フリーターの彼氏と別れるか別れないか判断するポイント

フリーター

フリーターの彼氏とは、正直今後も付き合っていくべきかとても迷うところでしょう。別れるかそれともまだ我慢すべきか…今まさに悩んでいる女性も多いでしょう。

いい大人なのにも関わらずフリーターをやっている彼氏とは、どう向き合っていくのが良いのでしょうか。別れるか別れないか、正直決め手になるポイントが欲しい…と思っている女性もたくさんいるはずです。

そこで今回は、フリーターの彼氏がいて不安に感じる点について掘り下げながら、別れるか別れないか判断するポイントをご紹介していきたいと思います。

フリーターの彼氏は何が不安要素になる?

フリーターの彼氏は、まず何が大きな不安要素となるのでしょうか。いまいち彼氏と信じてあげられない…そんな風に思う自分の気持ちを整理するためにも、まずは彼氏の不安要素を考えてみましょう。

フリーターの彼氏の経済力が不安定

フリーターの欠点は、やはり仕事の安定性に欠けることです。そしてそれに伴って経済力も不十分な点が多いところでしょう。

現在フリーターをしているということは、彼氏はアルバイトなどの非正規雇用で働いているということ。正社員のような正規雇用ではないため、言ってしまえば近い将来契約を切られて仕事を失ってもおかしくはないのです。フリーターにはそんな不安定さがつきまといます。

また、フリーターは正社員よりも給料が低くボーナスも基本的にありません。そのため年収が低く、立派に正社員で働いている他の男性と比べれば、貧乏なのが目立ちます。

もちろんお金ばかりがすべてではありません。ですが経済力がないと、デートしてもおしゃれなレストランに行くことはなくファミレスやファストフードばかりですし、旅行デートに行こうと提案しても「お金がないから無理」と言われてしまうかもしれません。とにかく大人として、何かと残念に感じるポイントが多くなります。

別れるべきかな…とつい感じてしまうのは、そういった男性としての甲斐性のなさが不安要素になるからでしょう。

フリーターの彼氏と付き合っていても将来が見えない

フリーターの彼氏と付き合っていても、正直、将来は見えにくいでしょう。このまま結婚して幸せな家庭を築いて…といった前向きなイメージもしたいところですが、フリーターのままでは「このまま結婚したらもしかしてひどい貧乏生活になる?」なんて想像しかできないものです。

別れるべきか悩むのは、今のまま付き合っていても結婚などの未来が見えてこないからでしょう。ある程度、年齢を重ねれば、誰だってその時付き合っている恋人と結婚を意識し始めるものです。しかし、「フリーターのままでは結婚なんて絶対無理」「もしかして就職するまでだらだらと結婚は先延ばしされる?」と感じれば、なかなか今後の付き合いを明るくとらえられないでしょう。

フリーターの彼氏は将来、真面目に働けるか不安

フリーターの彼氏とこのまま付き合ったとして、果たして今後彼はしっかりしていけるのか、不安に思う気持ちはあるはずです。

特に学校を卒業してからそのままずっとフリーターを続けているような男性には、はっきり言って責任感や行動力に欠けるところがあります。「男性なのに頼りない」「子供っぽい」と感じてしまう部分は正直あるでしょう。

彼のことは嫌いではないにしても、そんな精神年齢低めの彼氏と付き合っていくのは、かなり先行き不安なことです。このあたりで別れるべきなのかも…と感じてしまう女性は多いでしょう。

フリーターの彼氏と別れるか迷ったときに判断するポイント

フリーターの彼氏とは、今後も付き合っていくかどうか迷うものです。このまま彼氏と付き合っていても私が困るだけかも…と悩んだら、別れるかどうか冷静に判断していくべきでしょう。

ここからは、フリーターの彼氏と別れるか迷ったとき判断すべきポイントを見ていきたいと思います。

フリーターでいることに正当な理由があるなら考える余地はある

まずは、彼氏がフリーターでいることの意味、理由を思い返してみましょう。現在フリーターの彼氏でも、正社員にならないことに正当な理由があるのなら、別れるかどうかは考える余地があります。

