セックスレスで離婚したい!用意するべき証拠とは?

セックスレスの夫婦

夫婦の中には、セックスレスになって悩んでいる人がいます。どちらかがセックスを望んでも、パートナーが応じてくれずにセックスレスになり、不満を抱いて今後の結婚生活を続けられないと思っている人は、実は大勢いるのではないでしょうか。

セックスレスが原因で離婚をするためには証拠が必要です。ここでは、セックスレスで離婚するのに用意するべき証拠についてまとめました。

そもそもセックスレスで離婚できるのか?

セックスレスの定義

日本性科学会によると、セックスレスとは、特別な理由もなく1ヶ月以上性交渉が行われていない状態のことです。たとえば、病気によって性交渉ができないケースはセックスレスとはいいません。

セックスレスの原因はさまざまです。相手に対して異性として魅力を感じなくなったり、性欲の衰えからセックスをしなくなったりすることがあります。あるいは、セックスそのものが嫌いでセックスレスになったという人もいます。不倫や浮気をしているため、配偶者とセックスをする気がなくなったというケースもあるでしょう。

セックスレスで離婚できるケース

基本的に協議離婚の場合は、話し合いによって双方が合意すれば離婚できるため、どういった理由であれ離婚することができるので、セックスレスが理由であっても離婚することが可能です。

相手が離婚に納得しない場合には、離婚調停や離婚裁判で決着をつけることになります。このときには、最終的には裁判所の判断によって離婚できるかどうかが決まります。

セックスレスが婚姻を継続したがい重大な事由であるとみなされて、それが夫婦関係を破綻させる段階に至っている場合に、離婚が認められます。

過去の判例によると、1年以上セックスレスが続いているケースで離婚が認められることが多いようです。たとえば、1回や2回だけセックスを拒んだだけでは、夫婦関係が破綻するとまでみなされません。

セックスレスで離婚できないケース

病気が原因でセックスそのものができない場合は、セックスレスは認められず、離婚もできません。また、お互いが高齢になった夫婦の場合は、性交渉をしなくなるのが普通であり、この場合も離婚を認められないことが多いです。

セックスレスであっても、そもそも夫婦ともに性交渉を望んでいないケースでは、セックスレスを理由に離婚をすることはできません。セックスレスになったことを本人がそれほど気にしていないケースも離婚は難しいです。

セックスレスだからといって絶対に離婚できるというわけではありません。

セックスレスを証明する証拠とは

証拠のメール

セックスレスが苦痛で夫婦関係を破綻させるほどで、離婚をしようとした場合、証拠を掴んでおく必要があります。証拠がなくセックスレスを理由に離婚を申し出ても断れれば、なかなか進展しません。離婚までを考えているのであれば、ここで紹介する証拠を残しておきましょう。

日記

日記を毎日つけているならば、その内容はセックスレスの証拠にすることができます。できるだけ詳細に記録されていることが大切です。自分から性交渉を求めて相手が断った日付や、そのときの相手の返答や対応の仕方などが書かれていると証拠になります。基本的に毎日つけているほうがよく、そうすることで日記の内容の信憑性を高めることができるのです。

夫婦間のメール

夫婦間でセックスレスに関連した内容のメールのやり取りをしていたのであれば、これも証拠となります。たとえば、メールで性交渉を求めたけれども、相手が断ったというやり取りが残っていると証拠として使えます。あなたのほうが性交渉を望んでいて、相手が乗り気ではないということがわかる内容のメールがあるとよいでしょう。

夫婦間の会話の録音

相手にセックスを求めてそれが断られたときの会話を録音しておくと、明確な証拠となります。ただし、1度求めて断られただけでは、セックスレスとはいえません。長期間にわたって会話の録音が残っていると、セックスレスを証明する有力な証拠となるでしょう。

家族や友人への相談メール

もしセックスレスのことについて家族や友人に相談していたならば、そのときのメールは証拠として使うことができます。後々のことを考えて、セックスレスのことは周囲に相談したほうがよいです。また、相談メールがあれば、あなたがセックスレスによって精神的に苦痛を被っていることの証明にもなります。

