遠距離恋愛中だけど別れたい…別れたくなる理由や別れ方を紹介

遠距離恋愛中で別れたいと思っている女性

遠距離恋愛中に「もう限界!」と思って別れたいと感じる人は少なくありません。カップルとして両想いでも、遠距離恋愛の状態で関係を続けていくことは、自分たちが思っている以上に難しいものです。

ですが、せっかく遠距離恋愛で頑張ろうとしている手前、別れたいと思っても迷う心理はあるでしょう。そもそも遠距離恋愛が嫌なだけで、彼氏・彼女を嫌いになったわけではない…という人も多いはずです。

そこで今回は、遠距離恋愛の中で別れたいと思う心理や理由をチェックしたうえで、別れるか迷ったときに試すことや別れ方のポイントを紹介していきます。

遠距離恋愛で別れたいと思う理由・心理とは

寂し気な女性

遠距離恋愛で別れたいと感じる理由・心理はさまざまあります。まずは自分自身の気持ちと向き合うためにも、別れたいと思う理由を考えていきましょう。

遠距離でなかなか会えないのがつらい

遠距離恋愛で別れたいと感じる理由の多くは、会えないのがつらいということです。通常、カップルであればある程度すぐに会える距離に住んでいるのが基本です。ですが、仕事や学校などの事情によって、やむを得ず遠距離恋愛になれば、なかなか会えないことをしばらく受け入れなければいけません。

言ってしまえば、遠距離恋愛は本来矛盾した恋愛のかたちになります。両想いのカップルなのに、会いたいときに会えない…そんな関係に耐えなければいけないのは、つらいと感じて当然です。

「彼氏・彼女のことは好きだけど、会いたいときに会えないならもう別れたい」という心理になるのも頷ける話でしょう。不安なときにそばに相手がいない、そんなつらさを感じたときなどは、特に別れたい心理に陥るものです。

喧嘩をして険悪なままになっている

遠距離恋愛のカップルが、しばらく喧嘩をしたまま険悪な空気を引きずるのはかなりリスクが高いです。遠距離なので簡単に会って話し合い…というわけにはいかなくなるため、喧嘩を機に破局してしまうカップルは多いものです。

もちろん電話で仲直りして、問題なく関係を続けられるカップルもいます。ですが、遠距離で会えないという状況は、お互いに素直に謝りづらい状況を作りやすいのです。特に、そのときちょうどマンネリ気味だった場合は、「すぐに謝ろう」と思って関係を大事にしようとする気持ちも生まれづらいでしょう。

そのため喧嘩が長引けば、遠距離恋愛中に別れたいと思う気持ちになるのは正直自然なことです。仲直りするきっかけがなく、「それならもう別れようかな」という心理になるというわけです。

嫌いになったわけではないが恋愛感情は冷めた

恋愛感情が冷めてしまい、遠距離恋愛を続ける気力がなくなってしまうパターンも多いでしょう。相手を嫌いになったわけではないものの、長く付き合っていて以前ほど恋愛感情が盛り上がらなくなれば、遠距離恋愛で関係を続けることに意味を見出だせなくなってしまいます。

遠距離恋愛を続けていくためには、遠距離でも関係を大切にしようとするモチベーションが大切です。関係がマンネリして気持ちが冷めてしまえば、当然ながらモチベーション維持は大変になり、別れたい気持ちも生まれるものです。

遠距離が続いたせいでほかに好きな人ができた

遠距離恋愛中の心変わりも、別れたい心理が生まれる大きな要因の一つです。単純に恋愛感情が冷めたのなら、まだなんとか関係を続けることはできても、ほかに好きな人ができれば別れたいという気持ちにもなるでしょう。

遠距離の彼氏・彼女がいたとしても、正直、コミュニケーションの頻度の高さは身の回りの仕事仲間や異性の友達の方が上になってしまいます。彼氏・彼女とはなかなか会えないのに、ほかの異性とは毎日のように会う…そんな状況に置かれれば、心変わりするのもある意味不思議ではありません。

浮気されるかも…と気にしてしまうのがつらい

遠距離恋愛中に不安や心配を過剰に感じてしまうのがつらいという心理もあるでしょう。単純に会えないことに不安を感じるだけならまだしも、相手を必要以上に疑ってしまう心理まで生まれれば確かに自分でもつらいものです。

