マッチングアプリで出会えない理由とは?出会えない人向けの対策も紹介

マッチングアプリで出会えない女性

マッチングアプリといえば、恋活や婚活における出会いの場として、最近はとても人気が高いです。多くのアプリがあるため、出会いの多さに期待して複数のアプリを利用している人も多いでしょう。

ですが場合によっては、「アプリを使っているのに出会えない」「出会えないのはやっぱりサクラが多いから?」といったような状況に悩まされる人は少なくありません。

そこで今回は、マッチングアプリで出会えない状況に陥ってしまう理由を解説しつつ、出会うための対策を紹介していきたいと思います。

マッチングアプリで出会えない理由

マッチングアプリで出会えないことに悩んでいる女性

マッチングアプリで出会えないと、「これってもしかしてサクラのせい?」と思うことは確かに多くなります。

しかし、先に結論に触れておくと、マッチングアプリで出会えないのは、サクラのせいではありません。人気のアプリには、基本的にサクラと呼ばれる人はいないため、出会えないのには、他に理由があると考えるべきでしょう。

マッチングアプリで出会えないときは、まずは、その理由や原因から考えたうえで、出会うにはどうすれば良いのかを見出していく必要があります。

では、理由や原因として考えられるものを整理していきましょう。

人気の人ばかり狙って高望みしている

マッチングアプリで出会えない人の多くは、アプリ内で異性にアプローチする際に、少々高望みしてしまいがちなところがあります。マッチングアプリでは「いいね」をたくさんもらっている人気のユーザーがピックアップされてくるため、そのユーザーにばかりつい「いいね」を送ってしまっているのです。

人気の人ばかり狙っていると、どうしても同じように「いいね」を返してもらえる確率は低くなっていきます。人気の人は、大量に「いいね」をもらっているため、よほど好条件の相手でない限り、なかなか反応してくれません。

この構図は、まさにモテる人にアプローチしようとしても、ライバルが多くてなかなか振り向いてもらえない、そんな普段の構図と同じでしょう。人気のユーザーを狙うこと自体がいけないわけではありませんが、しっかり出会っていくことを考えるなら、ただ人気の人にばかり「いいね」を送るのではなく、もう少し考える必要があるといえるでしょう。

頻繁にログインしていない

意外と重要なのが、ログインの頻度が低いことが、マッチングのしづらさや出会いにくさにつながっているということです。頻繁にログインしていないと、自分のプロフィールは自然と検索結果に出づらくなっていき、逆に頻繁にログインしているユーザーの方が優先的に上に表示されていきます。

また、オンライン中の人(=アプリをリアルタイムで使っている人)はプロフィールで確認できるようになっていることも多いので、オンライン中の人同士はレスポンスの早さからマッチングしやすい傾向にもあります。

そのためログインの頻度が低いと、自然とチャンスの母数が減ることになり、出会えない状況を招くことになるのです。

マッチングした相手にすぐ会いたいと言っている

マッチングはするものの、なかなか実際に会ってデートするところまで話が進まない、という人は、マッチングした相手に「すぐに会いたい」ことを積極的にアピールしすぎな傾向があります。

マッチングアプリは、最近は人気の出会いの手段になってきたとはいえ、それでもネット内での出会いですから、多くの人は最初は相手を警戒します。怪しい人でないかどうかを確かめてから出会いたいと思うのは当然でしょう。実際に、ネットから出会った相手と実際に会い、トラブルや事件になったケースは少なくありません。

そのため、マッチングしてから少ししかやり取りをしていないのに、すぐに会いたいとアピールしすぎる人は、基本的にはなかなか出会えません。怪しい人かもしれない、と相手に警戒される可能性が高いからです。出会えたとしても、遊び目的の人の可能性があるため、真面目な恋活や婚活にはなかなかつながらないものです。

顔だけで相手を選んでいる

マッチングアプリで出会えない人の多くは、顔だけで相手を選んでいる傾向も強いです。相手のプロフィール写真やなんとなくの雰囲気の良さだけで相手を選んでいれば、当然、自分と本当に条件の合う人とは出会えないものです。

