シングルマザーの恋愛事情や好きな人と結ばれるために必要なステップ

赤ちゃんの手

「好きな人ができたけれど、シングルマザーだから…」と、新しい恋を諦める必要はありません。シングルマザーでも恋愛を楽しみ、再婚している人も多くいます。

そこで、シングルマザーの恋愛事情や好きな人と結ばれるために必要なステップを紹介します。シングルマザーがどのように好きな人にアプローチすればいいのか、参考にしてみてください。

シングルマザーの恋愛事情

「シングルマザーが恋愛なんて…」と、後ろめたさを感じるのだとしたら、時代に取り残されているかもしれません。最近は、シングルマザーでも異性にモテる人が多く、年下の男性と再婚するケースも増えています。

シングルマザーがモテる理由や出会いの場など、シングルマザーの恋愛事情に迫ってみましょう。

シングルマザーでもモテる理由

バツイチでシングルマザーだと、「独身男性には相手にされないのでは?」と、考えるシングルマザーも少なくありません。しかし、3組に1組は離婚するとも言われており、バツイチであること自体は、後ろ指さされることがなくなってきました。

シングルマザーに関しても、独身男性の恋愛対象となることも多いようです。むしろ、「人生経験が豊富」で、「精神的に自立」しており、「包容力がある」というイメージを持たれやすいため、男性にモテやすいのです。

実際に、バツイチのシングルマザーの有名人でも、再婚をして幸せな第二の人生を送っている人が多く、バツイチのシングルマザーであることが恋愛や再婚の足かせになってはいないのです。

シングルマザーの出会いの場

シングルマザーがどのように恋人や夫となる男性と出会っているのでしょうか。仕事や家事、育児に追われているシングルマザーの出会いの場は、少ないようにも思えますが、実際には職場や子供の習い事先、友人の紹介、婚活サイト・アプリなどがあります。

中でも、職場での出会いが多数を占めています。理由は、バツイチでシングルマザーであることが既に周知の事実のため、隠し事をする必要がなく、素の自分を見せやすいためです。また普段から相手の働く姿や周囲からの印象などを間近で観察でき、人間性を深く理解し合うことができます。

シングルマザーが新しい恋愛に踏み切れない理由

独身男性にモテるシングルマザーがいる一方で、新しい恋愛に踏み切ることができないシングルマザーも少なくありません。

離婚に一度失敗していることから「また失敗するかもしれない」という不安や、「子供がいるのに恋愛なんてしていていいのか」と、母親であることと恋愛を両天秤にかけしまう人も多いです。

圧倒的に多いのが、冒頭でも紹介したように、「シングルマザーは恋愛対象として見てもらえない」という強い思い込みが、恋愛に踏み切ることができません。シングルマザーには、恋愛を謳歌しているタイプと、そうでないタイプに分かれているというのが、シングルマザーの現実と言えるでしょう。

シングルマザーが注意するべき男性の特徴

競馬新聞を読む男

シングルマザーに魅力を感じる男性がいる一方で、恋愛に憶病になっているシングルマザーの弱みにつけ込む男性がいます。どのような特徴を持った男性に注意した方が良いのかについて確認しておきましょう。

シングルマザーと伝えた途端に態度が変わる

好きな人にシングルマザーであることを告白するのは、とても勇気のいることでしょう。「相手に受け入れてもらえないかもしれない」という不安を抱えながらも、勇気を出して相手に伝えるのです。

しかし、そんな覚悟を持って、シングルマザーだと打ち明けた途端、相手から避けられたり、あなたへの態度が冷たくなったりした場合、その相手には注意しましょう。シングルマザーであることを伝えた日を境に、相手の態度が変わったのなら、彼との恋は終わったと潔く身を引くことをおすすめします。

彼は、独身だと思っていたあなたが、自分の恋愛対象にはないシングルマザーであることを知り、興味がなくなってしまったのでしょう。また、シングルマザーに対する偏見や誤った認識を持っている可能性が考えられます。他人の価値観を変えることはそう簡単なことではありません。縁がなかったと諦めた方が良いでしょう。

相手のペースに合わせられない

シングルマザーは仕事や育児、家事と、忙しい毎日を過ごしており、自分の時間を作ることが難しい人が多いでしょう。そんなシングルマザーとの恋愛をする男性は、2人で会えない時間があることや、自分よりも子供を優先するときがあることを理解してくれる心の広さが必要です。

好きな人が、相手のペースに合わせられない束縛が強く、自己中心的な考え方をする人なら、あなたのことやあなたの子供のことを尊重することができないでしょう。シングルマザーの恋愛相手としては向いていないと言えます。

付き合う前から肉体関係を求めてくる

あなたがシングルマザーであることを知っていて、付き合う前にもかかわらず、相手から肉体関係を求めてくる男性ではありませんか?もしも、好きな人に当てはまるのなら、相手はあなたの弱みにつけ込んで肉体関係を結ぶことを目的に近づいてきているだけだと言えます。

