彼氏の浮気相手に連絡するメリット・デメリット!ギャフンと言わせたい!

怒っている女性

彼氏の浮気が発覚!しかも、浮気相手の連絡先まで分かった場合、「連絡して一言言ってやりたい!」と思うかもしれませんが、ちょっと待って!彼氏の浮気相手に連絡すると、場合によっては事態をより混乱させ、あなたが不利になるリスクがあるのです。

そこで今回は、彼氏の浮気相手に連絡するメリットとデメリット、連絡する際の注意点を解説。彼氏の浮気相手をギャフンと言わせるにはどうしたら良いかもお話します。

彼氏の浮気相手に連絡するメリット・デメリット

彼氏の浮気相手に連絡するメリットとデメリットを解説します。一度冷静になり、あなたにとってメリットとデメリットどちらが大きいのか考えてみましょう。

彼氏の浮気相手に連絡するメリット

彼氏の浮気相手に連絡するメリットは、以下の2点です。

  • 上手くいけば浮気相手を諦めさせることができる
  • 言いたいことを言えてスカッとする

あなたからの連絡によって、浮気相手が反省して彼氏と別れてくれるのが理想の流れになります。しかし、本命彼女から連絡があったくらいで諦める女性は、そもそも好きな男性に彼女がいたと知った時点で、交際を諦めるでしょう。あなたからの連絡で浮気相手が諦める可能性は、かなり低いと言えます。

「それでも良い。言いたいことを言えばスッキリする」と、連絡する前は思うかもしれません。しかし、実際は浮気相手があなたの望むような反応をしてくれず、返ってモヤモヤが募る可能性が高いです。

浮気相手に連絡して得られるメリットは非常に不確かで、しかも、今より状況を悪くするリスクとセットになります。

彼氏の浮気相手に連絡するデメリット

彼氏の浮気相手に連絡するデメリットには、以下のようなものがあります。

  • あなたが浮気相手に連絡したことが彼氏にバレると、「恐い」「実は性格悪い?」とあなたへのイメージが下がる
  • 浮気相手に同情した彼氏があなたと別れて浮気相手を選ぶ
  • 浮気相手のライバル心に火をつけ、本気で彼氏を略奪しにかかる
  • 浮気相手に逆恨みされて嫌がらせをされる
  • 連絡内容によっては、あなたが浮気相手から脅迫罪などで訴えられる

どれも「かもしれない」が語尾につきますが、実際にそうなった場合、あなたへのダメージは非常に大きいです。

あなたとしては、「私が本命彼女だから、浮気相手は完全に悪。私の訴えは正当」と思うでしょう。しかし、婚約をしていたり、事実婚状態だったりしない限りは自由恋愛です。不倫は罪に問われますが、お互い独身者ならば、浮気相手を法的に罰するのは困難になります。そのため、あなたが浮気相手に連絡することによるメリットよりも、デメリットの方が大きくなるのです。

彼氏の浮気相手に連絡するときの注意点

メリットとデメリットを理解した上で、彼氏の浮気相手に連絡すると決めた場合も、勢いのままに突っ走るのはリスクが高いです。浮気相手が上手だった場合、返って不利な立場に立たされるかもしれません。

そこで、彼氏の浮気相手に連絡するときに最低限注意すべきことについて解説します。

確実な証拠を掴んでおく

浮気相手に連絡する場合は、言い逃れできない確実な証拠を掴んでおくことが必須です。なぜならば、証拠がなければ言い逃れされるだけではなく、「やっていないのに浮気の濡れ衣を着せられそうになった」と、あなたを悪者にするリスクがあるからです。

特に、彼氏があなたに浮気を絶対隠したいと思っている場合、浮気相手の「なかったことにしよう」という口車に乗る可能性が高くなります。連絡した際、主導権をあなたがしっかり握るためにも、必ず証拠を用意しておきましょう。

文字に残るメールやLINE、SNSなどは使わない

浮気相手に連絡する際、メールやLINEなどが連絡手段として思いつくでしょう。電話や面と向かって伝えるよりも、一方的に言いたいことを送れるメールやLINEは便利に感じるかもしれません。

しかし、文章は難しく、浮気相手が曲解する可能性があります。あなたの言い分が正当でも、文字に残すと浮気相手がどのように利用するかわからないため、連絡手段として適していません。浮気相手に連絡する場合は、やりづらさを感じても、電話や対面にて口頭で伝えるのが無難です。

