「探偵ちゃん」悩み相談掲示板や探偵事務所・興信所の検索 | 日本最大級の探偵ポータルサイト

結婚相手の金遣いの荒さを調査しよう!浪費癖の彼氏と結婚すると苦労する理由

お札

これから結婚したいならば、彼氏の金銭感覚を調べておくことは大切です。特に金遣いの荒さは重要なポイントであり、知らないと結婚して一緒に生活が始まると、苦労することばかりです。

結婚して子供ができる、お金が掛かることが色々出てきます。そのときに、隣で浪費する夫がいると死活問題です。

では、浪費癖のある彼氏と結婚してしまうと、実際にどのような点で苦労するのか、苦労する理由について紹介します。

浪費癖を治すのに苦労する

衝動に逆らわずに買い物してしまうのが浪費癖

浪費癖の人は、自分が何かを買いたい、欲しいと感じてしまうと、その衝動を抑えることができなくなるのが特徴です。

衝動に逆らうことができず、自分が欲しいものをすぐに買ってしまいます。浪費癖の人は、毎日のようにいろいろな買い物をしてきます。そのため、トータルすればかなりの金額を買い物に費やしています。それでも、衝動がなくなることはなく、次から次へと買い物をしたいという欲求が常に生じてしまうのです。

やめようと思っても簡単に治らない

浪費癖は周りがとめようと思っても治るものではありません。また、本人が浪費癖を治そうと思っても、なかなかとめることができないのが特徴です。そのため、浪費癖の人は買い物ばかりして楽しいというわけではなく、苦しんでいる人も少なくありません。浪費したあとには、必ず後悔している人もいます。しかし、次の瞬間にはもう別のものが欲しい気持ちが高まってしまい、浪費を繰り返すのです。

結婚して悪化するケースもある

たとえ彼氏に浪費癖があったとしても、結婚すれば治るだろうと甘く見ている人がいるかもしれません。しかし、逆に結婚することで浪費癖が悪化する可能性もあります。

たとえば、共働きしている場合は、お金に余裕が生じます。その結果、彼氏が余計に浪費するようになるケースもあります。彼氏に自由にお金を使わせてしまうと、際限なく浪費してしまうでしょう。結婚したことで生活費の心配がなくなり、思う存分浪費ができると考える人もいるのです。

治療には長い時間がかかる

いざ彼氏の浪費癖を真剣に治そうと考えても、治療には時間がかかります。カウンセリングを受けさせたり、専門医院で治療を受けさせたりするケースもあります。簡単に治るものではなく、パートナーがサポートしながら、長い時間をかけて浪費癖を克服していくことになります。浪費癖は依存症のようなものであり、根気よく治療を続けなければいけません。その間、あなたはずっと苦労することになるでしょう。

高級品などを買われて家計を圧迫する

ブランド品が好きで浪費癖だと高い買い物ばかりするため、家計はどんどん圧迫されてしまいます。ブランド品は基本的に高価なものが多く、1点買うだけでも家計への影響は大きいです。それを買い漁るような人と結婚してしまうと、生活ができなくなってしまうかもしれません。

女性だけではなく男性であっても、ブランド品が好きな人はいます。見栄っ張りで高いものばかりを身に着けたいと考えている男性と結婚すると家計のやりくりに苦労するでしょう。

すぐに車を購入してしまう

男性の場合は、ブランド品に興味がなくても、車やバイクなどの乗り物にお金をかける人がいます。たとえば、半年ぐらいしか乗っていないのにすぐに車を買い換えるような人もいます。あるいは、何台も車を所有したいと考えている人もいます。車はたとえ中古であっても、かなり高い買い物となるため、家計はかなり圧迫されるでしょう。

お金がないときは借金してでも買おうとする

高級品を買い漁るタイプの浪費癖の人は、お金がすぐになくなります。しかし、お金がないからといって諦めるわけではなく、そんなときには借金をしてでも欲しいものを買おうとします。高額な借金をして高級品を買うため、借金はどんどん膨れ上がってしまうでしょう。自分の欲望を満たすためならば、見境がなくなるのが特徴です。

すぐに飽きて別のものを買ってしまう

たとえ高級品を買ったとしても、それをいつまでも大切に扱うならば、無駄な出費にはなりません。しかし、浪費癖で高級品ばかりに目がくらむタイプの人は、一度買ったものにすぐ飽きてしまう傾向があります。買ったという事実に満足してしまい、すぐに別のものに目移りしてしまいます。一度も使わなかったということもあります。

このような彼氏と結婚すると、お金がどれだけあっても足りなくなるでしょう。

無理なローンを組まれて借金に苦しむ

浪費癖の人は手持ちのお金が尽きたとしても買い物をしたいという欲求が収まりません。お金がなくなったときには、借金をしてでも欲しいものを買おうとします。浪費をしたくてたまらない状態になっていて、金欠になっていたとしても、それがストッパーになることはありません。

欲しいものを買うためにすぐローンを組む

浪費癖の人は、高額のものを買うために簡単にローンを組みます。

最近は、買い物をしていてローンを勧められることが多いため、浪費癖の人が余計にお金を使いやすい時代になったといえるでしょう。

浪費癖の人はローンを利用することができれば、多くの借金を抱える心配をせず、平気な顔で手続きを進めます。ローンを組むのにあなたの許可を取ろうとはしません。内緒でローンを組んでしまい、後で気がつくことも多いでしょう。