最初から恋愛対象として見ておらず、肉体的なつながりを求めるために、あなたに気のある素振りを見せている可能性が高いです。女性と真摯に向き合おうとする男性は、付き合う前から肉体関係を求めることはありません。

子供が苦手

好きな人が「子供が苦手」と公言しているのなら、シングルマザーへの理解を求めるのは難しいかもしれません。子供が苦手という男性は、身近に子供と関わる機会がなかったり、親との関係に問題があったりと、人によって理由はさまざまです。

子供と触れ合う機会がなく、子供への接し方が分からなかったり、子供に泣かれたりした経験から、「自分は子供との相性が良くない」と感じ、「子供が苦手」と言って、自ら子供を避けている人もいます。

一方、親との関係に問題があった場合、仲の良い親子関係や幸せな家庭とは無縁だったことから、一般の人が思い描くような、結婚して子供が欲しいということに興味がないのです。

またシングルマザーのあなたからの好意に気付いていて、遠回しに恋愛対象でないことを伝えている可能性も考えられるでしょう。

自立していない

経済的なだけでなく、精神的な自立ができていない男性も少なからずいます。中には、面倒見が良さそうなシングルマザーに甘えたい、養ってもらいたいと考える男性もいるようです。女性としては母性本能をくすぐるかわいらしい男性に見える人もいるかもしれません。

しかし、男性は恋人というよりも母親や家政婦のような存在を求めている可能性があるため、注意が必要です。自立していない男性との恋愛にハマってしまえば、「手のかかる子供が1人増えたような負担があなたにのしかかるかもしれない」ということを理解しておきましょう。

好きな人へのアプローチ方法

花束を持つ女性

シングルマザーが好きな人にアプローチするには、どうすれば良いのでしょうか。男性へのアプローチ方法は、相手が独身かバツイチか、シングルファザーであるかでも、異なります。それぞれの男性の特徴に合ったアプローチ方法をチェックしておきましょう。

好きな人が独身男性の場合

独身男性の中には、家事が不得意で、いつも外食やコンビニ弁当などで食事を済ましてしまうという人もいます。そんな独身男性へのアプローチ方法は、家庭的で包容力のある女性をアピールすることです。

掃除に洗濯、料理と、シングルマザーは毎日、休むことなく家事をこなしています。もともと家事が苦手な女性でも、実際に結婚生活を送り、子供のために手作り弁当を作ることで、自然と家事のスキルが上がっていることでしょう。

シングルマザーにとっては、家事のスキルが身に付いていることは当たり前かもしれません。しかし、家事が不得意な独身男性にとって、仕事も家事もそつなくこなしているシングルマザーは尊敬の対象となるでしょう。手作り弁当を作ってあげたり、Yシャツやジャケットなどのボタンのほつれを直してあげたりと、家庭的な女性であることをアピールしましょう。

また、シングルマザーが持つ、子供を思う母親のような包容力を示すことも大切です。何があっても動じず、常にどんと構えているような芯の強い女性は、自分の母親と重ね、頼りになる存在として居心地の良さを感じるでしょう。好きな人が仕事やプライベートでへこんでいるのなら、あなたの包容力をアピールするチャンスです。

好きな人がバツイチ男性の場合

バツイチの男性の中には、離婚した傷が癒えておらず、恋愛と距離を置いてしまっている人もいるかもしれません。その場合、アプローチをかけるよりも前に、相手を恋愛のステージへ引き上げることが重要です。

恋愛にその気がない人に猛アピールをしたところで、相手にされることはないでしょう。それよりも、好きな人の一番の理解者を目指しましょう。「この人になら心を開ける」という存在を目指すのです。

その点、シングルマザーは同じ離婚を経験している同志とも呼べるでしょう。まずは、自分の過去を自己開示して、こちらから心を開き、相手が心を開いてくれることを待ち続けます。相手も自己開示してくれたら、理想とする女性像を探り、彼の理想に近づく努力をしましょう。

好きな人がシングルファザーの場合

好きな人がシングルファザーなら、あなたとは多くの共通点があることになります。片親で子供を育てる苦労や、仕事と家事、育児を両立する大変さをあなたが一番理解してあげられるでしょう。

まずは相手に「仲間意識」を持たせることから始めましょう。相手の悩みを聞き、あなたも悩みを素直に打ち明けてみるのです。お互いが良き理解者となり、信頼関係を築いていきましょう。

子供が未就学児や小学生など年齢が低い場合に限りますが、信頼関係を築けるようになったら、子連れで出かけることを提案してみましょう。提案を渋るようなら「たまには息抜きも必要」と、お出かけが気分転換になるというメリットを伝えてみるのも一つの方法です。

子供同士が仲良くなってくれるよう、お膳立てしていくことで、より関係性を深めることができます。ただし、多感期の中学生以上の子供の場合、子供に再婚を匂わせてしまうことになるため、交際に発展し、再婚を考えるまでは距離を取っておいた方が良いでしょう。

