バレンタインは復縁のきっかけになる?元彼に上手なチョコの渡し方

バレンタイン

バレンタインは告白に最適のイベントですから、「バレンタインをきっかけに、元彼と復縁できたらいいな」と思うかもしれません。

だけど、復縁の場合バレンタインは諸刃の剣。吉と出るか凶と出るかは、あなたと元彼の関係性によって変わります。

そこで今回は、バレンタインは復縁のきっかけになるのかを考察!元彼にバレンタインのチョコレートを渡すリスクと、上手な渡し方を解説します。

バレンタインは復縁のきっかけになる?

バレンタインは女性から男性に告白するイベントです。普通に考えれば、交際の良いきっかけになります。

だけど、復縁の場合は「過去1度別れている」という経験が、元彼に警戒心を与えるので注意が必要です。元彼の気持ちが盛り上がる前にバレンタインのチョコレートを渡すと、「え?そういうつもり?」と、一気に引かれてしまうリスクがあります。

一番やってはいけないのが、バレンタインにありがちな一か八かの告白です。準備不足なので非常に高リスク。下手をすると元彼を怖がらせ、今後拒否されるかもしれません。

もちろん、元彼もあなたと復縁したい気持ちが少なからずあれば、バレンタインでの告白がきっかけで復縁できる可能性は高いです。復縁を望むなら、いつか気持ちを伝えなければなりません。その「いつか」のベストなタイミングが、バレンタインであることが重要です。

元彼にバレンタインのチョコを渡す3つのリスク

「告白とかじゃなくて、軽い気持ちでバレンタインのチョコを渡すくらいなら、ありだよね…?」と思いきや、タイミングを間違えると、復縁が遠のいてしまう場合があります。

タイミングを間違えて元彼にバレンタインのチョコを渡すと、どんなリスクがあるのでしょうか。

迷惑がられるかもしれない

バレンタインにチョコをもらえば、相手の気持ちに応えるかどうかは別として、「うれしい」と思うのが男性心理です。だけど、一度別れた彼女は例外です。

次のような理由で、迷惑だと感じるケースがあります。

  • 元カノの未練を感じると、うっとうしいと思ってしまう
  • 頑張って友人や同僚の関係を維持しているのに、男女関係を意識させるイベントに乗っかる元カノの思考が理解できずイライラする
  • 元カノからバレンタインのチョコをもらったことを仲間内に知られて、ネタにされるのが嫌

あなたが思っている以上に、元彼は別れた事実について多くの感情を抱えているのです。それに配慮せずバレンタインにチョコを渡す行為は、「デリカシーがない」「迷惑なヤツ」と思われても仕方ありません。最悪、「妙な期待を持たれても困る」と、距離をとられてしまうかもしれません。

気を遣わせてしまう

元彼が繊細で、人の気持ちを深読みするタイプの場合、あなたからバレンタインのチョコをもらうと、気を遣わせて疲弊させてしまうリスクがあります。

次のような理由で、迷惑だと感じるケースがあります。

  • 「復縁を求めている…?」と、あなたの本心について延々と考え込んでしまう
  • 元彼が復縁を望まない場合、「どうにか傷つけないようにしないと」と、必要以上に気を遣ってしまう
  • ホワイトデーをどうすべきかについて悩ませてしまう

元彼を困らせるのは、本意ではないでしょう。バレンタインのチョコは、元彼の性格を良く考えてから、渡すか渡さないかを決めた方が良いです。

好意に付け込まれる可能性も…

バレンタインというイベントに乗っかって好意を匂わすと、「元カノは自分にまだ未練がありそうだ。上手くいけばセフレにできるかも…」と、元彼に付け込まれてしまうリスクもあります。一度付き合ったからこそ、体の関係に持ち込むハードルは低いと男性は誤解しがちなのです。

元彼にバレンタインのチョコを渡す場合、2人の関係性や相手の性格を考慮するのはもちろん、あなたが「中途半端な関係にはならない」と強い意志を持つのが大切です。

バレンタインで復縁が期待できるケースとは?

