復縁できる?復縁するのが難しい別れ方8選

赤い糸がちぎれた女性

復縁できる可能性は別れ方によって決まると言っても過言ではありません。別れる原因によっては、復縁が非常に困難なケースがあります。復縁を願って、あらゆる方法を取ったとしても、相手の感情や状況で叶いません。

復縁するのが難しい別れ方をご紹介するので、参考にしながら、避けられるものは避けることをおすすめします。

あなたが浮気をした場合

浮気は、相手に対する大きな裏切り行為であり、信頼を失ってしまうため、復縁は難しくなります。たとえ、あなたが謝罪をして反省していることをアピールしたとしても、相手が許してくれるとは限りません。相手があなたを許さなければ、復縁することは難しいでしょう。

浮気されたことで相手は精神的なショックを受けており、それがトラウマになってしまうこともあります。場合によっては、あなたに慰謝料を請求するようなケースもあります。

また、許してくれたとしても、あなたと再び付き合いたいとは思わないでしょう。一度でも浮気をした人は、再び浮気をする可能性があると思われるからです。浮気をしてしまったことで、あなたは自分の恋人よりも自分の欲望を優先する人間であるとみなされます。

相手を束縛してしまった

もし、あなたが恋人をとても束縛してしまい、それに嫌気がさして相手に捨てられてしまったならば、復縁できる可能性は低いでしょう。

あなたは相手のことが好きなあまり、相手を強く束縛して自分だけのものにしたいと考えていたのかもしれません。しかし、多くの人は束縛されるのを嫌がるものであり、束縛してくる恋人に対して恐怖を感じてしまうケースもあります。しかも、それが強く過度なものであればあるほどです。

あなたにとっては、恋人を束縛していたつもりはないかもしれませんが、相手がどう感じるのかが重要です。あなたからの束縛を嫌がって別れたのであれば、相手はもう二度とあなたと付き合いたいとは考えないでしょう。恋人を束縛する行動は、簡単に改善されるものではないからです。

金銭問題によって別れた

金銭問題

相手とお金の貸し借りで揉めた場合は、復縁できる可能性は低いです。

たとえば、あなたが恋人から借りたお金を返さなかったり、返済が遅れたりした場合は、その時点で信頼を失っています。たとえ、謝罪をしたとしても、お金にルーズで約束を破る人であると評価されてしまいます。そのような人と再び付き合いたいと思う人は少ないでしょう。将来、結婚する可能性を考えたときにも、お金にルーズな人は敬遠されやすいです。

暴力が原因で別れた

あなたが相手に暴力を振るって別れてしまったならば、復縁の可能性はとても低いです。

暴力は反省すれば簡単に治るものではないと相手もそれを理解しているからです。また、一度暴力を振るわれてしまうと、過去の暴力がフラッシュバックしてしまうことは珍しくありません。あなたの顔を見るだけで思い出してしまい、相手はつらい気持ちになってしまうでしょう。復縁が難しいどころか、直接会って話をすることも困難になる可能性は高いです。

また、暴力で別れた相手と復縁するために相手に接近すると、トラブルになることがあります。相手が嫌がっているのに無理やり話をしようとすると、警察を呼ばれてしまうこともあるのです。暴力によって失われた信頼を取り戻すことは、とても難しいことであると理解しましょう。

マンネリによって別れた

長く付き合っていた場合には、マンネリになっていき、自然に別れてしまったというケースがあります。

そこで、復縁したいと考えても困難なケースは多いです。一度マンネリ化を経験した場合、相手はあなたに対してもう恋愛感情を抱いていない可能性があります。今更、復縁をしようとは思ってくれないかもしれません。ドキドキを感じないあなたと付き合うよりも、別の異性と付き合ったほうが新鮮味があって、楽しい未来を予想できるからです。

あなたが以前付き合っていたときよりもかなり大きな変化を果たして、新しい魅力をアピールできているならば、復縁できる可能性があるかもしれません。しかし、以前とほとんど変わらないあなたのままでは、相手はあなたに魅力を感じてくれないでしょう。

あなたの家族が原因で別れた

あなたには何の問題がなくても、家族が原因で別れてしまうことがあります。

たとえば、相手をあなたの両親に紹介したときに問題が発生するケースです。あなたの両親が相手との交際を認めてくれずに別れてしまった場合は、両親を説得しない限り復縁することが難しくなるでしょう。見た目や職業、趣味などに難色を示されることがあります。それが原因で別れた場合は、相手はもうあなたと付き合うのが嫌になっているでしょう。

両親が二人の付き合いに干渉してきて、別れてしまったケースも復縁は難しいです。二人の交際を認めてくれたとしても、過干渉で過保護な両親が恋人に何でも教えたがったり、勧めたがったりするケースがあります。過干渉な親がいると、将来結婚したあとに苦労してしまうと想像できます。そのような人と付き合うのを嫌がる人は多いです。

両親だけではなく兄弟姉妹との相性が悪くて別れてしまったというケースもあります。このような問題は、あなたがいくら努力したとしても、家族の性格が改善されなければ意味がありません。そのため、復縁が難しくなります。

遠距離恋愛が原因で別れた

あなたと相手のどちらかが転勤してしまったなどの理由から、遠距離恋愛になることがあります。遠距離恋愛を続けるのはなかなか難しいため、そのまま別れてしまったというケースは多いでしょう。

この場合、相手のことが嫌いになったわけではないため、復縁したいと思う人はたくさんいます。しかし、遠距離で恋愛をすることになった原因を取り除かない限りは、復縁することが難しくなるでしょう。

たとえば、仕事の都合で遠距離に住むことになった場合は、簡単に引越しをすることができません。あなたにも相手にも今の仕事があるため、お互いが近くに住むことは、今の仕事を辞めない限りは困難です。そこまでの覚悟がないならば、復縁をするのは難しくなります。

宗教が原因で別れた

あなたか相手の宗教が原因となって別れてしまうことがあります。

たとえば、付き合ってみて、初めて相手が特定の宗教を熱心に信仰していることに気がつくことがあります。その宗教の勧誘を受けてしまうケースもあるでしょう。相手が家族ぐるみで宗教の熱心な信者だったというパターンもあります。そのような宗教が嫌で別れてしまった場合は、相手のことが本当に嫌いになったわけではないため、復縁したくなる気持ちが生じるかもしれません。しかし、相手に今の宗教から離れてほしいと頼んだとしても受け入れてもらえない可能性が高いです。そうなると、復縁は困難になるでしょう。

あるいは、あなたの入っている宗教を相手が嫌がって別れてしまったというケースもあります。この場合は、あなたの宗教がどれだけ素晴らしいものであるのか説明しても意味がありません。むしろ、自分の宗教を擁護すればするほど、逆効果となる可能性が高いです。あなたが今の宗教を捨てない限りは、復縁するのが難しくなります。宗教に悪いイメージを抱いていて、できるだけ距離をおきたいと考えている人は存在するのです。そのような人と、宗教を信仰している人がトラブルなく付き合うのは難しいです。

まとめ

元恋人と別れてしまった原因によっては、復縁するのが難しいケースがあります。あなたがどれだけ努力をしたとしても、解決できない問題もあります。復縁したいと思ったときに、どのような理由で別れてしまったのかよく考えてみるとよいでしょう。