社内恋愛禁止の職場で好きな人ができたら?隠れて付き合う方法も解説

社内で好きな人に壁ドンする男性

恋愛禁止が分かりやすいルールとして掲げられている職場はそう多くはありませんが、中にはそういった厳しいルールのある会社もあり、実際に、そんな会社で好きな人ができてしまったら正直悩むでしょう。

仕事をしっかり続けていくために恋愛は潔くあきらめるべきなのか、それともなんとか隠れて付き合うべきなのか。

実際に社内恋愛禁止の職場で恋愛していくなら、リスクやデメリットなどもあらかじめ理解しておきたいところです。

そこで今回は、社内恋愛禁止の職場で好きな人ができたときの対処法や隠れて付き合う方法を、恋愛するリスク・デメリットとともに解説していきたいと思います。

社内恋愛禁止の職場で恋愛するリスク・デメリット

まずは、恋愛禁止の職場で恋愛するとどうなるのか、リスクやデメリットから考えてみましょう。恋愛も大事ですが、職場ですのでそれ以上に仕事は大事なもの。後悔しないためにも、リスクやデメリットはしっかり理解しておきたいところです。

会社にバレたら転勤、部署異動の可能性が

恋愛禁止の職場で、社内の人と付き合っていることが周囲にバレたら、かなり高い確率で転勤や部署異動になる可能性はあります。

会社がなぜ、恋愛を禁止しているのかといえば、やはり多くの場合は、恋愛が原因で業務に支障が出る可能性があるからです。仕事中は仕事に100%集中してもらいたいという思いがあるからこそ、恋愛禁止というルールを掲げているのでしょう。恋愛関係になった二人がそばにいるのでは会社的には困るでしょうから、転勤・部署異動の可能性は十分あり得ます。

もちろん、会社が恋愛にまで口を出していいのかという意見もありますし、社内恋愛禁止のルールについては賛否両論あるものです。どちらかといえば、少し古い考え方の職場なのかもしれません。ですが、実際にバレて転勤や部署異動を命ぜられた際に、上の人間に反発するのもなかなか大変なことです。

社内恋愛禁止の職場で恋愛がバレたら、結果として転勤や異動によって仕事がやりづらくなるかもしれない、そんなリスクはあらかじめ理解しておく必要があります。

厳しい職場ならバレたとき評価に響くことも!最悪の場合解雇?

ルール違反に対して厳しい職場なら、恋愛がバレることで自分自身の評価に大きく響くことはあり得ます。降格処分、最悪の場合、解雇というところまでいってしまうことも、まったくあり得ない話ではないでしょう。

ただ、恋愛禁止の職場とはいえ、解雇や自主退職を勧められることなど、そこまで厳しい処分を下す必要があるのかという疑問も残ります。確かに、会社の体制と本格的に争えば、社内恋愛禁止というルールを是正できる可能性はあるかもしれません。

ですが、そんな厳しい措置が下される可能性があるかもしれないことは事実。「解雇なんておかしい」と会社と争うにしても、そのためのコストと時間はかかり、いずれにしても不利益を被る可能性はあります。

せっかく告白しても恋愛禁止を理由にOKをもらえないかもしれない

社内恋愛禁止の職場で好きな人ができた場合、告白したとしても、相手からは恋愛禁止を理由にOKをもらえないかもしれません。たらればの話ではありますが、「恋愛禁止の職場じゃなかったら付き合えたのかもしれない」と思ったら、少し残念にも思えることです。

恋愛禁止のルールを破って付き合う以上、ルール違反をしなければならないのは自分だけではなく相手も同じです。会社のルールを破るようなことはしたくないと思っているような人からしてみれば、告白は正直言って迷惑になる可能性もあるということです。

恋愛できたとしても隠れて付き合う・隠し通さなければならない

社内恋愛禁止の職場で好きな人ができて、告白してOKをもらえたとしても、基本的には隠れて付き合わなければいけなくなります。隠し事をするのが苦手な人や、会社の人とも恋愛話をしたい人などは、正直隠れて付き合わなければいけないのはつらいところでしょう。

また、隠れて付き合うだけではなく、隠し通さなければなりません。隠し通すためには、神経を使わなければなりません。付き合っているときだけでなく、別れた後も隠し通す必要があります。これらの覚悟があるのか、とよく考える必要があります。

