うつ病を患う彼氏との付き合い方。

7コメ

ちっち :2020-03-10 12:40

彼は私生活も何も無いブラック企業に努めて心身ともに壊れました。今、鬱病を患っています。気分の浮き沈みが激しいからか気分が落ち込んでいるときは連絡もしばらく取れません。そっとしておくのが1番かなと思い心配しながらもほっておくのですが、彼をひとりにしておくのは正直心配で仕方ありません。変な気を起こさなければ良いですが。何もできずにただ見守ることしか出来ない自分にモヤモヤしています。

何か私にできる事はないでしょうか?

  • 1:愛理 :2020-03-11 10:35

    見守るのも立派な役目だと思いますよ。
    完治はなくても快方に向かうということは十分ありますので
    彼に寄り添ってあげてください。

    共感!

    1

  • 2:ふりかけ :2020-03-11 12:48

    うつ病にも波があるのですが、症状が強く出ている時には「優しい無視」を基本に接した方がお互いに楽でもあり、本人も静かに放っておかれたい状態と言えます。ただ、連絡を取れないのは不安ですよね。とりあえずちっちさんに出来ることは情報の収集です。彼の身近にある相談支援機関(各都道府県ごとに設置されている「精神保健福祉センター」や「地域活動支援センターⅠ型」)に電話連絡なり通所相談でパイプを作っておいて下さい。それらの機関には精神保健福祉士など有国家資格の専門職員が配置されていますので、可能な限りの的確な対応を提供してくれます。ボランティア等で構成されている相談窓口は避けた方がいいです(研修及び実務経験が浅い)。彼氏さんの問題が即解決するという事ではありませんが、そういった相談機関とつながっておくことが大事です。その際、無理強いして彼を相談機関につなぐのではなく、まずはちっちさんが相談機関とつながってから、彼氏に「相談に行ってみないか?」とうながす形が良いと思われます。

    共感!

    1

  • 3:かたくり :2020-03-13 13:31

    ご自分でうつ病の勉強をされてはいかがですか?資格を取るまではしなくてもそんなあなたの存在が彼に安心感をあたえるのではないでしょうか

    共感!

    1

  • 4:なぎこ :2020-03-18 14:15

    愛理さんが言うように
    見守れるとこは見守り、声掛けるときは声掛け、
    寄り添うことは大切だと思います。
    あとは彼の家族に相談してみるとかもいいかも。

    共感!

    0

  • 5:まいこ :2020-03-22 08:59

    そっとしておいてあげるのが一番です。
    でも「私はあなたのことが大切だよ」ということは、伝え続けてあげる方がいいです。
    うつ状態でも、誰かに必要とされているということが、生きる力になります。

    電話や会って話すのだと、彼氏もしんどいと思うので、あなたから毎日、返信不要と書いてメールやラインを送ってはいかがでしょうか。
    「好きだよ」とか、可愛いスタンプだけでもいいし。

    その際、自分がどこかへ出かけたとか、そういう元気な近況はあまり書かない方がいいです。
    元気になったら〇〇へ行こうねとかもプレッシャーになります。

    プレッシャーを与えないけど、見守っているというのがベストの関係性だと思います。

    共感!

    0

  • 6:卍丸 :2020-04-19 21:41

    鬱は励ましたりしては逆効果です。優しくしたりかまったりするのも同様です。適度な距離をとり見守るしかありません。気をつけたいのは、彼が医者に通って服薬している場合です。正直、薬の服用はデメリットが否めません。仕事などの環境を変えるようアドバイスされてはいかがでしょうか。

    共感!

    0

  • 7:あさみ :2020-04-23 12:38

    わたしもうつ病を患っていた経験があります。
    彼がそうなのかわかりませんが、波がいつくるのかわからないので
    そっと見守ることがありがたいです。
    また、少し調子が良い時に私にはあなたが必要だというのを言葉でも行動でも示せば
    うつ病も快方にむかうかもしれませんね。

    共感!

    0

コメントを書く

コメントを書く

ニックネーム