浮気されるかもしれない、相手にはほかに好きな人ができるかもしれない、別の異性から言い寄られるかもしれない…そんな不安を感じて遠距離恋愛中に疑心暗鬼に陥る人は少なくありません。

心配性な人、自分に自信がない人、ネガティブ思考な人などは、遠距離恋愛中はとにかく不安や心配との戦いです。疑いたくないのに疑ってしまう…となれば、さらに自責の念にも駆られてどんどんつらくなるものです。

交通費や宿泊費がかかるのが困る

遠距離恋愛で関係を続ける際には、お金がある程度かかります。遠距離の中でもなるべく頻繫に会っているカップルなら、なおさら交通費や宿泊費は大きな負担になってくるでしょう。

飛行機や新幹線を使って移動するような距離なら、会うたびにかなりお金がかかるものです。この出費は、例えば社会人一年目~二年目、学生などにはとにかくきついでしょう。そんなとき気持ちが少しでも冷めれば、「お金もかかるし、このまま遠距離なら別れたいな…」という気持ちもよぎるものです。

遠距離恋愛中に別れるか迷ったときに試すこと

遠距離恋愛中に別れるか迷ったときは、自分の気持ちを理解したうえで本当に別れるべきなのか冷静に考えたいところです。遠距離恋愛中に別れたいと思ったもののなかなか決断できないときは、以下のことを試してみましょう。

遠距離恋愛のまま続けた後のことを考えてみる

まずは、遠距離恋愛をそのまま続けた場合のことを冷静にシミュレーションしてみましょう。彼氏・彼女との未来は今後どうなるのか、自分なりに想像してみてください。

「あと数か月我慢すれば遠距離じゃなくなる可能性もあるから、まだ頑張れるかも」と思える場合もあるでしょう。また、遠距離を続けた先にこの人と結婚ということをイメージできれば続けるモチベーションになります。

ですが一方で、遠距離恋愛をこのまま続けてみても、何も将来のかたちが想像できないパターンもあります。それは自分自身の中で、相手への気持ちがかなり冷めている証拠です。真剣に別れることを考えてみても良いでしょう。

連絡頻度を減らしてみる

遠距離恋愛中に別れたいとなったときは、LINEや電話などの連絡頻度を減らすことで相手の様子を見るという手もあります。そもそも相手は今の付き合いについてどう思っているのか、気になる心理もあるでしょう。また、連絡頻度を落とすことで、自分にどんな気持ちの変化が現れるのか試す意味もあります。

連絡頻度を下げてみても特に寂しさや虚無感を持たず、さらに相手からも連絡が途絶えがちになった場合は、関係はかなり冷え切っている状態といえるでしょう。

今後、遠距離恋愛を今のまま続けていても明るい未来はないかもしれません。そろそろ見切りをつけて、別れ話を進めるのもありでしょう。

合コンなど出会いの場に繰り出してみる

遠距離恋愛中に別れたいと思ったときは、思い切って合コンなどの出会いの場に出かけてみるのもありでしょう。もちろん別れる前に浮気するのは絶対にNGですが、新しい出会いに目を向けてみることは、自分の素直な気持ちを確かめるうえでもときには必要なことでしょう。

合コンに出かけてみた結果、素直に楽しさや新鮮さを感じられたのなら、そろそろ遠距離恋愛にも限界が近いのかもしれません。本当に彼氏・彼女との遠距離恋愛につらさを感じているのなら、新しい出会いを見つけることで世界が開けるような新鮮な気持ちを感じられるはずです。

ですが、人によっては、合コンに出かけても正直いまいち…という場合もあります。集まったメンバーにもよるのかもしれませんが、新しい出会いについてしっくりこなかったということは、まだ気持ちが彼氏・彼女に残っている可能性も高いです。別れ話を進めるのは、まだもう少し様子を見ても良いでしょう。

遠距離恋愛で別れたいときの別れ方

遠距離恋愛で別れたいときは、なかなか会えない距離にいるからこそ別れ話をどう進めていけば良いのか迷うものです。基本的には遠距離恋愛のときも、別れ話をする際に守るべきマナーは同じですが、遠距離恋愛ならではの注意点もあります。本格的に別れ話を進めるなら、以下のポイントやマナーに気をつけましょう。

