同窓会で再会した意中の相手と付き合うためのアピール方法や注意点

同窓会で乾杯する男女

同窓会は当時好きだった異性と再会する場でもあり、恋愛に発展する可能性を秘めています。意中の相手にアピールすることで、同級生から恋人に昇格するのも夢ではないでしょう。

今回は、同窓会で意中の相手と付き合うためのアピール方法を男女別にご紹介します。また、同窓会でアピールする際の注意点も参考にしてみてください。

同窓会で気になる存在になるきっかけ

ビールで乾杯する男女

同窓会をきっかけに意中の人と恋愛に発展するケースも多いです。実際に、どのようなきっかけで意中の人のハートをゲットしたのでしょうか。気になるきっかけについて紹介します。

昔よりも外見がキレイ、カッコイイ

同窓会で再会した同級生がキレイな女性、カッコイイ男性に変身していることをきっかけに、恋愛に発展する場合があります。昔は意識することがなかった同級生でも、キレイ、カッコイイ人になっていたら、自然と意識してしまうものです。

スマートな大人の姿にギャップを感じる

ガキ大将だった同級生が大人の男性に、男勝りの女の子が上品で清楚な女性に成長していれば、誰だってそのギャップにドキッとしてしまうでしょう。ギャップを感じるのは外見だけではありません。立ち居振る舞いがスマートなだけで異性ウケするため、恋愛対象として意識されやすいのです。

当時好きだった相手がフリーだと知る

当時好きだった人がフリーだった場合、同窓会での再会が運命だと感じて恋愛感情が再び燃え上がるケースもあるようです。相手が既婚者だったら諦める人がほとんどでしょうが、フリーならアピール次第で恋愛対象として見てもらえる可能性が高まります。意中の人が初恋の相手なら、なおさら恋の炎は燃え上がるでしょう。

昔好きだったとプチ告白する

大人になった今だからこそ、「昔、好きだったんだよ」とサラッとプチ告白する人も少なくありません。昔のこととは言え、告白された側はその相手を意識してしまうものです。その告白がきっかけでお互いに親近感を抱くようになり、恋愛に発展する場合もあります。

忘れ物を届ける・受け取る

同窓会での忘れ物が恋愛に進展するきっかけになることがあります。忘れ物の受け渡しの際に連絡を取り合ったり、忘れ物を届けてもらったお礼に飲みに誘ったりすることで、2人の距離が縮まり良いムードになることもあるようです。

2次会で仲良くなる

同窓会の規模が大きいと会話をしたくてもできずにお開きになってしまうケースも少なくありません。そのため、少人数だけの2次会に参加することで、近況を報告し合ったり昔話に花を咲かせたりしてお互いの中が深まりやすくなります。

同窓会で再会した意中の相手と付き合うためのアピール方法【男性編】

同窓会で意中の人にアピールするにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、男性が意中の女性にアピールする方法を紹介します。

清潔感がある服装・髪形にする

女性に良い印象を持ってもらうためには、清潔感がある服装や髪形にすることが大切です。髪がボサボサ、髭は伸びっぱなし、服はヨレヨレでは、だらしない印象を与えてしまいます。

外見ではなく内面を見てもらいたいと考える人もいるかもしれませんが、内面を見てもらうためには、第一印象で好感を持ってもらう必要があります。爽やかな好青年を意識したイメージづくりを心がけてください。

大人になった一面を見せる

意中の女性に良い印象を持ってもらうためには、大人になった一面を見せることが何より大切なポイントです。女性は子供の頃とは違う「男性らしさ」に気が付いたときに、ギャップを感じてドキッとすることがあります。

少年時代の幼いイメージを払拭して大人の男性を印象づけるためにも、意中の女性の前ではレディーファーストを心がけ、女性への気遣いや思いやりを見せましょう。

昔と変わらない一面を見せて安心感を与える

昔と変わらない一面を見せることも忘れないようにしましょう。女性の中には、昔の面影がなく全く別人のように変わってしまった相手に不安を感じる人も少なくありません。少年から女性の扱いになれた大人の男性に成長したあなたを見て、「妙に女慣れしている、女性にルーズなのかも」と警戒心を強めてしまう可能性があります。

