付き合う前のデートでのNG行動とは?男女別に徹底解説!

デート

好きな人とやっと取りつけた約束。デートは、友達同士から恋人同士へと関係を発展させるための大切なファーストステップです。

デート前には髪型や服装など事前に気合を入れて準備する人も多いでしょう。しかし、デートで一番大切なことは、デート中の行動です。

せっかくデートで恋人になるチャンスを手に入れても、相手がドン引きしてしまうようなNG行動をしてしまえば一気に恋愛対象外になってしまいます。

普段何気なくしている行動が、もしかしたら相手を不快にさせているかもしれません。ここでは、男女別のデートでのNG行動を徹底解説していきます。自分に当てはまる行動がないか、デート前にチェックしてみましょう。

<男性編>デートでのNG行動

まずは、女性がドン引きしてしまう男性のデートでのNG行動です。こんな行動を初デートでしていれば、まずそこから恋人関係に発展することはありません。これから大事なデートを控えている人は、ぜひ一度自分の行動を振り返ってみてください。

デートプランがない

1つ目のデートでのNG行動は、デートプランがないことです。付き合ってしばらく経つカップルであれば、ノープランで行き当たりばったりのデートを楽しむのもいいでしょう。しかし、初デートでそれはしてはいけません。

待ち合わせをして、「これからどうする?」という会話から始まると、せっかくのデートの時間が無駄に過ぎ、相手をしらけさせてしまうことに。事前にある程度のプランを立てておかなければ、食事のお店が定休日・予約でいっぱいだった、映画のチケットが売り切れていたなどのトラブルも起こり得ます。

初デートであれば、当日何をして、どこで食事をするかなど、ある程度計画を立てておくのが最低限の男性側のマナーです。できれば食事のお店は事前に予約しておくのがベスト。そうすれば、予算オーバーで焦ることもありません。素敵なデートプランを立て、しっかりと女性をリードしましょう。

きっちり割り勘にする

2つ目のデートでのNG行動は、デート代をきっちり割り勘にすることです。デート代をどちらが持つかについては、最近は男性が支払うべきという意識も昔よりは薄れ、男性に奢られることを嫌がる女性もいますので、必ずしも男性が支払わなければいけないというわけではありません。

ただ、世の中には、まだまだデート代は男性に支払ってほしいと思っている女性が多いことをお忘れなく。少なくとも初デートでは男性がデート代を全て払ったほうが好印象になるのは間違いありません。

しかし、人によって経済状況は異なります。全額持つのが厳しければ、割った金額に少し上乗せして男性が多めに支払うといいでしょう。100円単位まできっちり割り勘すると「ケチな男」と思われてしまいます。

自分の話が多い

3つ目のデートでのNG行動は、自分の話ばかりすることです。自分をアピールするのに必死になり、自分の話ばかりしている男性は女性に嫌われます。

女性が話そうとしているのに、いつのまにか自分の話にすり替えてしまったり、途中で遮って「それは違う」と自分の理論を展開してしまうと、「この人は自分にしか興味無いんだな」と思われます。そもそも女性は、他人にただ話を聞いてもらいたいだけであって、そこに具体的な解決策は求めていません。

自分をアピールするのもいいですが、自分が話した後は、女性に質問を返してきちんと話を聞くようにしましょう。

店員に対して高圧的な態度をとる

4つ目のデートでのNG行動は、店員に対して高圧的な態度をとることです。いくら女性に対しては優しくスマートに接していても、店員に高圧的な態度をとっていれば一気に女性を幻滅させます。

例えば、カフェに入った時に店員に対してタメ口をきく、注文を取りに来るのが遅いと文句を言う、料理に対してケチをつけるなどの行為はNGです。自分よりも立場が弱い人間に対して高圧的な態度をとる人間は見苦しく、器が小さいと思われます。また、自分より下の人間に偉そうにしていると、「この人は家庭に入ったらこんな風になるんだろうな」と思われてしまうでしょう。

何でも自分で決めてしまう

5つ目のデートでのNG行動は、女性に意見を聞かず何でも自分で決めてしまうことです。「男が女性をリードしなくては!」と気合いを入れすぎて、女性に何の意見も聞かずに何でも自分で決めてしまう男性は、女性からしてみればただの自己中男です。

付き合いが長く、女性の好みを十分に把握しているのであれば良いですが、初デートなどでまだ相手の女性のことを良く知らない場合は、きちんと女性の意見も聞くのがマナーです。食事でメニューを決める時、観る映画を決める時、一言「何がいい?」と聞くようにしましょう。女性が「何でもいいよ」と答えたら、男性が決めてあげましょう。

会話が続かない

6つ目のデートでのNG行動は、会話が続かないことです。初デートで、しかも男性側から誘ったデートで女性に対して話題を振らない、会話が盛り上がらないと、女性は「どうしてデートに誘ったの?」と感じてしまうでしょう。

初デートで緊張し過ぎて、「何を話せばいいのか分からない!」とパニックに陥る男性は多いかもしれませんが、盛り上げるのが苦手だという意識があるなら事前に女性が興味を持ちそうな話題をリサーチしておきましょう。もしくは、映画館や水族館、遊園地など話題に困ることがないようなデートスポットを選ぶのもひとつです。映画館や水族館であれば、お互いの感想を言い合って、同じ気持ちを共感することもできるでしょう。

