復縁後に気をつけるべき8つのこと

復縁したカップル

恋愛では、別れてからやっぱり、よりを戻したいと想いを募らせることもあります。喧嘩別れや、振った、振られたなど理由は様々あると想いますが、一旦距離を置くと、存在の大切さに気づき、復縁したいと考える方は多くいるでしょう。

ただ、復縁したくて復縁に成功しても、また別れてしまうカップルも非常に多くいるのが事実です。

復縁後、復縁前と同じような付き合い方をしてしまうと、残念ながら再度お別れしてしまう可能性が非常に高いです。

そのため、復縁後は、再度悲しい別れをしないためにも気をつけるべきポイントを心がけてお付き合いをすることが重要です。

この記事では、復縁後に気をつけるべきこと8つご紹介します。

その1.相手の行動を肯定的に捉える

復縁後、以前よりもどうしても彼氏、彼女の行動が気になってしまう、という方もいらっしゃると思います。

例えば相手が携帯で異性と連絡を取っていたら「浮気しているのではないか?」など、以前よりもネガティブに物事を捉えてしまい、相手の行動を無意識に否定的に捉えてしまいます。

彼氏、彼女に対して否定的な感情が出てくると、だんだん相手を否定的にしか見ることができなくなってしまいます。こうした気持ちが増えてくると、知らず知らずに態度に表れてしまい相手を不快にさせてしまう可能性が高いです。

相手を束縛する行動にでたり、質問攻めをして重い存在になってしまいます。そういった行動が原因で、再度別れるという結末になりかねません。

どうしても、復縁後は相手の言動が気になりますが、否定的に物事を捉えるのではなくパートナーを信頼し、肯定的に捉えるようにしましょう。

その2.気を使いすぎない

復縁後は、「もう相手に嫌われたくない」という思いが働き、知らず知らずに相手に気を使いすぎてしまっていることも多々あるでしょう。

ある程度の気遣いはとても大切ですが、過剰な気遣いが続くと、あなたも相手も一緒にいてリラックスできなくなり、結果、疲れてしまったり、関係が崩れてしまう原因になりがちです。

また、不満を溜め込みすぎて、居心地が悪くなることもあります。そして、その不満が爆発して大喧嘩してしまうこともあるかもしれません。

あなたが、あまり過剰に気を使いすぎないことで、相手とも自然なお付き合いができるようになるはずですので、過剰な気遣いには気をつけるようにしましょう。

その3.以前よりも自分が変わったことをしっかり見せる

再度、付き合いを始めた際に、以前付き合って時に、相手から注意されていた点や直して欲しいと言われていた点を、しっかり見つめ直し、改善することがとても大切です。

復縁後、あなたの言動が変わっていれば、「以前と変わったのだな」と喜んでくれるでしょうし、あなたを見る目が変わり、以前よりも素敵だと思わせることができます。

また、こうした変化を見せることで、これならこの先もうまくやっていけると相手を安心されることにもつながります。

以前と同じであれば、また同じことで衝突が起きたりするでしょう。別れていた期間が無駄ではなかったというところを、相手に言動で示していくことで、以前よりも素敵な関係を築けるはずです。

その4.不安になり過ぎず、精神的に自立をする

バイバイする彼女

復縁後は、「もしまた別れてしまうことになったらどうしよう」など、いつかまた、この関係がなくなってしまうのではないかと不安に陥るという人も少なくありません。

一度破局している分、不安になるという気持ちはとてもわかるのですが、この不安が募りすぎると、また別れにつながる原因になる可能性もあります。

どうしても不安になると、相手の行動を全部知っておきたくなったり、できたら四六時中連絡を取ったり一緒にいたいと思ってしまいがちです。

最初はいいかもしれませんが、こういった行動が続くと相手もあなたの「束縛」に嫌気が差してしまうかもしれません。

最悪の場合、これがまた別れの原因になってしまうということも考えられます。

復縁後はどうしても不安になるかもしれませんが、相手を信じるということがとても大切です。相手を束縛せず、不安に陥りすぎないためにも復縁後は特に相手に依存しないよう自立した精神を持つことが大切です。

その5.相手の気持ちは探らない

復縁した後はどうしても、相手が自分のことをどう思っているのか?と気になってしまうこともあります。

相手の気持ちが知りたくて、相手の気持ちを確認するようなことを言ってしまったり、相手の気持ちを試すようなことは絶対にやめましょう。

相手の気持ちを試したり、探るということはイコールあなたが相手のことを信用してないのと同じことです。あなたも相手から信用されていないとわかったら、きっと悲しいはずです。

相手もあなたから信用されていないようなことを言われると、同じような気持ちになるのです。お付き合いするにあたって、何よりも相手への信頼がないといい関係は継続できません。

相手の気持ちが気になると思いますが、相手のことを信頼して気持ちを探るような言動はやめましょう。

その6.別れていた時のことを詮索しない

やっと復縁できたことで安心するのもつかの間。別れていた間、相手がどうしていたのかが気になる人もいるのではないでしょうか?

別れている間に「もしかしたら他の異性と会っていたのかな?」とか、「実はお付き合いしてた人がいたのかも」など、相手の別れていた時のことを詮索したくなる場合もあるはずです。

ですが、相手に対して別れていた時の詮索はするべきではありません。別れていた時はお互い自由な状態です。その期間に他の異性と何かあったとしても、それを特に問題にすることではありません。

別れていた期間に何をしていたかをあなたから詮索されては、相手もいい気分には決してなりません。

また、もし何かあったことを知ってしまうと、あなたはきっと嫉妬してしまったり、余計不安になってしまうでしょう。

過去は過去と割り切って、今やこれからの未来に目を向けることが、復縁後に付き合っていくためには大切です。気になるかもしれませんが、相手の過去を詮索するのは控えるようにしましょう。

その7.喧嘩の際に、以前付き合っていたときのことを蒸し返さない

復縁して時間がたては喧嘩をすることもあるでしょう。その時に気を付けることとして、以前付き合っていた時に不満だったことや直して欲しかったことなど、以前のことを蒸し返すのは控えて下さい。

お互いに新しくお付き合いを始めて築き始めた関係です。それを以前のことを持ち出して話してこられては、相手も「それは過去のことなのに」と嫌気がさしてしまいます。

以前のことで気になることもあるかもしれませんが、それは一旦水に流して、復縁後の相手と向き合うようにしましょう。

その8.別れた原因を分析して同じことは繰り返さない!

復縁後、別れを繰り返さないために一番大切なことは、別れた原因をしっかり分析して、お互いもう二度と同じことは繰り返さないことです。

原因を分析せず、なんとなくよりを戻した場合、復縁後、同じことが原因で別れる確率が非常に高いです。

別れてしまった原因を分析して、自分自身が直せるところはしっかり直して、相手との交際をより良いものにしていけば別れを繰り返すことはないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

悲しい別れを乗り越えて、再度、復縁するので、もう今後、別れるということが無いようにしたいものです。

今回ご紹介した、気をつけるべきことを少し意識して相手とお付き合いいただくことで以前よりもより良い関係を築くことができるでしょう。

ぜひ少し心に留めて気をつけながらお付き合いを進めてみてください。