年上女性の落とし方!LINEから脈ありサイン・デートの誘い・告白まで

年上女性に甘える年下男性

好きな女性が年上だと、「年下の自分は相手にされないのでは?」と、ハードルの高さを感じてしまい、積極的なアプローチをするにはかなりの勇気が必要です。

しかし、今時は年上女性と年下男性のカップルは珍しくなくなりました。好きなタイプには個人差がありますが、多くの女性はそこまで年齢を気にしていません。ですので、好きな女性が年上だからという理由で消極的になるのは、とてももったいないです。

とは言え、好きな女性を落としたいなら、相手の心理や気持ちを理解して、ハートに届くアプローチが必要になります。そこで今回は、年上女性の落とし方と脈ありサインを解説!LINEやデートの誘い方、告白方法まで伝授します。

年上女性の落とし方4つのポイント

手をつなぐカップル

恋愛に年齢は関係ないですが、年上女性の落とし方は、やはり年下の特権や特徴を上手く使うのがポイントです。具体的に、年上女性を落とすには何を意識し、どのように行動するのが良いのかを解説しています。

年下男性ならではの素直さを武器にする

年上女性にとって年下男性の魅力は何と言っても弟のようなかわいさ、そして素直さです。あなたとしては好きな女性の前では、頼りがいのある自分を見せたいでしょう。しかし、年下男性だからこその魅力である素直さを武器にしない手はありません。

年上女性は年下男性に対して、「自分がしっかりしなければ」という心理が働きます。そのため、アドバイスをしたり過剰なほど丁寧に教えたりするものです。この時、「頼りないと思われている…」とネガティブにならず、「自分のことを考えてくれているんだ」とポジティブに考えて、素直に受け取りましょう。

年上女性の好意を素直に受け入れて感謝すれば、「おせっかいだと思われずに良かった」と安心するので、彼女はあなたと積極的に関わりやすくなります。

背伸びせず一生懸命さを見せる

好きな女性の前では自分の良いところを見せたいのが男心です。しかし、年上女性の前で背伸びをして大人な自分を装うのは、返って逆効果になります。年上女性の方が社会人経験を積んでいるのですから、無理な背伸びはすぐに見透かされてしまいます。

大切なのは、背伸びではなく一所懸命さです。仕事も勉強も人間関係も、一生懸命全力で取り組みましょう。年上女性に対しても下手な小細工はせず、あなたから歩み寄って話題を提供し、一生懸命楽しませるのです。その姿が年上女性には健気に映り、「応援してあげたい!」という気持ちにさせます。

年上女性を尊敬して褒める

お世辞ではない褒め言葉はやっぱり嬉しいのが女性心理です。誉め言葉は非常に有効なアプローチ方法になります。しかし、年上女性は年下男性に褒められると、「気を遣ってるんだろうな」「お世辞に違いない」と思いがちで、逆に居たたまれない気分になるケースがあります。

年上女性の場合は、褒めるときに尊敬の気持ちを込めるのがポイントです。

いくつか褒め言葉の例を紹介します。

  • いつも気遣いが細やかですよね。自分も見習いたいです
  • 自分も〇〇さんみたいに、仕事がデキる人になりたいです
  • 〇〇さんは優しくて大らかで、すごく憧れます

年下男性からの素直な賞賛は、年上女性の心を掴みます。敬いながら褒めて、「かわいい年下君」の位置を確立しましょう。

ときどきギャップを演出する

自分が年下の利点を使って、年上女性から「かわいい年下君」と思われれば一歩前進です。しかし、かわいい年下君のままだと、あなたはいつまで経っても年上女性の恋愛対象にはなれません。ここからもう一歩踏み出すために必要なのがギャップを演出することです。

  • 力仕事で男らしさを見せる
  • ふいに彼女を年下女性のように接して意表をつく
  • 「かわいい」という言葉で年上女性を褒める

全く警戒していなかったかわいい年下君が、ときどき見せる男らしいギャップは、年上女性をドキッとさせます。年上女性の落とし方は、かわいい年下君として心を許した彼女にギャップを見せ、一気に異性として意識させるのがポイントです。

