同棲している彼氏・彼女と別れたい…必須の準備と別れる手順を教えます

同棲カップル

同棲している彼氏や彼女と別れたいと思っても、一緒に住んでいるとさまざまな問題があります。別々に住んでいるカップルとは違い、同棲している恋人と別れるときは、事前に準備をしたり、問題点をクリアにしたりしなければなりません。

そこで今回は、同棲している彼氏・彼女と別れたいあなたのために、別れるための準備と手順を徹底解説します。

同棲中の彼氏・彼女と別れるのが難しい4つの理由

悩む女性

同棲中の彼氏・彼女と別れるのが難しい理由を4つ挙げました。なぜ同棲していると別れが難しく複雑になるのか、その理由を解説します。

住居の問題がある

同棲中の彼氏・彼女と別れるのが難しい最も大きな理由は、住居問題です。別れる場合、どちらかが引っ越し、もしくは2人とも引っ越しが必要になります。同棲しているだけで、別れるための雑事が増えるのは、純粋に面倒で大変です。

また、新たな住居を探すにも条件がありますし、すんなり決まるとは限りません。場合によっては、お互い別れに同意して、既に恋人関係を解消しているのに、気まずいまま一定期間同居を強いられるケースもあります。

お金の問題がある

引っ越しが必要なら、当然お金も必要です。同棲中の彼氏・彼女と別れるためには、引っ越し費用と新居の準備費用、家具家電をすべて持っていけるわけではないため、新たな購入費など、とにかく出費がかさみます。

早く別れて離れ離れになりたくても、実家など頼る場所がなければ、お金が貯まるまで身動きがとれないのは、同棲ならではの別れが難しい理由です。

切り出し辛さがある

同棲していると、同じ屋根の下に帰らなければなりません。別々に暮らしていれば、別れ話がこじれても一旦距離を置けますが、同棲中だと逃げ場がありません。更には、「別れよう」と言おうと思っても、一緒にいる時間が長く彼氏・彼女の良い部分がつい見えてしまうため、決意が揺らぎやすいです。

そのため、別れ話が切り出し辛くなります。いつ、どこで、どのように別れ話をするのかは、同棲中の彼氏・彼女と別れるときに考えざるを得ない、非常に難しい問題です。

別れが決まってからの気まずさがある

同棲中の場合、別れが決まっても、即同居を解消できないケースもあります。「別れ話→同意→引っ越し準備」となれば、一定期間同じ部屋に住まなければなりません。これは非常に気まずいです。

また、別れを考えたとき「同棲までした恋人とダメになるなんて…」と、自分に対しても気まずさがあります。だから、「もう好きじゃない」と思っても、簡単には別れを決断できません。

同棲中の彼氏・彼女に別れを切り出す前にやるべき4つの準備

豚の貯金箱の上に万札を丸めている

同棲中の彼氏・彼女とスムーズに別れるためには、何より事前準備が必要です。先立つものをしっかり用意し、着々と別れの準備を進めましょう。

別れ話を切り出す前に、最低限やっておくべき準備を紹介します。

貯金をする

まず必要なのが貯金です。同棲を解消する場合は「あなたが引っ越す」「彼氏が引っ越す」「どちらも引っ越す」の3パターンがありますが、どれになったとしてもお金が必要です。

最低限、以下の費用が充分とれるように貯金をしましょう。

  • 引っ越し費用(時期によるが5~10万円程度)
  • 新居の契約費用(敷金、礼金合わせて家賃1~4か月分)
  • 当面の住居費(家賃の3か月分)
  • 相手が持っていった分の家具家電の買い足し費用

実家など頼る場所があれば引っ越し費用だけになりますが、そうではない場合は、かなりまとまったお金が必要です。恋人が引っ越す場合も、家賃が折半だったなら負担が倍になります。「同棲解消したら路頭に迷いました」とならないように、しっかり貯金をしておきましょう。

