもらうなど、会社の人に味方になってもらわないと、怖くて仕事になりませんよね。
    今のところ、警察に訴えたところで、なにも打つ手はなさそうなので...。気を付けて下さい。

    共感!

    0

  • 4:れいじ :2020-05-09 23:06

    会社に事情を話して帰りに誰かを付けてもらうようにするのが第一歩。住んでいる場所を特定されないようにした方がいいですね。転職できれば一番いいのですが。

    共感!

    0

  • 5:花ほし :2020-05-11 15:07

    この人はストーカーの可能性が高いですね。下手すると出勤・退勤時に後を付けられているかもしれません。職場替えや配置替えは難しいでしょうか。

    共感!

    0

  • 6:あきすけ :2020-05-11 19:54

    待ち伏せは怖いですね。会社の上司や同僚など信頼できる人に相談して、一人で考えるより誰かに頼って守ってもらったほうがいいと思います。できるだけ一人にならないように友達の家に泊めてもらうなどして気をつけてください。

    共感!

    0

  • 7:吾が弥勒 :2020-05-16 01:45

    怖い思いしましたね。
    まずは足元固め、相手の素性を知るため相手を調査し、それから警察へご相談をなさってみては。

    共感!

    0

  • 8:m :2020-05-30 10:30

    怖いですね。会社の方に守ってもらいましょう。それが無理なら警察に相談してみては。

    共感!

    0

  • 9:ゆい :2020-06-12 11:42

    防犯カメラに映ってると思うので、警察にも相談して、法的に対処したほうがいいと思います!毅然とした態度で、自分は悪くないので!

    共感!

    0

  • 10:深田ゆき :2020-06-16 10:23

    会社の方に相談した方がいいですね。それかストーカーに家を特定されてないのでしたら、難しいかもしれませんが仕事を辞められる手もあると思います。関わらない方がいいでしょうから。

    共感!

    0

  • 11:328サイダー :2020-06-18 02:16

    会社には相談されたのですね。
    それでも対応が十分ではない場合、あなたに被害が被ってしまうかもしれません。

    まず大前提に一人で行動しないこと、自宅を特定されないことに気を付けてください。
    危険な目に合わないためにも、友人宅に泊まったり、帰路までの道順を毎回変更したりしてください。
    不安な日々が解消されることを願っております。

    共感!

    0

コメントを書く

コメントを書く

ニックネーム