彼氏が忙しい…連絡する?しない?男性心理と別れるべきか対処法を解説

彼氏に連絡するか迷っている彼女

彼氏が忙しくて会えないどころか連絡もなかなかくれないと、「自分のこと本当に好きなのかな?」「これって付き合い続ける意味あるのかな」と、寂しくてネガティブになってしまうものです。

でも、男性と女性では思考も心理も違います。「忙しくても、LINEくらいはできるでしょ!」と女性は思うけど、男性にも言い分があるのです。

そこで今回は、「忙しい」を理由に連絡をくれない彼氏の心理を解説!忙しい彼氏への上手な連絡方法と、あなたがとるべき対処法も伝授します。

「忙しい」を理由に連絡くれない彼氏の心理とは?

「忙しい」と言って、デートはおろか連絡もくれない彼氏は、どのような心理状況なのでしょうか。男性ならではの心理を解説していきましょう。

本当に忙しくて連絡する心の余裕がない

男性は女性とは違い、同時進行が苦手です。1つのことでも忙しくなれば、他のことを考える余裕がなくなってしまいます。ほんの数分だとしても、あなたに連絡する心の余裕がない状態かもしれません。

彼氏の頭の中は、今忙しさでパンク状態。あなたとしては「LINEのスタンプ1つも送れないの!?」と不満でしょうが、余裕がなさ過ぎて気持ちがついていかないのです。

仕事に集中したい

恋愛を励みに仕事を頑張る女性は多いですが、これは出産育児をする女性が生まれ持った脳の特性です。男性は女性とは違い、もともと1つのことへの集中力は高いのですが、切り替えが苦手なタイプが多いのです。

彼氏は仕事が忙しい状況の中、「余計なことを考えず、今は仕事に集中したい」という心理状態なのかもしれません。そういう状態の場合は、大げさではなく、仕事時間以外も、何なら寝る直前まで仕事のことを考えています。決してあなたを疎かにするつもりはないのですが、今は何より仕事を優先させたいため、連絡まで気が回らないのです。

忙しくて連絡をすっかり忘れている

目の回るような忙しさで、1週間があっという間に感じたことはありませんか?余裕があるときの1週間と、繁忙期の1週間では時間の早さが違います。

彼氏が忙殺されているなら、毎日が目まぐるしく過ぎ去り、気付いたら何日も経過していた…というケースも充分考えられます。彼女の存在を忘れているわけではないのですが、忙しくて連絡をすっかり忘れているのです。

今は彼女との時間より休みたい

忙しくて彼氏が心身ともに疲れ果てている状況だと、愛しい彼女とも「会いたい」という気力がわきません。「そんなことより休みたい」というのが、彼氏の心理状態です。彼氏が連絡をくれないのは、たった数文字のメッセージすら苦痛に感じるほど疲れているからかもしれません。

「忙しい」はタテマエで実は気持ちが冷め気味

彼氏の「忙しい」がタテマエの可能性も考えられます。本当は忙しくないけど、彼女への気持ちが冷め気味で、会うのも連絡をするのも面倒に感じてしまい、「忙しい」を理由にして回避している可能性も。

忙しい彼氏に愛されているか確認する方法3つ

彼氏に連絡して返信を待つ彼女

彼氏が「忙しい」と連絡もくれないのは、気持ちが冷め気味な可能性があります。そして、彼氏のあなたに対する気持ちによって、今後の対処法は変わります。

そこで、忙しい彼氏に愛されているか確認する方法を紹介します。

あなたからの連絡への反応を見る

彼氏があなたを愛していれば、「忙しいのは仕方がないけど、彼女に寂しい思いをさせて申し訳ない」という気持ちが少なからずあります。この気持ちは、あなたがした連絡の反応に表れます。

あなたから連絡したとき、彼氏から次のような反応があれば、あなたを大切に思っている証拠です。

  • 時間が空いても返信をくれる
  • 具体的な質問には、きちんとした返答が返ってくる
  • 「寂しい思いをさせてごめん」など、あなたを気遣う言葉がある
  • いつまで忙しいのか、ざっくりとでも見通しを教えてくれる

一方、次のような反応なら、気持ちが冷めている可能性大です。

  • あなたからの連絡をスルーする
  • 何を聞いても「忙しい」「わからない」しか言わない
  • 返信をくれても、面倒くさい感満載で不機嫌

男心は単純で、大切な女性には忙しくても優しくするものです。彼氏の心配りを感じるなら、「今は忙しくて大変なんだね」と理解して受け止めてあげましょう。

「本当は会いたいけどガマンしてるの」と言ってみる

ちょっとした連絡では、彼氏の気持ちがわかりづらいなら、自分の気持ちを伝えてみましょう。「本当は会いたいけどガマンしてるの」と言ってみてください。責め口調ではなく、控えめに寂しそうに伝えるのがポイントです。

