「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

パートナーの不倫で離婚する前に考えておきたい5つのリスク

離婚の財産分与

信じていたパートナーの、不倫。真実を知ったときに、関係の修復を試みる夫婦もいれば、一方で「平気で裏切るような相手とはやっていけない」と別れを選択する方もいます。

ここでは、パートナーの不倫で「離婚」という結論を出す前に、考えておきたい「離婚のリスク」について5つご紹介いたします。

離婚してから「こんなはずじゃなかった」とならないように、その結論を本当に実行に移して良いのかどうか、今一度立ち止まって考えてみましょう。

周囲から「かわいそう」という目で見られる

「離婚」という言葉に、ポジティブな印象を受ける人はなかなかいません。大多数は、あまり触れてはいけないネガティブなもの・・・というイメージを持つ方ばかりでしょう。

まして、離婚の原因がパートナーの不倫であるなら尚更。周囲はしばらく、あなたのことを繊細なガラス細工のように扱うことでしょう。

もし、あなたが離婚したことでスッキリしていても、「無理して強がらなくていいよ・・・」と気を遣われることも少なくないはず。「いや、むしろ離婚で気が楽になっているのよ」といくら説明しても、「無理して強がっちゃって。かわいそうに」など、どうしても「かわいそうフィルター」越しに見られてしまうことは覚悟しておきましょう。

財産分与や子どもの親権など、決めるべきことがたくさんある

「結婚」と「離婚」。「結婚」は婚姻届を提出するだけですが、「離婚」となると想像以上の手続きが必要です。

持ち家はどうするのか?住宅ローンの支払いは?家具や電化製品はどちらが引き取るのか?夫婦共同で貯めていた貯金の分配は?子どもの親権は?子どもとの面会の頻度は? 養育費は?などなど、夫婦で決めなければならないことは多数あります。

不倫されたというショックな精神状態のまま、離婚に向けて決めるべきことについて話し合いを重ねる必要があります。感情的に離婚を進めずに、一度冷静になって主張することをまとめておくことをおすすめします。

想像以上にエネルギーを使うことになることを覚悟しておきましょう。

ちなみに、夫婦関係を解消した後に「あ、そういえば・・・」と連絡を取る必要が出ないよう、離婚によって生じるあらゆる問題について、念入りに確認しておきましょう。口頭の約束ではなく、きちんと書面に残すこともお忘れなく。

子どもの気持ちを汲みながら離れなければならない

もし、お子さんがいる場合は、子どもの気持ちもきちんと汲まなければなりません。

あなたにとってパートナーは「裏切り行為をした最低の男」かもしれませんが、子どもにとっては「かけがえのない大好きなパパ」です。「あんな男に子どもと関わってほしくない」というお気持ちは分かりますが、子どもの気持ちを無視して引き剥がすのはあまりに酷なことです。

離婚することであなたとパートナーの関係は「他人」へと解消されますが、子どもにとっては、いつまでも血のつながった「親」です。離婚の事実は仕方がないとしても、「パパとはもう二度と会えないのよ」「連絡も取ってはいけません」など、シャットアウトを強制しないようにしてください。

「〇ヶ月に1回面会」など面会の日を定期的に設ければ、子どもの「パパに会いたい」という気持ちは落ち着くでしょう。なお、パートナーの悪口を子どもに伝えるのは避けてください。「あなたのパパはね、他の女性と・・・」なんて、事実だったとしても、子どもの心には傷となってずっと残ることになります。仮に子供が知っていても、そのことについて思い出す話は避けたほうがいいでしょう。

離婚後の生活に不安はないか

離婚をすると、自立した生活を強いられます。収入面でも生活面でも、助け合いながら生活していた今までとは違い、自分で自分の面倒をすべて見なければいけなくなります。

まして、お子さんがいて親権をあなたが持つなら、お子さんの養育責任が、すべてあなたに圧し掛かってきます。養育費が毎月送られるとしても、お金があるだけでは子どもの成長は望めません。毎日の食事の用意をはじめ、しつけ、学校行事への参加など、子どもは毎日のように大人のサポートを必要とします。もちろん、父親と離れたことでのメンタルケアも。

育児、仕事、家事、将来のこと・・・。ひと通りの構想図が描けないうちは、まだ思い留まったほうが良いかもしれません。不倫が発覚したらすぐに婚姻関係を解消したくなるお気持ちは分かりますが、衝動的に行動してしまうと、「生活できない・・・」と後悔する結果になることも。

今までと100%同じ生活をすることは、まず無理だと思って良いでしょう。しかしそのランクダウンを差し引いてもある程度の生活ができる、と見込みが立ったとき・・・、それが離婚届を提出するタイミングといえるでしょう。

戸籍に傷がつき、再婚の弊害になることも

離婚をすると、戸籍に「×」印がつきます。それは、原因がどこにあれ変わりません。たとえ離婚の原因が相手にあっても、あなたが裏切り行為の被害者であっても、「×」がつく事実に変わりはありません。

もちろん、日常生活を送るうえで特に支障はありませんが、今後結婚したいと思えるような相手と出会えたとき、「離婚歴あり」という事実はやはり伝えなければなりません。バツイチであることに偏見の目を持つ方は少なくないので、もしかしたら再婚の際、お相手のご両親の説得に少々苦労をすることもあるでしょう。

そんな肩書を含めて、あなたという人物をまるごと受け止めてくれる方と出会えることが望ましいでしょう。

まとめ

パートナーの不倫で離婚する際に考えておきたい5つのリスクをご紹介してきましたが、いかがでしたか。

この記事を参考に、離婚を決断するも良し、あるいは離婚を思い留まるも良しです。

離婚後に発生する「現実」は、離婚前にはなかなか予見できないもの。この記事が、これからの人生を決めるうえでの参考のひとつになれば幸いです。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応

離婚証拠集めの探偵ガイド