彼氏が別れてくれない理由と対処法5つ

別れてくれない彼氏

彼氏に別れ話をしたのに、拒否して別れてくれないときは、どうすれば良いのでしょうか。

男女関係のもつれは、相手をストーカー化させたり、最悪、事件に発展したりする可能性があるため、慎重な対応が求められます。

彼氏が別れてくれないなら、相手の心理について考えてみましょう。なぜ彼氏はあなたと別れてくれないのか、理由がわかれば対処法も見えるものです。

今回は、彼氏が別れてくれない理由と対処法について解説します。

彼氏があなたと別れてくれない6つの心理

別れ話をする方も辛いですが、される方はもっと辛いものです。あなたと別れてくれない彼氏は、今パニック状態かもしれません。本人にもなぜ別れ話を受け入れられないのか、自分の気持ちがわからないケースもあります。

彼氏が別れてくれないなら、今までの交際を振り返り、相手の気持ちを考えてみましょう。これから解説する「彼氏が別れてくれない理由」の中で、どれが一番近いのか、彼氏の性格を当てはめながらご覧ください。

あなたが好きで失いたくない

あなたが好きで失いたくないというのが、彼氏が別れてくれない理由の中で最も可能性が高いです。大好きな恋人との別れは、誰だって辛いものです。「受け入れられない」と思ってしまうのは仕方がないことです。

一緒にいるのが当たり前になると、愛情表現を疎かにする男性も多いので、「別れ話をする前、彼氏からの愛情を感じられなかった」という場合であったとしても、いざ別れ話になると、あなたのことを失いたくないと思っていることは充分に考えられます。

あなたにした投資が惜しい

男性はお金をかけた女性に執着する心理があります。交際中、彼氏から高価なプレゼントをもらったり、たくさんご馳走してもらったりしていたなら、「ここまでお金をかけたのに、失うのが惜しい!」と、愛情ではなく投資したお金に未練を感じている場合も考えられます。

しかも、彼氏は投資の惜しさをあなたへの愛情だと勘違いしているケースもあります。「こんなに別れがたいのは、彼女を愛しているからに違いない」と、彼氏が自分の感情を誤解すると、更にあなたへの執着が強くなり、益々別れ話を受け入れられなくなります。

別れると自分の人生プランが崩れる

「結婚しようと思っていた恋人から突然別れ話をされて、人生のどん底に落とされた」というのは、女性の失恋で良く聞く話ですが、男性にも当てはまります。彼氏があなたとの将来を真剣に考えて、数年先、数十年先まで見越していた場合、突然別れ話をされると、自分の人生プランが崩れてどうしたら良いのかわからなくなります。

彼氏の人生があなた有りきで成り立っていると、別れ話はあなたを失うだけではなく、自分の未来を失うのと同じ位のダメージを負うのです。到底耐えきれるものではなく、彼氏は何としても別れを回避したいと考えます。

とにかく1人になりたくない

彼氏が超寂しがり屋で恋愛依存体質の場合、恋人がいない状態が耐えられません。そのため、あなたの別れ話を「別れたくない!」と拒否します。とにかく1人になるのが恐いのです。

彼氏がこのタイプなら、別れてくれない理由はあなたへの愛情や執着ではありません。あなた以外の女性と恋愛関係になれば、依存先は新しい女性に変わります。

プライドが高く、フラれることが耐えられない

彼氏のプライドがとても高いと、「女性からフラれる」「彼女から別れ話をされる」ということに大きくプライドを傷つけられます。いつだって主導権は自分が握っていたいタイプなので、あなたからの別れ話を到底受け入れる気持ちにはなれません。受け入れたら自分の負けだと思っています。

プライドが高い男性は、最後まで自分の主張を押し通そうとするのが特徴です。「別れを拒否することを、彼女に受け入れさせてやる」とムキになって、なかなか引き下がってくれません。下手をするとトラブルに発展するので、別れ方に最も注意しなければならないタイプです。