この発言に対して、彼氏が「ごめん」とすぐに謝ってくれたり、あなたの気持ちに共感して慰めてくれたりするなら、気持ちはあなたにあります。忙しい言い訳をするかもしれませんが、内容が具体的なら信頼して大丈夫です。

しかし、あなたの発言に「仕方ないだろ!」など、突き放すような言葉しかくれず、話をさっさと終わらせたがるなら、彼氏の気持ちはかなり冷めています。それでも彼氏から別れを切り出さないのは、別れ話すら面倒であわよくば自然消滅を狙っているからです。

小さなお願いをしてみる

小さなお願いをするのも、彼氏の気持ちを確かめるのに良い方法です。男性は好きな女性には、努力をしてでも時間を捻出します。ほんの10分程度あればできるような小さなお願いを、あえて忙しい彼氏に頼んでみましょう。

彼氏があなたを愛しているなら、寂しい思いをさせている罪悪感があるので、がんばって応えようとしてくれます。すぐには無理な場合もあるでしょうが、「〇日なら大丈夫」など、妥協案を出してくれるでしょう。

一方、彼氏の気持ちが冷めているなら、「忙しいから無理」と一刀両断されます。それどころか、忙しい自分にお願いをしようとするあなたを責めるかもしれません。日頃寂しさに耐えているあなたに対して、一切思いやりのない言動がとれるのは、気持ちが離れている証拠です。

彼氏が本当に忙しかったときに気を付けること6つ

彼氏に連絡をする彼女

彼氏が本当に忙しいだけなら、いたずらに不安にならずに信じるのが一番です。その上で、男性心理を良く理解して上手に連絡をとりましょう。忙しい彼氏を煩わすことなく、あなたからの愛情を感じて癒されるような連絡方法を伝授します。

連絡頻度に気を配る

彼氏が忙しいときは、連絡頻度に気を配るのが最も重要です。忙しいときに1日何度も連絡すると、あなたにそのつもりがなくても彼氏はプレッシャーを感じてしまいます。彼氏が忙しい時は、基本的に連絡は控えめにしましょう。

と言っても、彼氏の性格によって「控えめ」の認識は違います。「自分は連絡できないけど、1日1回は彼女を感じたい」というタイプもいれば、「連絡は必要なときだけで充分」というタイプもいます。忙しい彼氏への連絡頻度は、性格や恋愛スタイルを考慮して合わせましょう。

返信を強要しない

自分から連絡をすれば、返事がほしいと思うのは当然です。だけど、彼氏は今多忙。あなたからの連絡に目を通しても、返信する余裕がなかったり、返信しようと思っていたのに忘れたりするかもしれません。

だから、彼氏が忙しいときの連絡は、返信を強要しないのがポイントです。LINEならば、既読が付けばOKとしましょう。忙しい彼氏への連絡は「生存確認ができれば良し」くらいの気持ちが丁度良いです。

ポジティブな応援団になる

忙しい彼氏への連絡は、「どんなメッセージを送れば良いのか」と悩む人もいるでしょう。だけど、男心は案外簡単です。忙しい彼氏に送るメッセージは、「がんばってね!」「応援してるよ!」で良いのです。大切な彼女に励まされると、忙しくてヘトヘトでも「がんばろう!」と張り切ってしまうのが男性心理。あなたはポジティブな応援団になりましょう。

寂しいアピールはかわいくする

「彼氏が忙しいときは我慢しなきゃ!」とわかっていても、会えないのは寂しいものです。あまりにも彼氏が忙しくて全然会えないなら、「寂しいな」とLINEなどでアピールするのはありです。ただし、寂しいアピールはかわいくするのが必須になります。

例えば、次のような感じです。

  • 会えなくて寂しいけど、〇〇君もがんばってるから私もがんばるね!
  • 私もお仕事がんばってます!(ホントはちょっと寂しいけど)
  • ちょっと先だけど、次会えるのがとっても楽しみ!寂しくてもガマンできるよ!
  • 応援メッセージを送った後「本当は寂しい!」的なかわいいスタンプを送る

忙しい彼氏の負担にならないように、明るくかわいく寂しいアピールをしましょう。いじらしいあなたに彼氏はぐっときて「早く会いたい!」と思ってくれます。

ここで気を付けることは、“重い女”には決してならないことです。受け方によっては、重い女だと思われてしまう可能性もあるので、慎重に寂しいアピールをしてください。

不満を伝えるのはNG

「忙しい」を理由に、デートも連絡もないのは不満でしょう。だけど、LINEや電話などで不満を伝えるのはNGです。忙しくて余裕のない彼氏に不満を伝えても、受け止めてもらえません。それどころか、喧嘩の原因になってしまいます。