<女性編>デートでのNG行動

次は、男性からドン引きされてしまう女性のデートでのNG行動です。どんなにオシャレをして外見をばっちりきめていったとしても、気づかない間にNG行動をとっていたら男性は興ざめしてしまいます。無意識にこんな行動をしていないか、チェックしてみましょう。

優柔不断

1つめのデートでのNG行動は、優柔不断で何も決めないことです。男性が、「どこに行きたい?何を食べたい?」と意見を聞いても、「何でもいい」と一切自分の意見を聞かずに男性に決定権を丸投げする女性は、男性から無責任だと思われてしまいます。

相手を立てて合わせることと、自分の考えも無く相手に全てを丸投げすることは違います。「何でもいい」という発言を繰り返していると、「この子には自分が無いのかな?」と男性から興味を持ってもらえなくなるでしょう。男性に意見を求められた時は、自分の考えをきちんと主張した上で、相手にも聞き返しましょう。

文句が多い

2つめのデートでのNG行動は、文句が多いことです。デート中に「疲れた、いつになったら着くの?」とせっかく男性が考えたデートプランに文句ばかり言う女性は嫌われます。そして、文句が多い女性ほど、男性にどこに行きたいか聞かれてもはっきり答えないことが多いです。何も意見を言わないのに、男性が決めたことに文句ばかり言っていると、すぐに愛想をつかされてしまうでしょう。

また、連れて行ってもらったレストランで、後になってから「こんなの食べたくなかった、美味しくなかった」と言うのもNGです。当然、男性は気を悪くし、二度とデートに誘ってくれることはないでしょう。

男性が立てたデートプランが気に入らないのなら、イヤだと否定するだけでなく、自分が代わりの案を出しましょう。

TPOをわきまえた服装で来ない

3つめのデートでのNG行動は、TPOをわきまえた服装で来ないことです。遊園地やアウトドアデートなのに、動きにくいミニスカートやハイヒールで行くのは当然ふさわしくありません。常識も疑われることになるでしょう。

初デートで気合が入り、精一杯のオシャレをしたいという気持ちは分かりますが、服装にはTPOというものがあります。デートに行く場所や内容に応じた服装を心掛けるようにしてください。

スマホを常にいじっている

4つめのデートでのNG行動は、スマホを常にいじることです。せっかくのデートなのに、男性が話しかけてもスマホをいじる手を止めない、会話も上の空だと当然男性は気を悪くします。

美味しい物を一緒に食べたり、キレイな風景を一緒に見たことを写真に撮って記念に残したいとスマホで写真を撮るところまではいいのです。男性も、女性が楽しそうにしてくれると嬉しいはずです。しかし、その撮った写真をすぐにSNSにアップする必要はあるでしょうか。アップすると、友人からの反応があり、また返信、これを繰り返しているとデートの時間が台無しになり、男性もしらけてしまいます。

最近は、SNSはコミュニケーションの大切なツールではありますが、常にスマホを確認しなければならないほど依存しているのは考えものです。せめてデートの間だけは我慢しましょう。

会話を丸投げする

5つめのデートでのNG行動は、会話を男性に丸投げすることです。デートは男性が盛り上げるものと決め込み、常に相手から話題が提供されるのを待っている女性は、「面倒くさい、重い」と男性から思われてしまうでしょう。

沈黙がしばらく続くと、「何か面白いことないの?何かしゃべって!」と男性に会話を丸投げすると「この子は全部人任せにするんだな」という悪い印象を与えてしまいます。当然何でも他人任せの女性とは、恋人同士になりたいとも思わないでしょう。

デートは2人でしているものです。デートの時間を楽しいものにするためにも、女性も会話を盛り上げるための努力をしましょう。

お礼を言わない

6つめのデートでのNG行動は、お礼を言わないことです。「ありがとう」というお礼の言葉だけでなく、ごめんなさいやお疲れさま、楽しかった、という相手への気遣いの言葉はとても大切なもの。たった一言ではありますが、この一言があるだけで、デート後の印象は随分変わるでしょう。

食事をご馳走になったら、まずはその場できちんとお礼を伝え、解散した後は改めてLINEやメールでお礼を伝えるのがベストです。基本的な礼儀・挨拶ができていないと、相手の気を悪くさせるだけでなく、非常識な人というレッテルも貼られてしまいます。

まとめ

初めてのデートは、今後の2人の関係を左右するとても大切なものです。浮かれる気持ちは抑え、自分がこれまでのデートで相手に不快な思いをさせる行動をしていなかったかどうか、過去のデートを振り返ってみましょう。

今回ご紹介したNG行動は、一瞬で相手をドン引きさせてしまいます。初めてのデートで相手にドン引きするようなことがあれば、2度と恋愛対象として見てもらえなくなってしまうでしょう。

デートで大切なことは、男女ともに相手への気遣いです。「どうすれば相手が楽しく過ごせるか」ということを考えた上で大切なデートに臨みましょう。