嫌がらせとして別れたくない

彼氏はあなたへの愛情をすっかり失っているけど、「彼女から別れ話をされた」というのが気に食わなくて、ただただ嫌がらせのために別れてくれない場合もあります。別れ話をする前から彼氏との関係性が悪いなら、あなたに不快で不自由な思いをさせたいだけです。彼氏はかなり屈折した考え方をするタイプです。

彼氏が別れてくれないときの対処法5つ

彼氏が別れてくれないので不機嫌な彼女

彼氏が別れてくれないときは、相手の心理状況に合わせて対処するのが正解です。様々なケースを想定して、彼氏が別れてくれないときの対処法を伝授します。

別れる意思を曲げない

彼氏が素直に別れてくれず、いろいろな条件を出して食い下がってきたり、泣き落としにきたりすると、早く今の状況から解放されたくて、つい妥協案を出したくなるかもしれません。だけど、彼氏のアクションであなたが「別れたい」という意思を曲げると、「粘れば別れずに済むかもしれない」と、希望を与えてしまいます。

一度、あなたからの別れ話で打ちひしがれた後、希望を感じてしまうと、更にあなたへの執着が強まってしまいます。どんなに彼氏が「別れたくない」と言っても、あなたは「私はあなたと別れます」という意思を徹底して貫いてください。何度も根気よく「別れます」と伝え続けることが重要です。

彼氏が別れ話に逆上しそうなら、第三者に入ってもらう

彼氏が別れ話に逆上したり、ストーカーのようにしつこく連絡をしてきたりするようなら、第三者に入ってもらいましょう。間に誰か入ってもらった方が、彼氏も自分の感情をコントロールしやすくなります。別れ話に冷静さを失い、暴言や失態を犯すのは、お互いにとってマイナスでしかありません。彼氏も後で自分の言動を後悔して、激しく自己嫌悪してしまいます。

この時、第三者を誰にするか慎重に選ぶ必要があります。できれば共通の知人友人で、かつあなたの味方になってくれ、しかも彼氏より立場が強い人が理想です。表面上は中立な立場を守り、彼氏の尊厳を傷つけず説得できれば申し分ありません。

彼氏をドン引きさせる事実を公表する

正攻法が通じにくいなら、彼氏をドン引きさせる事実を公表して、相手から去ってもらう方法があります。

付き合っている上で、彼氏が何に対して嫌悪感を抱くのか、ある程度想定できているでしょう。そこを狙って、「実は私、〇〇なんです。だからあなたと付き合っていくのは無理です」という論理で別れ話を展開していくのです。

手切れ金を渡す

彼氏がケチな男で、あなたではなくあなたに使ったお金を惜しんでいるようなら、手切れ金を渡すのも1つの方法です。今まで彼氏からもらったプレゼントを綺麗にして、まとめて返すのも良いでしょう。

ただし、どんなにケチな男でも、女性から面と向かって「お金が惜しいんでしょ!」という態度をとられれば、否定するし激しく気分を害します。あなたは「今まで私なんかにお金をつかわせてごめん。こんなことじゃあなたの気は収まらないのはわかっているけど…」と、誠意をお金と言う形で伝えさせてほしいポーズをとるのが、別れに納得してもらうポイントです。

完全に連絡を絶つ

最後の手段として、本当に別れられそうにないなら、完全に連絡を絶ちましょう。この時、「私の気持ちは全部伝えました。別れる以外考えられないです。ごめんなさい。今後連絡はもうしません」と、事前予告するのがポイントです。「もう、連絡もしてくれないんだ」と、一度彼氏を突き落として、現実を直視してもらわなければなりません。

ただし、この方法は彼氏をストーカーさせるリスクもあります。ですので、彼氏の性格を見極めて、この手段を選択してください。

一方的に連絡を絶つと、彼氏の脳内であなたの気持ちが勝手に変換される恐れがあります。あなたには理解不能な思考回路で、「彼女が連絡を絶つのは、自分に追ってほしいから」と解釈されるかもしれません。連絡を絶った後の動向には、しばらく注意を払いましょう。