浮気相手の家や職場におしかけない

あなたにとって浮気相手は「自分を傷つけた悪い人」です。苦情を伝えるのは権利で、相手は如何なる状況でも聞き入れるべきと思うかもしれません。しかし、感情に任せて浮気相手の家や職場に押しかけるのはNG行為です。あなたが常識を疑われてしまいます。

特に、職場には絶対に押しかけてはいけません。本妻が不倫相手の職場に押しかけて、事実をぶちまけるシーンは王道ですが、実際にそれを行うと、浮気相手から「プライベートを暴露、侵害された」と訴えられるかもしれません。また、職場なので業務妨害と言われる可能性もあります。

浮気相手に連絡する際は、癪に障りますが相手の了承を得て、きちんと約束を取り付けましょう。

暴言や名誉棄損にあたる発言に気を付ける

浮気相手と約束をとりつけ、いざ言いたいことを伝える際にも、発言には重々気を付けなければなりません。感情に任せて浮気相手を罵倒したり、「別れなければ職場に言いふらしてやる」と強気に出たりすると、名誉棄損や恐喝として訴えられてしまうかもしれません。

浮気相手に連絡する際は、とにかく冷静に、如何にあなたが傷ついているかと一緒に「別れてほしい」という意思を伝えましょう。相手に付け入る隙を与えないよう、言葉選びに気を付けてください。

彼氏の浮気相手をギャフンと言わせる方法はある?

「自分が本命彼女だと思い知らせてギャフンと言わせたい!」というのが、連絡しようと思った理由の1つでしょう。しかし、浮気相手への連絡にはデメリットがあり、注意しなければ状況が悪化する恐れがあります。

そこで、浮気相手と接触せずにギャフンと言わせる方法を伝授します。

彼氏の口から浮気相手に「別れよう」と言わせる

浮気相手をギャフンと言わせたいなら、あなたからではなく、彼氏から「別れよう」と言わせるのが一番です。仮に彼氏が浮気相手と別れたがっていたとしても、あなたが伝えれば「嘘に決まってる」「彼は何も言っていない」と、自分に都合良く解釈されるかもしれません。だから、彼氏に「別れよう」と言わせるのです。その方法は2パターンあります。

  • 1.彼氏に浮気を追求し、「浮気相手に別れると伝えて」と指示を出す。
  • 2.あえて彼氏の浮気は気付かぬふりをして、浮気相手に時間を割く暇がないほどラブラブ状態に持って行った上で、「もし、浮気したら即別れるからね」と、危機感を煽って自主性に任せる。

手っ取り早いのは前者です。浮気相手はあなたの言いなりになる彼氏を見て、「私より彼女を選ぶのか…」とダメージを受けるでしょう。

後者は少々時間がかかりますが、彼氏のハートを完全に取り戻せるのがメリットです。間接的ではありますが、浮気相手にあなたと彼氏の幸せな姿を見せつけられるので、大ダメージを与えられます。

彼氏と別れてより素敵な男性と幸せになる

今、あなたの怒りの焦点は浮気相手にあるかもしれませんが、一度冷静に考えてみましょう。浮気した彼氏を許して、この先わだかまりもなく幸せに付き合っていけるでしょうか。「無理かもしれない…」と思うなら、浮気するような彼氏は浮気相手に譲り、新たな恋愛を始める選択肢も視野に入れると良いでしょう。

「それじゃ浮気相手の思うツボ」と、面白くないでしょうが、今の彼氏よりもっとハイスペックで素敵な男性と幸せになれば、浮気相手をギャフンと言わせられます。なぜならば、浮気相手はあなたの幸せのために、わざわざ浮気症という難ありの男性を引き取ったことになるのですから。きっとあなたに嫉妬するでしょう。

この先、今の彼氏と付き合い続けても、浮気した事実にこだわってしまうくらいならば、まっさらな気持ちで新しい恋に走り出しましょう。人生とは、幸せになった人の勝ちなのです。

彼氏の浮気相手に連絡するより自分の幸せを追求しよう

彼女持ちの男性とわかっていながら付き合う浮気相手は非常識。あなたが怒るのも無理ありません。しかし、浮気相手はあなたと彼氏にとって元々は部外者です。あなたからわざわざ連絡してあげる必要性がどこにあるでしょうか。

それよりも、目を向けるべきはあなたの幸せです。あなたにとって何が最善な道なのかを考えましょう。彼氏と今後どうなるかに関係なく、あなたの人生に浮気相手の存在など欠片も必要ないのですから、放っておけば良いのです。