別れ話をLINEでするメリット・デメリット!切り出し方も例文付きで解説

LINEで別れ話を送る彼女

恋人と別れたいけど、顔を合わせての別れ話は気まずいものですよね。誰だって、辛い話を面と向かってするのは、気が進まないものです。

でも、今の時代には便利なLINEがあります。LINEの別れ話なら、会わずに済ませられます。「告白はLINEだった」というカップルも珍しくないので、別れ話をLINEでするのも、違和感を持たないかもしれません。

しかし、LINEでの別れ話にはメリットとデメリットがあります。お互いの性格や今までの付き合い方によって、返って別れ話がこじれるケースもあります。

そこで今回は、別れ話をLINEでするメリットとデメリットを解説し、切り出し方や「どうしても会いたい」と言われた時の対処法をご紹介します。

別れ話をLINEでするメリット3つ

まずは、別れ話をLINEでするメリットについて解説します。LINEのメリットを上手に活かせば、お互い納得して別れることも可能です。

会わずに済むので気が楽

別れ話をLINEでするメリットは、何と言っても会わずに済むこと。これに尽きます。

そもそも、LINEでの別れ話を考えている時点で、あなたは恋人に対して、かなり負の感情を持っていると思います。「本当はもう会いたくない」というのが本音ではないでしょうか。その願いを叶える唯一の方法が、LINEでの別れ話です。

また、恋人の性格によっては、「面と向かって言われるより、LINEで別れを伝えられた方が精神的ダメージが少ない」という場合もあります。お互いに顔を合わせた別れを望まないなら、LINEでの別れ話は最適な方法と言えるのです。

伝えたいことをきちんと伝えられる

LINEは文字のやりとりです。長い時間をかけて、別れ話で伝えたいことを考えられます。文字なので読み返せるので、送信する前なら何度でも修正が可能です。じっくり考えて、あなたが伝えたいことをきちんと伝えられるのは、文字を扱うLINEならではのメリットです。

また、顔を合わせた別れ話だと、お互い感情的になってしまうかもしれません。感情が高ぶれば、相手の言葉が耳に入らなかったり、曲解してしまったりすることもあるでしょう。LINEでの別れ話ならば、目の前に相手がいないからこそ冷静さを保てるので、意思疎通がしやすいメリットがあります。

言った言わないのトラブルを回避できる

別れ話がこじれると、言った言わないのトラブルが起こります。録音でもしない限り、言葉で発した内容は相手の記憶によって変化してしまいます。

LINEでの別れ話ならば、最初からすべて文字に残せるので、言った言わないのトラブルを回避できます。相手が別れ話に逆上してあることないこと言われても、LINEのメッセージをさかのぼってもう一度読んでもらえば誤解を解けます。

恋人が言葉の裏を読んだり、ウソをつきやすいタイプだったりした場合、文字で証拠を残せるLINEの別れ話は、自己防衛というメリットが大きくなります。

別れ話をLINEでするデメリット

LINEの文面に悩む彼女

別れ話をLINEでしたい場合、デメリットも必ず考えるべきです。別れたい相手の性格や気質によっては、LINEで別れ話をするには大きなデメリットが発生するケースがあります。場合によっては、ひどいトラブルになってしまうことも…。

別れ話をLINEでするとどんなデメリットがあるのか詳しく解説します。

誤解が生じやすい

LINEは文字のやり取りなので、気持ちを伝えやすいというメリットがある反面、直接会って話すよりもずっと情報量が少なく、表情が見えないので、相手が曲解すると誤解が生じやすくなります。あなたが申し訳ない気持ちを込めてメッセージを送っても、「バカにされた!」「都合良く切られた!」と思われるかもしれません。

LINEの別れ話は、もちろんあなたも相手の顔を見られません。相手が本心をメッセージに残さないことも考えられるので、「円満に別れた」とあなたも誤解する可能性があります。裏で相手があなたの悪口や陰口を言いふらし、いつまでも根に持っているのに気づくのが遅れ、気が付いたら悪評が広まっているという事態に陥る可能性もあります。