例えば、夢ややりたいことのために一生懸命で、そのために時間を作りたくてフリーターをしているという彼氏の場合は、普段の行動次第です。本当に一生懸命にやりたいことに集中していて、将来のことも真剣に考えているなら、今はまだ問題ではないでしょう。

しかし、夢や目標があると豪語しているものの、結局毎日遊んでばかり…という状況では、正直、別れることを考えたいと思っても仕方はないでしょう。

家の事情でどうしてもフリーターでいなければならないなど、他にもフリーターをせざるを得ない理由はあるでしょう。その理由と彼氏の実際の行動、将来との向き合い方を総合的に判断していくことは大事です。

フリーターに期限を設けているか

たとえフリーターでいる理由があるとはいえ、さすがに「期限」について何も考えていないと、こちらも別れたいという気持ちにはなってくるものです。いつまでフリーターでいるつもりなのか、フリーターの彼氏と別れるか判断するなら、期限にも注目しておきましょう。

例えば、彼氏が「半年以内には必ず就職する」と明言しているなら、今すぐ別れるといった選択肢と取って急ぐ必要はないでしょう。よほど彼氏に冷めていない限り、様子を見る余地はあるはずです。

しかし、期限について考えている様子がなく、「いつかは就職するけど…」といった将来に対して考えを濁すようなら、別れることは考えても良いかもしれません。

将来について話し合った時に向き合ってくれるか

フリーターの彼氏と別れるべきか迷っているなら、将来について話し合ったときに向き合ってくれるかどうかを見るのも大事です。実際に「これから仕事ってどうするの?」「結婚はどうする?」と話を振ってみることも考えてみましょう。

現在は確かに、サボりやモラトリアムの心理で彼氏はフリーターを続けているのかもしれません。ですが、話し合ったことで「そうだよな。ちゃんと働くよ。不安にさせてごめんね」としっかり向き合う態度を示してくれるなら、まだ本格的に別れることは考えなくて良いでしょう。

ですが、そこで逆ギレしてきたり、話をはぐらかしてきたりするようなら、正直別れることは真剣に考えたいところ。将来について向き合っている様子が見られるかどうかを、よく見極めていきましょう。

フリーター彼氏は真面目にやめずに仕事をしているか

フリーターの彼氏は、上でも触れてきたようにどこか「甘さ」が目立つところがあり、精神的に大人になれていない人も多いです。別れるべきか迷ったら、彼氏が一人の成人男性として自立した振る舞いができているかを見ていきましょう。

例えば問題となってくるのは、仕事との向き合い方です。フリーターとはいえ、仕事にとにかく真面目に取り組んでいるのなら、人として信頼はできるでしょう。

しかし、仕事をすぐに辞める、すぐに休む、「仕事なんて適当にやればいい」的な考え方で雑に仕事をこなしている…そんな態度を目立つようなら、正直別れることは考えたいところです。

仕事に対してそのような不真面目な姿勢を見せる彼氏とは、将来もなかなか真剣に考えられないでしょう。今後もし結婚できたとしても、明らかに苦労しそう…と感じてしまう女性は多いはずです。

フリーター彼氏のままでも将来一緒にいられる覚悟があるか

フリーターの彼氏と別れるか悩んだとき、最終的に大事になってくるのは、自分の覚悟でしょう。「大好きなので別れたくない」だったら、「自分でフリーターのままの彼氏でも支えよう」と覚悟できるのであれば、一緒にいられるでしょう。

例えば、フリーターをしている彼氏と付き合っていくのなら、もちろんしばらくは結婚は難しいでしょうし、一般的な社会人カップルと同じような付き合い方はできないでしょう。お金のない彼氏にやきもきしながら付き合うことになるのは、間違いありません。

世間体や周りからの評価が気になるのも、悩ましいポイントです。いい大人なのにも関わらずフリーターをしている彼氏と付き合っていれば、なんとなく恥ずかしいような気持ちにもなるかもしれません。

お金のない彼氏に対して我慢することができるのか。将来、自分が働いて家族を養うことができるのか、そういったことを自問自答することで、覚悟の有無を考える必要があります。