少しずつ断捨離をする

生活しているだけで、物は増えていくものです。同棲中の彼氏・彼女と別れて引っ越しに手間取らないように、少しずつ断捨離を始めましょう。

  • 捨てる物
  • 残す物
  • 実家に預ける物
  • 恋人にあげる物

4つに分別して、サクサクと断捨離を進めましょう。恋人が「なんで急に断捨離?」と不穏に思うのは、むしろ別れを匂わせ心の準備をしてもらうのに好都合です。

借りているものを返しておく

同棲していれば、こまごまとしたものを彼氏と彼女の間で貸し借りします。別れ話をスムーズにすすめるためにも、切り出す前に借りている物はきちんと返しておきましょう。

特に、お金の問題はクリアにしておくべきです。お金の貸し借りが完結していないと、別れ話がズルズル長引く原因になります。

新しい住居を検討しておく

引っ越し費用など、同棲を解消する費用が充分貯まったら、新しい住居を検討しておきましょう。自分が住みたい場所にどのような物件がどんな価格であるのか、探せばすぐ見つかるのかなど情報を持っていれば、「別れよう!」となったときに、即行動を起こせます。

同棲中の彼氏・彼女と別れる手順

同棲カップルのハートが崩れていく

準備が整ったら、いよいよ同棲中の彼氏・彼女に「別れたい」という気持ちを伝えなければなりません。同棲解消には手間がかかるため、早く別れたいと相手を急かしてしまいがちですが、きれいに別れるためには順序を踏んで別れ話を進めた方が良いでしょう。

そこで、同棲中の彼氏・彼女と別れる手順を解説します。

準備の段階で少しずつ距離を置く

「一緒に住んでいるのに気まずくなるのは辛い…」と、別れを決めてからも今まで通りの態度で、表面的には仲良く接してしまいがちです。しかし、突然の別れは相手をひどく傷つけます。「順風満帆」と思っていたのに、突然あなたから別れ話を切り出されたら、恋人は現実を受け止められません。

同棲しているからこそ、別れを匂わせるのが重要になります。準備期間を使って、少しずつ距離を置きましょう。

具体的な方法をいくつか紹介します。

  • さりげなく生活リズムを変えて、顔を合わせる時間を減らす
  • あなたから話しかける回数を徐々に減らしていく
  • 「疲れてるからごめん」と、スキンシップを失くしていく
  • お互い休みの日は自分の予定を入れて、一緒に過ごさないようにする
  • 笑顔を減らす

ここまですれば、恋人も何かを察します。あなたが別れの準備をするように、恋人もあなたから別れ話を切り出される心の準備期間が必要なのです。

別れ話を切り出す

準備が整い、2人の間に別れの雰囲気が感じられるようになったら、いよいよ別れ話を切り出しましょう。この時、場所と時間に注するのがポイントです。

同棲していると、自分たちの部屋で話すのが、最も手っ取り早くゆっくり話せます。しかし、密室のため感情的になりやすいのが難点です。ですので、別れ話は恋人を外に連れ出して、落ち着いて話せる喫茶店やファミレスで切り出しましょう。

また、夜に別れ話を切り出すとまとまらず、「帰ってから続きをしよう」という流れになってしまいます。ですので、日中の明るい内に別れ話をして、話に決着がついてから帰宅する流れにした方が良いでしょう。

物の所在を明らかにする

同棲解消は、別れが決まってから忙しくなります。話がまとまった後に、余計なトラブルを招かぬよう、物の所在を明らかにしましょう。同棲していれば、2人で使っていた物も多いでしょう。気まずくてもどっちの物にするのか、きちんと話し合うのが大切です。