年上女性の脈ありサイン

年上女性

年上女性と距離を縮めるには、脈ありサインを見逃さないのがポイントです。年上女性は年下男性との恋愛には慎重なので、攻めるタイミングを誤ると背を向けられてしまいます。

そこで、年上女性はどのような脈ありサインを見せるのかを解説します。

さりげなく恋バナをしてくる

年上女性からさりげなく恋バナをしてくるなら脈ありサインです。あなたの恋愛観を探りたくて、恋バナをしてくるのです。恋バナの内容は問いません。「モテそうだよね」も「モテなさそうだよね」も、両方脈ありサインになります。

「モテそうだよね」が脈ありサインなのは言うまでもないでしょう。特徴的なのは「モテなさそうだよね」と軽く貶める発言も、脈ありサインになる点です。自分が年上なので、ちょっと上から目線、お姉さま目線になって、あなたの反応を見ています。それだけあなたに興味がある証拠です。

ただし、下ネタは例外になります。恋バナから過激な下ネタの話題を年上女性が誘導するなら、残念ですがあなたは全く異性として意識されていません。年上に限らず、女性は好きな男性に面と向かって下ネタを言えない人が多いからです。

あなたをからかって遊ぶ

年上女性があなたを笑顔でからかうなら、好意を示す脈ありサインです。あなたがからかわれても許すことで、年上女性は「自分は彼にとって特別な立ち位置」と確認しています。それだけではなく、周囲に対して「私は彼と特別親しい」「私だから彼をからかっても許される」と、アピールをしているのです。

あなたとしては好きな女性からからかわれると、「全く頼りにされてない」「眼中にない」と思うかもしれません。しかし、年下男性をからかう年上女性の心理は、好きな子をイジメる男の子と同じ原理です。あなたに構いたくて仕方がないのでしょう。

あなたとの会話内容をよく覚えている

女性は好きな男性、気になる男性との会話内容は、意識しなくても良く記憶しています。もちろん、年上女性も同じですので、あなたとの会話内容をよく覚えていて、前の会話と今の会話がつながることが多いなら脈ありサインになります。

特に、「あなたが教えてくれたお店行ってきたよ」など、あなたの発言を実行して報告してくれるなら、確実に脈ありサインです。年上女性はあなたとの共通点を作り、自分から距離を縮めようとしています。

あなたを心配してくれる

「大丈夫?」「手伝おうか?」と、好きな女性から言われると、男としては「そんなに頼りなく見えるのか…」と自信喪失かもしれません。しかし、年上女性があなたを心配してくれるのは脈ありサインです。

あなたを男性として意識していなければ、年上女性は必要最低限しか関わりませんので、心配する種すらできません。年上女性が心配してくれるのは、それだけあなたに良く注目している証拠です。気になるから見てしまい、良く見ているから心配な点に気付き、親しくなりたいから放っておけなくなります。

デート場所などあなたに合わせてくれる

年上女性がデートの誘いに応じてくれるのはプラス材料ですが、それだけでは脈ありサインとは言えません。特に他意なく、あなたの誘いに応じているだけかもしれません。あるいは、「どっちかと言えばナシだけど、一応デート位はしてみようか」と、あなたを評価途中というケースもあります。

しかし、デートの約束時に、場所や予定をあなたに合わせてくれるなら、脈ありサインの可能性大!年上女性はあなたを前向きに知りたくて、「どんなところに連れてってくれるんだろう」と思い、また「彼に無理させたくない」と自分ではなくあなたの都合優先にしてくれています。

「デートに誘ったのはそっちなんだから、あなたが全部決めて」と横暴な感じなら話は別ですが、デートの計画を立てる時に話が盛り上がり、且つ年上女性からの優しい気遣いを感じるなら、かなり好意的に思われているので、自信を持って大丈夫です。

年上女性とLINEで仲良くなるテクニック

年上女性に限った話ではありませんが、今やLINEは恋愛アプローチになくてはならない必須アイテムです。年上女性の落とし方でも、LINEで距離を縮めるのはとても重要になります。