フリーターの彼氏に別れ話の切り出し方に困ったら

フリーターの彼氏と別れるにしても、正直、別れ話の切り出し方には迷うものです。特に正当な理由・事情があってフリーターをしている彼氏自身には非はないでしょうから、別れる決断をするのもためらわれます。

ではそんなときに役立つ、フリーターの彼氏に別れ話をどう切り出すべきか迷ったときの対処法をご紹介します。

別れる理由は別のことを伝える

「いつまでもフリーターでいるのが耐えられない。だから別れる」と正直に伝えることに抵抗があるときは、うまくごまかして別の理由を伝える方法がまず一つあります。確かに嘘をつくことにはなりますが、彼を傷つけたくないなら、「嘘も方便」とは言えるかもしれません。

別れる理由としては、例として以下のようなものが使えるでしょう。

  • マンネリを感じている
  • 仕事ややりたいことを頑張りたい
  • 好きな気持ちはあるけれど価値観の違いを感じている
  • 友達のままの方がしっくりくる
  • 一人の時間をもっと作りたい

このような理由で別れることができれば、「彼氏がフリーターなのが嫌だから」という本音はうまく隠せるでしょう。

ですが、何年も付き合ってきている彼氏なら、彼女が本当のことを言っているかどうかくらいはわかるものです。「本当は違うよね?」と問い詰められることもあるかもしれません。さすがにそうなっては、さらにごまかすと角が立ち、別れることができたとしても後味が悪くなる可能性があります。「本当のことを話してほしい」と問い詰められたら、彼氏がフリーターなのが嫌、と素直に伝えることは考えたいところです。

就職する時期を約束して、それまでに就職しないなら別れると伝える

フリーターの彼氏と別れたい、でも彼氏のことが嫌いになったわけではないし…と自分自身でも迷いを抱えている場合は、まず、今後のことについて彼氏とよく話し合いましょう。

もし、彼氏が「まあ、そのうち適当に就職するよ」とごまかすような姿勢を見せてきたとしても、そんな彼氏の雑な態度に屈してはいけません。

話し合うときは最初に、フリーターのままなら今後は別れることも考えている、ということを率直に伝えましょう。彼氏にもこちらの心理を理解してもらうことが大切になります。

そこでおすすめなのは、就職する時期について約束をすることです。もちろん、今すぐに就職しようとしても無理なものは無理ですから、「○月までに就職」「今年中に正社員を目指す」といったように期限を設けましょう。

「~までに就職しなければ別れる」という話にもなれば、さすがに彼氏も焦るはずです。結果としてしっかり定職に就いてくれて、そのまま付き合えば結婚にこぎつける可能性もあります。

約束したのにも関わらずまったく焦らない、期限を守らないということであれば、そこで本格的に別れ話をすれば良いでしょう。約束を守らなかったのですから、彼氏も何も言えないはずです。

別れる適当な理由が思いつかなったら、フリーターとは付き合えないと本音を伝える

もし、別れるのにあたって適当な理由が思いつかなかったり、どうしても理由をごまかすのは私には無理かも…と思ったりしたら、やはり最終的に大事なのは本音をぶつけることです。

実際、将来のことを考えれば、フリーターの彼氏とは付き合えないという気持ちは至極当然のものと言えます。別れを考えるのには正当な理由になるため、正直伝えることをそこまでためらう必要はないでしょう。

将来のことを真剣に考えたうえで出した答えであることを伝えれば、彼氏も理解してくれるでしょう。もしそこで「今年中には就職するから…」と食い下がってきたら、彼氏の態度や考え方を見て、本当に別れるべきかどうかを判断していきましょう。

まとめ

彼氏がフリーターだと、正直別れるべきなのかも…と感じてしまう人は多いはずです。フリーターは、非正規雇用という時点で安定性に欠けますし、収入も低いという現実があります。今後、結婚することを考えるなら、なおさら一緒いるべきかどうかを真剣に悩んでしまうものです。

彼氏の態度や将来に対する向き合い方を見て、「この人にはついていけないかも」と感じたら、やはり別れることは検討するべきでしょう。

今回、ご紹介したような別れを判断するポイントをチェックしながら、自分自身が後悔しない選択をしていってください。