音信不通の相手と復縁する6つの方法とは?音信不通にする心理も解説

元彼と音信不通になった彼女

復縁したいけど相手とすっかり音信不通で、と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

別れた元カノ・元彼ですから、その後音信不通になってつながりが切れてしまうことは珍しくありません。別れた後気まずい状態になり、気が付けばLINEの返信は返ってこないまま、ということは多々あることです。

では、そんな相手と復縁したいとなれば、どのような方法で復縁するのが効果的なのでしょうか。連絡の取りようがないのですから、困るのは当然なものです。

そこで今回は、音信不通の相手と復縁する方法を、相手の心理や音信不通にする理由とともに解説していきます。

音信不通の相手と復縁したいなら相手の心理をチェック

まずは、音信不通の状態になっている相手がどんな心理で連絡を寄越してこないのか、じっくり整理してみましょう。

先に言ってしまうと、音信不通の相手と復縁することはかなり難易度が高いです。そのため復縁の成功率を上げるには、まず相手の心理や状況を理解することが重要になります。音信不通の相手は、以下のような心理でいることが考えられます。

嫌いではないものの気まずいので連絡したくない

別れた元彼・元カノに気まずい思いを持つ人は多いです。喧嘩別れしたわけではないにしても、すでに関係は終わっているのですから、どう接すれば良いのかわからなくなってしまうのです。

友達として馴れ馴れしく接するのも、別れた直後では正直違和感があります。かといって完全に嫌っているわけではないので、いきなりLINEをブロックしたり着信拒否したりするのも変な話です。

そのため考えられるのは、嫌いではないものの、どう接すれば良いのかわからず気まずい状態が続いた結果、連絡は取りたくないという心理を抱くに至ったパターンです。

恋人ではないので、お互いに「友達として今後は付き合っていこう」という前向きな別れができていない以上は、連絡する必要がありません。正直、LINEなどでずっとつながっているのは変な関係でしょう。だからこそ気まずいと思い、音信不通の状態を続けてしまっているのでしょう。

この場合、ポイントとなるのは「嫌っているわけではない」ということ。何かきっかけがあれば、連絡をもらえる・復縁できるチャンスはあるはずです。

完全に怒っている・嫌っているため連絡を取りたくない

やはり音信不通にされる場合で多いのは、完全に相手から嫌われているパターンです。相手は怒っていたり恨んでいたり、何かしら強いネガティブな心理を持ってしまっている状態です。

だからこそ連絡を取るなんて、相手からしてみればとんでもないことなのでしょう。絶対に連絡は取りたくない、もう関わりたくない、そんな強い心理を持っている場合もあり得ます。

喧嘩別れしたり、例えばこちらに全面的に非があって(例えば浮気など)別れたりしたときは、このような状況に陥ることは多いです。

相手がこの心理の場合は、SNSなどをブロックされている可能性が高いでしょう。

同じ音信不通でも「嫌っていない」と「嫌っている」の見分け方は、ブロックされているかどうかです。嫌われている場合は、ブロックされているか、直接メッセージできっぱり「連絡してこないで」と言われるはずです。ですので、メッセージで直接言われていないのであれば、ブロックされている可能性が高いです。

ブロックされているのか、単なる返信がないだけなのかの判断は、LINEで既読がつくかどうかです。既読が点くけど返信がない状況の場合は、心底嫌われていない可能性が高いでしょう。

新しく好きな人・恋人ができたのでつながりを切りたい

相手にすでに新しく恋人がいたり、好きな人ができていたりすれば、過去に関係があった異性とは当然つながりを切りたくなるでしょう。これも音信不通にされる理由・心理としてはよくあるものです。

特に新しく彼氏・彼女ができた場合は、多くの人が元彼・元カノの連絡先を消そうとするでしょう。新しい恋人に対して失礼だ、と感じるのが普通です。友達としてつながり残っているなら話は別でしょうが、別れた以降特に連絡を取っていないのなら、新たに恋愛を始めたのを良い機会として連絡先は消してしまうでしょう。

