結婚相手との出会い方は?きっかけ・前兆はあった?

赤い糸で結ばれている女性

「結婚したいけどなかなかいい相手と出会えない」「もう30代…これから本当に結婚できる相手と出会えるの?」とお悩みの皆さん。

結婚相手と出会えるタイミングやきっかけには人それぞれ違いがあります。ただ、「人生を変えてしまう出会い」とも言える結婚相手と出会う前には、なんらかの前兆やきっかけがあったという人も少なくありません。

この記事では、結婚相手との出会いのきっかけや前兆、効率的な結婚相手との出会い方・注意点についてお話していきます。

結婚相手との出会いのきっかけ

結婚相手と出会うきっかけは人それぞれ異なるもので、中には長年友人関係を続けていた異性が、急に結婚相手に昇格するというケースもあります。

一つ言えるのは、出会いの可能性は無限大であるということ。ここでは、結婚相手との具体的な出会いのシチュエーションや、出会いやすい年齢などについて調べてみました。

皆、どこで結婚相手と出会ってるの?

国立社会保障・人口問題研究所が公式サイトで公開している「出生動向基本調査」によると、2015年の時点での「結婚相手との出会いのきっかけ」はこのようになっています。

  • 友人・兄弟姉妹を通じて:30.9%
  • 職場や仕事で:28.1%
  • 学校で:11.7%
  • 見合い結婚:6.5%
  • 街なかや旅先で:5.7%
  • サークル・クラブ・習いごとで:4.9%
  • アルバイトで:3.7%
  • 幼なじみ・隣人:1.7%

データ元: 国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」
※該当箇所:(2)交際相手・結婚相手との出会いのきっかけ

最近では「婚活アプリ」などのインターネットサービスを通じての出会いもメジャー化しています。

統計では30歳までに出会う人が多め

以下は、「2015年度「出生動向基本調査」」の「図表Ⅱ-1-2 調査別にみた、夫妻が特定年齢までに出会った割合」から引用したデータの一部です。こちらによると、恋愛結婚をした夫婦がパートナーと初めて出会った年齢について、以下のような調査結果が出ています。

【夫の年齢】

  • 20歳までに出会っている:15.0%
  • 25歳までに出会っている:46.3%
  • 30歳までに出会っている:72.8%
  • 35歳までに出会っている:87.0%

【妻の年齢】

  • 20歳までに出会っている:19.9%
  • 25歳までに出会っている:53.8%
  • 30歳までに出会っている:80.1%
  • 35歳までに出会っている:94.3%

データ元: 第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所
※該当箇所:Ⅱ-1.夫妻の結婚過程 (2)出会いのきっかけ

上記を見る限り、多くの人が30歳になるまでに結婚相手と出会っています。25歳までに約半数の人たちが出会っています。

しかし、最近では30代以降に結婚相手と出会っている人も多いのではないでしょうか。「もう30代だし、出会いなんてあるわけない…」と諦めモードになる必要は全くありません。むしろ、ここで一念発起して積極的に婚活したり、出会いを求めていったりする方が、何もしないことに比べたらずっと早く、幸せをつかむことができるでしょう。

結婚相手と出会う時期は事前にわかる?前兆は?

こちらを見つめる女性

結婚相手と出会う時期には個人差がありますが、「なんらかの環境の変化があった時」や「人生の節目を迎えた時」などに、将来を共にできる相手と出会えたという話をよく聞きます。

今、結婚につながる出会いがほしいと考えている人は、「自分を取り巻く環境の変化」に敏感になってみましょう。たとえば以下のような「変化」がある時、出会いのチャンスはすぐそこに転がっているかもしれません。

自分から変化を起こそうとする時

「人生の変わり目」を待つのではなく、自分からなんらかの変化を起こしていくパターンです。たとえば行きつけのバーを増やしてみたり、新しい習い事を始めてみたりすると、出会いにもつながりやすいです。

他には外見を思いっきりイメージチェンジする、自己啓発をしてみるといった「自分磨き」も効果的です。過去の自分からステップアップすることで、今までご縁のなかった異性からお声がかかるようになることも。

毎日変わり映えのない日々を過ごしながら、偶然出会いが転がってくるのを待つばかりでは、結婚は遠のく一方です。月並みな言葉ですが、運命の赤い糸は自分で手繰り寄せる方が、結婚時期も早まってくるはずです。

