自分から振ったのに後悔…復縁の可能性と対処法をご紹介

彼氏を振って後悔している彼女

自分から振ったけど、「やっぱり自分にはあの人しかいない」と、別れたことを激しく後悔…。

だけど、自分から振った手前、「やっぱり復縁してください」とは、なかなか言い辛いものです。「何を今さらと思われるに違いない…」と、行動に移すのが恐くなります。

それでも、「やっぱり復縁したい!」と強く思うなら、可能性に賭けて行動あるのみ!勝手に諦めるのは非常にもったいないです。

そこで今回は、自分から振ったけど後悔しているあなたのために、復縁の可能性について解説!自分から振った相手と復縁したいときの対処法も伝授します。

自分から振ったのに後悔…復縁したいなんて都合良すぎ?

自分から振ったのに後悔して復縁を望むというのは、実は意外と良くあるケースです。別れの原因はさまざまですが、離れて冷静になって、初めて相手の良さや、自分に非がある点に気付く人は多いです。

良心的な人ほど「自分から振ったのに復縁なんて…」という罪悪感が大きく、相手を傷つけた自覚があるから、今更復縁を望む自分の都合の良さが許せず、行動に移すことをためらいがちです。

だけど、後悔しているなら復縁にチャレンジすべきです。人は生きていれば過ちを起こすもの。自分の間違いを認めて反省し、あなたの真剣な気持ちが別れた恋人に届けば、復縁して幸せになれるでしょう。

一方、「やっぱり付き合いたいかも」と、軽い気持ちで復縁を望むのは危険です。相手があなたに未練があるなら、復縁に応じてくれる可能性は高いですが、反省がないため同じ過ちを繰り返すリスクは高くなります。自分の都合で相手を振り回してはいけません。

自分から振ったけど復縁できる可能性はどれくらい?

復縁したいなら行動あるのみですが、やはり、復縁の可能性については気にするものです。そこで、どのような要因で復縁の可能性が変わるのか、判断基準について解説します。

復縁できる可能性が高いケース

元恋人があなたにまだ未練があるなら、当然ですが復縁できる可能性はかなり高くなります。自分から振った場合、元恋人は「本当はまだ好きで別れたくない」と思っている場合も大いに考えられます。ですので、自分から振った方が、むしろ復縁しやすいケースが多いのです。

特に、次のような状態なら、復縁の可能性大です。

  • 交際中は穏やかに交際していた
  • 別れ話も穏便にできた
  • 別れた後の関係も良好
  • 現在元恋人に浮いた話はない

別れても交際を後悔せず、良い思い出として記憶に残っているかどうかが、復縁を左右するカギとなります。

復縁が難しいケース

一方、交際中どんなに情熱的でも、別れ話前後に嫌な思いをすると、復縁は難しくなります。あなたは自分が別れを決断したので納得しているでしょうが、元恋人がそうとは限りません。「激しく傷つけられた!」と感じていれば、あなたに未練があったとしても、「また同じ思いをしたくない」と、復縁にはネガティブになります。

具体的に復縁が難しいケースは、以下のような状態です。

  • 交際中あなたは恋人に冷たい言動が多かった
  • 別れ話が大いに拗れて言い争いになった
  • 相手が納得していないのに、強行突破で別れた
  • 別れ話のとき、相手への不満をぶちまけてしまった
  • あなたが浮気をした

特に、元恋人がプライドの高いタイプだと、自分を捨てた(と解釈している)あなたを許すことができず、復縁は困難になります。

また、元恋人が今幸せな恋愛中の場合も、当然ですが復縁は無理でしょう。門前払いされるだけです。

自分から振ったけど復縁したいときの対処法

元彼にメールを送る女性

自分から振ったけど復縁を望む対処法は、状況や元恋人との関係性によって変わります。どのように復縁を目指せば良いのか、解説していきましょう。

振った直後の後悔なら速攻平謝り

自分から振った直後、「なんてことをしてしまったんだ…!!」と後悔して別れを撤回したいなら、速攻あなたから連絡をとり、とにかく平謝りしましょう。「ごめん。自分が間違ってた。やっぱり別れたくない」と、ストレートに気持ちを伝え、素直に謝るのが大切です。

振った直後の復縁はスピード勝負です。元恋人が「次の恋に進もう」と、気持ちを切り替えたら大変です。元に戻せるようすぐに動いてください。自分の言動を即撤回する気まずさは、あなたが一手に引き受けましょう。間違った自分の判断で相手を傷つけたのですから、全力で謝るのみです。あなたの本気の反省が伝われば、きっと復縁できるでしょう。

振った相手に未練が見られるなら即行動

自分から振った直後ではなくても、相手に未練が見られるなら、即行動を起こしましょう。元恋人に復縁したい気持ちがある状態が、最も復縁しやすくなります。今を逃す手はありません。

ただし、元恋人は未練を感じつつも、あなたに振られたときの辛い気持ちをまだ覚えています。そのため、あなたを好きでも復縁には慎重になるかもしれません。ですので、あなたが誠意を見せて、元恋人の警戒心を解いてあげてください。

  • あなたから連絡をとる
  • あなたからデートに誘う
  • 相手に伝わる気遣いをする
  • 別れて後悔している気持ちを伝える

「もう、あなたを傷つけない」と、誠心誠意伝えるのが、復縁成功のカギとなります。

振った相手と気まずい関係なら冷却期間を置く

別れてから相手と気まずい関係になっているなら、今復縁への行動を起こすのは危険です。元恋人はあなたとの別れに負の記憶を刻んでいるので、アクションを起こしても拒否されるだけです。

