女性が苦手な男性のための克服方法6つとアプローチの流れ

女性が苦手な男性

「女性が苦手」という男性は意外と少なくありません。女性を強く意識するあまり、女性との距離を取り、苦手意識を持つようになったり、過去に恥ずかしい思いをしたことがあるなど、さまざまな原因によって女性が苦手になってしまいます。

ここでは、女性が苦手な男性のための克服方法と、好きな女性へアプローチする流れをご紹介します。

この記事をご覧いただき、少しでも苦手意識が薄れて、女性とコミュニケーションが取れるようになることを祈っています。

女性が苦手のための克服方法6つ

具体的にどのように克服すればよいのか分からないという人もいるでしょう。まずは、女性が苦手を克服する6つの方法をご紹介します。

挨拶からはじめる

まずは、身近にいる女性に挨拶をすることからはじめてみてください。挨拶することは相手に対し、敬意や好意を伝えるのに最適な行動です。女性に対し、「おはよう」「ありがとう」など簡単な挨拶ができるようになることを目指し、慣れてきたら相手の目を見て笑顔で挨拶するようにレベルアップさせます。

笑顔で挨拶ができるようになれば、苦手意識は随分と薄れているはずです。失敗しづらく、簡単な方法ですので、ぜひトライしてみてください。

身近な女性の長所を探してみる

女性が苦手な男性は、女性をあまり直視せず、苦手なあまり、どういう人なのか知ろうともしない人が多いのではないでしょうか。

会話をしなくても、女性に徐々に慣れるため、頭の中で女性の人としての長所を探してみてください。

人としての長所を探していく過程で、女性というよりも、人としてその人のことを理解することができ、女性を強く意識しすぎるということが薄れていきます。

そうなると、挨拶や会話もしやすくなるはずです。

女性と交流する機会を増やす

苦手なものを克服するには、慣れてしまうことが一番です。野菜嫌いな子供に野菜を食べさせるには、野菜に慣れさせることが大切です。女性が苦手な男性にも同じことが言えます。

女性のいる場を訪れ、その環境に身を置くのです。グループで食事会のときに、女性の隣に座ったり、なるべく女性と交流する機会を増やしてみて下さい。最初は直接女性と会話をしなくても結構です。隣に座って他の男性陣と会話するだけで結構です。そのうち、グループとしての会話の中で女性との一言、二言の会話も出てくるでしょう。それを繰り返すことで、徐々に女性に慣れていくはずです。

ひとり、ふたりと話せる女性が増えていき、いつか女性に抵抗なく接することができるように、きっとなります。

女性であることを必要以上に意識しない

“女性“ということを強く意識するばかりに、女性から嫌われたくない、女性にかっこわるいところを見せたくない、と思ってしまい、女性と話すことを遠ざけて、苦手になってしまっているケースがあります。

ですので、「女性に嫌われてもどうってことない」という気持ちを持つことが大切です。それほど、周りの人は他の人のことを気にしていないものです。何かドジをしても、まったく記憶に残っていないものです。

ですので、普段から女性を意識しすぎず、男性と同様、普通に話す相手として意識するようにしてください。

「男性が女性をリードしなくてもよい」と自分に言い聞かせる

女性が苦手な男性の中には、「男性は女性よりも強くあるべき」「男性が女性をリードするべき」といった固定観念を持っている人が少なくありません。そういう考えの人は、全ての女性に対して、そのようにするべきだと考えている傾向があります。

全ての女性の前で、カッコつけなくてはならないと考えています。それを崩す姿を見せられないため、女性と距離を保ち、カッコ悪い自分を見せないようになっているのだと思います。

世の中の女性は、全ての男性にリードされたいと思っていません。まずは、人として接しているはずです。ましてや、友人や知人の女性など、恋愛対象ではない男性に対しては、何も期待していません。

ですので、女性をリードする必要もないので、男性に接するように、ありのままの姿で女性と接しても問題ありません。

カウンセリングやコーチングを受ける

上記の方法を試してみても、まだ女性に苦手意識があるのであれば、自分一人では克服するのが難しい場合があります。そんなときは無理せず、「認知行動療法」を行える専門家に相談し、カウンセリングやコーチングを受けることを検討してみましょう。