そこで、年上女性とLINEで仲良くなるテクニックを紹介します。

最初は質問や用事を作ってLINEする

年上女性の場合、年下男性に対して「年上としてきちんとしたところを見せなければ」「LINEの文章で若作りだと思われたくない」という心理が働きます。そのため、親しくなる前からいきなりLINEで他愛のない話題に触れるのは敬遠しがちです。また、年下男性が初っ端からフレンドリーモードでグイグイくると、ジェネレーションギャップを感じて一歩引いてしまうこともあります。

LINEのやり取りで距離を縮めるには、最初は質問や用事を作り、答えを求める形でのメッセージが正解です。「教えてください」という姿勢で年下男性からLINEがくると、年上女性は「頼ってくれてるのかな」と律儀に答えようとしてくれます。

1,あなたからの質問
2,年上女性の回答
3,あなたから感謝のメッセージ

これを繰り返しながら、徐々に雑談を加えるのが、年上女性とLINEで親しくなるテクニックです。

ちなみに、合コンや街コンなどの出会いの場合は、LINEでやり取りできる間になっているといる時点で、これには当てはまらないので共通の話題を持ち出しやり取りすれば問題ないでしょう。

丁寧な文章を心がける

恋愛に年齢は関係ないと思いつつも、自分が年上だと意識してしまうのが女性心理です。親しくなっていない年下男性から、LINEで今時の言葉とタメ語でガンガンメッセージが送られてくると、相手によっては「私、舐められてる?」「この子、常識ないのかな?」と、マイナスイメージを抱くリスクがあります。

一方、丁寧な文章ならば、「きちんとしてるな」「私にも礼儀正しくしてくれるのね」と、ポジティブに受け取ります。「敬語ってことは、一線引かれてるのかな」と受け取る年上女性も中にはいますが、少なくとも悪い印象は持たれません。

ですので、年上女性へのLINEは丁寧な文章を心がけるのが賢明です。親しくなりたいアピールは、メッセージを送る回数や質問内容などで、いくらでも伝えることができます。

ときどきタメ語でドキッとさせる

タメ語ばかりのLINEは年上女性にNG行為ですが、ときどきのタメ後はむしろアプローチの効果絶大です。普段は丁寧な日本語でメッセージを送ってくる年下男性がふいに見せるタメ語は、年上女性に親近感と男っぽさを感じさせます。

「あれ?いつもと違う」というギャップは、恋愛アプローチの王道ですが、年上女性にも有効です。タメ語はメッセージのやり取りの相づちや、あなたが好きな話題を熱く語りたいときに取り入れやすいので、仲良くなってきたらタイミング良く使っていきましょう。

話題を年上女性に合わせて選ぶ

LINEのやり取りが盛り上がらなければ、年上女性との距離はなかなか縮まりません。「自分を知ってほしい」「良いところを見せたい」という気持ちはグッと抑えて、年上女性とのLINEは相手に合わせた話題を選ぶのがポイントです。

前述した「質問や用件」を上手に使って、年上女性の好みを把握したら、関連する話題をあなたから提供しましょう。

具体的な方法をいくつか紹介します。

  • 年上女性の趣味や特技について、「自分もやってみたい」と興味を示して深く掘り下げる
  • 年上女性が好きなグルメやお店を調べて、取り寄せたり足を運んだりして「おいしかった」などポジティブな報告をして話を広げる
  • 年上女性のメッセージに共感した返信をする

年令も性別も違うので、年上女性の話題の中には、今まであなたが全く知らなかったこと、興味がなかったことも少なくないでしょう。これがむしろチャンスになります。「わからない」と諦めずに、質問上手になれば良いのです。LINEが盛り上がり、しかも「あなたに興味深々」という意思表示ができるので一石二鳥です。

年上女性をデートに誘う方法

あなたから年上女性をデートに誘うのは、緊張して勇気が必要でしょう。しかし、恋人になりたいならここが肝心です。デートに応じてもらうだけではなく、デートの過程で「年下だけど、いいかも」と好印象を与えましょう。