そのため、復縁しようとして相手に連絡したものの、完全に無視で音信不通の状態というときは、相手に新たな恋人ができたことを可能性として考える必要が出てきます。

もし、本当にそうだった場合は、復縁できる確率はさらに下がってしまいますが、可能性の一つとしては受け止めなければならないでしょう。

連絡は取ってもいいとは思っているものの何と返信すればいいかわからない

音信不通の相手と復縁したいとなったとき、多くの人は「本当にできるのかな」という不安な心理にも駆られるものです。確かに難易度は高いですが、復縁できる可能性はゼロではありません。復縁を目指すなら、時には「もしかしたら相手も復縁したいと思ってるのかも」という前向きな気持ちも持たなければいけません。

実際、現在は音信不通の状態になってはいるものの、相手も意外と「連絡は取ってみてもいいかも」と思っている可能性はあります。

ではその場合、なぜ連絡が来ないのかと言うと、単純に相手は何を話せば良いのかわからないからです。連絡してもいい、なんだったら復縁してもいいとすら相手は思っているかもしれません。ですがそれでも、すでに一度関係は終わっているのですから、気まずいと思うのは当然です。何を話せば良いのか、気持ちの整理はつきづらいでしょう。

そのためこの場合も、連絡の取り方次第では、相手から連絡をもらえる可能性は十分あります。音信不通の状態でなくなれば、復縁成功までも早いかもしれません。

相手も復縁するチャンスをうかがって駆け引きしている

場合によっては、相手も復縁する気満々という可能性もあり得ます。確かに音信不通になっている以上、可能性としてはかなり低いのは事実です。言ってしまえば、期待はほぼできないレベルです。

ですが、それでもゼロではありません。では、もし相手も復縁したかったとして、それなら音信不通のままで、なぜ連絡してこないのでしょうか?

可能性の一つとしては、復縁するチャンスを相手もうかがっていることが考えられます。つまりは、駆け引きをしているのです。「今、ホイホイ連絡すれば、逆に復縁失敗につながるかもしれない」と考えたりしながら、相手もかなり慎重になっているのでしょう。

例えば、音信不通で連絡しても無視されるのに、LINEはブロックされておらず既読はつくのが早い、といった場合などは、相手も復縁に前向きなのが可能性の一つとして見え隠れしています。

音信不通の相手と復縁する6つの方法

音信不通になった元彼と復縁したい彼女

ではここからは、実際に音信不通の相手と復縁するための方法を見ていきたいと思います。音信不通の相手と復縁することは、連絡が取れないからこそハードルの高いことです。根気よく効果的な方法を模索しながら、復縁する方法を見いだしていきましょう。

別れた後はすぐに連絡せず様子を見る

まず、復縁の基本となるポイントから整理していきます。復縁したい、と強い未練を相手に対して感じていると、別れて間もない段階で焦ってすぐに連絡してしまうことがあります。しかし復縁の成功率を上げるなら、なるべく連絡はすぐせずしばらく様子を見るのがおすすめです。

特に、相手と後味の悪い別れ方をしたのであれば、ほとぼりが冷めてネガティブな感情がなくなるまでにかなり時間を要します。すぐに連絡しても無視されて音信不通になる可能性は高いので、今は落ち着いて、復縁するにはどうすれば良いのか冷静に策を練っていきましょう。

3か月後に連絡して音信不通なら別の方法で連絡を取ってみる

別れた後すぐに連絡しないのが復縁を成功させる秘訣の一つです。ひどい別れ方をした相手でも、しばらく時間を置いて連絡をすれば、意外にも連絡を返してくれることはあります。それでも音信不通になる可能性はありますが、復縁を成功させるには冷却期間が必要不可欠なことを覚えておきましょう。

では、最初に連絡を入れるのはいつ頃が目安となるのでしょうか。ちょうど良いのは、別れてから3か月経ったくらいの時期です。3か月も経てば、別れた元彼・元カノに対して抱いていたマイナスの感情も意外と落ち着いていることは多いです。

ただ、本当に別れ方がひどかった場合や、もしくは相手の心理状態や新しい恋の状況次第では、やはり音信不通にされる可能性は十分あります。場合によっては、別れた直後にLINEをブロックしてそのまま、というケースもあるかもしれません。

そのため3か月後に連絡して、相手から返信がないようであれば、しばらく返信を待った後に別の方法で連絡を取ることを考えてみてください。連絡できる手段といえば、以下のようなものがあります。

  • LINE
  • その他のSNSのDM
  • メール
  • ショートメッセージ
  • 手紙
  • 直接会いに行く

なんとか別の方法で連絡をして話す機会を設けることができれば、復縁につながるチャンスは生まれてきます。例えばLINEをブロックされたとしても、その他の方法で連絡を取ることはぜひ考えてみてください。