別れ話のとき、「別れたくない」と食い下がられた場合でも、その後の関係が良くないなら、しばらく冷却期間を置きましょう。もどかしいでしょうが、元恋人が冷静さを取り戻し、あなたとの関係を穏やかな気持ちで見直せるようになるには、しばらく時間が必要です。

冷却期間後は友達関係から始める

冷却期間、もしくは別れてからしばらく連絡が途絶えた期間がある場合は、いきなり復縁を求めるのではなく、まずは友達のポジションを確保するのがポイントになります。元恋人はあなたとの別れが傷になっているので、復縁を求められても「同じ痛みを味わいたくない」と、後ろ向きになってしまいます。

ですので、恋愛感情は隠して、「久しぶりだね。元気?」と、友達の距離感で元恋人との連絡をとれるようになるのが先決です。あなたとの恋愛はこりごりでも、友達としてなら元恋人は受け入れやすくなります。友達関係を続けながら、あなたの良さを改めて知ってもらいましょう。

相手が拒否するなら友達の協力を仰ぐ

元恋人があなたからの連絡を拒否するなら、1人で何とかしようとしても無理です。元恋人はあなたに振られて、とても傷ついています。友達としてでさえ、連絡を取り合うのが辛い状況です。あなたと1対1になるのが恐いのです。

それでも復縁したいなら、友達の協力を仰ぐしかありません。長い冷却期間の後、あなたから直接ではなく、共通の友達を通じて元恋人に近況を伝えてもらいましょう。そして、元恋人の反応を見ながら、みんなで会う企画を立ててもらいましょう。

自分から振って相手を激しく傷つけた場合、復縁には相当の時間がかかります。友達に協力してもらいながら、少しずつ元恋人との関係を修復するしかありません。あなたの言動にはとても過敏になっているので、細心の注意を払いながら、優しく丁寧に接して復縁のチャンスを待ちましょう。

自分から振った相手との復縁を成功させる3つの秘訣

自分から振った相手との復縁を成功させたいなら、行動を起こすことはもちろん、何よりあなたの心の持ち方が重要になります。どうすれば復縁を成功に導けるのか、秘訣をお伝えします。

自分の行動を反省して素直に謝る

自分から振ったけど、やっぱり復縁したいというのは、過去の決断が誤っていたことになります。その時、真剣に出した答えであっても、大切な人を自分の過ちで傷つけてしまったのですから、心から反省して素直に謝りましょう。

自分から振った相手と復縁したいなら、あなたが謙虚にならなければいけません。別れた時の話題を避けると、元恋人だけではなく、あなたもスッキリした気持ちにはないでしょう。触れ辛い内容だからこそ、あなたから話して自分の失敗を認めるべきです。

元恋人も、あなたの謙虚な姿勢を見れば、過去のわだかまりを水に流せます。そして、復縁について前向きに考えられるようになります。

相手を思いやる気持ちを忘れない

復縁したいのはあなたの希望であって、元恋人が何を考えているのかわかりません。だからこそ、相手を思いやる気持ちを忘れないでください。「復縁したい!」と自分の気持ちを押し付けるのではなく、あなたに振られて傷ついた相手の気持ちを想像し、自分がどう動けば心和ませるのかを考えましょう。

自分から振った相手から脈ありを感じると、無意識に「やっぱり自分を好きなんだな」と安心し、それが油断につながります。つい余裕が出てしまい、失言や横暴な態度をしてしまいがちです。元恋人は一度あなたに傷つけられ、とても敏感になっていますから、ちょっとした失敗が復縁の可能性を打ち砕くリスクにつながります。

自分から振った相手には、もう二度と傷つけない覚悟と誓いを立てて、誠心誠意優しく接しましょう。

焦らずゆっくり関係を作り直す

復縁に限った話ではありませんが、目標を達成するために焦りは厳禁です。特に、自分から振った相手の場合、また同じ傷を負いたくない気持ちから、強い警戒心が働きます。復縁を迫り、早急な返答を求めると、相手は怖くなって逃げてしまうかもしれません。

スピード勝負のケース以外の復縁は、時間がかかるのだと心得ましょう。あせらずゆっくりと、相手のペースに合わせて関係を作り直していくのがポイントです。

相手を大切に想う気持ちを忘れないで!

元恋人と交際当初はドキドキで、「こんなことしたら嫌われるかな?」「どうすれば喜んでくれるだろう」と、一生懸命相手のために試行錯誤していたはずです。大切だから慎重になり、思いやり過ぎて遠慮してしまうときもあったでしょう。

この時の気持ちを、もう一度思い出してください。そして、復縁できた後は、自分から振った過去を後悔し、復縁のために思い悩み相手に寄り添ったことを忘れてはいけません。

復縁は成功がゴールではありません。そこからがスタートです。

同じ過ちを繰り返さないよう、復縁できたら次の点を心がけましょう。

  • 復縁したいと強く望んだ相手への愛情を忘れない
  • 恋人の言葉に耳を傾け、心に寄り添う
  • コミュニケーションとスキンシップを怠らない
  • 自分の気持ちはきちんと言葉にして伝える

一度失ったからこそ身にしみてわかる大切さを、決して忘れないようにしてください。