相手に誠意が伝わらない

相手が「別れ話のような大切な話は、会ってするべきだ」という考え方をしている場合、LINEでの別れ話は、どのような方法をとっても誠意が伝わりません。あなたがLINEで別れ話をする理由を説明しても、相手にとっては「会わないで済ませようとする」というただ一点がどうしても受け入れられないため、何をしても聞く耳を持ってくれません。

仮に、LINEだけで別れ話を受け入れてくれたとしても、あなたへの信頼や評価は一気に下がり、お互い後味の悪い別れとなるリスクがあります。

下手をすると相手を怒らせる

別れ話をLINEでするデメリットが重なると、「全く誠意がないどころか、自分を蔑ろにされた!」と、大きな誤解を生んでしまい、相手を怒らせてしまいます。

怒りがきっかけで決別に向かえばまだマシで、可愛さ余って憎さ100倍となり逆恨みするかもしれません。怒りが大きければ、相手はあなたへの報復を考えるでしょう。男女関係のもつれから起こる刑事事件は後を絶たないことを、念頭に入れておくべきです。

相手が納得しないとストーカー化するリスクがある

LINEはお互いの顔が見えないため、自分の都合良い解釈が可能です。相手の「別れたくない」という気持ちが大きいと、LINEのメッセージの中に別れずに済む可能性や復縁への希望を見つけようとします。その気持ちは相手の心の中だけで大きくなり、最悪ストーカー化するリスクがあります。

「顔も見たくない」という意味も込めてLINEで別れ話をしているのに、相手に希望を抱かせてしまうのは恐ろしいデメリットです。

別れ話をLINEでするときのポイント

別れ話をするときは、「もしかしたら、別れたいと思っているのかも…」と相手に思わせる準備期間を作るのがポイントになります。

連絡頻度も変わらず、会えば楽しくデートしているのに、いきなり別れ話をされれば、相手は混乱するし、受け入れがたい気持ちになるものです。「なぜ?」という疑問ばかりで、到底あなたの話を聞き入れる余裕がありません。LINEでの別れ話だと、会うことすら唐突に拒否されるのですから、相手の心理的ショックは相当なものになります。

だからこそ、別れ話には準備期間が必要なのです。具体的には、次のような言動で相手に心の準備をする猶予を与えましょう。

  • LINEの既読返信速度を落とす
  • LINEのメッセージを徐々に短くする
  • 理由をつけてデートの回数を減らす
  • 会っているとき、相手を不快にしない「心ここにあらず」な雰囲気を出す
  • デートの帰宅時間を早める

あなたは即刻別れたい気持ちかもしれません。ですが、LINEで別れ話を完結させたいなら、相手の心理を理解して、別れまでの時間を作るのも誠意です。

別れ話をLINEでするときの切り出し方【例文付き】

いよいよ別れ話をLINEで伝える時がきても、「どのように切り出せばよいのか」と悩んでしまうでしょう。そこで、別れ話をLINEでするときの切り出し方を、例文付きでご紹介します。

相手に明らかな非がある場合

相手に明らかな非があるなら、別れ話を切り出す理由として使うのが良いでしょう。明らかな非とは、以下のような内容です。

  • 恋人が浮気した
  • 浮気ではないがひどいウソをつかれた
  • 「忙しい」を理由にほとんど会ってくれない
  • 真剣に結婚話をしているのにいつまでもはぐらかされる

相手の非をバシッと理由にして、「だから別れたい」と続けましょう。

LINE例文
「やっぱりあなたが浮気したことをどうしても許せない。もう前の気持ちに戻れないから別れてください」

相手を責めるような切り出し方は、逆ギレされる可能性があるのでNGです。冷静かつ簡潔に相手の非を指摘して、別れ話を切り出してください。

価値観の違いを訴える場合

相手に明確な非がないけど、何となくすれ違って「違うな…」と感じるなら、価値観の違いを訴えて別れ話を切り出しましょう。この時、1つでも良いので、決定的に価値観の違いを感じた出来事を具体的に挙げると、別れ話に説得力が出ます。