別れ話は会いに行って直接するのがマナー

遠距離恋愛で別れたいときは、基本的に自分から彼氏・彼女に会いに行くかたちで別れ話をしましょう。遠距離恋愛でなかなか会えないからといって、LINEや電話で別れ話を進めるのは基本的にNGです。すでに気持ちが冷めていると直接会って話すのも正直気が重いですが、別れ話は二人にとってとても重要な話なので、遠距離恋愛でも直接顔を合わせるべきなのは変わりません。

そして、最初に少し触れましたが、別れ話をするときは別れを切り出す側が会いに行くのがマナーです。お金がないから、忙しいからという理由で、別れ話をするために相手を呼び出すのは絶対にやめましょう。別れを切り出すのにも関わらず、自分からは会いに行かないなんて心証が悪いのは明らかです。トラブルにつながり、円満に別れられない可能性が出てきます。

どうしても会えないときは電話で別れる

遠距離恋愛中に別れ話を進めるとき、二人の関係性や険悪具合、そのときの状況によっては、電話で別れた方が良い場合もあります。

  • どちらかが浮気して話し合いもできない
  • お互い完全にマンネリして雰囲気が悪い
  • どうしても仕事の事情などで会えない(相手が海外にいるなど)

例えば、以上のような場合は、電話で別れるといいう選択肢を取ることもできます。ただ、できる限りは会いに行って別れるのが一番なので、なんとか会って話すことはできないか、最後まで試すことは忘れないでください。

また、電話で別れた場合は、そのまま会わずに関係が終わってしまうことがほとんどです。相手の家に荷物があるなら、最悪の場合処分されてしまうかもしれないことも想定しておきましょう。また、「本当に電話でいいのか、このまま会わずに終わっていいのか」と事前に考えることも大切です。

トラブルを避けるためには嘘はつかないようにする

遠距離恋愛中の彼氏・彼女と別れたいときは、自分から会いに行くかたちで別れ話を進めることが大切ですが、その際には基本的に嘘はつかないようにしましょう。

別れたい理由、気持ちが冷めたorほかに好きな人ができた理由など、自分の気持ちはストレートに相手に伝えることが大切です。嘘をつくと、そもそもトラブルにつながる可能性が高いです。

突然別れ話を切り出された相手としては、嘘をつかずに向き合ってくれた方が、最終的には気持ちの整理がつきます。「どうせ今まで遠距離だったのだから、嘘をついてもこちらの事情はわからないだろう…」といった考えは持たず、最後まで相手と向き合うことが大切です。

相手がどう反応するかあらかじめ考えておくと話がまとまりやすい

遠距離恋愛で別れ話を切り出すときは、相手の反応のパターンをいくつか考えて、それに対してどう返すか整理しておくと、話はまとまりやすくなります。

例えば、

  • 不満を伝えたところ「変わるから別れたくない」と言われたら?
  • 「遠距離はなんとかしてやめるから別れたくない」と言われたら?
  • 「しばらく距離を置こう」と言われたら?
  • 相手に泣かれて気持ちが揺らいだら?

などのことを想定しておくと、自分の気持ちの整理もつきます。相手との関係にそもそも限界を感じているのか、それとも遠距離が嫌なだけなのかなど、あらかじめ別れ話をシミュレーションすることは自分の本音を知ることにもつながります。

まとめ

遠距離恋愛で別れたいと感じることは、珍しいことではありません。カップルなのに会えない状態が長く続けば、気持ち的に限界が来るのも当然でしょう。そんなときはまず「なぜ別れたいのか」という点について詳しく考えて、自分の気持ちを整理することが大切です。

ただ、そうはいっても長く付き合ってきたパターンも多いでしょうし、別れるべきかなかなか決断できないときもあります。

別れたいかも…と思ったら、しばらく連絡頻度を落として様子を見たり、新しい出会いを見つけて自分の気持ちの変化を確かめたりしながら、別れるべきかを判断することが大切です。そして最後までマナーある対応を意識して、少しでも気持ちよく別れ話を進めていきましょう。