年下男性の脈ありサイン18つ!シチュエーション別に解説

ランチに誘う年下男性

気になっている男性が年下だと、「やっぱり年上なのは嫌かな?」と年齢が気になって、なかなか積極的にアプローチできないことがあるのではないでしょうか。

男性の中には「年齢は気にならない」という人も少なくありません。男性にとって大切なのは、女性の年齢ではなく自分が好意を持てるかどうか、端的に言えば、好みの女性かどうかなのです。

男性の好意は必ずいろいろな形で脈ありサインとして表れます。今回は、年下男性の脈ありサインを、シチュエーション別に徹底解説していきます。

年下男性の脈ありサイン【職場編】

職場の場合「下手にアプローチして断られたら、職場で気まずくなるかもしれない」と慎重になり、脈ありサインはストレートではなく変化球が多く、少々わかりづらいのが特徴です。まずは、職場での年下男性からの脈ありサインを解説します。

あなたを選んで相談してくれる

仕事で不明点があったとき、どのようにすべきか判断に迷ったとき、相談、報告、連絡するのはとても重要ですが、年下男性から頻繁に相談されるなら、脈ありサインの可能性があります。特に「私じゃなくてもわかる内容なんだけどな…」というものまで、あなたに何かと相談してくれるなら、高確率で脈ありサインです。

年下男性にとって、仕事はあなたと距離を縮める絶好のタテマエになります。あえてあなたを選んで相談することで、接触回数を増やしながら親しくなろうとしているのでしょう。

仕事を率先して手伝ってくれる

仕事を円滑に行い成果を上げるには、チームとしての協力が不可欠です。誰かが大変なら、別の誰かが手伝うのは至極当然のこと。それでも、年下男性が常にあなたを気遣い、仕事を率先して手伝ってくれるなら、脈ありサインかもしれません。周囲を良く観察して、あなたの仕事に関わる姿勢が突出しているなら、確実に脈ありサインです。

年下男性は特別な想いがあり、意識が常にあなたに向いているから、大変な時すぐ気付いてくれるのです。そして、「好きな女性の役に立ちたい」「年下だけど頼りになるところを見せたい」と考え、積極的にあなたの仕事に関わろうとしています。

年下男性から雑談してくれる

職場では仕事が最優先事項ですが、だからこそ雑談は脈ありサインを測る重要なポイントになります。年下男性からの雑談は、仕事だけではない部分であなたと関わりたい気持ちの表れなのです。

仕事の都合上一緒に行動しなければならないときの雑談は、気まずくならないための気遣いかもしれませんが、普段から何かとあなたに雑談をしてくれるなら、年下男性は親しくなりたいと思っているのでしょう。周囲と比較して話しかけられる回数が多いなら、非常にわかりやすい脈ありサインになります。

退社時間が重なる日が多い

「自分が退社するとき、年下男性と良く一緒になる」というなら、脈ありサインの可能性がかなり高くなります。定時退社だとしても、帰りの支度などで人によってタイムラグが生まれるもので、ピッタリ重なって一緒になるのはなかなかありません。それなのに、退社時間が良く重なるなら、年下男性が意識的にあなたの退社に合わせているということです。

あなたと退社時間を合わせてくるのは、「少しでも仕事を離れた時間で一緒に過ごしたい」という気持ちに表れになります。あわよくば、あなたを夕食や飲みに誘いたいと思っているのでしょう。

職場の飲み会でいつも席が近い

歓送迎会や忘年会、新年会など、職場は何かと飲み会が多いですが、「毎回気付くと席が近くて良く話す」というなら、年下男性からの脈ありサインです。特に、人数が多い職場になる程、わかりやすく好意を伝えようとしています。

たまたま1回だけなら偶然ですが、飲み会でいつも席が近いなら年下男性の意図があります。年下男性は仕事の場を離れた飲み会という場で、お酒を飲んで砕けた雰囲気の中、あなたと話をしたい気持ちが強いのです。そのため、周囲に気を配りながら、さりげなくあなたに近い席を確保しています。

年下男性の脈ありサイン【遊び仲間編】

学生時代からの友達や、社会人サークルの仲間など、みんなでワイワイ遊ぶグループの中にいると、やはり積極的なアプローチは難しいものです。気配り上手で輪を大事にする人ほど、空気を壊さないように注意するので、脈ありサインはわかりづらくなります。

