マリッジブルーで破局!後悔しないために防ぐ方法と復縁する方法をご紹介

マリッジブルーな女性

マリッジブルーは、結婚控える女性や、結婚後の女性に多く見られる症状です。大好きな彼との結婚なのに、なぜマリッジブルーは起こるのでしょうか?

マリッジブルーはその先も何十年と続くわけではなく、あくまで一時的な症状といわれています。ひと時の気持ちで後悔する結末を迎えないためにも、マリッジブルーで破局する主な原因や破局を防ぐ方法について知っておいて下さい。

今現在マリッジブルーの真っ只中にある方も、これから結婚を予定している方も、頭で理解できれば自分の状態を客観的に見られて気持ちが和らぎます。

ここで破局を防ぐ方法と、万が一別れた場合の復縁する方法をご紹介しています。

マリッジブルーで破局する原因

マリッジブルーで破局した女性

まず、マリッジブルーで破局する主な原因について5パターンほどご紹介します。

マリッジブルーを感じている女性は、この5つのうちのどれかに当てはまることが多いです。「あ、これ私のことかも」と思えたら、しめたもの。「みんな感じている症状だったんだ、私だけじゃないんだ」と気持ちが落ち着くことでしょう。

幸せになることへの不安

マリッジブルーで破局する理由の一つに、幸せになることへの不安が挙げられます。

たとえば、幸せな結婚をしたはずの友人が数年後に「もう二度と結婚なんてしない」と離婚をしたら、結婚に対してネガティブになります。また、3組に1組が離婚している現代において、両親の不仲を間近で見てきた方も少なくないはず。

「幸せになっても結局いつかは別れてしまうのかも」と、結婚がいざ迫ってくると、今の幸せを素直に喜べない方は決して珍しくありません。

私なんかが結婚なんてと自己嫌悪になる

物心がついた時から、「こんな私じゃ一生結婚なんて無理に決まってる」とすっぱり諦めていた方も多いのではないでしょうか。

自分に自信がない女性ほど、目の前に「幸せ」が転がっていても疑ってしまいます。結婚のチャンスが自分に巡ってきたとしても、素直に喜べず、「私なんかが結婚していいの?」と悲観してしまいます。

「私なんて別にかわいくないし、頭も良くないし、これといった特技も趣味もないし・・・」と自分にネガティブの矢を向けた後で、「こんな自分じゃ円満な結婚生活を送れるはずがない。早かれ遅かれどうせ彼に飽きられるはず」と、ネガティブな未来に閉じこもってしまいます。

環境が変化することへの不安

結婚とは、環境が変わることでもあります。

彼の勤務先の近くに引っ越さなければならないことも多く、家族や友人が近くにいないことを怖く思う方は少なくありません。

結婚は新しい生活の始まりですが、今までの生活との別れを意味します。土地はもちろん、勤務先まで変えなければならないこともあるでしょう。

最愛の彼と共に引っ越すといえど、慣れた生活を手放すのは誰でも後ろ髪を引かれるものです。

彼への迷い

結婚は、一生に一度の重大な決断。

失敗しないよう誰もが慎重になりますが、あまりに考えすぎると「生涯をかけた【一人】が本当にこの人で良いのか?」と不安になることも珍しくありません。

恋愛感情を持ってまじめに付き合っていたとしても、結婚が目前に迫ったとき「ちょっと待って・・・」とストップをかけたくなるのは、ある意味で自然な感情といえます。

どんなに素晴らしい婚約者であっても、本当に彼でいいのか?と多少なりとも、ほとんどの女性が不安になるでしょう。

義理の両親との付き合いに不安

結婚は、「彼」と「私」の二者だけで成立するものではありません。自分の身内はもちろん、彼の家族や親戚など、文字通り「家族ぐるみ」の付き合いが必要となってきます。

特に、嫁姑問題はテレビで特集されていることも多く、「姑ができる」と思っただけで怖くなってしまう方も多いのではないでしょうか。

人見知り傾向が強い方ほど、ネガティブなイメージがさらに強くなることでしょう。

マリッジブルーで破局を防ぐ方法

マリッジブルーの女性が携帯を触る

マリッジブルーで感じる不安や迷いは、あくまで一時的なものです。少し時間が経てば乗り越えられるかもしれないのに、途中で決断を下すのはあまりに勿体ありません。

マリッジブルーが原因で破局をしないために、マリッジブルーを感じたら先回りして対処しておきましょう。

マリッジブルーになっていることをしっかり認識する

まずは、「自分は今マリッジブルーになってる」ということを認識しましょう。

今の不安や迷い、イライラなどネガティブな感情は、すべてマリッジブルーのせいです。「心の奥底では彼が好きではない」とか「本当は結婚したくない」とか、あなたの気持ちが表れているわけではありません。

マリッジブルーは、女性の気持ちとはまったく別のところで起こる症状です。今のネガティブな感情が、そのまま自分の本心だと結論づけないようにしてください。

マリッジブルーになっていることを彼に話す

マリッジブルーを感じたら、今の気持ちを正直に彼に話しましょう。

そうしないと、彼の目には「あなたが突然に不機嫌になった」ことしか分かりません。急に殻に閉じこもった女性を見て、「ああマリッジブルーなんだな」と察することができる男性は、まずいないでしょう。