社内恋愛禁止の職場で好きな人ができたときの対処法

職場で好きな人に目線を送る女性社員

では、そんな社内恋愛禁止の職場で好きな人ができたときは、どんな行動を取るのが良いのでしょうか。そのままアプローチするべきかは、正直迷うところでしょう。ここからは、社内恋愛禁止の職場で好きな人ができたときの対処法を整理していきたいと思います。

禁止の規定がどれだけ厳しいのかあらかじめ確認しておく

今後の自分の行動を決めるためには、まず恋愛禁止の規定がどれだけ厳しいのかをチェックしておくことです。恋愛禁止のルールがかなり厳しく浸透していて、過去にバレた人は転勤や異動になっていて、という職場であれば、ルール違反をすることにはかなりリスクがあるといえます。

恋愛ももちろんしたいけれど、職を失うかもしれないようなリスクはさすがに避けたい、と思うなら、アプローチは踏みとどまっておいた方が賢明かもしれません。

また逆に、恋愛禁止とはうたっていても、ほとんど形だけのものなら、そこまで難しく考えなくても問題ない場合もあります。まずは恋愛禁止のルールがどれだけ厳しいのかをチェックしながら、リスクと自分の意思を照らし合わせて今後の行動を考えていきましょう。

それとなくアプローチしてみて相手の反応をチェックする

恋愛禁止の職場で好きな人ができて、規則を破ってでもアプローチしたいと思ったときは、まずはアプローチすることで相手の反応を探ってみましょう。恋愛禁止である以上、相手の意思も大事だからです。脈ありで両思いだったとしても、相手はそれでも仕事を優先したいと思うかもしれません。

そのため、アプローチをするなら、そこまで露骨にするのではなく、差し入れしたり、たまに二人きりでご飯に誘ったりなど、それとなく距離を縮めていくのが好ましいです。もし、それとなくアプローチしてみて、脈ありの雰囲気を感じたら、より積極的に歩み寄っていくと良いでしょう。

アプローチを迷惑がる雰囲気を感じたら諦める

場合によっては、アプローチを拒否されることもあります。そもそも脈なしという可能性もあるでしょうし、「恋愛禁止の職場じゃなかったらOKしてたかもしれないけど」という理由でアプローチを迷惑に思われることもあるでしょう。

もし、両思いに近い状態だったとしても、職場に恋愛禁止というルールがある以上、こちらから一方的にルール違反を強要することはできません。相手がどうするかは、最終的には相手次第なので、明らかに迷惑がられているような雰囲気を感じたときは、残念ながら、諦めるのが賢明でしょう。

どうしても諦められないときは、しばらく時間をおいてからアプローチを再開してみるのも良いかもしれません。場合によっては、時間が経ったことで相手の職場恋愛禁止への心構えが変わり、今度はアプローチを受け入れてくれることもあるかもしれません。

社内恋愛禁止の職場で隠れて付き合う方法

では次に、社内恋愛禁止の職場で彼氏・彼女ができたときに知っておきたい、隠れて付き合う方法を見ていきたいと思います。

社内恋愛禁止の職場で好きな人ができて、告白した結果OKをもらえた場合は、基本的には会社にバレないように隠れて付き合う必要が出てきます。もし、バレると異動やその他のペナルティを受ける可能性があるため、隠れて付き合うときは慎重に普段から接していくことが大事です。以下のポイントに注意して、秘密がバレることを防いでいきましょう。

どこから秘密が漏れるかわからないため社内の人間には誰にも話さない

基本的に、秘密はどこから漏れるかわからないものです。油断していると、すぐにでも噂は広まってしまうかもしれません。噂までならまだ良いですが、確実に付き合っていると誰かに知られては、そこから話はすぐにでも広まるでしょう。秘密は誰かに知られたら最後と思っておいた方が良いです。

そのため、基本的には社内の人間には、付き合っていることは話さないでおくのがおすすめです。仲の良い同僚がいて、その人には話しておきたいと思うかもしれませんが、リスクを増やしたくないのなら、それでも話さないのが賢明です。「あの人は本当に口が堅いから」と確実に信頼できるわけではないのなら、自分たちだけの胸の内にしまっておくのが良いでしょう。