それでも、遊び仲間からもう一歩進んだ関係になるために、年下男性はどんな脈ありサインを送るのかを解説します。

年下男性からLINEや電話をくれる

仲間内の場合、個人的に1対1での接点を持とうとするかどうかで脈ありサインを見極められます。「良く遊んでいる仲間なら、個人的なLINEがきても、特別な感情はなさそう…」と思ったら大間違いです。

遊び仲間ならグループLINEがあるものです。あえてグループLINEではなく、あなた個人にメッセージを送るのは、それだけ1対1でのやり取りをしたい気持ちが強いからに他なりません。また、今の時代は余程の用がない限り、電話をくれるのはそれだけで脈ありサインになります。文字ではなく、直接あなたの声を聞きたいのです。年下男性からLINEや電話をくれるなら、確実に脈ありサインでしょう。

仲間といるとき特別気にかけてくれる

仲間といる時は周囲に気を遣い、好意がダダ洩れしないよう注意しますが、それでも溢れる気持ちはちょっとした言動に表れます。仲間といる時も、年下男性に次のような言動があり、あなたを特別気にかけてくれるなら脈ありサインです。

  • 「疲れてない?」など、気にかけた言葉がけがある
  • あなたが話題に乗り遅れないよう話をふってくれる
  • 気が付くとあなたの傍にいる

仲間がいる手前、年下男性は直接的なアプローチができない代わりに、あなたの近くにいられるよう、頼りにしてもらえるよう頑張っているのです。

2人だけで遊びに誘われる

年下男性から2人で遊びに誘われたとしても、勘違いしたくないが故に、「遊び仲間なら、2人で遊んだって不思議はないよね」と、年下男性からの誘いを、あえて意図がないものだと捉える心理が働くかもしれません。

しかし、年下男性から2人だけで遊びに誘われたなら、これはもう100%脈ありサインで間違いありません。年下男性は勇気を出して、あなたをデートに誘ったのです。自分を遊び仲間の内の1人から、彼氏に昇格させてほしいと思っています。

年下男性の脈ありサイン【合コン編】

合コンの場合、初対面の数時間で脈ありサインを見分けなければなりません。しかも、皆で盛り上がるのが暗黙のルールなので、わかりやすい個人的なアプローチはなかなかできず、出会いの場なのにストレートな脈ありサインを送るのは難しくなります。

それでも、気に入った女性がいれば、次につなげようと頑張るのが男心です。年下男性は合コンでどのように脈ありサインを送ってくるのでしょうか。解説していきましょう。

積極的に話しかけてくれる

合コンの脈ありサインで、まずチェックすべきは、年下男性が積極的に話しかけてくれるかどうかです。あなたに視線を向けて話しかけたり、あなたの話にノリノリで答えてくれたりするなら、脈ありサインの可能性はかなり高いです。

皆で楽しく過ごせるよう、自ら話題を出すのは普通ですが、メンバーに気になる女性がいると、どうしたってそちらに注目が向いてしまいます。全体と比較して、自ら積極的に話しかけるシーンが多くなり、リアクションも大きくなります。

あなたへの質問が多い

合コン中に年下男性からあなたへの質問が多いなら脈ありサインです。あなたに興味があるから、合コン中の限られた時間で、できるだけあなたを知りたいと思っています。その心理が、自然と質問という形で表れるのです。

合コン参加者全員でおしゃべりが盛り上がっている場合は、質問を全体に投げかけますが、あなたが答えているとき、他の人より熱心に聞いたり、掘り下げた質問をしてきたりする場合も脈ありサインです。

料理や飲み物など気遣ってくれる

合コン中の料理や飲み物は、会話のきっかけを作る重要アイテムです。あなたに脈ありならば、年下男性は料理を取り分けたり、「次、何飲む?」と声をかけたりしながら、積極的にコミュニケーションをとろうとします。

特に年下男性の場合、自分より年上の女性に「良いところを見せたい」「気遣い上手アピールしたい」という心理が働きやすくなります。あなたの前で気を利かせた行動を一生懸命するのは脈ありサインです。

個人的に連絡先を聞かれる

合コンの終盤や二次会移動中、終了直後など、年下男性から個人的に連絡先を聞かれたなら、とってもわかりやすい脈ありサインになります。年下男性はあなたをとても気に入り、集団で楽しむだけではなく、個人的にもっと交流を深めたいと思っているのです。

ただし、「個人的に連絡先聞かれちゃった」と思いきや、実は女性メンバー全員の連絡先を個々に聞いているケースもあるので要注意。この場合、人脈を広げたいだけかもしれません。