別の方法でも無視された場合は長い時間をかけて連絡を繰り返す

復縁するのに冷却期間が足りなければ、別の方法で連絡したとしても無視を継続される可能性はあります。音信不通になっている時点で、連絡手段を変えても返信が返ってくる望みはあまり高くありません。

別の方法で連絡を入れても結局無視されるのは変わらない、そういった場合は、復縁は長期戦に突入すると思って覚悟を決めましょう。数か月で結果が出るような復縁ではないということです。

とにかく長い時間をかけて、気長に待ちながら復縁成功を目指していきましょう。相手への連絡は、最短でも1か月に1回程度に抑え、根気よく連絡を繰り返してみてください。3か月が過ぎて4か月、5か月、半年、と時間が経っていけば、相手の中で気持ちの整理もついていくでしょう。そうなれば、気まぐれ的に連絡を返してくれる可能性も生まれるはずです。

共通の友達に協力してもらい相手に無視をやめてもらう

音信不通の相手に対して「復縁したい」とめげずに連絡を入れていくのは、とにかく途中で何度も心が折れそうになるくらいつらいことです。正直すぐにでも諦めたくなる人は多いでしょう。

そのため、復縁はすぐにできなかったとしても、なんとか相手から無視だけでもやめてもらえれば、復縁のモチベーション維持にはつながるはずです。ですがそうはいっても、「復縁しなくてもいいから無視しないで」とこちらから連絡するわけにもいきませんし、場合によっては、連絡はまさに火に油を注ぐようなものかもしれません。

相手に無視をやめてもらいたいのなら、二人の共通の友達に頼みましょう。相手に「無視はしないでほしい」ということを伝えてもらうのです。共通の友達という第三者が介入したことで、相手も少しは冷静になるはずです。無視やブロックをやめてくれる可能性も出てきます。

相手と話す機会さえ生まれれば、復縁できる可能性は一気にアップします。少なくとも音信不通で何もできないという状況は脱することができるため、自分自身も復縁活動が進めやすくなるはずです。

バレないように注意しながら偶然を装って会いにいく

音信不通の相手と復縁したいときは、別の連絡手段を使ってなんとか連絡を取ることが必須となります。少し触れましたが、連絡手段の一つとしては直接会いに行くのも効果的です。「会うなんて気まずくてとんでもない」という状況でない限りは、会いに行くことも考えてみましょう。

ただ、積極的に近づいてくる元彼・元カノには相手も多かれ少なかれ警戒するでしょう。わざわざ会いにくるなんて、何を企んでいるのだろう、と感じてしまう人も多いのは事実です。

そのためおすすめなのは、偶然を装ってさりげなく相手に会いに行くことです。相手の仕事終わりや仕事の行き帰りの電車の中などを狙って、偶然会った体で接していきましょう。偶然というシチュエーションが、意外にも二人を饒舌にしてくれて、それが復縁成功につながる場合もあります。

自分磨きして相手に自分の良い噂を届かせるようにする

音信不通の相手との復縁成功を狙うなら、逆に相手と連絡を取ることにばかりこだわらず、時には自分磨きに夢中になるのも大事なことです。なぜなら自分磨きをして理想的な男性・女性になれば、その良い噂はきっと音信不通の相手の耳にも入るからです。

オシャレで清潔感あるコーディネートを徹底すること、仕事を一生懸命こなすこと、毎日笑顔を大事にすることなど、人として魅力的に見える要素は常々磨いていきましょう。こっそり相手の好みのタイプに染まって、思わず相手が振り向きたくなる存在になることも大事です。

このように自分磨きを重ねていけば、すぐにでも相手は音信不通をやめて相手は連絡したくなるはずです。ちなみに魅力的になった自分の様子は、相手の目に留まるよう、SNSなどで発信していきましょう。

まとめ

音信不通の相手と復縁したいときは、まずは相手がなぜ連絡を無視しつづけるのか、その心理や状況を把握することから始めていくべきです。それだけ音信不通の相手との復縁は成功しづらいということです。相手の心理を知っていれば、復縁のアプローチにはきっと役立つでしょう。

そして実際に連絡を取る際には、上の復縁方法を実践してみてください。自分の魅力を上げて相手を振り向かせることなども意識しつつ、根気よく復縁活動を続けてみましょう。