同棲解消までの期間と予算を話し合う

物の整理整頓をしながら、同棲解消までの期間と予算も話し合いましょう。

最低限2人で決めるべき内容を紹介します。

  • 今住んでいる部屋をどうするか(解約するのか、それともどちらかが住み続けるのか)
  • 部屋を解約する場合、いつにするのか
  • どちらかが住み続ける場合、いつまで家賃や光熱費を折半するのか
  • 共用でそれなりに高価な家具や家電をどうするか(半分ずつもらうのか、もらう方がいくらかお金を払うのか)

あなたは別れる準備をしてきたので、金銭的な問題はないでしょう。しかし、別れを突き付けられた相手の経済状況が豊かとは限りません。別れたなら一刻も早く別々に暮らしたいでしょうが、相手が路頭に迷わぬよう、金銭的なことや同棲解消の時期は、ある程度あなたが妥協するのが妥当です。

場合によっては同棲解消してからの別れ話もあり

「別れ話をしても、すんなり同棲解消はかなり難しい」と、最初から予想がつくようなら、順番を逆にして先に同棲解消し、後から別れ話をする方法もあります。

同棲解消をするための適当な理由を、いくつか紹介します。

  • 家族の都合(親の具合が悪い、手伝いが必要になったなど)
  • 仕事の都合(担当エリアが変わって遠くなる、独身寮に空きが出たなど)

同棲を先に解消する場合、避けられない理由の方が通りやすくなります。彼氏・彼女が「それじゃ仕方ない」と思えるような理由を用意するとスムーズです。同棲が解消できたら少しずつ疎遠にして、タイミングを見計らって別れ話をしましょう。

同棲中の彼氏・彼女と別れ話が難航したときの対処法

しっかり準備したのに、同棲中の彼氏・彼女との別れ話が難航したときは、どうすれば良いのでしょうか。なるべく穏便に別れるための対処法を教えます。

とりあえず離れて暮らす

彼氏・彼女が「どうしても別れたくない」と言うなら、あなたとの将来を考えての同棲だったのかもしれません。だから、別れ話をどうしても受け入れられないのでしょう。この場合は、一度別れを撤回して、その代わりに離れて暮らすことを提案してみましょう。あなたが別れの時期を先延ばしにして、恋人へのダメージを半減させるのです。

そして、前項で紹介した「場合によっては同棲解消してからの別れ話もあり」に作戦を変更します。恋人もあなたとの距離ができれば、1人で冷静に考える時間が持てるようになります。状況を変えて時間を置くことで、再び別れ話をしたときに受け入れる心の準備ができているでしょう。

お金の問題を自分が引き受ける

彼氏・彼女が別れを拒否する理由がお金の問題なら、解決は簡単です。あなたがお金の問題を引き受ければ良いのです。手切れ金だと割り切って、恋人の足りない部分の金額をあなたが出す提案をしてみましょう。

お金は気持ちの区切りになります。お金のやり取りが「これでキッパリ別れる」と納得する理由になるので、相手が受け入れてくれればきれいに別れられます。

第三者に入ってもらう

どうにもならないほど別れ話がこじれたときは、第三者に入ってもらいましょう。2人で話し合いを続けても平行線で、下手をするとお互いを恨み合う関係になってしまうリスクがあります。

2人と面識があり、中立の立場で公平に話せる人に入ってもらうのが理想です。恋人が別れを拒絶して暴力的な行動に出るようなら、それを制止できる立場の強い人にお願いすると良いでしょう。

同棲中の彼氏・彼女と別れる時は情に流されないように気を付けよう

今は別れたいと思っているけど、一度は同棲をするほど好きになった相手です。別れ話をしている内に、情に流されそうになるかもしれません。

だけど、情だけで自分の気持ちを押し込んで交際を続けても、いつか限界が来ます。戦略的な先延ばしはありですが、「もしかしたら、続けていればまた好きになるかも…」という淡い期待は裏切られる方が多いです。

同棲を解消してでも別れたいというのは、かなり強い気持ちなはずです。2人別々の将来を歩んでお互いが幸せになるためにも、情に流されないように気持ちをしっかり持ちましょう。