積極的にLINEやメールがある

合コンでは個人的に連絡先を聞くのではなく、終盤に「じゃあ、みんなで連絡先教え合おう」というパターンもあり、お目当ての年下男性があなたに脈ありかどうかは判断が難しいです。

全員が連絡先を交換した場合、脈ありサインは連絡頻度で見極めます。その後、年下男性から積極的にLINEやメールがあるなら、あなたに興味がある証拠なので脈ありサインです。あなたが反応の良い返信をすれば、どんどん盛り上がるでしょう。

年下男性の脈ありサイン【婚活パーティー編】

婚活パーティーは結婚相手を見つける真剣な出会いの場。合コンとは違い個人プレーが基本なので、脈ありサインは最もわかりやすくなります。

しかし、カップリング成功したのに、その後疎遠になるというのは良くある話です。「とりあえずカップルになっておこう」程度の気持ちだと、意外と進展しないのが婚活パーティーの落とし穴。だからこそ、本気度の高い脈ありサインを見極めるのが重要です。

年下男性の場合、婚活パーティーではどのような本気の脈ありサインを送ってくるのかを解説します。

一生懸命自己アピールしてくれる

婚活パーティーは1度に多くの異性と出会えるので、気に入った相手とそうではない相手では、どうしても熱量に差が出るものです。と言うことは、1対1の会話タイムやフリータイムに、年下男性が一生懸命自己アピールしてくるなら、ストレートな脈ありサインになります。

次につなげたいという気持ちが大きいほど、「自分を選んでほしい」と一生懸命になります。年下男性の場合、「若いから本気で参加していないかも」と女性から思われることを心配し、結婚への本気度も同時にアピールするのが特徴です。

カップリングしたときすごく喜んでくれる

婚活パーティーでは「せっかくお金を出して参加したし、とりあえずカップルになれそうな女性も選んでおこう」と考える男性は少なくありません。カップリングしたとき、本命なのか安パイなのかで、男性の反応はかなり変わります。当然、本命とカップルになれれば、心の中でガッツポーズをとるほど嬉しいのが男心です。しかし、周囲の目を気にしてスマートに装う傾向にあります。

ところが、年上女性が好きな年下男性は年上男性に比べて甘え上手なところや、ストレートに表現を表す一面があるので、あなたが本命ならば、満面の笑顔や「やった!」といったわかりやすい言葉で喜びを表します。カップリングしたとき、ほほえましいくらい喜んでくれたなら、確実に脈ありサインです。

間を置かずにデートのお誘いがある

カップル成立後、間を置かずに年下男性からデートのお誘いがあるなら、かなり本気度の高い脈ありサインです。婚活パーティー参加者は、並行していろいろな婚活を行っている人が多いため、気に入った相手と出会ったら、スピード感のある行動が重要になります。他の男性にあなたがとられたくない気持ちが強いから、間を置かずにあなたを誘うでしょう。

また、年下男性の場合「年下は頼りにならないと思われたら大変だ!」という危機感があります。本命の女性は自分から積極的に誘って、年下でもリードできるのだとあなたにアピールしたいはずです。

デート中に結婚観の話題がある

デート中に年下男性からさりげなく結婚観の話題を出してくるなら、あなたと結婚を前提に付き合うかどうかを真剣に考えている証拠。脈ありサインになります。

特に年齢が離れている年下男性ほど、「年下だし、早いタイミングでの結婚は考えてないよね」と誤解されないよう、本気の女性には早い段階で結婚観の話題を出します。婚活の場では、男性も年齢が若い方が有利ですが、本気の女性に出会ったら、年下男性は出し惜しみをせず真っ直ぐにアピールするでしょう。

年下男性の脈ありサインを感じたら積極的になろう

年下男性があなたに好意を抱いているなら、健気に脈ありサインを送ってくるでしょう。しかし、心のどこかに「年下の自分なんて、相手にしてもらえないかもしれない」という弱気な自分がいます。そのため、脈ありサインを送りながらも、後一歩を踏み込めない年下男性は多いです。

そこであなたの対応が重要になります。自分が送った脈ありサインをあなたが好意的に受け取り、わかりやすい脈ありサインを返してあげれば、年下男性も自信を持てるので、その先に進める勇気が出せるでしょう。気になる年下男性から脈ありサインがあったら、あなたも積極的に距離を縮めていきましょう。