高学歴女子が陥る恋愛の落とし穴!幸せな恋愛をする秘訣3つ

本を読む高学歴女子

学歴のせいで「恋愛がうまくいかない…」と悩む女性は少なくありません。男女平等社会と言われますが、自分より学歴や収入、地位が高い女性を好まない男性は一部存在し、その一部のために自分の立派な学歴を「恋愛の足かせ」と捉えてしまう女性がいます。

しかし、恋愛とは本来心のつながりで学歴は関係ないはず。それなのに恋愛がうまくいかないのは、高学歴女子の典型的な恋愛失敗パターンに陥っている可能性が高くなります。

そこで今回は、高学歴女子が陥る恋愛の落とし穴を解説し、幸せな恋愛をする秘訣を伝授します。

高学歴女子が陥る恋愛4つの失敗パターン

恋愛に悩んでいる高学歴女子

「学歴がわかったとたん男性が引いていく…」という経験をした高学歴女子は多いでしょう。しかし、高学歴女子の恋愛がうまくいかないのは、男性の価値観だけが原因ではありません。まずは、高学歴女子が陥る恋愛の失敗パターンから解説していきましょう。

自分を平均値に考えて理想が高くなっていることに気付かない

「周囲に恋愛対象になるような男性がいない…」というのは、高学歴女子に限った話ではありません。しかし、高学歴女子はより一層「いい男いない症候群」に陥りやすくなります。なぜならば、人は無意識に自分を「平均」「標準」と考えてしまう傾向が強いからです。

高学歴女子は家庭の経済環境、付き合っている友達、就職先などが、世間の平均よりもかなり上位なケースが多いです。そんな自分を基準にしたら、多くの男性が対象外になるでしょう。仮に基準を自分よりやや下にしても、まだまだ理想は高いまま。それに気付かず、ものすごく競争率が高い男性ばかりを探していれば、恋愛がうまくいかないは必然です。

勉強に明け暮れすぎて致命的に経験不足

天才タイプは別として、高学歴女子は勉強への意欲が高く、それに費やす時間も多いです。学生時代は恋愛する暇もないほど勉強に明け暮れていた場合、大学入学や社会人になってから「さあ!今から恋愛するぞ!」と思っても、経験が乏しすぎてなかなかうまくいきません。致命的に男性の生理や心理の理解が乏しいため、出会いのチャンスが活かせないのです。

特に、女子校女子大出身の高学歴女子は、男性への免疫がなく、奥手すぎて行動を起こせまず益々不利になります。アプローチされても対処法がわからず「迷惑だったかな」と男性に誤解され、恋愛から遠のくばかりです。

マニュアルに頼り過ぎて男性の本質に目が向けられない

「恋愛や男心がわからないなら、勉強すればいい!」と、恋愛関係のマニュアル本やサイトを読み漁るのは、1つの解決方法です。元々研究熱心で勉強好きの高学歴女子は、本気を出せば恋愛の知識を数多く身につけられるでしょう。

しかし、知識に偏ってしまうのが、高学歴女子が陥る失敗パターン。マニュアルは多数派の傾向に過ぎません。恋愛は生身の男性が相手なので、最終的には相手を知り臨機応変に行動するしかないのに、知識を信じて突き進み、マニュアルから外れた事態が起こるとパニック!結局男性の本質に目を向けられないまま「恋愛だけはわからない…」と諦めてしまいます。

「高学歴女子はモテない」と思い込み卑屈になってしまう

「自分より学歴が高い女性は恋愛対象外」という男性は確かに存在します。同時に、学歴にこだわらなかったり、努力家で聡明な高学歴女子が好みだったりする男性もいます。高学歴だからモテないとは限りません。

しかし、自分の学歴が原因で悲しい経験をすると、「高学歴女子はモテない」と自信を失ってしまうものです。こじらせると、「どうせ…」と卑屈になり、恋愛に対してネガティブモードに突入。出会いがあっても男性の好意を斜めに見てしまい、「気を使ってるだけ」「勘違いしたくない」と、自ら心のシャッターを閉じてしまい、自ら恋愛を遠ざけてしまいます。

男性が敬遠する高学歴女子の特徴

「学歴は関係ない」という男性でも、思わず敬遠してしまう高学歴女子の特徴について解説します。

高学歴かつ高収入

高学歴に加えて明らかに高収入だと、ごく一般的な男性は「自分の知力財力では、彼女を満足させてあげられないだろう」と、敬遠してしまいます。高収入の彼女に合わせてワリカンするだけでも、経済的危機に陥ると考えてしまうのです。

「好きな人と一緒ならマックでお茶するだけで幸せ」と思っていたとしても、高収入に見合った高価な衣類を身に付けていれば、男性は勝手に「庶民の自分は除外だろう」と判断してしまいます。内面だけではなく経済的な親しみやすさは、特に今どきの男性にとって重要なのです。