元彼にバレンタインのチョコを渡すのは、前述したようにリスクがいっぱいです。まだまだぎこちない関係、もしくは、元彼が完全にあなたを異性として見なくなった場合、関係を後退させてしまうかもしれません。

だけど、復縁につながるケースもあります。境目は、あなたと元彼の関係性にあります。

既に元彼と充分コミュニケーションを取れる関係で、友達以上恋人未満の関係ならば、バレンタインは復縁の良いきっかけになります。

別れているからこそ、復縁に慎重になっている彼氏が、チョコをもらうことで一歩踏み出せるようになります。元彼が恋愛に受け身で自分から告白をしないタイプならば、バレンタインであなたから復縁を申し込むのもありです。

「あと一歩で復縁できそう!」という状態なら、バレンタインの勢いに乗って、一気に復縁に持っていける可能性に賭けてみましょう。

バレンタインのチョコを元彼に渡す方法

バレンタインのチョコを渡す女性

いずれ復縁したいという思いでバレンタインのチョコを元彼に渡すには、ちょっとしたコツが必要です。これから2人の仲が深まるような、バレンタインのチョコを元彼に渡す方法を伝授します。

同じ職場や学校なら義理チョコとしてサラッと渡す

元彼が同じ職場や学校で、普段から顔を合わせているようなら、義理チョコとしてサラッと渡すのが最も無難な方法です。

複数個義理チョコを用意して、気負わずに「バレンタインのチョコ。いつもお世話になってる感謝の気持ちだよ」と、他の男性に渡すのと同じアクションで渡しましょう。警戒心が強い元彼なら、あえて目の前で他の男性に渡すのを見せると良いでしょう。

この場合、元彼は当然「深い気持ちはない。ただの義理チョコ」だと思います。同時に、「皆と同じように義理チョコをもらえるのだから、少なくとも嫌われていない」という受け取り方もしますから、元彼の中でわだかまりがなくなります。

大きな一歩にはなりませんが、バレンタインの義理チョコによって発生するやり取りが、今よりも少しだけ元彼との距離を縮めてくれるでしょう。

バレンタインデーに飲み会を企画して渡す

元彼と日常的に会えない関係の場合、バレンタインに1対1で誘うと、未練があると思われてしまいます。元彼がまだ復縁を考えていない場合、予定が空いていても断られてしまう可能性が高く、お互い気まずくなるので避けた方が良いでしょう。

それでもバレンタインのチョコを渡したいなら、1対1ではなく複数人で会えるようにセッティングしましょう。あなたが皆を誘って、バレンタインに飲み会を企画するのです。当日が難しいなら、バレンタインに近い日に皆が集まれるよう調整しましょう。

飲み会の場合、あなただけが男性陣に義理チョコを配ると、女性陣から反感を買ってしまいます。だから、義理チョコは元彼だけに用意しましょう。

皆の目がないときに、こっそり「いつもありがと」と、サラッと渡すのがポイントです。チョコも気合を入れず、小さくてあえて安価なものを選び、「お返しは気にしないで」と付け加えましょう。重くならず、気を遣わせないための心配りが重要です。後は、元彼がチョコをどう受け取るか任せるのみです。

元彼と良い感じならデートに誘って別れ際に渡す

元彼といい感じなら、バレンタインにデートを誘う方法もあります。応じてくれれば、脈ありでしょう。元彼は当然バレンタインを意識しているはずです。その上でデートに応じてくれたわけです。

チョコレートを渡すタイミングは告白のタイミングです。渡すタイミングは、あえて最後の別れ際に「これ、もらってくれる?」とチョコを出してください。デート中、元彼は「いつチョコがでてくるんだろう」と内心ドキドキしているかも。デート中、元彼の気持ちは盛り上がっているかもしれません。

最後の最後に出てきたチョコに、元彼は喜んでくれるはず!あとは告白するだけです。

焦りは厳禁!復縁はイベントよりタイミングが大切です

好きな人がいるバレンタインは、その日が近づくとソワソワするものです。だけど、「今がチャンスかも」と焦るのは厳禁です。復縁は入念な準備とタイミングが命。焦ってバレンタインだからとチョコを渡すと、失敗する可能性が高くなります。

復縁を成功させるためにはイベント重視ではなく、2人のタイミングを重視しましょう。少しずつ距離を縮めて、元彼の気持ちが復縁に向いたときに行動を起こしてください。

タイミングが熟していれば、バレンタインを復縁の口実に使いましょう。