具体的にはどのようにすれば良いのか、年上女性をデートに誘う方法を解説します。

わかりやすい言葉で誘うのが正解

まずは、デートに誘って年上女性からOKをもらわなければなりません。「断られたら凹む…」と、逃げ道を作りたくなるかもしれませんが、年上女性をデートに誘う時は、わかりやすい言葉で明確に誘うのが正解です。回りくどかったり表現をぼやかしたりすると、「やっぱり年下は頼りないな」「ハッキリしないな」と、マイナスイメージを持たれてしまいます。

わかりやすいデートの誘い方の例文を、いくつか紹介します。

  • もっとゆっくり話したいので、一緒に飲みに行きませんか?
  • お食事に誘ってもいいですか?
  • 一緒に〇〇へ遊びに行きませんか?

長々とセリフを考える必要はありません。簡潔にわかりやすくストレートに誘った方が、年上女性はサッパリとした印象を受けて、気軽に応じやすくなります。

「〇〇は好きですか?」と前振りを作って、年上女性が「好き」と答えたら、「今度一緒にどうですか?」という誘い方もおすすめです。

デートの予定を年上女性に合わせる

デートに応じてくれたからといって、年上女性があなたを意識しているとは限りません。少なくとも嫌われてはいない、もしかしたら少し興味を持ってくれている程度と考えるのが無難です。

あなたの本気度も測りかねているでしょう。「友達感覚で誘ってくれているのかも」という思いがあれば、あなたに好意があっても年上女性は気持ちにブレーキをかけてしまいます。

あなたの本気を伝えるためにも、デートの予定は年上女性に合わせましょう。また、予定の聞き方は、「いつが都合つきますか?」とおおざっぱに質問するよりも、「今週末か来週末はどうですか?」と具体的に質問してください。そうすることで、相手も応えやすく、こちらの本気度も伝えられます。

デート場所を予めリサーチしておく

年上女性をデートに誘う時は、連絡をするまえに、予めデート場所をリサーチしておきましょう。OKしてもらった後、「じゃあ、どこに行く?」という話になった時に、あなたから何も提案がないと、「その程度なのかな?」「軽い気持ちなんだろうな」と誤解されてしまいます。

いくつかのシチュエーションを想定して、少なくとも次のジャンルを複数提案できる準備をしておきましょう。

  • 居酒屋、ダイニングレストランなど飲み中心のお店
  • イタリアンや和食など、食事中心のお店
  • 手軽に一緒に遊べる場所(カラオケやゲームセンター、映画など)
  • 気合を入れて遊べる場所(テーマパークやスポーツ施設など)

あなたから「ここはどうですか?」と具体的な場所をいくつか伝えると、一生懸命さが伝わります。

年上女性の意見を聞きながら場所を決める

デート場所のリサーチと提案は必要ですが、年上女性の予定を良く聞くことが何より重要です。今までの会話から彼女の趣味趣向がわかるなら、「〇〇が好きでしたよね?」と、好みに寄せながら意見を聞くと、「自分の話をちゃんと覚えてくれてる」「気遣ってくれてる」と、年上女性は嬉しくなります。最終的に彼女の意見を総合してデート場所を決めましょう。

年上女性の方から「ここに行きたい」という具体的提案があるなら、二つ返事で応じれば良いでしょう。その際、彼女だけにデートコースを任せず、デート先をあなたなりに調べて、当日楽しめる準備をしておきましょう。

年上女性のハートに響く告白方法

年上女性の落とし方の仕上げは告白です。大人になると、なんとなく交際が始まることも少なくありませんが、真剣さが伝わらなければ、冗談だと流されてしまうかもしれません。

そこで、年上女性のハートに響く告白方法を伝授します。

年上女性への告白は3回のデートで決めろ!

