彼氏と仲直りしたい!喧嘩後に仲直りする方法と気まずさを解消する方法

彼氏と仲直りした彼女

異性と付き合った経験がある人であれば、彼氏と喧嘩したときにどうやって仲直りするかについて、ほとんどの人が一度は悩んだことがあるでしょう。

「大好きな彼氏と喧嘩なんてしたくない!」と心では思っていても、些細なすれ違いや考え方の違いから、喧嘩に発展してしまうということはよくあるでしょう。また、無事に仲直りできても、喧嘩後はしばらく気まずかったりするものです。

そこで今回は、彼氏と喧嘩してしまったけど早く仲直りがしたいという人に向けて、喧嘩後に仲直りする方法と気まずさを解消する方法をご紹介していきます。

喧嘩後の彼氏の心理

初めに、喧嘩後の彼氏の心理についてご紹介していきます。多くの男性が、以下のどれかにあてはまる心理状態でいるでしょう。

  • 彼女に会いたい
  • 喧嘩したことを後悔している
  • 彼女に嫌われたくない
  • 自分の意見を分かってくれないなんて腹立たしい
  • 喧嘩しても好きという気持ちは変わらない
  • 彼女と早く仲直りしたい
  • 自分が悪いわけじゃないから、自分から謝りたくない
  • 仲直りするのも面倒くさいし、いっそのこと別れたい

喧嘩をしたとはいえ、彼女のことが好きで彼女を気にかけている男性もいれば、意地でも自分から謝ろうとしなかったり、喧嘩をきっかけに別れを意識したりしている人もいます。

彼氏と仲直りする方法

ハートのクッションを持って仲直りしたカップル

あなたの彼氏もあなたも、お互いに「早く仲直りがしたい」と思っていたとしても、何かきっかけがないとなかなか仲直りできません。特に、彼氏と初めて喧嘩をしたという人は、どうすれば仲直りできるのか分からないことが多いでしょう。

そこで次に、喧嘩してしまった彼氏と仲直りする方法についてご紹介していきます。せっかくカップルになれたのに、喧嘩別れに終わるなんてことになりたくなければ、ぜひ実践してみてください。

先に謝る

彼氏と仲直りする一番確実な方法は、先に謝るということです。男性の中には、プライドが邪魔をして自分から謝ることができないという人が意外と多くいます。たとえあなたよりも彼氏の方が悪いケースであったとしても、彼氏と円満に仲直りがしたいのであれば、あなたが折れて先に謝るほうが得策でしょう。

あなたは悪くないからと相手から謝ってもらうのを待っていては、いつまで経っても仲直りできず、場合によっては破局につながってしまう恐れがあります。

一度距離を置いて、何もなかったかのように接する

喧嘩の原因はさまざまで、どちらかが一方的に悪いということはあまりないかもしれませんが、どう考えても彼氏から謝るのが筋だという喧嘩はしばしばあるでしょう。そんな時に、毎回あなたから謝ってしまえば、彼氏は何をしても許されると勘違いしてしまうかもしれません。

そうならないためには、一度距離を置いてみることも選択肢のひとつです。その間に、彼氏は自分の言動を反省するはずです。そしてポイントは、距離を置いたあとは喧嘩を引きずらずに何もなかったかのように接するということです。

彼氏が反省した後に、また彼氏を責めてしまっては距離を置いた意味がありません。あえて何もなかったかのように接することで、彼氏を後悔させてやりましょう。

彼氏と仲直りした後の気まずさを解消する方法

彼氏となんとか仲直りできたとしても、それまで喧嘩をしていたわけですから、二人の間になんとなく気まずい雰囲気が流れることがあるでしょう。彼氏と喧嘩をしてしまった時には、仲直りをするだけではなく、その後の気まずさを解消する術を知っておかなければなりません。

次に、彼氏と仲直りした後の気まずさを解消する方法についてご紹介していきます。無事に仲直りできたという人は、あともうひと頑張りです。

初デートで行った場所に行く

彼氏と仲直りしても、なお気まずい雰囲気が流れているときは、初心を思い出してみるのがよいでしょう。初心を手っ取り早く思い出そうと思えば、初デートで行った場所に行くのがおすすめです。どんなカップルも、初デートはお互いドキドキしていて、お互いの距離感をはかりながらでしょう。初デートで行った場所を訪れることで、そんな初デートの時のピュアな思いや、お互いの大切さを改めて認識することができます。

デート中には、初デートで話したことを二人で思い出すと、より初々しい気持ちがよみがえってくるでしょう。

美味しいものを食べに行く

美味しいものを食べると、自然と笑顔になるでしょう。喧嘩の後が気まずくなってしまうのは、二人に笑顔をつくるきっかけがないからです。逆に言うと、二人の間に笑顔が戻れば、気まずい雰囲気も解消されるということです。

ただ、喧嘩の直後であれば二人の会話が弾んで笑顔になることは期待しにくいので、美味しいものの力を借りるというわけです。また、普段いかないような特別感のあるレストランに行けば、いつもと違う雰囲気になるため、気まずい雰囲気をガラッと変えるには非常に効果的です。

テレビなどを見て笑う

二人が笑顔になる瞬間は、何も美味しいものを食べた時だけではありません。金銭的にあまり余裕がない場合は、外食することがためらわれることもあるでしょう。そこで、他の手として、テレビ番組を見て笑うことをおすすめします。

付き合ってからしばらく経つカップルは、二人でよく見る番組やお互いが好きな番組があると思います。その番組を見て二人で笑っているうちに、徐々に気まずい雰囲気は解消されていくでしょう。