LINE例文
「今まで忙しいあなたに合わせてきたけど、好きな人といつも一緒にいたいのが私の本当の気持ちなの。自分の時間が必要なあなたといると、辛くてしんどくなる…。だから、別れてください」

価値観の違いは、どちらが悪いという問題ではありません。だからこそ、今後付き合っていくとお互いに良くないと訴えて、相手に「付き合い続けるデメリット」「別れるメリット」を感じさせる内容にしましょう。

お互い気持ちが冷めていることを指摘する場合

倦怠期に入り、お互い気持ちが冷めているのに、惰性で付き合うカップルは少なくありません。相手の気持ちが冷めていることを感じて別れを決めたなら、あえて「お互いの気持ちが冷めている」という指摘をして、別れ話を切り出すのが良いでしょう。

LINE例文
「正直、僕よりも優先させたいことがたくさんあるよね?僕も同じだよ。お互い気持ちが冷めているのに付き合い続けても、負担になるだけだと感じている。だから、一度終わりにしないか?」

相手だけを「自分に冷めている」と指摘すると、「責められた」と感じさせてしまいます。本当に気持ちが冷めているなら、別れ話は手続きのようなものなので、相手を怒らせたり凹ませたりする必要はありません。だからこそ、「お互い様」と歩み寄って別れ話をした方が、相手もうなずきやすく、話がスムーズに進みます。

長文で相手に言いたいことがたくさんある場合

「相手に言いたいことがたくさんある」という場合は、あなたの気持ちをそのまま長文で伝えるのも1つの方法です。長く丁寧なメッセージから、あなたの別れたい気持ちが本気であると相手に伝わります。

充分な準備期間を作れば、相手も「もしかして、別れたいのかな?」という心の準備ができています。別れ話をLINEで切り出す際、「長くなるけど、読んでほしい」と前置きをして、気持ちをそのままメッセージにするのです。

だけど、思いのままメッセージを送ると、感情の高ぶりと一緒に酷い言葉を投げかけてしまうかもしれません。LINEのメッセージは文字として残るのを忘れてはいけません。削除機能はありますが、スクショされる可能性もあります。長文で伝えたいなら、メモ機能などで下書きをして、しかも1晩置いて読み直してから送りましょう。

「どうしても会って話がしたい」と言われたときの対処法

きちんと準備をしても、別れ話をLINEでしたとき「どうしても会って話がしたい」と、相手が訴える可能性も充分考えられます。あなたとしては、このまま会わずに別れたいところでしょう。だけど、相手の気持ちを無視して強行突破をすると、待ち伏せをされるかもしれません。相手の気持ちを考えない一方的な別れ方は、ストーカーされるリスクがあるのです。

何より、一度はお互いの気持ちが通じ合って交際した相手です。「会って話がしたい」という相手の希望に応じるのが、あなたが示せる最後の誠意。お互い納得して別れるためにも、直接会ってもう一度別れ話をするべきです。

ただし、いくつか気を付けなければならない点があります。LINEとはいえ、あなたの別れ話を受け入れてくれない相手は、もしかしたら冷静さを失っているかもしれません。だから、会う場所やシチュエーションについて、いくつか注意が必要です。

  • 密室で2人きりにならない
  • ファミレスや喫茶店など、人目のある場所で別れ話を行う
  • 人の多い日中に会う
  • 場合によっては第三者を入れて会うことを条件にする

会って話すときは、あなたの話よりも相手の気持ちを聞くことに集中しましょう。相手が言い残したことはないと思えた方が、未練を引きずりづらくなります。また、話が長引かないように、会って話をする日の夜、あえて予定を入れておくと良いでしょう。

LINEでも誠意をもって別れ話をしよう

別れ話は切り出す方も切り出される方も、精神的に大きなダメージを受けます。LINEでの別れ話は、やり方次第でお互いのダメージを小さくすることが可能です。しかし、相手の性格や今までの関係性によっては、デメリットの方が大きくなる可能性もあります。

別れ話をこじらせないためには、相手の気持ちを考えて、別れ話に時間と手間をかけることが必要です。別れ話をLINEでするときは、できるだけ誠意の伝わるメッセージを心がけましょう。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応