趣味や好みの合わない相手になることも多く、「いいね」を送られた相手からしてみれば、「この人、なんで「いいね」を送ってきたんだろう」という感覚でしょう。だからこそマッチングすることも少なくなりがちです。

マッチングアプリのコンセプトが自分に合っていない

マッチングアプリで出会えない人は、そもそもアプリの選び方から見直す必要がある場合も多いです。つまりは、自分に合っていないアプリを使っていることが原因となって、なかなか良い出会いにつながらないということです。

たくさんの数・種類があるマッチングアプリは、アプリによってコンセプトがいろいろと違います。恋活や気軽な出会い向きのものもあれば、真剣な婚活向きのものもあります。

例えば、真剣に婚活したいのに、恋活や気軽な出会い向けのマッチングアプリを使っていれば、当然方向性の違いから出会えないという結果にはつながってきます。マッチングアプリで出会いを見つけるときは、まずどんなアプリが自分に合っているのかをよく見極める必要があります。

メッセージのやり取りで盛り上がらない

マッチングアプリで出会えない人は、マッチングしてもメッセージのやり取りがなかなか続かず、結果として相手に無視されてしまったりデートの約束まで話が発展しなかったりします。

誰だって盛り上がって気が合うと感じた人とこそ、実際に会ってみたいと感じるものです。やり取りの盛り上げ方や話すべき内容などの詳細は後述していきますが、なかなか出会いに発展しないときは、マッチングしてからメッセージの内容をしっかり工夫していく必要があります。

プロフィールの情報が不足している

プロフィールに欠けている部分が多いと、それが出会いにくさにつながることも多いです。マッチングアプリはネット上の出会いなので、相手がどんな人なのか最初に判断する材料として、プロフィールは非常に重要なものになります。プロフィール=第一印象を作るものと考えて良いでしょう。

そのためプロフィールで空欄が多かったり、自己紹介文が一言だけだったりすると、真剣に出会いを探している人とは思われにくくなります。何より人となりがよくわからないため、自然と距離を取られてしまうのです。マッチングアプリで出会いを見つけるためには、プロフィールを埋めることは欠かせないことなのです。

マッチングアプリで出会えない人がすべき対策

マッチングアプリを使う女性

では次に、以上のような出会えない理由や原因を踏まえたうえで、必要な対策を見ていきたいと思います。マッチングアプリで出会えないときは、以下のような対策を実践していくと、実際に出会える確率は各段にアップします。

プロフィールの情報と写真を充実させる

出会えない原因でも触れてきたように、プロフィールの内容は出会いやすさに大きく関わってくるものです。プロフィールで多くの人はその人の「あり」「なし」をまず判断していくからです。

特に、写真を充実させることは重要なポイントになります。顔のよくわからない写真を載せていたり、そもそも写真を全く載せていなかったりすると、「いいね」の件数はなかなか増えません。マッチングアプリでは、写真は複数枚アップできることがほとんどなので、自分をアピールする要素だと思って、写真はぜひ充実させていきましょう。

その他にも、プロフィールの内容を充実させるなら、とにかく空欄のないように中身を埋めていくことと、自己紹介文を少なくとも100字~200字くらいは書くことです。より詳しく書いてあった方が人となりが伝わるため、「いいね」ももらいやすくなります。

話が合いそうな人を厳選して「いいね」を送る

マッチングアプリで出会えないときは、「いいね」を送るべき相手をよく考えることが大切です。ただ何も考えずに、人気の人や顔が好みの人に「いいね」を送るのではなく、話の合いそうな人やお互いが望む条件が一致している人を、ぜひ厳選していきましょう。

マッチングアプリでは、「いいね」を送れる数に限りがあることも多いです。それならやはり、「いいね」を送るべき相手はよく考えた方が、効率よく出会うという結果につなげていけるものです。