シングルマザーが好きな人にアプローチする前に必要な心構え

花束

シングルマザーが好きな人にアプローチする上で必要な心構えとは、どのようなことでしょうか。女性としても、母としても、上手に両立するためにも、必要なことを押さえておきましょう。

離婚を前向きに捉える

3組に1組は離婚するとは言え、離婚経験があると、戸籍にバツが付きます。そのため、多くのシングルマザーは、離婚をネガティブに捉えがちです。人によっては、二度と結婚や恋愛はできないと、自分で自分を縛り付けてしまう人もいます。

しかし、離婚を一生後悔し続ける人生と、離婚経験を糧にして前向きに過ごす人生では、どちらが幸せになれる可能性が高いでしょうか。誰もが後者を選ぶことでしょう。そのためには、離婚を前向きに捉える必要があります。

「たとえ離婚しても、幸せになる権利は誰にでもある」と、言い聞かせましょう。そして、幸せになるための第一歩として、好きな人にアプローチしましょう。

自分を磨く

シングルマザーに限ったことではありませんが、恋愛において「自分磨き」は重要なポイントです。特に、離婚で心が弱っているシングルマザーの場合、隙に付け込むズルい男性に騙されてしまう可能性があります。誰でも心が弱っているときは、優しくしてくれる男性に好意を持ってしまうことがあり、下心のある男性を引き寄せてしまうのです。

また、好きな人とうまく恋人になれたとしても、精神面で自立できていなければ、相手への依存度が高くなってしまい、最悪な場合、相手の重荷になって恋愛がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

自立心を高めるためにも、自分磨きをして、シングルマザーの魅力である、芯の強い女性を目指しましょう。

最初から再婚を意識した恋愛を求めない

「シングルマザーだから、この恋を逃したら後はないかもしれない」と、今ある恋が最後の恋だと自分自身を追い詰めてしまう人がいます。恋愛を再婚に結びつけてしまう人が多いため、相手に無意識のうちにプレッシャーをかけてしまっているものです。

先を見据えて、子供と相手を合わせて相性を確かめたり、恋愛より前に再婚相手として相応しいかどうかを見定めようとしたりする人もいるでしょう。しかし、相手からすれば、恋愛が始まってもいない段階で再婚など考えられるはずがありません。

シングルマザーが恋愛をする上で大切なことは、最初から再婚を意識した恋愛を求めないことです。恋愛をして信頼関係を築いていく中で、その延長上にいくつかの選択肢の一つの中に結婚があるということを理解しておきましょう。くれぐれも相手に、再婚の意志があることを悟られないように気を付けましょう。

子供との生活を大切にする

好きな人ができて、久しぶりの恋の楽しさを噛みしめている人もいるでしょう。シングルマザーが女性としての人生を楽しむのも良いことです。しかし、子供との生活を大切にすることが何よりも重要なことです。

好きな人にアプローチしたりデートしたりすることにばかりに時間を使い、子供と接する時間を減らしてしまえば、あなたと子供の信頼関係を崩れてしまうかもしれません。子供は、自分よりも別の誰かを尊重している母親の行動に傷つき、心を閉ざしてしまうこともあるでしょう。

子供との信頼関係を崩さないためにも、恋愛をする以前に、子供のことを第一に優先するようにしましょう。シングルマザーが恋愛することは素晴らしいことですが、子供がその犠牲になってしまっては元も子もないでしょう。

周囲の人に全てを理解してもらおうと思わない

世の中にはさまざまな価値観を持った人がいるため、身近にも「シングルマザーが恋愛をしているなんて…」と、否定的な意見を言ってくる人もいるかもしれません。ときには、その声に深く傷ついてしまうこともあるでしょう。

しかし、あなたの人生は誰のものでもない、あなた自身のものです。周囲の意見を聞いたからと言って、あなたが幸せになれる見込みなどないのです。周囲の人に全てを理解してもらおうと思わず、幸せになるために自分自身が必要だと思うことは自信を持って行動に移しましょう。

反対する人もいれば、必ず応援してくれる味方もいるはずです。自分の素直な気持ちに従いましょう。

失恋が怖いと感じるシングルマザーへ

好きな人へのアプローチ方法が分かっても、シングルマザーであることに自信が持てず、なかなか積極的に行動ができないという人も多いでしょう。「自信を持って行動しよう」という精神論だけでは、上手くいかない可能性も考えられます。不安を抱えながら、好きな人にぶつかることで、失恋を招くかもしれません。

そんなときは、協力者に手助けしてもらいましょう。身近に信頼できる友人がいれば、友人に協力を仰ぎましょう。もしも、身近に助けてもらえる人がいないのなら、恋愛のきっかけを作ってくれるプロの「結ばせ屋」に依頼をしてみるのも、一つの方法です。

「シングルマザーだから強くあらねば」と、自分を奮い立たせてきた人もいるでしょうが、困ったとき、悩んだとき、落ち込んだときに相談できる相手を頼ることも、人生を豊かに生きる秘訣です。ときには鎧を脱いで、助けを呼んでみてはいかがでしょうか。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応