忙しい彼氏への不満は、1人時間を充実させて発散しましょう。「今は会えなくて仕方ない」という割り切りも大切です。

放ったらかしもNG

忙しい彼氏への頻繁な連絡はNGですが、「どうせ忙しいんだし」と放ったらかしにするのもNGです。自分のことは棚に上げて、彼女から放置されると彼氏は拗ねてしまいます。また、連絡ゼロの状態が長引けば、「いてもいなくても変わらないのかも」と、彼氏の気持ちが冷めてくる可能性があります。

忙しい彼氏とは別れるべき?あなたがとるべき対処法5つ

別れようか悩んでいる彼女

「彼氏が忙しくて寂しい…」この気持ちとどう折り合いをつけるのかによって、あなたがとるべき対処法は変わります。また、彼氏への愛情が感じられないなら、別れも検討した方が良いでしょう。忙しい彼氏と今後どうするかは、あなたと彼氏双方の感情や状況によって変わるのです。

今後あなたはどうすれば良いのか、忙しい彼氏への対処法を伝授します。

彼氏が忙しいのは仕方がないと割り切る

あなたは彼氏のことが大好きで、彼氏もあなたを大切に思っているなら、「忙しいのは不可抗力だから仕方ない」と割り切るのが一番です。

例えば、遠距離恋愛のカップルは「会う回数が少ないのは仕方ない」と割り切り、愛情の伝え方を工夫して乗り切っています。カップルの状況によっては、「良くある恋人の形」にならなくても良いのだと割り切って、自分たちなりに工夫をした方が良い関係が築けます。彼氏が忙しいのがどうにもならないなら、頻繁な連絡やデートは諦めて、短くても密度の濃いコミュニケーションをとれば良いのです。

会えない時間を自分時間にして楽しむ

彼氏が忙しいと会えないのは寂しいですが、自分時間がたっぷりあるとポジティブに考えましょう。せっかくの自由時間は、自分が楽しむために使えば良いのです。あなたが楽しく過ごした方が、彼氏も「忙しくて申し訳ない」という罪悪感が薄まって安心できます。

あなたが自分時間を有意義に過ごせば、彼氏への良い刺激になります。「彼女も充実した生活を送っているんだから、自分も頑張るぞ!」と励みになって、お互いを高め合う素敵なカップルになれるでしょう。

いっそ同棲を提案してみる

「忙しいのは理解できるけど、でも全然会えないのはやっぱり寂しくて辛い!」というなら、思い切って同棲を提案するという選択肢もあります。彼氏が合意してくれたら、あなたがリーダーとなって同棲の準備を始めましょう。

もちろん、断られるケースも考えられます。あなたを大切に思っていても、同棲についての考え方は人それぞれですので、彼氏と意見が合わなければ仕方ありません。だけど、断られた場合でも、「一緒にいたい!」という気持ちが伝わるので、話す価値はあるでしょう。

ただし、彼氏によっては重いと感じる可能性も。彼氏の性格や愛情を感じた上で提案してください。

忙しい彼氏はキープしてこっそり出会いを増やす

忙しすぎる彼氏とは、とりあえず交際は続けつつ、こっそり出会いを増やすという対処法もあります。ちょっとズルい考え方ですが、出会いを増やすまでならセーフということにしておきましょう。

もしかしたら、出会いを増やして彼氏以外の男性に目を向けることによって、「やっぱり私には彼氏しかいない」と、自分の気持ちを再確認できるかもしれません。もちろん、素敵な出会いに恵まれる可能性もあります。この場合は、忙しい彼氏と別れる決意をするきっかけにすれば良いのです。

場合によっては別れも検討

次の場合は、忙しい彼氏との別れを検討した方が良いでしょう。

  • 彼氏の愛情や思いやりが感じられない
  • 「忙しいのは仕方ない」と割り切ろうとしても、どうしても寂しくて辛い

彼氏への愛情が強いと、別れを決断するのは難しいかもしれません。しかし、「忙しい」と言って会ってくれず、愛情も思いやりもない彼氏と付き合い続けても辛くなる一方です。付き合いを続けても、そう遠くない内に彼氏から別れ話を切り出される可能性は高いです。

また、「忙しい」と頭では理解しても、寂しさを抑えきれない場合、あなたは会えない恋愛の適性がないと言えます。好きだからこそ、「会えない」という事実が強いストレスになってしまうのです。今は彼氏にしか気持ちが向かないかもしれませんが、思い切って別れて新しい恋愛をした方が、幸せな未来を迎えられるでしょう。

彼氏が忙しくてすれ違えば別れの理由になります

彼氏が忙しいのは不可抗力で、あなたへの愛情はしっかりあるし、これといった悪いところもない…。それでも、忙しくてすれ違うなら、充分別れの理由になります。結婚した夫婦でも、多忙による生活のすれ違いで離婚するケースもあるのです。「連絡がとれない」「会えない」というのは、人によっては恋愛を続けられない致命的な原因になり得るのです。

あなたは彼氏と会えない寂しさと上手に付き合えますか?自分の気持ちを良く考えて、忙しい彼氏と今後どうするかを決めてください。