浮気を繰り返す男の心理

浮気を繰り返す旦那さんに悩む女性

「二度あることは三度ある」といいますが、浮気を何度も繰り返す男性というのは、確かに存在します。

前回発覚した浮気のとき、いったんは反省したように見えても、時間が経ったときに「また!?」と新しい浮気が発覚することは少なくありません。

なぜ、何度も浮気を繰り返すのでしょうか?

「私に魅力がないからでしょ?」なんて、ご自身を責める前に、ぜひこの記事をお読みください。ここでは、浮気を繰り返す男性の心理について深く掘り下げていきます。もしかしたら、思いも寄らなかった意外な原因が見つかるかもしれませんよ。

浮気がバレても平気だったからリスクを甘く見ている

結婚している夫婦で夫が浮気。奥さんは一度目は許したが、二度目、三度目は許さない、こういう話を聞くことがあります。

結婚している夫婦でしたら、夫の浮気が発覚したら奥さんが許さない選択をし、「別れる!」という決断をした場合、浮気に対する慰謝料や、子どもの親権や養育費などを請求することは珍しくありません。

このように、婚姻関係があると、浮気をしたことによって、家庭は崩壊し、離婚という結末を迎えることがあります。子供とも離れ離れになり、離婚後は孤独感を味わうことになるでしょう。慰謝料やその他の費用もかかります。

軽い気持ちでした浮気には、これほどのリスクを抱えています。

恋人同士なら「信じられない!別れる!さよなら!」とあっさりと別れを選択することもありますが、婚姻関係にあると、なかなか「はいサヨナラ」とはいかないもの。まして、お子さんがいるなら尚更です。

経済状況や子どもの気持ちなどを考えると、文句の一つや二つ、ガツンと言ってやりたい気持ちをグッとこらえて、「・・・今回だけは許すわ。今度から気を付けてね」と作り笑顔を向けて終了、ということもあるでしょう。

もちろん、それは本心ではありません。簡単には許せないし、はらわたが煮えくり返るような思いをしているはずですが、それでもトラブルを避けて、「引く」ことを選択したのです。

衝突よりも平和をとった背景を、夫が見抜いてくれれば良いのですが・・・。

「あれ?これで終わり?もっと怒られるかと思ったのに」と拍子抜けした挙句、「あいつはパートナーが浮気しても怒らないタイプなんだな。ラッキー♪」とばかりに、逆に勢いづいてしまうこともあるので要注意です。

このように、以前の浮気発覚時に何も問題が発生しなかったために、浮気のリスクに対して甘く見ていることは、実はよくあります。

常に誰かに必要とされていたい

自分に自信がないために、「常に誰かから必要とされていたい」と考える男性もいます。それは、無意識的なものであり、もしかしたら恋愛依存症ともいえるかもしれません。

誰かに必要とされてこそ、自分に価値を感じる・・・。それがたとえ「浮気」という反道徳的な方法だったとしても、彼にしてみれば「あの子が俺を好きだって言っているから」という「正当な理由」になってしまうのが厄介なところです。

自分に自信があるから一人だけに絞りたくないナルシスト

上記で「自分に自信がないために、必要としてくれる相手の元へ行ってしまう」という浮気パターンをご紹介させていただきました。

しかし逆に、自分に自信があるあまりに、浮気を繰り返すケースもあります。

「俺ってイイ男すぎる!!」と自信を持ちすぎていると、「一人としか恋愛をしちゃダメなんて、勿体ない」と、浮気を繰り返すことがあります。

そもそも、浮気に罪悪感を感じていないので、いくらあなたが「浮気、何回目よ!いい加減にしてよ!」と怒ったところで、右から左。自信に満ちている男性は、「そもそも『独り占め』をしようとしている方が間違っている」と言ってくる可能性も。理解しがたい男性もいます。

異性にモテていると、人としての価値が高いように感じる

例えば、「生まれてから一度も誰からの告白も受けたことがない人」と、「一ヶ月につき一回以上は必ず誰かから告白されている人」。

あなたは、どちらの人物に魅力を感じますか?多くの場合、後者のほうを選ぶのではないでしょうか。

一ヶ月に一度のペースで異性が言い寄ってくるなんて、どれだけ魅力にあふれた素敵な人物なのかと、つい想像してしまいます。逆に、前者の「誰からの告白も受けたことがない人」というのは、後者に比べてかなりマイナスなイメージを抱くのではないでしょうか。

「自分の隣に異性の影が絶えない」ということで、自分の存在価値が高い、魅力があると思い、浮気をすることがそれほど悪いことではないと考えている人もいます。また、パートナーである相手に対しても、付き合ってやっていると上からの態度の男性もいます。そういう人は、いくらでも他に行けるという態度で、浮気を繰り返しても悪びれる様子もありません。

友人同士で「俺は彼女と今2年目で・・・」なんて恋愛についての話が出たときに、「おまえ、一人だけで満足してるの?俺は10股かけてるぜ♪」など、上から目線で余裕の浮気カミングアウトをすることもあるでしょう。

「浮気」のボーダーラインがかなり低い

あなたは、どのラインから「浮気」だと考えていますか?手を繋いだら?二人きりで会ったら?一線を越えたら?

・・・実は、女性が考える「浮気」と男性が考える「浮気」には、ズレがあることも。

例えばあなたが、「女性と連絡を取ったらそれはもう浮気!」と考えていても、彼が「いや連絡くらいは普通でしょ?ただの友達だし」なんて思っていれば、「また女の子とメールして!!」といくらでも「浮気を繰り返す」ことになってしまいます。

特に社交的な男性の場合、「浮気」のボーダーラインはかなり低いことが多いです。あなたが「それは浮気よ!」といくら怒ったとしても、「そんなのは浮気じゃないよ、大袈裟だなぁ」とスルーされていると、いつまでも解決しないまま、いずれまた「浮気」に悩むことになるでしょう。

あなたがヤキモチ焼きタイプなら特に、彼と一度「浮気」の定義についてすり合わせておくことをおすすめします。

種の保存という生物的な本能に従っている

男性は、より多く自分の子孫を残すため本能的に浮気を繰り返す・・・という説があります。

男性は、生物的な視点からいうと、一人の女性だけに絞る理由は特にありません。少しでも多く自分の「種」をばら撒くための、生物的な本能・・・。この本能こそが「浮気」に繋がっていると、一説では考えられているのです。ですので、男性は女性が一度許してしまうと、それに甘んじて、その後何度も浮気を繰り返してしまうのかもしれません。

女性は、子供を身ごもるために、より相性がよく生命力のある男性を求めて一人の男性を探します。そのため、この人だと決めたら軽い気持ちで浮気にはしることは少ない傾向にあります。女性が浮気をしたら、本気になりやすいのも、生物的な本能だと言われています。

つまり、男性と女性では、DNAに刷り込まれた「本能」が、そもそも食い違っているのです。

まとめ

男性が浮気を繰り返す心理について、それぞれ詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか。

二度目三度目・・・と続く浮気も、決してあなたに飽きているからとは限りません。

もし繰り返すパートナーの浮気にお悩みでしたら、一度真剣に思いの丈を伝えて、お互い腹を割って納得するまで話し合ってみることをおすすめします。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応