どうしても話しておきたいと思ったときは、「もしかしたら話したことでバレるかもしれない」というリスクを背負ったうえで、距離の近い人にだけ話すようにしましょう。話す際には、「恋愛禁止だから秘密にしておいてほしい」と念を押すのはもちろんのこと、なるべく付き合っている相手にも「〇〇さんには話したい」と事前に相談しておくのは忘れないでください。

二人きりで話す・おそろいのアイテムを使うなどバレるリスクが高いことは避ける

バレるリスクのある行動は、基本的に慎むように心がけましょう。二人きりで話したりランチをしたり、おそろいのアイテムを使ったり、一緒に出社・退社したりなど、周りの人が怪しむような行動は控えるようにしてください。

バレないだろうと高をくくってリスクの多い行動をしてしまう人も多いですが、周りの人は自分たちが思っている以上に人間関係模様の変化を見ています。女性は特に、噂好きな傾向も強いので、少しでも親しそうにしていれば、噂も広がりやすいです。

あくまで職場では「職場の人」として振る舞い、必要以上に親しくしないことが大事になってきます。彼氏・彼女ができて気持ちが高揚すると、つい積極的に話しかけにいってしまう人も多いですが、バレないようにするなら、ぜひ冷静になって、自然な振る舞いを心がけていきましょう。

デートの行き先は必ず会社から遠く離れた場所を選ぶ

デートをするなら、基本的には会社の近くは絶対に選ばないことが大事です。会社の周りは社内の人間の動線になっていますし、休日に行動したとしてもバレる可能性は高まります。

同じ区内・市内は避けた方が賢明でしょう。隠れて付き合うのをより徹底するなら、県外にまで遠出してデートするのでも良いくらいです。それなりに人数の多い会社なら、会社近くではバレる可能性が非常に高いので、二人で行動する場所にはぜひ気を遣っていきましょう。

休暇の日を合わせすぎるとバレやすいため要注意

会社にバレないように付き合うなら、休暇を取るときも注意が必要です。デートや旅行などで同じ日に休暇を取ると、周りの人は怪しむからです。

一日かぶっただけなら、確かに周りの人も「偶然だろう」と処理するかもしれません。ですが頻繁にかぶるようなら、それはもはや自分たちから関係をバラしにいっているようなもの。噂になってすぐにでもバレる可能性があります。

そういう意味では、土日休みもしくは休日が特定の曜日固定の職場の場合は、わざわざ休暇を合わせる必要がないため付き合いやすいでしょう。サービス業などで休日がローテーション制の場合は、一日デートしたいときは残念ながらたまたま休日がかぶった日を狙うしかありません。

喧嘩して険悪ムードのときでも自然に接するよう心がける

社内恋愛禁止の職場で隠れて付き合うときは、喧嘩したときも注意が必要です。たとえ喧嘩中で気まずい雰囲気だったとしても、職場では自然に接しなければいけないからです。

あえて相手を避けたり、冷たい態度を取ったりすれば、周りからしてみればその行動は明らかに不自然です。二人の仲を疑う人は多くなるでしょう。喧嘩中だったとしても、隠れて付き合いたいときは、仕事中はうまく気持ちを切り替える必要があります。

公私混同して周りにも迷惑をかけてしまえば、いざ関係がバレたとき「こういう公私混同があるから恋愛禁止と言っていたのに」と言われたとき、何も言えなくなってしまいます。上手に隠れて付き合うためにも、周りに迷惑をかけないためにも、喧嘩中でも仕事中は普段通りに振る舞うようしっかり意識していきましょう。

まとめ

社内恋愛禁止の職場で好きな人ができれば、今後どうするべきなのかはとても迷うところです。告白して付き合うことができたとしても、もし会社にバレれば、何らかの処分を受ける可能性はあります。リスクやデメリットはしっかり認識したうえで、今後の行動を決めていきましょう。

また、隠れて付き合うときも、普段から注意しておくべきことはたくさんあります。恋愛禁止の職場で彼氏・彼女ができたときは、ぜひ以上の注意点を踏まえたうえで、上手に仕事と恋愛を両立していきましょう。