あなたと一生添い遂げると決めた彼なら、大丈夫。あなたの不安な気持ちを、そのまま受け入れてくれるはずです。

あなたの話を聞いた後に、もしかしたら「じゃあ気晴らしに旅行でも行こうか!」なんて思いがけない提案をしてくれるかもしれません。

先に結婚した友人に相談する

あなたの周りで、先に結婚した方はいませんか?友人、兄弟姉妹、同僚など、どなたでも構いません。

もし、身近に「結婚の先輩」がいるなら、今の気持ちを話してみるのも一つの方法です。

あなたは「こんなこと考えているのは私だけかもしれないんだけど・・・引かないでね・・・」と引け目を感じながら話し出したとしても、もしかしたら相手は「わかる私もそうだったよ」なんて共感を示してくれるかもしれません。

特に女性は、「わかる」と一言言ってもらうだけで気持ちが落ち着くことが少なくありません。それ以前に、心の内をすべて話した時点でどこかすっきりとしているのではないでしょか。

変化はゆっくりと行う

たとえば、彼とあなたの家が離れていた場合。結婚を境に彼がいる土地まで引っ越す・・・というケースも多いでしょう。

まったく知らない土地、まったく知らない人たち、ゼロから始める職場探し・・・。考えれば考えるほどネガティブになってしまうのは、ある意味で仕方がないことといえます。

もし環境が変わることを不安に感じているなら、一気に変化させずに、少しずつゆっくりと行っていきましょう。

今まで馴れ親しんできた環境がある日突然にガラリと変わってしまうのは、誰だって不安を感じるもの。

「今日は家具だけを持っていって、来週は新居の周りを散策して、再来週は・・・」という具合に、一つずつゆっくりと変化させていってください。彼のサポートも借りつつ、楽しみながら新生活への準備をすすめていきましょう。

付き合い始めのトキメキを思い出す

「本当にこの人でいいのかな」と不安を感じている場合は、付き合い始めのころを思い出してみてください。

長く付き合っていくほどに、トキメキは少しずつ薄れがちです。「初心忘るべからず」ではないですが、今一度立ち止まって、告白の日のこと、初めてのデートの日のことなどを丁寧に思い返していきましょう。

「あのときあのプレゼントをくれて嬉しかったな」「あのときあの言葉をかけてくれて幸せだったな」など、彼と紡いだたくさんの思い出。小さな「過去」のつながりが、今のふたりをつくっています。思い出と共に当時の感情がよみがえれば、マリッジブルーなんてきっと忘れてしまうことでしょう。

「時間が解決してくれる」と気にせず過ごす

マリッジブルーを2年も3年も感じている女性は、まずいません。

結婚情報誌で有名なゼクシィが行った調査によると、マリッジブルーの期間は平均1ヶ月程度。長い方でも、半年以内には収まっているようです。

「きっとそのうち」と割り切って、今まで通りの生活を続けてみてください。モヤモヤしながらも忙しい日々を過ごすうち、気が付いたら嘘のように気分が晴れていた・・・なんてこともあるかもしれません。

失恋の痛みが時間と共に薄れていくように、マリッジブルーの不安も時間が解決してくれます。ひと時の感情に支配されずに、右から左に受け流しながら「そのとき」が来るまでうまく付き合っていきましょう。

「マリッジブルーで破局したけど復縁する方法

マリッジブルーで破局したけど復縁したカップル

マリッジブルーのせいで破局したカップル。

そのときは本心から別れを決断しても、時間と共にマリッジブルーが薄れ、ふとしたときに「あれ?」と我に返る女性は少なくありません。

マリッジブルーで破局をしても、復縁するチャンスはまだあります。コツを押さえながら、丁寧に関係を修復していきましょう。

第三者を交えて話し合う

すでに結婚した友人夫婦を交えて、一度話し合う場を設けてはいかがでしょうか。「自分」と「相手」の二者間よりも、第三者を交えることで冷静な話し合いができるはずです。

特に、彼氏がマリッジブルーにいまいちピンと来ていない場合、さらに効果的です。「マリッジブルーは相手への気持ちとは関係なく起こるんだよ。私たちもそのせいで破局しかけたのよ」なんて体験談と共に、彼氏に対して復縁の説得をしてくれるはずです。

こちらから結婚前提での復縁を申し込む

マリッジブルーを抜け出して我に返ったのなら、まずはきちんと謝罪しましょう。

マリッジブルーのせいとはいえ、相手を不快にさせてしまったのは事実。誠心誠意謝ったうえで、結婚を前提にした復縁を申し込んでみてはいかがでしょうか。

大事なのは、相手からの連絡を「待つ」のではなく自ら「行動」することです。

彼氏と復縁した後、相手のご両親に謝罪する

無事に彼と復縁したら、彼のご両親にも丁寧に謝罪しましょう。

結婚とは家族まるごとの付き合いなので、破談することで彼のご両親も傷つけ、迷惑をかけたことになります。

このとき、「マリッジブルーのせいで・・・」など言い訳をするのは厳禁。「私の身勝手のせいで」と一身に非を背負ってください。

彼のご両親は、「この女性に息子を任せて、本当に息子が幸せになれるのか」と見極めています。丁寧に謝罪をして、ご両親の心を開いていきましょう。

まとめ

マリッジブルーは、女性なら誰もが経験する「結婚への登竜門」。しかし、その感情は一時的なものなので、彼に理解してもらいながら共に乗り越えていきましょう。

万が一、マリッジブルーが原因で破局してしまっても、まだ挽回のチャンスはあります。この記事を参考に、ふたりで末永い幸せを掴んで下さい。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応