何度もやり取りを重ねてからデートの約束をする

マッチングアプリで出会えない人は、そもそも実際に会う前にメッセージをあまりやり取りしていないことが多いです。相手に警戒されて距離を取られないように、実際に会ってデートするまでは、やり取りは何度も積極的に重ねていきたいところです。

その方が、お互いに相手のことを知ることができて、合う・合わないを判断しやすくなります。やり取りが盛り上がれば信頼できる人だと思ってもらえるきっかけにもつながります。まずは焦らず、何度かアプリ内でやり取りすることは必ず意識していきましょう。

趣味の話など会話を盛り上げる意識をする

メッセージのやり取りが盛り上がらず、なかなか出会えないというときは、趣味の話などを出して会話を盛り上げる意識はしっかり持つべきです。これはリアルの会話でも、マッチングアプリ内の会話でも同じことです。

趣味や仕事の話は、やはり盛り上がりやすいので鉄板の話題です。お互いを知るうえでも重要な話題になります。相手のプロフィールを見てどんなものが好きなのかを知って、その好きなものを話題に出していきましょう。自分から積極的に相手に興味を持つことがとにかく大事です。

また、どうしてもやり取りを盛り上げるのが苦手な人は、自分と共通点のある人に基本的に「いいね」を送るのがおすすめです。その方がマッチング後も共通点のことで盛り上がれるため、話題に困ることもなくなるからです。

自分に合ったマッチングアプリを使う

自分に合ったマッチングアプリをしっかり見極めることは、上でも触れてきたようにとても大事なことです。コンセプトの合わないマッチングアプリで相手を探すのは、あまりにも非効率的です。

恋活向けなのか、気軽な出会いや友達探し向けなのか、婚活向けなのか、まず考えたいのはアプリがうたっている出会いの目的です。また、口コミや評判などを見て出会いの目的を判断するのも良いでしょう。

さらに、より細かい部分に触れていけば、アプリによってユーザーの年齢層なども微妙に変わってきます。20代はどんなアプリでも人気が集まりやすいので、年齢層については気にしなくても良いかもしれませんが、30代、40代となってくると年齢層がマッチしているマッチングアプリの方が出会いやすいかもしれません。

マッチングアプリを使うときはどんなアプリが合っているのかをしっかり判断してから利用をスタートすると、より自分に合った人を見つけやすくなるものです。

有料会員になることも考える

マッチングアプリは無料で利用できるものもありますが、特に男性は、有料会員にならないとほとんどの機能が使えないことが多いです。というより、無料のままではほとんど出会えないと、とらえておいた方が良いでしょう。

有料会員になれば、利用料はかかるものの、必要な機能はしっかり使うことができます。また、さらにオプション料金を払えば、より有利に出会いを探せる場合もあります。

大手アプリなど会員が多いアプリを使うのもおすすめ

会員数の多いアプリと比較的少ないアプリや始まったばかりのアプリなどは、出会いやすさに大きく差が出てきます。そもそもアクティブな会員の数に違いがあるため、会員数の多い大手アプリなどが出会いやすいのは当然でしょう。

そのため出会えないときは、大手アプリを積極的に使うことを考えてみましょう。会員数が何百万人クラス以上のアプリなら、基本的には大手マッチングアプリと呼べるのは間違いありません。

利用者が多いということは、それだけアプリとしての信頼性も高いということ。たくさんの人が使いやすいと感じているということ。出会いやすさ以前に初めて使う人にとっては信頼性が高いことも安心できるポイントにつながるため、大手アプリを使うことは、マッチングアプリを利用するうえでぜひ心がけていきたいところです。

まとめ

マッチングアプリで出会えない人の多くは、サクラに踊らされているわけではありません。確かにアプリによってはサクラや業者のような怪しいユーザーもいなくはないですが、出会えないことはそればかりが原因ではないでしょう。

出会えないときはなぜ出会えないのか、何がネックとなっているのかをしっかり考えて現状を見直していく必要があります。そして見直す際には、必要な対策をぜひ実践していってください。今回紹介してきた対策のもと相手を探せば、きっと良い出会いにはつながっていくはずです。