日本では、カウンセリングやコーチングを受けることに対して、ネガティブに捉える傾向にあります。しかし、精神的な健康を維持していくためには、ときに専門家を頼ることも大切なことです。自分一人では限界を感じる、子供の頃からのトラウマが原因の場合は、専門家に相談してみるとよいでしょう。

女性が苦手な男性が好きな人にアプローチする流れ

好きな女性に電話する男性

女性が苦手な男性は、好きな女性にどのようにアプローチすればよいのでしょうか。ここでは、女性が苦手な男性がとるアプローチの流れについてご紹介します。

清潔感を出してなるべく笑顔で挨拶を続ける

好きな女性に好感を持ってもらうためにも、清潔感のある装いを心がけ、なるべく笑顔で挨拶を続けましょう。清潔感がある人は第一印象で悪いイメージを持たれる心配がありません。また、笑顔で挨拶し続けることで、好きな女性にあなたという存在を覚えます。

笑顔で挨拶すると相手には印象良く映っています。続けることでさらに印象よく怪しさもありません。

挨拶は勇気を出せばできるはずです。下を向いて暗い雰囲気のまま挨拶すると逆効果になるかもしれないので、必ず顔を見て、笑顔で挨拶を心がけてください。

相手の目を見て話して、好意があることを認識してもらう

好きな女性と少しでも会話できる仲であれば、その時は必ず相手の目を見て話して下さい。目線を合わさずに会話をすれば、相手は「私を嫌っているのかな」「真剣に話すつもりあるのかな」と、誤解を与えてしまう恐れがあります。相手の目を見て話せば、語らずとも好意を伝えることができます。

女性が苦手だからこそ、少しの会話の中で、相手の目を見て好意を感じてもらうべきです。好意が伝わっっていると感じても、相手がこれまで通り、話しかけてくれるのであれば、もしかすると、脈アリではないでしょうか。決して脈なしではないので、勇気を持ちましょう。

女性が苦手なことを打ち明ける

「女性が苦手だとバレたらかっこわるい」と考えてしまう人も多いと思いますが、逆に、女性は、女性慣れしている男性に対して、「私を騙そうとしているのかも」「遊び相手を探しているだけなのかも」と疑念を抱きやすく、ガードが高いものです。

女性が苦手な男性に対しては、自らコンプレックスを打ち明けているため、かえって好感を持つ女性も多数います。

今までの接し方にも、「女性が苦手だったから」ということで納得してもらえることもあります。そして、これからも、女性が苦手な男性ということで、理解してくれることも出てくるでしょう

LINEやメールでコミュニケーションをとる

好きな女性とはいえ、直接会って話をすることにまだ抵抗があるという人もいるでしょう。

そんなときは、LINEやメールでコミュニケーションをとることをおすすめします。LINEやメールであれば、自然体で好きな女性とメッセージを通じて向き合えるため、直接会話をするよりも精神的な負担が少なく済みます。

直接言えないことも、LINEであれば言えることもあるでしょう。連絡先を交換して、プライベートなことをまれにやり取りをするところから始めて下さい。

少しでも話しができるようになったら、LINEでご飯に誘ってみる

LINEやメールでのやり取りも増え、直接会って少しでも話ができるようになったら、LINEでご飯に誘ってみましょう。

徐々に交流を深めるために、少しずつ接する時間を増やしていって下さい。女性が苦手な男性が直接会って誘うと重く受け止められる可能性もあります。

LINEでラフな文体やなにかの機会の時に、気軽に誘うことがポイントです。

女性が苦手を克服して仲良くなり、好きな女性にアプローチしてみよう

女性が苦手という事実は、女性から好感を得られやすいため、ネガティブに考えすぎる必要はありません。まずは気軽に会話できる女友達を作ることからはじめてください。

女性に声をかける、相手の目を見て話すなど、ほんの少しの勇気と行動力があれば、女性への苦手意識を弱めることも可能です。上記で紹介した克服する方法やアプローチの流れを参考に、女性に慣れる練習を重ねていってください。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応