好きだと伝える

仲直りしてもなお気まずい雰囲気が流れているようであれば、思い切って相手に好きだということを伝えてみましょう。喧嘩の後は、お互いに相手の気持ちが分からなかったり、相手との距離感を見失ってしまっていたりします。その状態の時に、あなたから彼氏に「好きだよ」と伝えてあげることで、彼氏も安心するため、元のラブラブな状態に戻りやすくなるでしょう。

喧嘩のあとになかなか伝えづらいという人は、直接でなくても、電話やメッセージで伝えることで次に会った時に気まずくなくなるでしょう。

スキンシップをとる

気まずい雰囲気を解消するためには、物理的な接触も効果的です。仲直りした時にはハグをしたり、キスをしたりするカップルも多いでしょう。

パートナーと喧嘩をしてしまったときは、誰だって不安です。そんな不安な時にスキンシップをとることで、お互いの気持ちを確かめることができます。自分からアクションを起こすのが苦手であれば、彼氏の近くに寄っていくだけでもいいので、チャレンジしてみましょう。

ちょっとしたプレゼントを渡す

物で釣るというわけではありませんが、気まずい雰囲気を解消するためにプレゼントを渡すのはとても効果的です。さらに、彼氏が前から欲しがっていたものをチョイスすることで、彼氏も「自分のことをよく分かってくれているな。やっぱり彼女しかいないな」とあなたへの印象がアップするはずです。

喧嘩はできるだけ避けたいですが、その後の行動次第であなたの印象を上げることができますよ。ただ、高価すぎると彼氏も引いてしまうかもしれないため、ちょっとしたものを贈るのがポイントです。

手料理をふるまう

仲直りした後は、手料理をふるまってあげると彼の心がほぐれるでしょう。ほとんどの男性が、彼女の手料理を喜びます。仲直りのあとに手料理を食べさせることで、彼氏はあなたへの好意を再確認するでしょう。

また、手料理をふるまうことで、あなたが彼氏のことを変わらず大事に思っているということも伝えることができます。

喧嘩を未然に防ぐ方法

ここまで彼氏と仲直りする方法や仲直りした後の気まずさを解消する方法についてご紹介してきましたが、できることなら喧嘩をせずに済ませたいというのが本音でしょう。喧嘩するほど仲が良いともいいますが、うまく仲直りできるとも限りません。最悪の場合、そのまま破局するなんてことにもなりかねません。

そこで最後に、喧嘩を未然に防ぐ方法についてご紹介していきます。

二人のルールを決めておく

付き合う時に、二人のルールを決めておくと喧嘩になりにくいです。ルールとは、例えば連絡の頻度や恋人以外の異性との接し方などです。また、喧嘩してしまった後に、もう同じことで喧嘩しないようにルールを付け加えることも効果的でしょう。

いくら恋人とはいえ、お互いの許せる範囲や考え方は異なります。いつまでもラブラブなカップルでいるためには、きちんとルールを決めておくとよいでしょう。

お互いの気持ちを言葉で伝える

あなたは、自分の気持ちを普段から彼氏に伝えているでしょうか。また、彼氏の気持ちを理解しようとしているでしょうか。いくら仲良しのカップルであっても、言葉にしなければ伝わらないことはたくさんあります。「言わなくても分かってほしい」という気持ちも分かりますが、それを相手に求めるのは酷です。

自分の気持ちを分かってほしいのであれば、きちんと言葉にしましょう。

ストレスをため込まない

長く付き合うにあたって大切なのは、ストレスをため込まないということです。いくら好きな人と付き合えたといっても、不満や自分の気持ちを我慢ばかりしていては、ストレスをため込んでしまいます。そうなると、いくら好きな人であっても一緒にいるのがつらくなります。また、ため込んだストレスはいつか爆発してしまうため、仲直りすることなく破局するケースも多々あります。

ストレスはため込まないように、自分の気持ちを上手に伝えたり、ストレス発散方法を見つけたりしておきましょう。

普段からコミュニケーションをとる

喧嘩の原因で多いのがコミュニケーション不足です。普段のコミュニケーションが不足していると、どうしても相手の気持ちが分からなくなったり、大事なことの報告が漏れたりしてしまいます。普段からしっかりとコミュニケーションをとることで、相手の予定やちょっとした変化に気づくことができ、喧嘩を未然に防げるでしょう。

また、コミュニケーションをとり続けることで、二人の関係もどんどん深まっていきます。阿吽の呼吸が取れるようになれば、喧嘩の心配もほとんどないでしょう。

些細なことでも報告する

喧嘩を防ぐためには、相手が知らないことを少しでも減らすことが重要です。あなたに隠していたつもりはなくても、知らなかった相手は隠されたと思い怒ってしまうことがあります。どの範囲まで報告して欲しいかは人によって異なるため、できれば本人に聞いておきましょう。別に怪しい行動をとっていたわけでなくても、言っていないと怪しまれて喧嘩になってしまうことがあります。

まとめ

今回は、彼氏と喧嘩後に仲直りする方法と気まずさを解消する方法をご紹介してきました。いくらラブラブでも、何かをきっかけに喧嘩になってしまうことは十分に考えられます。喧嘩を未然に防ぐことも大切ですが、それができなかった時には、問題を放置せず、仲直りするよう心掛けましょう。また、仲直りした後にも気を抜かず、今まで通りに接することができるようになるまで努力することが、気まずくならない秘訣です。