たとえば、昔はいたずらっ子だった場合、いたずら好きな一面を見せたり、昔の思い出話を自分から切り出したりするのも良いでしょう。

同窓会で再会した意中の相手と付き合うためのアピール方法【女性編】

次は女性編です。女性の場合、どのようにして意中の相手にアピールすればいいのでしょうか。

男性ウケする清楚な髪形や服装にする

久しぶりに再会する意中の相手に良い印象を持ってもらうためには、男性ウケする清楚な髪形や服装にすることが大切です。「男性に色目を使うにはセクシーで露出の多い服装のほうが効果的なのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、すべての男性がそういうタイプの女性を好むとは限らないため、最初は相手にマイナスな印象を持たれないことを意識する必要があります。品のあるワンピースや短すぎないスカートで女性らしさをアピールするだけでOKです。

意中の相手が男らしくなっていることを褒める

意中の相手と会話する際は、相手が男らしくなっていることを褒めるようにしましょう。男性は仕事や友人関係、兄弟内で常に競い合っています。そのため、他の男性よりも男として優れていると褒められると素直に嬉しいのです。

たとえば、「〇〇なところが頼もしいね」「〇〇くんみたいに一所懸命な人は女性としてサポートしてあげたいって思うよ」など。女性目線で「こんなところが男らしくて素敵」と、特別感を出すことで、相手もあなたに男性として意識されていると気付きやすくなります。

さりげない気遣いを見せる

意中の相手に女性らしさをアピールするなら、さりげない気遣いを見せることも大切です。男性は、気遣いのできる女性を好む傾向があるためです。意中の相手にだけではなく他の同級生にも思いやりのある言動を取ることで、あなたがやさしく、誰にでも気遣える女性だと印象づけることができるでしょう。

とは言え、さりげなく気遣いを見せることは口で言うほど簡単ではありません。意中の相手以外の男性にやさしくすれば、その男性や意中の相手に余計な誤解を与えてしまう可能性があります。また、意中の相手と離れた場所で気遣える女性をアピールしても意味がありません。

意中の相手の視野に入る範囲で男女にかかわらず、気遣いを見せるようにしましょう。たとえば、誰かのフォローをしてあげたり、会話に参加していない人に積極的に声をかけたりするなど、あくまでもさりげなく、自己満足にならないように気をつけましょう。

同窓会で再会した意中の相手にアピールする際の注意点

意中の相手にアピールすることは大切ですが、気をつけなければならないことがあります。次の3点に注意しつつ、相手に恋愛対象として見てもらうために自分を上手にアピールしましょう。

相手の恥ずかしいであろう過去の話はしない

意中の相手との思い出話をする際、相手の恥ずかしい過去を明かさないようにしましょう。相手の恥ずかしい過去を話せば、それが冗談であったとしても相手のプライドを傷つけてしまう恐れがあります。恥をかかされた相手は、あなたに苦手意識を感じたり、嫌ったりするかもしれません。

恥ずかしい過去の話を笑い飛ばしてくれる人もいるかもしれませんが、すべての人がそうとは限らないため、相手に恥をかかせるような過去の話はなるべく控えるようにしましょう。

寂しい、恋人がほしいなどのアピールはしない

意中の相手の気を引きたいからといって、「ひとりで寂しい」「甘えられる恋人がほしい」などのアピールはしないことをおすすめします。このような発言は、自分の欲求を満たしてくれる存在がほしいと言っているようなもので、意中の相手に誤解を招く可能性があります。

あなたにとって恋人は自分を満足させてくれるだけの存在でしかないと、相手に勘違いされてしまうでしょう。

一夜だけの関係にならないようにセーブする

緊張をほぐしたり、久々の再会でテンションが上がったりして、お酒を飲みすぎてしまう人も少なくありません。酔った勢いで意中の相手や、他の異性と一夜だけの関係になる可能性があります。

体の関係からはじまる恋愛もあるかもしれませんが、今後に続く関係を築けるという保証はありません。それどころか、体だけの関係から抜け出せなくなることも考えられます。

同窓会では再会した意中の相手に良い印象を持たせ、恋愛対象としてアピールすることが一番の目的です。お酒の力や勢いに頼った関係を築くのではなく、あなたの良い面をアピールするようにしましょう。