まず、年上女性に告白するタイミングを見極めるのが重要です。親しくなる前に告白しても、年上女性に門前払いされる可能性が高いです。一方、慎重に時間をかけすぎると、年上女性は待ちきれずに、別の相手と恋愛を始めてしまうかもしれません。

では、どのタイミングで告白するのが良いのでしょうか。目安は3回目のデートになります。年上女性にとって1回目のデートは様子見です。楽しければ2回目のデートに応じて、本格的に恋愛対象として考えます。2回目のデートこそがジャッジポイントなのです。ここで「彼氏としてナシ」と思えば、次のデートには応じてくれないでしょう。

3回目のデートがあるなら、年上女性はあなたとの恋愛への期待値の大きさを意味します。彼女も「告白されるかも」と構えているでしょう。気持ちが盛り上がったところで告白すれば、成功確率が高まります。

一方、3回目以降も告白せずデートを繰り返した場合、年上女性は「これってどういう意味?」「友達ってこと?」「告白できないヘタレ?」と、徐々に混乱していきます。年上女性自らあなたに告白する程の気持ちがない限り、熱が冷めていくので注意しましょう。

告白は2人で落ち着いて話せる場所を選ぶ

年上女性の落とし方は告白のシチュエーションも重要です。今どきはLINEでの告白も増えていますが、誠意を伝えるためには会って告白するのが一番です。特に年上女性の場合、LINEの告白は本気度が伝わりにくくなります。「私への気持ちって、LINEで済む程度なのかな」と思われたら大変です。

あなたの真剣な気持ちを伝えるためにも、告白は2人で落ち着いて話せる場所を選びましょう。人が多くガヤガヤした場所は不向きです。会話が周囲に聞こえない程度に人との距離があり、できれば雰囲気の良い場所が良いでしょう。告白に適した場所をいくつか提案します。

  • 落ち着いた雰囲気のレストランやカフェ
  • ドライブデート後の車内
  • 海辺や公園など綺麗な屋外
  • 閉園間近で人の少なくなったテーマパーク等

告白が周囲にダダ洩れの状況だと集中できませんので、特に人目を気にする気遣いは必須です。

告白の言葉はわかりやすくストレートが正解

さて、いよいよ告白ですが、どんな言葉で伝えようか迷うところでしょう。しかし、自分を印象付けるための演出は不要です。年上女性に限った話ではありませんが、告白の言葉はわかりやすくストレートが一番伝わります。「好きです。彼女になってくれませんか?」というような、シンプルな言葉で良いのです。

付け足すならば、なぜ年上女性を好きになったのか、どれだけ大切に思っているのか、素直な気持ちを言葉にしましょう。「この気持ちを伝えたい」という一生懸命な姿が、年上女性のハートを掴みます。

年上女性が返事に迷ったら猶予期間を与える

万が一、あなたの告白に年上女性が返事に迷ったら、答えを急いではいけません。相手の気持ちに寄り添って、いつまでも待つ姿勢を見せましょう。「自分の気持ちは真剣です。だから、ゆっくり考えてください」と、猶予期間を与えるようにしましょう。

これは、その場で断られたときにも有効な方法です。よほど年上女性が鈍感ではない限り、デートすることであなたが期待する心理は理解しています。可能性がゼロならば、そもそもデートには応じないでしょう。それでも告白を迷ったり断ったりするのは、不安要素がぬぐい切れないからです。

ストーカーのようにしつこくするのはもちろんNGですが、簡単には諦められない情熱を訴えるのは必要です。最後の一押し二押しが肝心です。

年上女性の落とし方は時間をかけて丁寧に!

年上女性は年下女性に対して「自分がしっかりしなければ」という思いがあります。そのため、あなたからの好意を感じても、簡単には甘えられません。交際を考えたときに、「自分が頼りにされる側に立つのかな」という考えが過ぎり、年下男性との恋愛は自らハードルを上げてしまう傾向にあります。

ですので、年上女性へのアプローチは時間をかけて丁寧に行うのが重要です。あなたの気持ちが真剣で、年齢関係なく好きな女性を守りたい気持ちが強いことを誠意的に伝え続けましょう。年上女性の気持ちを察して思いやりを持ち、あなたが合わせながら根気良くアプローチを続ければ、きっと彼女のハートに届くでしょう。