彼氏が別れてくれないときのNG行動

NG

彼氏が別れてくれないときに一番やってはいけないのは、要求に対して中途半端に応えてしまうことです。

例えば、「別れずに済む方法を教えてほしい」と言われた時、つい彼氏の嫌な部分を指摘してしまうと、「そこを治せば別れずに済む」と誤解させてしまいます。また、「時間がほしい」という言葉にうなずくと、次会ったときに別れを考え直してくれるかもと期待させてしまいます。

別れてくれない彼氏に誤解や期待をさせると、返って喪失感が大きくなり、別れ話が大きくこじれる原因になります。罪悪感に優しい言葉をかけたくなるかもしれませんが、「別れない選択肢はない」「あなたを受け入れるのは無理」と、毅然とした態度で自分の意志を伝えましょう。

最初から彼氏が別れてくれない事態が想定できる場合は?

彼氏の性格から「別れたいけど、きっと拒否される…」という事態が想定できるなら、準備を万全にして別れに挑むしかありません。一刻も早く別れたいでしょうが、突然別れを切り出すよりも、時間をかけて準備をした方が、結果的に早く決別できます。

最初から彼氏が別れてくれない事態が想定できる場合、あなたがやるべきことについて解説していきます。

彼氏に別れを予感させる期間を作る

唐突な別れ話は、彼氏にとって青天の霹靂。すんなり受け入れられるものではありません。大きな変化には、受け入れる準備が必要です。彼氏とスムーズに別れるために、「別れを予感させる期間」を作りましょう。

具体的には、以下のようなことをして、あなたの気持ちが離れていくのを彼氏に感じさせてください。

  • LINEの既読に時間をかけ、ときどき既読スルーをする
  • 連絡の返信まで時間をあけて、メッセージはそっけなく返す
  • 理由をつけてデートを断る
  • あなたから連絡をしない
  • 何か言われたら「忙しくて」とごまかす
  • デートする場合は笑顔を減らし、あえて夜に予定を入れて早く帰る

あなたと連絡したり会ったりする頻度を徐々に減らすことで、彼女がいなくなった時の状況を彼氏は想像しやすくなります。別れる前に接触がほとんどなくなれば、「別れても別れなくても大差ない」と、彼氏も心の準備ができて、別れ話をしたときに受け入れやすくなります。

彼氏に嫌われる行為をする

「別れ話なんて受け入れてくれるはずない」と言うなら、彼氏の方から別れ話をさせる作戦に切り替えましょう。彼氏に嫌われる行為をとことんして、「もう無理。別れよう」と言わせるのです。

彼氏の性格によって、何をするかは変わりますが、嫌われるための例をいくつか紹介します。

  • 彼氏の予定を聞きまくり、超束縛魔になる
  • 不安だからと、仕事や勉強に支障が出るほどあなたから連絡する
  • 夜中に「急にあなたに嫌われるんじゃないかと不安になって」と電話して、しかもすぐに切らない
  • 彼氏があなたからの連絡に即対応しなかったらキレる
  • 「好きなら私の話聞いてくれるよね」と、機関銃トークをする
  • 「好きなら私の行きたいところ付き合ってくれるよね」と、ひたすらショッピングに付き合わせる
  • 嫉妬深い彼女になって、彼氏がチラッと他の女性を見ただけでも激怒する
  • さんざんワガママ言って無理にデートの約束をさせた挙句に「体調不良」でドタキャンする

ただし、彼氏にお金を使わせてはいけません。あなたにお金を使うと、彼氏は対価を求めてしまいます。疲れ果てても「ここまでお金をかけたのだから…」と、あなたを手放したくなくなってしまいます。消耗するのは彼氏の労力だけです。

愛情が一方的で重たい彼女になって、彼氏の方から三下り半を叩きつけてもらいましょう。

「別れる」という毅然な態度が重要です

彼氏が別れてくれずに、あなたを一生懸命引き止めると、押しの強さに流されそうになるでしょう。だけど、気合で負けたら別れ話がなかったことになってしまいます。

素直に応じてくれない相手こそ「別れる意思は絶対に変わらない」という毅然な態度を貫きましょう。1人で対応できないときは、誰かに助けを求めてください。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応