完璧すぎて全く隙がない

「高学歴で知性も品格もあり、当然仕事もできる。更に謙虚で社交的、気遣い上手で優しい」このように才色兼備で完璧な女性は、男性にとっても理想的です。しかし、実際に目の前にすると、多くの男性は完璧すぎて圧倒されてしまいます。欠点が1つもないと、男性が近づく隙もなくなってしまうのです。

高学歴女子は優秀な人に囲まれた環境で過ごしてきたので、完璧を目指して努力するのは当たり前かもしれません。しかし、常に全力で完璧すぎる女性を前にすると、「自分も常に頑張らなければならないのか」と緊張し、気が休まらない男性は少なくありません。

無意識に競争心を燃やし張り合った言動をとってしまう

厳しい競争を勝ち抜いて入試を突破した高学歴女子は、負けず嫌いの努力家が多いです。競争心は自分を向上させるために不可欠なもの。しかし、競争心が恋愛に影を落とすケースもあるのです。いくつか具体例を挙げましょう。

  • 楽しい雑談のはずがいつの間にか討論会になってしまう
  • 男性が披露している知識に上乗せしたり間違いを指摘したりする
  • 男性から気遣いの言葉がけがあっても「大丈夫」と突っぱねてしまう

あなたにそのつもりがなくても、男性は「張り合ってくる…」と感じてしまうような言動です。切磋琢磨しながら一緒に向上したい男性もいますが、「かわいくない」と敬遠する男性も多いのです。

高学歴女子が幸せな恋愛をする秘訣3つ

あなたの中にある「高学歴女子はモテない」という固定概念を払拭し、自分に合った方法を見つけるのが幸せな恋愛をする秘訣です。具体的にどうするべきか、高学歴女子が幸せな恋愛をする秘訣を伝授します。

あえて同じ偏差値の大学出身者をターゲットにする

恋愛にも効率があります。闇雲に出会いを増やすのは非効率。自分と相性の良い男性が多い場所に出向き、相性の良い男性との接点を増やしていきましょう。あえて同じ偏差値の大学出身者をターゲットにするのです。

学歴が似ていると、家庭環境や価値観が似ている確立が上がります。あなたと同レベルの知見がある男性ならば、「わからない言葉をつかわないように…」「誤解されないように説明しなきゃ…」という気遣いは不要。お互い共感できる点も多く、自然と一緒にいて楽(楽しい)関係が築けます。

高学歴だからこそ「相手を学歴で判断する女と思われたくない」というジレンマが生まれますが、一切気にする必要はありません。職場や大学時代の友達繋がりで出会いを増やしていきましょう。恋愛アプリや街コンを利用するなら、学歴で絞り込むのも良いでしょう。

学歴無関係のサークルなどに参加して視野を広げる

「自分の学歴への価値観が恋愛に悪い影響を与えている…」と思うなら、恋愛に目を向ける前に視野を広げる機会を作りましょう。学歴とは全く関係のない社会人サークルや習い事、ボランティア活動などに参加するのです。

男女問わず、人と自然に関われる場に行くのがおすすめです。あなたが関心のあるジャンルから探せば、学歴以外の共通点で人とつながり楽しい時間を過ごせます。

高学歴人口は全体から見れば少数派。自分から世界を広げれば多くの価値観に触れ、学歴の固定概念から抜け出せます。そうすれば、相手を多面的に見られるようになり、あなた自身も柔軟な感性が磨かれ、学歴にこだわらない自由な恋愛ができるでしょう。

「楽しい!」というインスピレーションを大切にする

思考が先行しがちな高学歴女子は、あれこれ考えずにとにかく「楽しい!」というインスピレーションを大切にするのが、幸せな恋愛をする秘訣です。「この人といると楽しい!」と思える相手に出会えたら、「相手は自分をどう見ている?」「将来につながる付き合いができる?」と先を考えず、「自分が楽しい」という気持ちを何より大切にするのです。

思慮深さは高学歴女子の長所ですが、考え過ぎると恋愛は前に進めなくなります。失敗を回避し、目標を達成する方法を考えてきたからこその成功ですが、恋愛では失敗を回避しようとすればするほど、相手の気持ちも自分の気持ちもわからなくなるものです。楽しければそれでよし。「好きかも」と思ったら、その気持ちを大切にして、心のままに行動しましょう。

学歴関係なく「一緒にいたい」と思いあえる相手を大切に

恋愛の基本は一緒にいたいと思えるかどうか。あなたが「もっとこの人と一緒にいたい」と思ったら、素直にその気持ちを尊重しましょう。そして、一緒にいたいと思った相手があなたと同じ気持ちになってくれたら、学歴にはこだわらず大切にしてください。

学歴はあなたの努力と優秀さの証明であり、周囲からの評価や印象にも大きな影響を与えるものです。中には高学歴女子に偏見を持つ男性もいるでしょう。しかし、一部の価値観に惑わされないでください。惹かれあう相手との間に、学歴は障害にならないのですから。