懐かしい人から連絡が来た時

昔の友人や、長年連絡を取っていなかった元職場の同僚など、懐かしい人から急に連絡が来た時もチャンス。用件にもよりますが、特に自分に害のない相手である場合は、とりあえずコンスタントに連絡を続けておくことで、思わぬ出会いのきっかけになることがあります。

久しぶりに連絡してきた人が「運命の相手」だったというパターンもあれば、その人を通じて出会う相手が、後々結婚相手になるというパターンもあるので、「人脈」というものは案外馬鹿にはできません。億劫に思わず、無理のない範囲で、懐かしい人と積極的にコミュニケーションを取ってみることをおすすめします。

長い春が終わった後

長年付き合っていた人と別れた、長い片思いに終止符を打ったなど、「長い春」が終わった後、ほどなくして結婚につながる出会いがあるパターンもあります。

特に女性が長い春を終えた時、ちょうど結婚適齢期を迎えている場合も少なくない為、ここで一念発起して婚活を始めてみたことで、意外とすぐに良い相手と出会って結婚できたという人も。

長い恋が終わった後というのは喪失感が大きくつらいものですが、ここをできるだけ早く乗り越えて新しい出会い探しをしてみることで、前よりも幸せな恋が待っているかもしれません。

異性からの誘いが増えた時

人生には「モテ期」があると言うように、それまでに比べて急に異性からのお誘いが増える時期がやってくる人もいます。それは進学・就職・転職など人生の節目のタイミングで起こることが多く、もしこのような「モテ期」がやってきたと感じたら、積極的にお誘いに乗ってみることも大切です。

時には好みでない異性にばかり言い寄られて、お誘いを受けるのが面倒なこともあるかと思いますが、一見好みでない相手でも仲良くなってみると、性格面での相性抜群だったということもあります。よほど生理的に無理な相手でもない限りは、外見だけで判断しない方が良いでしょう。

効率的な結婚相手との出会い方・注意点

乾杯する女性

結婚相手とできるだけ早く出会いたいのであれば、「自分から行動を起こす」のが何よりの近道です。次に、今現在出会いがない人におすすめする結婚相手と効率的な出会い方や、注意点についてお話していきます。

学生時代の交友関係

小学校・中学校・高校・大学の交友関係で、今でも連絡を取れそうな相手がいる場合は、積極的に連絡を取ってみましょう。自分が幹事になり「プチ同窓会」を企画してみるのも良い考えです。

結婚に繫がるご縁を掴む為には、まず出会いの数をできるだけ増やし、人脈を広げていくことが鍵になってきます。自分はフリーで恋人募集中であるということも、さりげなく周囲にアピールしておくのがポイントです。

普段行かない場所に足を運んでみる

落ち着いた雰囲気のバーや相席居酒屋など、普段は行く事がなく、かつ出会いに繋がりそうな場所へ足を運ぶのもおすすめです。婚活している男女が集まる婚活パーティー・街コンなどのイベントも良いでしょう。

中でも効率的なのが「婚活パーティー」で、参加者のほとんどが結婚に繫がる出会いを探しているので、一度仲良くなったらその後の進展が早いです。

ただし、一部ではありますが遊び目的で参加する男性もいる為、仲良くなってしばらくは、相手の結婚願望を見極める時間も必要になるでしょう。

インターネット経由で探す

SNSや婚活マッチングアプリなど、インターネット経由で出会いを探す方法も、今の時代では主流となりました。特に婚活に特化したマッチングアプリは、身分証明書を提出した上で利用できるサービスで、かつ運営側のセキュリティ対策もしっかりしているので、ネット上で出会いを探すのであれば比較的安全な方法とされています。

ただし、それでも監視の目をかいくぐって悪さを働くユーザーや、ネット上では好感触だったものの、実際に会ってみると悪質なユーザーだったというケースも一部ですが存在するので、不審さを感じたらすぐに関係を断つなどの対処をするようにしましょう。

まとめ

結婚相手といつ、どうやって出会うかはその人によってまったく異なります。出会う年齢が早い人もいれば遅い人もいて、思いもよらない場所・経緯で出会うパターンもある為、今現在出会いがないからと言って諦めないことが大切です。

未来の結婚相手とできるだけ早く出会う為には「自分から変化を起こし、出会いを探しに行く事」がポイントになってきます。変わりばえしない毎日をいかに変化させ、良き出会いに繋げられるかは、自分自身の行動・選択が決めるのです。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応