婚活パーティーの会話で女性を喜ばせる6つのテクニック

婚活パーティ

婚活パーティーは短時間で女性に好印象を与えることが重要です。限られた時間で、如何に会話で女性を喜ばせるかがカギになります。

「会話はもちろんがんばってるし、女性の反応も良好なのに結果がでない」というなら、女性が喜ぶ会話のツボを外しているのかもしれません。

そこで今回は、婚活パーティーの会話で女性を喜ばせるテクニックを伝授します!

婚活パーティーで会話が重要な理由

つまらなさそうな女性

「女性は結婚相手に経済力を求める」という説は、婚活中の男性なら一度は耳にしたことがあるでしょう。結婚は生活ですから、もちろん経済力は必要です。しかし、男女平等社会が浸透し、共働きが増えている現在では、女性が結婚相手に求める条件の優先順位は徐々に変わってきているのです。

平成26年度に行われた「結婚・家族形成に関する意識調査」の報告書では、女性が結婚相手に求める条件に付いて、以下のような結果が出ています。

結婚相手に求める条件(女性・50%を上回った項目)

  • 一緒にいて気を遣わないこと:80.0%
  • 一緒にいて楽しいこと:80.0%
  • 価値観が近いこと:78.5%
  • 金銭感覚:57.4%
  • 経済力があること:52.5%

出典:[内閣府]平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版)

経済力や金銭感覚も大切ですが、それ以上に女性は「一緒にいて楽、楽しい男性」を求めています。それを感じられるのが会話です。婚活パーティーで男性と会話中、以下のような気持ちになると、女性は心惹かれます。

  • 無理しないのに会話が弾む
  • 次から次に話題が出てくる
  • 会話中いっぱい笑った
  • どんどん話したいことが湧いてくる

婚活ではどうしても条件がつきまとい、特に数値化しやすい年収や年齢はわかりやすい指標になります。しかし、実は会話が楽しく「もっと話したい」「また会いたい」と思う男性ならば、女性は条件を多少妥協しても構わないと思うのです。なぜならば、好感を持った男性には「してもらいたい」より「してあげたい」という気持ちが高まるからです。

婚活疲れという言葉があるくらい、初対面の異性との会話は緊張し気を遣う作業です。だからこそ、会話で楽しませ、気を遣わせずに癒せる男性は女性から選ばれます。それだけ、婚活パーティーでは会話が重要なのです。

婚活パーティーの会話で女性を喜ばせるテクニック6つ

「会話で女性を喜ばせる方法」と聞くと、「自分がたくさんしゃべって巧みな話術で楽しませる」と考える男性が多いでしょう。しかし、それは大きな勘違いです。女性は自分の口数が多い方が「会話が楽しかった!」と感じるものなのです。

「あんなに笑ってくれたのに、脈ありだと思ったのに、結局カップルになれなかった…」という経験が何度もあるなら、あなたが女性を楽しませたのではなく、女性があなたを楽しませてくれていたのだと受け止めた方が良いでしょう。

では、どうするべきでしょうか。婚活パーティーの会話で女性を喜ばせる具体的なテックニックを伝授します。

笑顔でさわやかあいさつを会得する

婚活パーティーは限られた時間しかありません。入口でつまずくと致命的なので、あいさつは重要になります。女性と対面した際は、笑顔でさわやかな挨拶をして、第一印象を良くしましょう。笑顔もあいさつも練習してレベルアップが可能です。

  • 頬の筋トレをして表情を豊かにする
  • 鏡に向き合い口角を上げ下げして笑顔の練習をする
  • あいさつ練習の動画を観る
  • 実際に声に出してあいさつの練習をする

練習を積み重ねると自信につながり、初対面の女性にも余裕を持って素敵なあいさつができるようになります。

女性が喜ぶ質問を考えておく

会話で喜ばせるには、女性に多くを話してもらえるよう、スマートなエスコートが必要です。婚活パーティーでは女性が喜ぶ質問をいくつか考えておき、率先してあなたから話題をふりましょう。女性と会話が弾みやすい話題をいくつか紹介します。

  • グルメ(好きな食べ物、おすすめのお店など)
  • 休日の過ごし方(趣味の話題含む)
  • 仕事の話(残業時間や休日のとりやすさなど)

女性への質問は、あまり限定しない幅広い内容が好ましいです。例えば、「最近映画は観ましたか?」といった狭いジャンルでの質問は、「あまり映画観ないんです」という回答が返ってくると、全く盛り上がりません。一方、グルメや休日の過ごし方ならば、何かしら必ずアクションが返ってくるので、そこから話題を広げやすくなります。

尚、仕事の話は女性が喜ぶ婚活パーティーならではの話題です。将来の夫になるかもしれないという前提があるので、残業や休みの状況はとても興味深く、女性が自分の状況を知ってもらうためにも話しておきたい内容になります。

女性に興味を持ち聞き上手になる

婚活パーティーの会話で女性を喜ばせるには、ただ相手を喋らせるだけではなく、あなたの聞く姿勢も重要です。「もしかしたら、将来の妻になるかもしれない」という気持ちで目の前の女性に興味を持ち、話に耳を傾けましょう。女性に伝わりやすい聞き上手になるポイントをいくつか紹介します。