高額のローンが残っていても浪費癖はとまらない

浪費癖だと、たとえ現在高額のローン残高が残っている状態だったとしても、躊躇することなく浪費をします。借金が増えることになったとしても、欲しいものを買いたいという気持ちが強いです。このような彼氏と結婚すると、ローン残高がどんどん膨らんでしまうでしょう。たとえ、あなたが注意をしたとしても、まったく聞く耳を持ってくれないのです。

最悪の場合は自己破産の可能性も

浪費癖の人は、妻にとめられたとしてもお金を使い続けることが多いです。そうなると、限界までお金を借りてしまい、毎月の支払いに追われることになります。利息もかなりの金額に達することが多く、最終的には返しきれなくなる可能性が高いです。

借金を滞納することが増えてしまい、最後には自己破産してしまうケースもあります。それ以上、結婚生活を続けていくことが困難になるかもしれません。

計画性のない相手に苦労させられる

浪費癖のある人は計画性がありません。将来のことを何も考えずにただ自分の欲求を満たそうとするのです。このような人と結婚してしまうと、あなたに大きな負担がかかるでしょう。たとえば、家計のやりくりも一人で行う必要があります。彼氏はまったく協力することはなく、苦労させられます。

貯金をすることができない

浪費癖の人は、使えるお金があれば買い物をしようとします。貯金をするという発想がありません。

独身であれば問題ありませんが、結婚をしてからも貯金の意識がないのは困ってしまいます。将来の出費に備えることができないからです。

たとえば、子供が生まれたら、普通は将来の学費を貯金しておきたいと考えます。しかし、彼氏が浪費癖だと、せっかく貯金をしているお金を浪費に使ってしまう可能性があります。

貯金をするどころか借金をするケースもあるでしょう。浪費癖の人と結婚すると、貯金がなかなか増えません。

行きあたりばったりな考え方をしている

浪費癖の人は、将来について考えることがありません。常に行きあたりばったりな考え方や行動を繰り返しています。それはお金を使う場面だけではなく、そのほかの場面でも見られることです。

将来のために努力をする、しっかりと準備をするといった発想をすることができません。たとえば、旅行をしようと考えても、念入りに準備をするといったことはないでしょう。

計画や準備といったことは、すべてあなたに負担がかかってしまうのです。彼氏に相談したとしても、何も助けてくれないでしょう。

家族の将来のことについて真面目に考えてくれない

浪費癖で無計画な人と結婚すると、家族の将来について真面目に考えてくれないため苦労します。

たとえば、子供が生まれたとしても、どのように育ってほしいのか何も意見を言ってくれないでしょう。子供が生まれると進学の問題があり、決断を迫られる場面は多いです。そのときに、浪費癖の彼氏は全然頼りにならないでしょう。

浪費癖の人は万が一に備えておくということができません。たとえば、結婚して子供が生まれると生命保険や医療保険などの加入を考えるものです。そういったことも、浪費癖の彼氏はまったく興味を示しません。

保険に使うお金があるならば、欲しいものを買ったほうがいいと主張してくる可能性もあります。そこで、あなたが彼氏を説得して、家族の将来のためにお金を使うことをわかってもらわなければいけません。

将来について真面目に考えてくれない彼氏と結婚すると、あなたが一人で家族を支えることを強いられます。それは大きなストレスとなるでしょう。

金銭感覚が合わないので揉め事が多い

浪費癖の人とは金銭感覚が合いません。

彼氏は自分の好きなものについては、たとえどのような価格で販売されているものであっても、躊躇することなく買うでしょう。しかし、興味のないものについては、たとえそれが生活必需品であっても、買うのがもったいないと感じてしまうのです。

そのため、日常の買い物をするときにも、彼氏と言い争いに発展する可能性があります。生活のために必要なものを買うことに文句をつけるくせに、生活に直接関係のない彼氏の趣味のものについては、いくらでもお金をつぎ込もうとします。このような彼氏と結婚すると、普段の買い物をするだけでも苦労するでしょう。

注意すると逆ギレされる

彼氏の浪費癖について注意したとしても、こちらの話をきちんと聞いてくれない可能性があります。

まっとうな意見を口にしたとしても、それをはねつけられてしまい、ついには逆ギレされる可能性もあります。浪費癖をやめてほしくて意見しただけなのに、喧嘩にまで発展する可能性があります。彼氏はどんどん機嫌が悪くなってしまい、夫婦に亀裂が生じてしまうでしょう。

離婚の原因になる

浪費癖の彼氏と結婚したとしても、お金の問題について何度も衝突することになります。そして、最終的には離婚したくなるでしょう。

浪費癖は簡単に治るものではなく、どれだけ熱心に訴えたとしても考え方をあらためてくれないことが多いからです。

事前に彼氏が浪費癖であることを知っていれば、結婚するのを避けることができます。浪費癖は、簡単に克服できるものではなく、それを許容できないならば、夫婦生活を維持することは難しいでしょう。

まとめ

彼氏が浪費癖の場合、結婚生活は苦労の連続となります。付き合っているときには、浪費癖であると気がつかないケースもあるため注意しましょう。探偵に依頼して、結婚前調査をすることによって、金遣いの荒さを確かめることができるため、ぜひ探偵に調査を依頼するとよいです。

探偵選びに困っていませんか?あなたにあった探偵を紹介します

気軽に悩みをご相談ください

無料見積もりスタート

<お電話でのお問い合わせは原一へ>
(無料)調査相談はお任せください。

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応0120-10-3021

お急ぎの方はこちら! 24時間 365日 相談対応

結婚前調査の探偵ガイド