カウンセリング資料

セックスレスに関する悩みをカウンセリングで相談していたのであれば、そのときの資料が残っていれば、それは証拠となります。なかには、夫婦でセックスレスについて解決できないため、夫婦揃ってカウンセリングを受けたというケースもあります。カウンセリング資料は、後日でも請求すれば用意してもらえるでしょう。

避妊具の購入明細

避妊具の購入明細が残っていると、性交渉があった時期を特定することができます。たとえば、毎日家計簿をつけているような人だと、避妊具の購入の記録を残していることがあるでしょう。この場合は、避妊具を買わなくなったときからセックスレスが始まったことがわかります。

配偶者の不倫や浮気の証拠

配偶者が不倫や浮気をしているためにセックスレスになったというケースがあります。この場合は、浮気をしている証拠を用意すれば、離婚しやすくなります。浮気による精神的苦痛に対して損害賠償を請求することも可能です。

セックスレスの証拠はいつ活用するのか?

協議離婚で解決できるなら証拠はいらない

離婚をするとなると、まず初めに協議離婚について考えることになります。これはお互いの話し合いによって離婚するかどうか決めるというものです。両者の合意があれば、どのような理由であっても自由に離婚することができます。セックスレスによって離婚をしたいと相手に申し出て、それが受け入れられれば、すぐに手続きを進めて離婚できます。この場合は、セックスレスの証拠を用意する必要はありません。しかし、配偶者が離婚を受け入れてくれないならば、次の段階に進みます。

離婚調停で証拠を提出する

両者の話し合いで離婚の問題を解決することができない場合は、離婚調停をします。これは家庭裁判所に調停の申立をして、調停委員に対して両者が主張をして、調査や証拠を調べながら話し合いの場が設けられるというものです。ここで合意を得ることができれば、離婚することができます。

離婚調停の場合は、お互いが直接話し合いをする必要はありません。調停委員を仲介して話し合いを進めることができます。離婚調停によって決まった事柄については、調停調書にまとめられて法的効力が発生します。

ただし、離婚調停でも、結局はお互いが合意しない限り離婚することができません。離婚調停でも解決できなかった場合には、離婚裁判に進むことになります。

離婚裁判で証拠を提出する

離婚裁判では、家庭裁判所に対して離婚の訴えを起こすことによって、裁判所に離婚できるかどうか判断してもらう手続きのことです。このときにも、セックスレスの証拠を提出することができます。提出された証拠などをもとにして、裁判所が離婚できるかどうか決めます。いきなり離婚裁判を起こすことはできず、調停を終えてからでないと訴訟できないため注意しましょう。

離婚裁判では、単に離婚の問題について訴えるだけではなく、慰謝料を請求するなど金銭問題や子供の親権者の問題、養育費の請求などについても争うことができます。

セックスレスで慰謝料請求ができる

慰謝料

セックスレスの慰謝料相場

実際にセックスレスで離婚したときの金額は、それぞれの状況によって異なります。基本的には大きな精神的な肉体的な苦痛を受けたと認められかどうかです。ケースによって大きく変動しますが、上限が100万円程度です。

離婚調停や離婚裁判の際に慰謝料を請求する

慰謝料を請求するタイミングは離婚調停や離婚裁判のときです。このときには、きちんと裁判所に証拠を提出することで、慰謝料を請求する根拠を示すことが大切です。慰謝料請求の得意な弁護士に依頼しておくと、高額な慰謝料を請求しやすくなります。

高額な慰謝料を請求できるケース

セックスレスにDVやモラハラなどの要因が加わっている場合には、高額な慰謝料を請求しやすいです。セックスレスが長期間にわたっているケースや、結婚してから一度も性行為をしていないケース、浮気が原因のセックスレスなども慰謝料は高額になりやすいでしょう。実際に300万円近くの慰謝料を請求できたという事例もあります。

まとめ

セックスレスになってしまうと精神的に大きなショックを受ける場合もあるでしょう。離婚まで思い詰めるほどですので、相当なものだと思います。

離婚を視野に入れた時点で、しっかりと証拠を集めるようにしましょう。多数の証拠があり、専門家である弁護士にも相談すれば離婚と同時に慰謝料まで請求できるケースもあります。

離婚を成立させて、第二の人生を謳歌してください。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応