  • 女性の話の腰を折らない
  • 適度に相打ちを打つ
  • 表情豊かにリアクションをとる

また、女性から質問があった際には、それが彼女の興味ある話題なので、きちんと答えた後「あなたは?」と聞き返すようにしましょう。

意見ではなく共感を心がける

男性は会話を論理的に展開し、結論を求める傾向があります。しかし、婚活パーティーでそれを行うと、女性は興ざめするので注意が必要です。女性に会話で喜んでもらうには、アドバイスや意見、結論ではなく、何より共感が必要なのです。

とりとめのない話題でも、「そうなんですね」「楽しそうだなぁ」「自分もやってみたくなりました」と、共感して話を広げましょう。「僕なんてね、もっと〇〇ですよ」と、会話の横取りは厳禁です。女性が自ら出す話題は、「主役は彼女」と意識して、最後までしっかり話を聞きましょう。

クスッと笑える小ネタを用意しておく

女性は自分を笑顔にしてくれる男性に弱いです。婚活パーティーの会話では、クスッと笑える小ネタを用意しておきましょう。女性に好かれるのは、クスッと笑える失敗談です。プライベートや仕事などでありがちな勘違いや小さなミスを、笑い話としてストックしておくのです。

失敗談を披露する際は、「最終的にはなんとかなった」というハッピーエンドが理想です。「自分、抜けてるとこあるんですよね~」など、短所を披露しつつ、ポジティブな明るさをアピールすると、女性は親しみを感じやすくなります。

好意は短くストレートに伝える

婚活パーティーで「彼女とカップルになりたい!」と思える女性に出会ったら、会話で好意を伝えて自分を印象付けましょう。この時、短くストレートに伝えるのがポイントになります。例えば、「とっても楽しかったです。またゆっくりお話ししたいです」といった感じです。

過剰な褒め言葉や、長々としたアピールより、サッパリと短く、且つわかりやすい方が女性は好感を持ちます。「彼女こそ!」という女性には、勇気を出してアプローチしましょう。女性に自分を印象付けるのも会話のテクニックです。

婚活パーティーでしてはいけないNGの話題

NGのバツを手で作る女性

婚活パーティーでせっかく女性との会話が盛り上がっても、「これを言っては台無し!」というNGの話題について解説します。

自慢話

婚活パーティーで気に入った女性を前にすると、自分をアピールしたくて、つい「オレってすごいんだぜ」的な自慢話をしてしまう男性は少なくありません。しかし、女性が「聞いていて全然おもしろくないどころか苦痛」と思うのが、男性の自慢話です。

婚活パーティーではいつもより5割増しを意識して謙遜すると良いでしょう。自己アピールはあなたの得意分野よりも、好きなこと、楽しいと感じることを話しましょう。

苦労話

自慢話と真逆に位置する苦労話も、婚活パーティーで女性が避けて通りたい話題です。初対面の男性に「自分はこんなに大変なんだ」という苦労話をされても、女性としては「そうなんですか」と言うしかありません。全くおもしろくない上に、聞いた後は気分が暗くなります。

特に、心のどこかで「婚活している自分を必死だと思われたくない」という考えがあると、「忙しくて恋愛する暇がなかった」と、言い訳のような苦労話をしてしまいがちです。仕事やプライベートの忙しさや大変さを伝えたいなら、客観的視点で簡潔に話しましょう。

妻への要求

婚活をする人の多くは、「将来こんな家庭を持ちたい」という希望に胸膨らませているでしょう。しかし、初対面である婚活パーティーで、いきなり「夕食の品数は多いのが好き」「ゆとりある生活をしたいから妻にも働いてほしい」など、自分の要求ばかりを伝えるのはNGです。あなたにそのつもりがなくても、「この人自分のことばっかり」と、女性に引かれてしまいます。

婚活パーティーは結婚が前提の出会いなので、当然結婚生活のすり合わせは必要ですが、タイミングが重要です。最初は自分の希望ではなく、女性の話に耳を傾けましょう。

婚活パーティー歴

婚活パーティーに何度も参加していると、「他の人はどうなんだろう?」という興味がわくかもしれません。しかし、「実はもう、何度も婚活パーティーに参加してるんですよ」「最近婚活疲れで…」「婚活パーティーは初めてですか?」といった、婚活パーティー歴の話題はNGです。女性から見ると、デリカシーゼロの失礼な話題になります。

場に慣れるとリラックスできるメリットもありますが、女性に対しては常に「彼女は初参加」というつもりで接しましょう。また、適度に緊張感を持って、常に新鮮な気持ちで参加することも大切です。

会話のツボを押さえて婚活の勝者になろう!

男性と女性では「会話が楽しい」と思うツボに違いがあります。婚活パーティーで女性を喜ばせるには、男性目線ではなく女性に合わせた話題を選び、会話のキャッチボールをしなければなりません。

女性心理を理解してツボを押さえれば、会話はもっと楽しくなります。今回紹介した会話のテクニックを参考にして、女性からたくさんの笑顔を引き出しましょう。「彼女が笑顔になるとうれしい」と思える女性が、あなたの運命の相手かもしれません。